武蔵 小杉 タワー マンション。 タワーマンション(タワマン)を買って後悔?実際に武蔵小杉のタワマンを買った筆者がメリットとデメリットを解説

武蔵小杉タワマン浸水どこ?マンション名や管理会社が気になる!|まんまる。

武蔵 小杉 タワー マンション

駅周辺では多摩川に排水できなくなった水が逆流して大規模な冠水が発生。 「住みたい街ランキング」上位の常連として知られるムサコの街並みやJRの駅改札、構内が泥水に浸るニュース映像は鮮烈な印象を残すものだった。 さらに、駅前のでは浸水被害により地下の電気設備が故障するなどの被害が出た。 鉄道各社の路線再編などに伴って都心や新横浜へのアクセスが飛躍的に向上した武蔵小杉の駅周辺には、数多くのタワーマンションが林立している。 東日本台風ではそうしたタワマン群の災害リスクにスポットが当たったかたちだ。 エレベーターが動かなくなるなどの憂き目に遭ったタワマンを含む周辺12のマンションの管理組合が今年1月になって、連名で川崎市長に一通の要望書を提出した。 住宅ジャーナリストの榊淳司氏が解説する。 「『駅周辺の冠水対策の実施』など28項目を求める内容なのですが、中には『電源やポンプ設備を高層階へ移設するための費用補助』といった項目もある。 「要望書への返答という形ではまだできていない。 これから内容を精査していくが、新型コロナの影響もあり、いつになるかわからない」(川崎市中原区地域振興課) 行政とタワマン住民の間に生じた溝。 水に流せる日はまだ先のよう。

次の

武蔵小杉の冠水・浸水のタワーマンションはどこ?名前や風評被害についても!-shuly

武蔵 小杉 タワー マンション

WEBで問い合わせる シティタワー武蔵小杉の物件詳細 基本情報 価格 坪単価 8,480万円 (387. 35m 2 (21. 88 坪) バルコニー面積 16. ペット可• 公営水道• 都市ガス• 専用バス• 専用トイレ• バス・トイレ別• シャワー• ガスコンロ• コンロ三口• システムキッチン• 追焚機能• シャワー付洗面化粧台• エアコン• ウォークインクローゼット• 室内洗濯機置場• BSアンテナ• オートロック• エレベーター• バルコニー• フローリング• 宅配ボックス• 駐輪場あり• バイク置き場あり• タイル貼り• 光ファイバー• 角部屋• 床暖房• TVドアホン• 温水洗浄便座• カウンターキッチン• 浴室乾燥機• フロントサービス• ごみ出し24時間OK• 洗面所独立• 食器洗い乾燥機• ディスポーザー• 防犯カメラ• セキュリティ会社加入済み• 全居室収納• クローゼット• シューズボックス• 照明器具付• オートバス• ガス暖房• 2階以上の物件• 南向き• タワーマンション• 所有権• コンロ三口以上• コンロ二口以上• 管理人常駐• 総戸数100戸以上• 株式会社レジデンス 本店 〒145-0062 東京都大田区北千束1丁目49-3 [営業時間] 10:00~19:00 [定休日] 毎週水曜日 年末年始 [最寄り駅] 東急大井町線 大岡山駅 徒歩1分 [電話番号] 03-5726-3550 [FAX番号] 03-5726-3558 [免許番号] 東京都知事 02 第095297号 [代表者名] 松本 秀一 [所属団体] 各都道府県 宅地建物取引業協会 [保証協会] 公社 全国宅地建物取引業保証協会 [特徴] お客様のご要望に応じて柔軟に対応できる不動産会社です。 最適な売買方法を専門家がプランニングし、サポートさせていただきます。 WEBで問い合わせる 物件を見たい、詳しい情報を教えてなど、ささいなことでもお気軽にお問い合わせください! 電話でお問い合わせをする(通話無料)• 1 電話をかける(携帯・PHS可) 0037-634-85991• 2 案内に従い下記番号を入力 お問合せ番号 99712-2780• 3 不動産会社につながります ささいなことでもお気軽にお問い合わせください!.

