ライン id 友達 追加。 LINEりんな|IDの追加方法について

LINEの「ID検索」で友だちを追加する方法

ライン id 友達 追加

LINEはまだまだ奥が深い• LINE ID検索以外で友だちを簡単に追加する6つの方法 ふるふる 近くにいる友だちと 端末を「ふるふる」しあって 友だちに追加する方法です。 「その他>友だち追加> ふるふる」と進めばOK。 ふるふるは GPS(位置情報サービス)を 利用して友だちを表示する仕組みです。 ただ、範囲はあまり広くなく、 1m〜2m以内が好ましい と言われています。 また、GPS機能を使うので 電波の悪いところでは ふるふるが正常に機能しないことも。 ふるふるを使う時は 電波のいいところで使いましょう。 QRコード 友だちのQRコードを読み取る、 自分のQRコードを読み取ってもらう。 こちらも近くにいる友だちとなら 簡単に繋がれる方法の一つです。 「その他>友だち追加> QRコード」と進めばOKです。 QRコードリーダーの画面から 「自分のQRコードを表示」をタップで 自分のものを表示できます。 スポンサードリンク QRコードをメールで送信 離れている友だちと繋がる方法で 「自分のQRコードをメールで 送信する」というものがあります。 自分のQRコードを表示させ、 右上の「・・・」をタップし、 「メールを送信」をタップ 相手のアドレスを入力し、 送信すれば完了です。 相手のメールアドレスを知らないと この方法は利用することができません。 なので、QRコードを送る時は 事前にアドレスを聞いておきましょう。 メール招待 「その他>友だち追加> 招待」とタップして進むと 招待方法が表示されます。 SMS・E-mail、どちらの場合も アドレス帳に登録してある友だちしか 招待することができません。 招待する友だちの「招待」をタップ メール作成画面が表示されるので そのまま送信すればOKです。 QRコード/メール招待のURLを使う QRコード/メール招待のメール本文に 「 URL」が記載してあります。 このURLを友だちに教えて 追加してもらうという方法です。 QRコードを更新しない限り、 同じURL・QRコードを 使い回すことができます。 が、万が一のことを考えて、 友だちに追加してもらったら 更新しておきましょう。 「その他>設定>プライバシー管理> QRコードを更新」とタップ 確認メッセージを読んだ後、 「確認」をタップすればOKです。 アドレス帳(電話帳)同期 お互いの「電話番号」が登録されていれば、 アドレス帳の「友だち自動追加」で お互いに友だちになることができます。 片方しか登録していない場合は、 「知り合いかも?」に表示されます。 友だち自動追加は 「その他>設定>友だち> 友だち自動追加」とタップ 「友だち自動追加」をタップすると、 データの同期が開始されます。 まとめ LINE ID検索以外で友だちを 簡単に追加する6つの方法 という内容をお届けしてきました、 ID検索以外の方法は 下記の6つです。 ふるふる• QRコードを読み取る• QRコードをメールで送信• メール招待• QRコード/メール招待のURLを使う• アドレス帳(電話帳)同期.

次の

LINE ID検索以外で友だちを簡単に追加する6つの方法

ライン id 友達 追加

「年齢確認」が済んでいない• 18歳未満である• 相手側で「IDによる検索許可」設定をオフにしている• ID検索回数上限に達している• 「年齢確認」が済んでいない LINEの設定から行う「年齢確認」が自分と相手のどちらかが済んでいない場合には、電話番号検索やLINE ID検索機能を使用することはできません。 友だちリストの歯車マークの「設定」から[年齢確認]にて年齢認証を行うことができます。 確認が済むと「ID検索可」と表示されてID検索できるようになります。 18歳未満である LINEでは青少年のユーザーの保護を目的として18歳未満のユーザーに関しては「ID検索」機能を制限しています。 LINEでは、利用規約で見知らぬ異性との出会いを目的とする利用を禁止していますが、非公認の掲示板などの誰でも利用できることができるウェブサイトやアプリにLINEのIDを公開し合って、見知らぬ人とLINEで友だちになるケースがあります。 このような利用は、思わぬトラブルに発展する可能性もあります。 そこで青少年のLINEユーザーの皆さんをトラブルから未然に守るため、KDDI・NTTドコモ・ソフトバンクモバイルと協力し、 18歳未満の方はLINEのID設定およびID検索を利用することができないよう部分的な機能制限を実施ます。 【18歳未満のユーザーへの対応】 ・ID検索の利用停止 ・18歳未満のユーザーのID検索をしても検索結果に出てこない ・プライバシー管理の[IDの検索を許可]が自動的にオフ設定に変更 引用: 年齢確認も18歳未満でないか確認するために行われていると考えることができます。 ID検索回数上限に達している 短時間で何度もLINE ID検索を行うと、検索の回数制限に引っ掛かり一時的に検索することができなくなります。 これは、スパムなどの乱用や不正な使用を防止するためのセキュリティです。 5回程度連続ですぐにミスったら上記のような表示が出ました。 1時間程度で解除されるため、後で再度試してみましょう。 格安SIM(ワイモバイル、LINEモバイル以外)を利用している 年齢確認は大手の3大キャリアと連携して行われているようです。 結果的に、ワイモバイルやLINEモバイル以外の格安SIMに関しては年齢確認が行うことができずID検索できません。 これは仕方ないのでID検索以外の方法で友だち追加を試してみてください。 ID検索できないときの友だち追加する方法 ID検索できない場合の友だち追加の考えられる代替手段は次のとおりです。 友達が目の前にいる場合にしか使えない• もしうまくいかない場合には相手側で「友だちへの追加を許可」「IDによる友だち追加を許可」をオンにしてもらってから再度試してみてください。 QRコードを利用する LINEのQRコードを利用して友達追加することができます。 QRコードは目の前でQRコードを読み取ることで友だち追加もできますが、 離れていてもQRコードの画像をライブラリから読み込んで友だち追加することもできます。 友だちリストの「友だち追加」の[QRコード]から起動することができます。 自分のQRコードを相手に読み取ってもらう場合には、画面右下の「マイQRコード」(水色枠)より作成したQRコードを読み取ってもらいましょう。 また、相手のQRコードの画像を読み込む場合には、画面左下の「ライブラリから読み込む」(黄色枠)から画像を選択します。 LINEアカウントのURLを利用する QRコードと同時に自分のLINEアカウントのURLを作成することができます。 そのURLを添付したメッセージを送付し、相手にタップしてもらうことで友達追加することができます。 QRコードの[マイQRコード]の[V]から[共有orメールで送信]にてURL添付のメールを作成することができます。 URLのタップかQRコードの読み取りにより友達追加することができます。 友だちリストの「友だち追加」の[招待]から起動することができます。 「友だち自動追加」機能を利用する 「友だち自動追加」設定がオンになっている場合、相手の電話番号を端末の連絡先に登録することで自動で友だちに追加されます。 同じことですが、2パターンの設定方法をご紹介します。 PC版LINEで電話番号検索やID検索する パソコン版のLINEであれば「年齢確認」が済んでいなくても電話番号検索やID検索ができます。 LINEアカウントさえ同じであれば、パソコン版のLINEで友だち追加することでスマホ版のLINEにも自動で友だち追加されます。 パソコン版のLINEにログインして友だち検索します。 おわりに 以上、LINEでID検索できない理由|友達を追加する方法についてでした。 個人的にはQRコードを利用した友だち追加しか使っていないので、QRコードだけで十分にも感じます。 もしID検索できないという方はぜひ参考にしてみてください。

