サウザンドアームズ。 サウザンドアームズ

/サウザンドアームズ オリジナルサウンドトラックス【アトラス社ゲーム「サウザンドアームズ」より】

サウザンドアームズ

1998年の12月。 この年のゲーム業界の商戦ラッシュを、僕は未だに覚えています。 「」「2」「」「」「」… まだまだありますが、どれもが非常に魅力的なゲームで、ゲーム雑誌をずっと眺めていても飽きませんでした。 それでも、僕は他のゲームを購入したのです。 評価は決して高くはないし、発売されてからも低評価でしたけど、僕がゲームを本気で好きになったのは、ここからなのかもしれません。 代々続く鍛冶師の家系であるマイスは、貴族としてそれなりに満ち足りた生活を送っていた。 だが、力と恐怖で支配を目論む帝国ディアノーバによって、多くの国家が侵略され、カントの領地を奪われたマイス一家は離散、マイスもあてもなくさ迷うことになる。 その途中、不良に絡まれていた少女ソディナと出会い、ボイズビーの街へ辿り着いたマイス。 ここから、彼の物語が始まる。 ストーリーを見てもらえば分かるように、実に王道をひた走っているです。 主人公のマイスは「鍛冶師」であり、 「ナンパ師」でもありまして、ここがゲームのシステムと雰囲気を作りあげています。 ~2Dと3Dの融合~ 画面内に映る、土地や建物などの背景は3D、キャラクター達や街の住人は2Dで描かれています。 ストーリーを進めるとアニメーションが入ることがありますが、その場合もキャラクター以外は3Dというこだわりでした。 斬新、とまでは言いませんが、珍しかったのは確かでしたね。 当時は「」の影響が大きく、3Dを採用する時はフルポリゴン、みたいなところがありましたから。 ~『アニモーションバトル』という概念~ 戦闘時には、『アニモーションバトル』という名のシステムがウリでした。 戦闘に参加するパーティーは3人まで選べるのですが、 一番先頭にいるキャラクターだけが主に戦闘を行うという、タイトルなのです。 他の2人はアイテムや魔法などで援護する「後衛」ポジションとなります。 仲間には『待機』コマンドなんてありまして、文字通り待機していますが、しばらくすると応援やヤジを行い、先頭キャラクターのステータスを高めたり、モンスターのステータスを低下させてくれたりします。 マイスの応援は『クリティカル率UP』、ソディナの応援は『HP回復』など、キャラクターによって効果が違うので面白いですね。 敵も先頭にいるモンスターが行動し、倒されると後ろのモンスターが前に出てきます。 魔法を使える敵は後ろから撃ってくるので、早く倒して前に引きずりだすことを考えるのか、一度防御に徹するのか考える必用がありました。 ~強くなるには「デート」しよう~ このゲーム、レベルアップしても、HPとMPしか上がりません。 その他のステータスを上げるためには、鍛冶師であるマイスが女の子と一緒に武器を鍛えることで上がっていきます。 魔法を覚えたい場合、 女の子とデートしていちゃつくことが大切なのです。 どういうことなのかと言いますと、女の子には 『よろしく度』という概念があり、デートを重ねてこのよろしく度を上げると、それに対応した魔法を覚えていくのです。 デートには、 ・街の特定のデートスポットで会話を行い、正しい選択肢を選ぶ。 好感度の下がる選択肢を選び続けると女の子は途中で帰ってしまう。 逆に好感度を上げる選択肢を選び続けると、最後に女の子から キスしてもらえる。 当時はそのシーンがすごく恥ずかしくて、 今はもっと激しく!とか思うのは僕の心が汚れているから目を背けてたんですよね。 ・プレゼントアイテムを贈り、好感度を上げる。 各キャラクターによってプレゼントには好き嫌いがあり、ヒロインのソディナは可愛らしいものが好みですが、途中加入するウィナはむしろ嫌いだったりします。 ・を行う。 各キャラクター毎にがあり、意外とはまります。 難しいやつは本当に難しいので、キャラによってはやめた方が無難です。 やりがいがあるとも言えますが。 この3種類の方法でよろしく度をあげていきます。 パーティーメンバーだけでなく、サブキャラクターともデートできるので、結構な人数になります。 デートといっても際どいシーンなどはありませんから、あくまで明るく楽しく、といった感じでしょうか。 ~明るく、シリアスで、入り込みやすい~ デートの概念で戸惑う方もいるかと思いますが、先に述べたように学生の清い交際程度なので、そこまで気にする必要はないかと。 また、主人公マイスの女の子好きな性格からか、基本的にストーリーと世界観は明るいです。 女の子を見かけたら口説こうとする。 のコンボはベタですが、安心して見れます。 また、マイスは鍛冶や困っている人に対しては真剣に取り組む性格なので、きちんとメリハリが効いてたのも良かったですね。 流石に終盤はシリアスですが、それはとしては妥当な流れだと思います。 ~じゃあなんで世間の評価が低いんすか?~ 上記の説明した部分には、 すべからく不満点が存在します。 ・戦闘の不満点 タイトルなので、一回の戦闘が長いんですよね。 全体魔法の燃費も悪いので、ガンガン使用することもできない。 ロード時間も長いので、するその時点でストレスに。 ・3Dマップが分かりにくい。 街やワールドマップの地図は表示できますが、ダンジョンマップの構造が把握しにくく、戦闘と相まって更にストレスが…。 ・デートの不満点 デート会話の発生場所がすごく分かりにくい。 マーカーなどの目印もないので、しらみつぶしに走り回って探さないといけないのは無理があります。 ~それでもこの世界観は好きなんです~ けれど、 マイス一行が繰り広げる冒険と、キャラクターの個性が被ることなく進行するイベント、そして何よりもまっすぐなストーリーが僕は大好きでした。 思い出補正が全開ですみません。 今の時代だとシステム面の不備もありあまり勧めることはできませんが、その絵柄と雰囲気が気になる方は、どうぞ手に取ってみて下さい。