次の

武蔵小杉の全タワーマンション一覧を見やすいマップと写真で紹介

武蔵 小杉 タワー マンション

タワーマンションに住むことに何となく憧れる人も多いでしょうが、実際に住んでみるとまた別の問題が生まれます。 実際、「タワマンに引っ越してよかったですか?」という問いに対しては、かなりの数の人が「後悔している」と答えています。 ここからは、後悔する要因になる主な理由8つを紹介します。 その絶景の裏で何がデメリットになるのでしょうか。 ベランダに物が干せない タワーマンションの高層階は安全のため洗濯物の外干しが禁止されています。 またそもそもベランダが設置されていないことも珍しくありません。 ベランダを除き、全面ガラスにすること解放感ある眺望を住人に提供してくれます。 しかし全面窓になった場合、開放することはできません。 景色と実用性の両立は難しいのかもしれません。 強烈な日差し 圧倒的な高さを誇るタワマンには遮蔽物がない。 まさに誰にも邪魔されない解放的な景色が眼下に広がるでしょう。 と聞こえはいいですが、遮蔽物がないがために生じる問題の1つが「日光問題」です。 遮るものがないため強い日差しを太陽に近い距離で一日中浴びることになります。 カーテンを引けば日差しを遮ることはもちろん可能ですが、日中からカーテンを引いて晴天が見えなくなってしまうは寂しいですよね。 そしてマンション自体が熱を帯びるので特に夏場は一日中エアコンをつけっぱなしにすることも珍しくありません。 強風がもたらす恐怖 遮蔽物がないことによって生じる問題がもう一つ。 それは「強風問題」です。 強風がマンションに当たった時に生じる「音」と「揺れ」は避けられないストレスになります。 制振装置がしっかり設置されているので生活に支障をきたすほど揺れることはありませんが、それでも微かに体感できる振動に気持ち悪さや恐怖を感じる方もいます。 また海が近いタワマンは、風で運ばれてくる塩が原因で生じる塩害も気になるポイントです。 塩が付着することで腐食しやすくなり、その箇所から雨漏りが起こってしまうこともあります。 もちろんタワマンのエレベーターの速度は速く、複数台設置してあるので利便性は間違いなく高いはず。 では、果たしてなにが問題なのでしょうか。 朝は通勤・通学で渋滞が発生 一番の問題は通勤時間や帰宅時間になると大変混雑することです。 その場合、外に出ようとエレベーターを読んでもほぼ全ての階で停止して、やっと到着しても満員で乗ることができない。 帰りはエレベーターに乗るまで行列ができ、ぎゅうぎゅうに詰め込まれる形で上まで運ばれていく…これは大きなタイムロスとストレスになります。 売り文句で使われている「駅から徒歩〇分!」が実現する機会は少なそうです。 また定期的にエレベーターの点検が行われるので、利用できるエレベーターが少なっている日は降りるだけでも大変です。 宅配物の受け取りが面倒 宅配ロッカーたるものが誕生して配達問題は解決したかのように思えますが、そうではありません。 重量がある荷物が投函されると必然的に自分で上まで運ばなくてはなりません。 また生鮮食品などは宅配ロッカーに入れることはできないため、こちらの階に運んでもらうことになりますが、ロック解除のために二重三重のインターホンチェックが必要になるため少々億劫な気持ちになります。 タワマンはセキュリティ面がかなり強化されているため、今話題のUBER EATSなどの派遣型宅配サービスは入館に面倒な手続きを求められることがあります。 タワーマンション自体は震度7程度でも倒壊しない構造基準を満たしているため、災害に強い建物と言えます。 しかし、あえて建物を揺らせることで崩壊を防ぐ免震構造になっているので高層階の振れ幅が大きくなり、揺れを大きく感じてしまいます。 そして地震の影響で電気が止まってしまうとエレベーターの利用ができなくなってしまうので外に避難するのにも一苦労です。 