鬼滅の刃累。 鬼滅の刃|累の過去は何があった?|「家族」に本気で憧れた少年

累の技(血鬼術)一覧【鬼滅の刃】!鋼鉄の糸を操る下弦の伍の強さ

鬼滅の刃累

累の圧倒的強者感が滲み出た3つの絶望シーン 炭治郎の刀が即効折れた 累と戦い初めていきなりの展開でした。 それまで数々の鬼を倒してきた炭治郎の刀がいとも簡単に累の糸で折れてしまいます。 今まで刀で斬れないことはあっても、折れたシーンはなかったので、「な、なんだってぇー!」と当時の私は絶望。 しかもこの折れる時に使った炭治郎の水の呼吸壱ノ型水面斬りは、1巻で硬かった手鬼の頸を斬った技だったので、ダブルショックでした! 信じられない…!! この子の操る糸はさっき斬れなかった鬼の体よりも尚硬いのか!? 炭治郎 鬼滅の刃5巻 十二鬼月と思ってた父鬼が十二鬼月ではなかった場面 これは当初炭治郎も勘違いしてたのですが、当時十二鬼月っぽく描かれていたのは累の「父」にあたる鬼でした。 この父鬼がなかなかの強キャラで、炭治郎の刀は通らないわ、伊之助はボコられるわで当時の私は「うお!十二鬼月やべぇ!」と読んでいたのですが、これはブラフで父鬼は十二鬼月ではない鬼だということが後に助けに来た冨岡義勇の発言でわかります。 父鬼が十二鬼月ではないとなると、どの鬼が十二鬼月だ?と読者心理でなるわけですが、ここで累が十二鬼月だということが判明。 炭治郎も伊之助も全然歯が立たなかった父鬼よりも、累の方が強いのか!と判明した時の絶望感といったら、そりゃあもう会いたくて会いたくて震えるくらいの絶望感が満載でした! 十二鬼月である僕に… 勝てるならね 累 鬼滅の刃5巻 頸が切れても生きてた 累との戦闘シーンで一番絶望したのがこれ! なんと累は鬼の弱点である頸を斬っても平然と立ち上がってきました。 累曰く炭治郎に折れた刀で頸を斬られる前に自分で頸を斬ったと説明してましたが、「なんやねんこれ!なんでもありやん!」と思った当時の私。 でも単行本1巻の4話を見返すと、鬼の弱点について次のように書いてあります。 そうなると日輪刀で頸を斬られる前に累が自分で頸を斬って死を回避できたのもつじつまが合いますね。 僕に勝ったと思ったの? 累 鬼滅の刃5巻 鬼滅の刃のアニメが30日間無料で見れる! 鬼滅の刃のアニメが30日間無料で見れる方法をあなたは知ってますか? それは Amazonプライム会員になることです。 今、Amazonプライム会員に申し込むと30日間の無料体験で鬼滅の刃のアニメが見れます。 無料体験期間を超えると月額500円の料金が発生するのでご注意ください。 詳しくはこちらからAmazonプライムを見てみましょう。 鬼滅の刃の単行本全巻が実質無料で買える方法! 鬼滅の刃の単行本全19巻(2020年4月時点)が実質無料で買える方法をあなたは知ってますか? それは ポイントサイトを利用することです。 今、ポイントサイトでは無料で10,000円程度のポイントがもらえるキャンペーンを随時やっています。 詳しいやり方については、こちらの記事で紹介していますので是非チェックしてください。

次の

【鬼滅の刃】下弦の伍 累が家族に執着する理由は?声優や過去も紹介!

鬼滅の刃累

「私は自分さえ良ければそれでいい」 CV: 概要 蜘蛛鬼であるの姉。 固く柔らかい糸を操り、相手を繭の中に包み込んで溶かす『 溶解の繭』を使う。 一見すると可憐な少女の姿の鬼で、悲しげな表情でに折檻されるの姿を見つめていたり、累に痛めつけられて涙を流す様子から、読者からは「彼女もまた累に支配された哀れな犠牲者」だと思われていた。 しかしその本性は、蜘蛛一家の中で最も狡猾で卑劣。 「他の馬鹿どもがどうなろうと、自分さえよければいい」という、極悪な利己主義者である。 今まで累の『家族』を演じさせられてきた鬼のうち、累の命令に従わない者・上手く演じられない者は切り刻まれたり、日光で焼き殺されるなどで処分されたが、彼女は累の機嫌を損ねず上手に『姉』を演じる事で命を長らえ、その代価として与えられた能力により、多くの人間を食らい続けてきたのだった。 「母」とが倒され、動揺して元の顔に戻りかけた事で累に仕置きを受け、の生き残りを始末するよう命じられ、を血鬼術で捕らえたところを、に見咎められる。 しのぶのただならぬ圧迫感に危険を感じた彼女は、何とか言いくるめて逃れようとするが、小手先の弁明が通用する相手ではなかった。 「今まで殺したのは五人」という嘘も、「少なくとも八十人は喰っている」と看破され、その償いとして「苛烈な拷問に耐え抜ければ許す」と言われて逆上した彼女はしのぶに襲いかかったが、蟲の呼吸『蝶ノ舞・戯れ』によって藤の花の毒を打ち込まれて絶命した。 アニメ版 アニメ第20話『寄せ集めの家族』にて、アニメオリジナルストーリーとして彼女の鬼になってからの生い立ちが詳しく描かれた。 力を持たない弱い鬼だった「姉」は鬼殺隊隊士に追い詰められ、逃げた先で偶然累と出会う。 累は助ける条件として、自分の『家族』になるように言い、彼女もその条件を呑んだ。 累は約束通り鬼殺隊隊士を一瞬で皆殺しにした上で、彼女を那田蜘蛛山に招き入れる。 そこには「母」「兄」「父」の他にもたくさんの兄弟姉妹がいた。 累の血を飲んだ「姉」は血鬼術を与えられ、その後元の顔を剥がされ現在の顔になる(それでも感情が揺らぐと元の顔に戻ってしまう様子)。 他の家族と共に意味のない『家族ごっこ』をしている中、「姉」のさらに上の「姉」を演じていた鬼(CV:)から、那田蜘蛛山からの脱走の誘いを受ける。 その提案を呑み一緒に脱走したが、二人が逃げる先には累が待ち受けていた。 彼女は累にその計画を告げ口しており、「姉」の「姉」は日光にあてられて殺される。 「姉」は山の外で以前のように鬼殺隊から逃げる日々を送るよりも、累の恐怖に怯えながらも少しでも長く生きながらえることを選んだのだ。 余談 スピンオフ作品『きめつのあいま!』の16話ではから発生した『ほわほわ』を「母」や、「母」の首なし人形と共に集め、ふかふかのクッションとを作っていた(その後、累と「父」に没収されていた)。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

