朝日 小学生 新聞。 小学生新聞、いつから・何年生から読ませたらいい?|小学生新聞読み比べ!

小学生新聞のバックナンバーを読みたい場合に。|小学生新聞読み比べ!

朝日 小学生 新聞

リニューアルを前に、親子約700組を対象に、ウェブアンケートや対面でのインタビューを行いました。 見えてきたのは、忙しい毎日を送っている小学生の姿です。 登校前や帰宅後、習い事の合間などのひとときに、楽しく読んでもらうにはどうしたらいいか、検討を重ねました。 幅広い学年に読んでもらえるよう、記事はコンパクトに、よりわかりやすく工夫します。 理解を助けるイラストや写真は、大きく配置します。 ゆったりとしたレイアウトにする分、記事のページを6ページから7ページに増やしました。 書き写し学習にも活用されているコラム「天声こども語」は週2日から週5日に掲載を増やしました。 英語学習やプレゼンテーション、SDGs(持続可能な開発目標)など、新学習指導要領とリンクする連載も始まります。 小学生に大人気の「科学漫画サバイバルシリーズ」の新作「水族館のサバイバル」もスタート。 また、ブランケットサイズの新聞の良さを生かし、見開き2ページを使った「なんでも実物大ずかん」も月1回掲載を予定しています。 新しい題字の「日」の文字のデザインは、子どもたちの笑顔を表しています。 新聞を読んだ子どもたちが笑顔になり、未来を広げてほしい、という願いを込めました。 また、朝日小学生新聞のリニューアルに合わせ、朝日小学生新聞に原則月1回ずつ折り込まれる別刷り媒体「朝日らんたろう新聞」は低学年・未就学児向けの 「朝小はじめてのしんぶん」に、「朝日おかあさん新聞」は保護者向けの 「朝小かぞくの新聞」にリニューアルしました。

次の

子供新聞はどれがおすすめ?読売・朝日・毎日の違いと子供新聞の効果を教えます!

朝日 小学生 新聞

リニューアルを前に、親子約700組を対象に、ウェブアンケートや対面でのインタビューを行いました。 見えてきたのは、忙しい毎日を送っている小学生の姿です。 登校前や帰宅後、習い事の合間などのひとときに、楽しく読んでもらうにはどうしたらいいか、検討を重ねました。 幅広い学年に読んでもらえるよう、記事はコンパクトに、よりわかりやすく工夫します。 理解を助けるイラストや写真は、大きく配置します。 ゆったりとしたレイアウトにする分、記事のページを6ページから7ページに増やしました。 書き写し学習にも活用されているコラム「天声こども語」は週2日から週5日に掲載を増やしました。 英語学習やプレゼンテーション、SDGs(持続可能な開発目標)など、新学習指導要領とリンクする連載も始まります。 小学生に大人気の「科学漫画サバイバルシリーズ」の新作「水族館のサバイバル」もスタート。 また、ブランケットサイズの新聞の良さを生かし、見開き2ページを使った「なんでも実物大ずかん」も月1回掲載を予定しています。 新しい題字の「日」の文字のデザインは、子どもたちの笑顔を表しています。 新聞を読んだ子どもたちが笑顔になり、未来を広げてほしい、という願いを込めました。 また、朝日小学生新聞のリニューアルに合わせ、朝日小学生新聞に原則月1回ずつ折り込まれる別刷り媒体「朝日らんたろう新聞」は低学年・未就学児向けの 「朝小はじめてのしんぶん」に、「朝日おかあさん新聞」は保護者向けの 「朝小かぞくの新聞」にリニューアルしました。