マンション内の見栄を気にしてしまい、子供の教育に熱が入り過ぎたり、普段からハイブランドで着飾ったり、お茶会に参加した帰りのエレベーターで自分の階数を押すことが恥ずかしくなったといった経験まで見受けられました。 またマンション内での付き合いにもお金がかかり、多くの出費をしてストレスを抱えてしまった住人もいます。 そういった派閥に子供が巻き込まれることもあり、子育てではさらに慎重なご近所付き合いが必要になってきます。 平成19年ごろから再開発が進められてきた武蔵小杉駅周辺は急速な人口の流入によって様々な問題を引き起こしています。 最寄り駅である武蔵小杉駅の通勤ラッシュの時間帯は改札に大行列ができるほど混んでいます。 人口に比例するように周辺エリアの平均物価が上昇し、さらには待機児童問題も顕在化してきました。 それらは住居者による多額の管理費によって賄われます。 豪華なプールやジム、最上階のラウンジ、ゲストルームなど目を引くものが多いですが、使用の有無を問わず管理費としてしっかり請求されます。 使ってないのに請求されるなんてとても損をした気持ちになりますよね。 いざ使ってみようにも、共用施設の利用には予約が必要で、いつまで経っても予約が取れないなんてことも…。 管理費のほかにも外壁や窓ガラスの清掃などの維持管理費を別途で請求されることもあります。 タワマンの住民たちには修繕積立金というものを毎月払い、その大規模修繕のための資金を備えています。 ちなみにこの積立金はマンションを売却しても返金されることはないので注意が必要です。 修繕時期が近づくにつれて当初の予想費用を大きく超えてくることが判明してくることがあります。 すると、いきなり修繕積立金の額が値上げされます。 その値上げ幅も2倍、3倍と大きく値上げされることもあるため、家計に大きなダメージを与えるでしょう。 実際、タワマンの大規模な修繕作業はこれまで行われていないため、正確な見積もりは不可能とも言えます。 作業自体が始まってから足りない分をあとから住民に請求されることも十分あり得るでしょう。 と聞きますが果たして本当にそうでしょうか。 固定資産税も戸建ての住宅と比べて税額が高く、上記で述べた通り資産価値を維持するためのランニングコストが異常に高くなることは明らかです。 さらにタワーマンション乱立は結果として住宅供給過多を起こしたと言われています。 それによる価値の下落も懸念されているため、安定が確約された資産とは言い難いでしょう。 その他にもある!タワマンを買って後悔した様々な理由 ここではタワーマンションに住んでいた方の体験談をまとめてみました。 それぞれが抱える身近な悩みが見えてきます。 子育て向きの環境とはいえない タワマンの高層階は子供の成長を妨げるという話があることをご存じでしょうか。 外で遊ぶことも少なくなり、実体験を通しての物事のイメージができなくなると言われています。 確かに窓は閉め切られ、適温が保たれ続ける高層環境は季節感や五感が育まれやすい環境とは言えません。 周りからの嫉妬がつらい タワマンに住むことで旧友と距離を置かれることがあるそうです。 冒頭でも述べた通り、タワーマンションは他の住み処と比べても格別です。 そのために「タワマン」という単語を聞いただけで構えてします人も少なからずいるでしょう。 その方は旧友に何気なく、タワマンに引っ越したことを伝えると心配を装った嫌味を言われ、その後露骨に距離を置かれるようになったらしいです。 騒音トラブルはタワマンでも変わらず起こる タワマンに限らずマンションに騒音問題は付きものです。 いくら天井が高く、壁が厚く作られているタワマンでも、激しい動きをすればその振動は騒音となって真下の階に響いてしまいます。 また壁の素材によっては隣の部屋もの音がダイレクトに聞こえてくる、隣の家で物を引きずる振動が床から伝わってくるなどの悩みも聞かれました。 騒音トラブルはタワマンに限ったことではありませんが、住む前にしっかりと騒音チェックをしておくことが大切です。 タワマン購入は慎重に!後悔しないように準備しよう.

次の