メルペイ コンビニ 払い。 【メルペイ】コード払いが使える店舗まとめ【コンビニ・スーパー・ドラッグストアなど】

【メルペイ】後払い(スマート払い)を徹底解説!【清算方法・支払方法・利用店舗・手数料・メリットなど】

メルペイ コンビニ 払い

メルペイとは メルペイはメルカリユーザーを対象としたスマホ決済サービス。 メルカリでの売買などによって得た売上金を銀行口座に出金することなく、メルカリ外の取引で電子マネー(メルペイ電子マネー)として使えるサービスだと考えればよいでしょう。 売上金だけでなくポイントもメルカリ外で電子マネーとして使えます。 実際にメルペイを利用する場合、支払い用銀行口座を登録しているか否かによって、利用手順がすこし異なります。 といっても、売上金をメルカリ外での支払いに使うかぎりにおいては大した違いはありません。 左:支払い用銀行口座を未登録の場合の画面 右:支払い用銀行口座を登録済みの場合の画面 まず、支払い用銀行口座を登録していないパターン(本記事で解説するのこのパターンです)。 この場合、メルカリでの売上金を電子マネーとして使うには、事前に売上金でポイントを購入する必要があります。 そして購入などで獲得したポイントを「メルペイ電子マネー」として各種支払いに使用する、という流れになります(1ポイント=1円換算)。 いっぽう支払い用銀行口座を登録しているパターンでは、事前にポイントを購入する必要がありません(ポイントの購入もできなくなります)。 「メルペイ電子マネー」での支払いには、支払い用銀行口座からチャージしたメルペイ残高か、メルカリ内での売上金を充てることになります。 支払い用銀行口座を登録すると、「売上金」が「メルペイ残高」に置き換わります。 メルペイをコンビニ支払いで使ってみた(ポイント購入パターン) 今回は、メルペイをコンビニ支払いに利用してみました。 初めてメルペイを店頭利用するので、まずはが必須。 今回は支払い用銀行口座を登録しないので、必要もあります(すでに手持ちのポイントがあれば購入不要)。 あとはだけです。 メルペイ電子マネーの電子マネーカードを作成する 「メルカリ」アプリを起動したら、「メルペイ」タブ内の[売上金・ポイントをお店で使う]を選択します。 「電子マネーの情報をiPhoneに追加します」の画面で[電子マネーの情報を追加]をタップし、「Apple Payにカードを追加」画面で[次へ]をタップします。 メルペイ利用規約を確認した上で[同意する]と、「メルペイ電子マネー」がWalletアプリに追加されます。 これでメルペイを電子マネーとして使う下準備が完了しました。 なお、以上の設定が完了すると、先ほどは「売上金・ポイントをお店で使う」となっていたメニューが「電子マネー(iD)を開く」という文言に変わります。 メルカリの売上金でポイントを購入する 支払い用銀行口座を登録していない場合、メルペイ電子マネーを使うにはメルカリのポイントが必要です。 ポイントを保有していないのであれば、売上金からポイントを購入します。 まず、「メルペイ」タブで[ポイント購入]を選択し、[購入するポイント]をタップします。 ポイントの価値は、1ポイント=1円換算。 購入手数料はかかりません。 ただし、購入したポイントには365日の有効期限が設けられているほか、払い戻しはできません。 購入手続きが完了すると、通知が届きます。 「売上金」から差し引かれた金額が「ポイント」に加算されます。 コンビニでの支払いにメルペイを使う 店頭での支払いは、非接触型決済の「iD」でおこなう仕組みです。 SuicaやPASMO、QUICPay、楽天Edyなどと同様、レジ前のリーダーにiPhoneをかざすだけで代金を支払えます。 2019年2月17日現在、メルペイはiOSのみに対応しています(iOS 10. 1以上。 Androidにも対応予定)。 店頭での支払いに利用する場合は、iPhone 7以上、Apple Watch Series 2以上のデバイスが必要です。 Apple Payでの支払い経験があれば、レジ前で迷うことは特にないでしょう。 支払いの際に店員に「iDで」と伝え、「電子マネー(iD)を開く」をタップしてメルペイ電子マネーを開きます。 Walletアプリでメルペイ電子マネーを選択しておいても構いません(頻繁に使うのであれば、メルペイ電子マネーをメインカードに設定しておくと便利です)。 あとは認証を済ませ、決済リーダーにiPhoneを近づければ支払い完了。 Apple Payの詳しい使い方については、下記記事を参照してください。 「メルペイ」タブには、購入した商品の代金分が差し引かれたポイントが表示されます。 ちなみに、メルペイ電子マネーの使いどころはメルカリアプリ内や店頭での支払いだけではありません。 Apple Pay対応アプリでも利用できるので、メルペイ電子マネーからSuicaにチャージするといったことも可能。 メルカリの売上金を使ってかんたんに電車に乗れてしまいます。 メルペイのサービス開始により、わざわざ出金することなく、電子マネーのかたちで売上金を幅広く使えるようになったわけです。