次の

LINEでID検索できない理由|友達を追加する方法

ライン id 友達 追加

LINEのIDとは IDとは、LINE固有の個人を識別するもので、携帯の電話番号のようなものです。 すでに使用されてるIDは使えないので、世の中に同じIDはありません。 携帯キャリアによる年齢認証があり、18歳未満は登録する事ができません。 同じアカウントでは、一度だけ設定する事ができ、変更する事はできません。 LINEのIDを登録するとどうなる? IDを登録すると、友達に自分のIDを検索してもらう事で自分のアカウントを見つけてもら事ができるようになります。 また、自分がIDを登録してなくても、友達をID検索をして登録する事はできます。 しかし、分かりやすいIDを登録すると、他人に知られる可能性が高まります。 また、無作為にIDを検索されてメッセージを送られたりする危険もあります。 ID検索をOFFにする事もできるので、必要な時意以外はOFFにした方が安心です。 スポンサーリンク 目次• LINEのIDの登録方法 その他>設定>プロフィールの「ID」をタップして設定を開始します。 IDは半角英数字で20文字以内です。 既に使われてるIDは設定できません。 簡単なわかりやすいIDは覚えやすいですが、その分スパム被害に遭う危険も高まります。 簡単すぎず自分が覚えやすく教えやすいIDを考えましょう。 一度設定したIDはそのアカウントでは変更できません。 IDを半角英数字で20文字以内で入力したら、「使用可能か確認」をタップします。 「このIDは利用可能です」と表示されたら「保存」をタップします。 IDを登録したら年齢確認をされます。 IDは18歳以上しか利用できません。 「年齢確認をする」をタップしたら各契約キャリアのサイトに移るので、案内に沿って設定をします。 これで、IDで検索される事が可能になります。 年齢確認をしなかったり、18歳以下の場合は、「IDの検索を許可」がオンになりません。 相手のIDを教えてもらい友達登録をする IDで相手のLINEアカウントを探すには、相手がIDの検索を許可している必要があります。 ID検索をするのに自分はID登録をしている必要はありません。 今回は相手のIDを教えてもらい、ID検索をします。 IDで検索される事を許可するには、その他>設定>「IDの検索」をオンにします。 友達を追加するには、「友だち」ページの右上の「+」をタップします。 友達がいない場合は下に「友だち追加」ボタンもあります。 もしくは、「その他」のページ左上の「友だち追加」をタップします。 「友だち追加」 ページ右上の「ID検索」をタップして、相手のIDを入力して、検索マークかキーボードの「Search」をタップします。 友達のアカウント名が表示されれば、「追加」をタップしたら登録されます。 「友だち」ページを見てみると、友達のアカウントが登録されてます。 こちらは相手のLINE画面です。 友達のアカウントを登録できたら、相手の「友だち追加」のページに自分のアカウントが「LINE IDで友だち追加されました」と表示されるので、「追加」をタップしてもらいます。 これでお互いに友達登録が完了です。 登録が完了したらトークを開始します。 相手をブロックする方法 自分が、相手を友達登録してなくても、相手が自分を友達登録したら相手からのトークは届きます。 スパムなど任意でない相手からのトークは詐欺の可能性もあるので注意が必要です。 「友だち追加」ページで、ブロックしたいアカウントをタップします。 「ブロック」をタップします。 これでこのアカウント からのトークは届きません。 スパムなど任意でない人からID検索で登録される可能性もあるので、必要がない時は「IDの検索を許可」をOFFにすることをおすすめします。

次の