次の

朝日Teachers' メール

朝日 小学生 新聞

朝日小学生新聞の活用ノートで書く力にジワジワ自信が。 子供の書く力を上達させたいと思っている親御さんにおすすめなのが、朝日新聞社の小学生新聞と活用ノートを使った学習法。 この「活用ノート」とは、朝日新聞社から発売されている、朝日小学生新聞の記事を書き写す時に使用する専用のノートです。 新聞のなかで子供が気になった記事を貼り、その内容を書き写します。 そしてその記事についての感想や知らない言葉をノートに記入していきます。 この学習法ですが、これを毎日おこなうことで正しい文章の書き方、漢字や語彙の知識習得のほか、 一つのテーマから自分の考えをまとめて文章にする力が身に付けられます。 ここ、大事です。 この「自分の考えを文章にする力」、これがなかなかつけるのが難しいんですよね…! そして一番身につけたい力でもあるわけです。 小学生新聞を読むことで、確実に漢字や語彙の知識は広がりますし、長文読解も得意になります。 が、さらに 専用のノートに自分の考えをまとめる作業を加えることで、国語力アップに加速がつくんです。 国語力はすべての土台。 国語力をつけることで、学習全般において、大きな自信を付けられれば良いですよね。 活用ノートの良いところはココです ノートを利用した学習法は早い子供だと15分、時間がかかる子供でも30分程度で終わるようなものです。 短い時間でも取り組め、気軽に始められるのがこの活用ノートのいいところ。 なので、朝の登校前の日課としてさせるのも可能です。 このノートの良いところは、効率よくいろいろな知識を身につけられるようになることです。 小学生新聞の内容は子供向けとは言え、プロの記者が書いているものなので文章の構成、漢字や語彙の使い方などはとてもレベルの高いものです。 そんな記事を題材としいろんな面から探求していくことで、疑問が自ずと沸いたりそれを解決したくなったり…、と、学習の仕方の幅が広がるというか、 自主性が芽生えていく気がすごくしました。 これが実際1冊使用してみての感想です。 また、文章をまるまる書き写すって、意味があるのかな?と感じる方もいると思うんですが、ちょっとあなどるなかれ、です。 書き写しという作業は、いろんな機会をもたらしてくれます。 たとえば、 様々な文章の流れの作り方を知る機会 漢字や語彙に多く触れる機会ができる 時事ニュースについて深く考察する機会 こうして学んだことが自然と作文作りに活かされたり、「活用ノートやってたからかも…」と、ハッとその静かな効果に気づくことも少なくありませんでした。 ノートを前にしひとつのことについて考える場をもつというのは、集中力を養うのにも役立ちます。 正直言って、活用ノートの存在を知りながらまだ買っていなかった時分は、 「これがなくたって、同じように自分でノートを用意し、同じ流れで新聞と向き合えば良い」 と考えたこともあります。 が、よほど親が指南してあげないとなかなかそれも難しいもの。 活用ノートがあることがおおきな指針となり、このノートを軸としてスムーズに新聞学習を進めていくことができます。 活用ノートに沿ってやっていればよい、とわかっているのは大きな安心感でもあります。 クレジット(6か月分決済)で申し込むと 「活用ノート」がもらえます 活用ノート併用でもちろん受験対策にもなります 中学受験を目指す家庭ではこのノートを利用されているところが多くあります。 と言うのも、最近の中学入試問題は教科の枠を超えた時事ネタ問題が多く出ていることが関係しています。 日本の領土問題や国際情勢などについて、自分の意見をまとめて文章にするような出題形式もあり…。 このような案儀な問題に強くなるのが、活用ノートを利用した学習法なんです。 実際に我が家でもこの学習法を取り入れていたわけなんですが、やらせてみると新聞を読むだけの時よりもニュースについて深く考えるようになっていったのが印象的でした。 テストで自分なりの意見をきちんとまとめられるようになったりもしたし、結果、受験に多いに役に立ったと思っています。 うちの子供の中学入試では面接方式で時事ニュース問題があったのですが、面接官の先生に 「尖閣諸島についてどう思うか?」 と聞かれた時に、活用ノートにまとめていた記事でもあったため難なく答えられたと言っていました。 ずばり、だったのでたまたまだとは思いますが、実際にほかの家庭でも政治情勢などの理解力を高めるために、朝日小学生新聞プラス活用ノートでの勉強をしているところが多かったです。

次の