次の

【2020年5月最新】メルペイの使える店・加盟店・コンビニ

メルペイ コンビニ 払い

メルペイあと払いを支払えるコンビニ• ローソン• ミニストップ• デイリーヤマザキ• セイコーマート• 銀行ATM どのコンビニでもだいたいやり方は同じです。 自宅や最寄り駅の近くの使いやすいところでやってみてくださいね。 今回は「」を例に紹介します。 じぶんが支払いたいコンビニを選んで「お客様番号を発行する」をタップしてください。 すると、すぐに「お客様番号」と「確認番号」が表示されます。 (ローソンの場合) はい。 スマホの操作はこれで完了です。 番号を手に入れたらローソンにある機械「Loppi(ロッピー)」のトップ画面で「各種番号をお持ちの方」をタップしてください。 入力画面になるので、「お客様番号」と「確認番号」を入れましょう。 番号を入れたら「はい」をタップすればok。 にゅい〜んと支払い用紙が出てきますよ。 あとはそれをレジに持っていってお支払いするだけです。 すぐにスマホに支払い完了の通知も来ます。 お疲れ様でした〜。 レジさえ混んでいなければ1分もあればお支払いできちゃいますよ! メルペイあと払いをコンビニで支払うときの3つの注意点• セブンイレブンは非対応• 支払いは現金のみ• ポイントは付けられない 気が付きましたか? そう・・・ セブンイレブンでは支払えないんです! でも・を使ってお買い物・クーポン利用はできるんですが、「メルペイあと払い」の支払いはできません。 そして、コンビニでの支払いは 現金のみです。 「メルペイあと払いをお店でメルペイで支払い」とかできたら面白いな〜と思ってで店員さんに聞いてみましたがダメでした(笑) あと、ポイント付与もダメです。 ローソンで「」「」やファミマで「」は、メルペイあと払いの支払いのときにはもらえません。 それが出来たら裏技的な二重取り・三重取りになるんですが、さすがにダメですね。 まとめ:メルペイコンビニ支払いは手数料かかるよ! さいごに、今回の「コンビニでメルペイあと払いの支払い」のポイントをまとめて並べておきますね。