鬼滅の刃の累の家族構成や名前まとめ!兄だけ体が蜘蛛なの?

鬼滅の刃累

その累が「家族」と呼んでいる 複数体の鬼もまた糸や蜘蛛を操っています。 ここではそんな累の家族についてどういった関係性なのかをまとめていきます。 それぞれが糸を操って戦ったり、蜘蛛のような見た目をしていますね。 しかし実はこの鬼全てが血縁関係にありません。 累はとても強い「 家族の絆」に執着している鬼になります。 その事から鬼殺隊から逃げる事しかできない弱い鬼を「 家族」として受け入れました。 下弦の鬼の配下になる事で 安全な場所をと考えていた鬼は多くいるようですね。 しかし、その配下では累による 恐怖政治が敷かれていました。 累に逆らえば体を斬られ、天敵と呼べる日光で炙られるなどの拷問を受けます。 強い力の配下に下る代わりに、 決して怒らせてはならないという暗黙の了解ができている累の家族。 当初は倍以上の人数がいましたが、現在は累に忠実な4体のみとなっているようですね。 自分の理想とする家族を作り上げるために、 弱い鬼を庇護する代わりに家族になるように提案。 無惨に気に入られているという理由で自分の血を他の鬼に与えて力を貸す事ができる能力があります。 また、理想の家族を作るために 役割を与えた鬼の顔を作り替えるなども行います。 自分の命令に背くものや役割を全うしないものには 容赦のない制裁を与える恐怖政治を課しているようです。 父蜘蛛 集合体恐怖症の人って鬼滅の蜘蛛父無理よな — 紅蓮華 今日もるんるん kagamitaiga1996 累が作り上げた家族の中で 最も強い戦闘能力を持っている鬼。 顔が蜘蛛のようになっており、知性がかなり低くなっています。 そのため、累の命令にのみ反応し、累が決めた 家族へ攻撃をする敵には容赦しないです。 また、ある程度のダメージを受けると「 脱皮」を行い回復とパワーアップを同時に行うのも注意点ですね。 その結果 伊之助を重体まで追い込む事ができたが、その後到着した義勇に倒されます。 元々は幼い子供の鬼ですが、 累の元にたどり着いたのが早かったので母親役を言い渡されている可能性が高いです。 糸を使って敵を操る事が可能な能力で、それは人間だけでなく鬼にも適用します。 しかし、急な事になると焦りが大きく出てしまうため、 戦闘でのミスが多いですね。 この事もあり、累の家族の中では立場が一番低く、 よく父蜘蛛の暴力を受けています。 操る能力は高いですが、本人の戦闘能力は低いため直接攻撃されるととても弱いとされているようです。 状況を把握する能力に長けているのか、いかにすれば累の機嫌を損ねないかを一番よく理解しています。 基本的に繭に獲物を閉じ込めて、その中で 液体になるまで溶かして栄養分としているようです。 冷静に状況を判断できる反面、母蜘蛛と同じく急な事に対応するのが少し苦手のように感じますね。 鬼滅の刃より 那多蜘蛛山でしのぶさんが姉蜘蛛と出会うシーン🕷 『わぁ、凄いですね〜🦋』 How amazing! 褒める時に使える便利な言葉だよ👍 テスト満点だったよー💯 -How amazing! 兄蜘蛛 今日の声真似は累の兄かなwww — ぴえんと化したぴえんかと思いきややっぱりぴえんだと思ったけどスーパーぴえん人だったぴえん sueOCiM8Dx6Uai8 累から兄弟役を言い渡されている中では最も手駒が多い鬼。 巨大な蜘蛛の体に人の頭という奇天烈な容姿をしており、 部下の蜘蛛も同じスタイルです。 毒液を吐き出す事で近づいてきた敵を攻撃する能力を持っています。 それ以外にも小さな蜘蛛を使い、 遠隔で毒を注入したりが可能となっていますね。 攻撃だけでなく私兵を増やす役割もこの兄蜘蛛が担っていたと考えられます。 那田蜘蛛山では善逸と戦う事になりますが、最後は霹靂一閃六連にて倒されます。 家族の絆に強い執着を持っている累と、その累のわがままに付き合う偽物の家族。 恐怖で作られている家族なのにそれでも累に従うのはその 絶対的な力が影響していますね。 また、それぞれにきちんとした役割を与える事で 家族という名の一部隊を作り上げています。 最終的には炭治郎達鬼殺隊に敗れていますが、 柱2名が動くという状態になっているのでやはり強いです。 そんな累ですら下弦の鬼と考えると、鬼殺隊が敵対する十二鬼月の戦力の高さは絶大ですね。 今回はここまでとなります!.

次の