次の

【メルペイ】コード払いが使える店舗まとめ【コンビニ・スーパー・ドラッグストアなど】

メルペイ コンビニ 払い

キャッシュレス化の波の中で、大人気フリマアプリ「メルカリ」もスマホ決済アプリ「メルペイ」を提供しています。 メルカリでの売上金をそのまま支払いに利用できますので、メルカリユーザーには、使い勝手のよいサービスです。 この記事では、メルペイの特徴・メリットと使い方を紹介します。 利用開始までの設定方法を画像(スクリーンショット)付きで解説しているので、これからメルペイを活用したい方は、ぜひ参考にしてください。 本記事内の各種情報については、メルペイの公式サイトから引用しています。 【引用元】 本記事内のスクリーンショット画像は、メルカリアプリから引用しています。 【引用元】 目次• 1.メルペイとは? (1)特徴 メルペイは、 株式会社メルペイが運営する、メルカリアプリを使った決済サービスです。 2019年2月13日にサービスを開始しました。 決済方法は「iD」を使ったIC決済と、QRコード決済をつかったコード決済の2本立てです。 メルペイの他の決済方法との一番の違いは メルカリで発生した売上金を使って買い物できるという点です。 通常メルカリで売り上げた金額を現金化するために振り込む場合は1万円未満だと手数料がかかるなど少し難がありました。 しかしメルペイなら手数料もかからず、すぐに使えてとても便利なのです。 もちろんメルカリで商品を買うことができるため、• メルペイにお金が貯まる というサイクルでお得に買い物ができそうです。 (2)メリット 通常iDを利用するときも、その他QRコード決済を利用する場合でも基本的にはクレジットカードの登録は必須であることがほとんどです。 しかし、メルペイならメルカリの売上金をそのまま利用する、もしくは銀行振込でチャージするという形になるので気軽にキャッシュレス決済に手を出すことが来ます。 GW中は「ニッポンのゴールデンウィークまるっと半額ポイント還元!キャンペーン」というキャンペーンを展開しています。 GW期間中は、メルペイをオトクに使う絶好のチャンスです。 merpay 下記記事で、キャンペーンの概要や注意点を簡単に紹介していますので、気になる方はご参照ください。 「PayPay」「LINEPay」「au Pay」「d払い」などで現在行われている、還元率の高いキャンペーンをまとめ… (3)チャージ・支払い方法 メルペイに金額をチャージする方法は2種類あります。 まず1つ目は、メルカリの売上金からポイントを購入する方法です。 メルカリで出品し、売り上げた金額を利用してポイントを購入しそれを支払いに利用するという形になります。 2つめは銀行口座と連携させて銀行口座からポイントチャージを行うという方法です。 一見難しそうですが登録はすぐできますし、登録してしまえば本当にスムーズに残高を気にせずメルペイを利用できるようになります。 (4)使える店舗 メルペイの使える店舗は「iD」マークがあるところ、もしくは「メルペイ」のマークがあるところです。 iD払いだけでも全国で80万箇所で使えるため、決済で「メルペイが使えない」と困ることは、あまりありません。 iDが使える主要なお店としては• コンビニ(ローソン、ファミリーマート、セブンイレブン他)• ドラッグストア(ウエルシア、ツルハドラッグ、スギ薬局他)• イオン• マクドナルド• ビックカメラ など多種多様なお店で利用することができます。 さらなる詳細はメルペイのウェブサイトを参照ください。 2.メルペイの使い方 (1)メルカリを登録 メルペイを使うためにはまずApp Storeから メルカリのアプリをダウンロードしてください。 もしすでにメルカリのアプリを持っている方は最新バージョンかどうかを確認し、以前のバージョンだとメルペイに対応していない可能性がありますのでアップデートをしましょう。 コンビニなど店舗でのお支払い方法をタッチしてください。 迷う箇所はありませんので、画面に従って進んでいきます。 これで、コンビニなどで使えるようにするための設定が完了です。 (3)チャージ方法 ・銀行口座の登録方法 銀行口座の登録方法 チャージするためには、銀行口座の登録が必要ですので、まず、銀行口座を登録します。 指示に従って、4桁のパスコードを入力し、再度、同じものを入力します。 このパスコードは、ロック画面のパスコードとは異なりますので、忘れないようにしましょう。 チャージ方法 銀行口座が登録できたらお金をチャージします。 (今のところiOSアプリのみ) それ以前にメルカリアプリをインストールしている人は、アプリをアップデートしてください。 コード決済で支払う際には、お店側に 「メルペイで」と伝えます。 iDで支払う お店で支払う時は 「iD(アイディ)で」と伝えます。 「電子マネー(iD)を開く」をタッチします。 パスコードを入力して支払うか、もしくはTouch IDやFace IDを利用できます。 ここでは、パスコードで支払う場合を説明します。 パスコードを入力します。 そして、お店に置いてあるリーダーにかざします。 支払いが完了すると、店名、金額、日時が表示された完了画面が出ます。 (下記画面では店名を消しています。 ) (5)残高・履歴の確認方法 残高・履歴の確認は残高履歴で確認できます。 (6)口座への振込方法 メルペイに貯まっているお金を銀行に振り込む方法もあります。 (7)解約方法 メルペイは辞めたいときに解約方法などはありません。 ただ、銀行口座との連携を解除したい場合の操作方法はあるのでご紹介します。 ただし、銀行口座と連携しておけば大丈夫です。 また、メルペイは現状iD支払いなのでiD払いができないiPhoneの方(iPhone7より前の機種)はメルペイを利用することができないので注意してください。 PCでWEB版を利用できなくなることがあった PCでWEB版を利用してメルカリを利用している人は、要注意です。 メルペイの銀行口座の登録を行うと、次のようなメッセージが出て、2019年3月から4月にかけて、PCでWEB版を利用できなくなってしまいました。 「現在、メルペイ残高をご利用のお客様はWeb版のメルカリをご利用いただくことができません。 」 メルペイから銀行口座を削除し、ウォレットからメルペイ電子マネーを削除したとしても、WEB版を利用できるようにはなりません。 当初、「WEB版の公開は3月下旬頃を予定しております」と表示されていましたが、4月下旬まで延びました。 4月下旬に解除され、現在では、PCでも正常にWEB版を利用できています。 ただ、アップデートに伴って、また突然利用できなくなる可能性もありますので、いつもPC版で利用している人は、気をつけて利用したほうが良いでしょう。 まとめ メルペイはメルカリを利用している人も利用していない人も是非利用していただきたいです。 メルカリを利用している人は、身の回りで不要になったものを売って、売れた金額がそのまま日々のお買い物に使用できます。 現金としてお金を手にしていないのにアプリ上だけでお金の移動が完結するなんてお金のようでお金でない、メルカリが提唱するまさに「お金らしきもの」です。 そのような近未来的なお金をイオンや主要なコンビニなどで気軽に使える時代が、すでに来ています。 また、メルカリを利用していない人もクレジットカードなどを使用することなく簡単にメルペイを利用することができるので、他のキャッシレス決済よりも簡単に始めることができます。 そんなメルペイをこの機会に是非利用してみてください。 Ad Exchange.

次の