次の

A・O・J サウザンド・アームズ(アーリーオブジャスティスサウザンドアームズ)カード情報・考察

サウザンドアームズ

カント 左上へ進む、クリフトとのイベント、A「精霊鍛冶士として」。 カント2 下、イベント、左下へ、ミル登場、A「かわいい女の子は」 ボイズビー前 ずっと会話の選択肢はAで良い。 ボイズビー ジャービルとの会話、 A 「なんだよこいつ」B「べつに粗末に」 B「ラッキー」、外に出る、ソディナとの会話、A「買い物してから」 南東の方へ、外へ。 すぐの橋じゃなく、北の方にある橋を超えて、北の方の洞窟。 ボイズビー ジャービルの家に戻る、鍛冶場へ、A「弟子入りすれば」、イベント、1階へ、 鍛冶場へ、A「くぅ~っ!」、家の外に出て入り直す、鍛冶場でイベント、ミニゲーム、 A「オレだって」、家を出て、東の方へ2階画面切り替え、北に曲がった家の前の おばさんに話しかけ、ミニゲーム、1回目は普通、2回目は2往復目を叩く、 3回目は時間差、4回目は2往復目を叩く、5回目は2往復目が時間差、 終わったらジャービルの家、イベント、鍛冶場でイベント、外に出て、 東へ1画面切り替え、2つ目の家の前のお姉さんに話しかける、 A「い いや~ オレ」、ジャービルの家、イベント、A「ええ~ あの黒い軍団!?」、 ここでやっと武器が鍛えられる、 MPが足りない場合はソディナの武器だけ鍛えて、ソディナを前衛にする、外へ。 すぐの橋を渡って西へ、次の橋は渡らない、要塞へ。 テーベ要塞 雑魚戦、ムーザ加入、雑魚戦、ツイスターブレードで倒す、中に入る、イベント、 外に出る。 ボイズビーに向かう途中でシュミットと出会う、A「なんだとぉ~」、 シュミットの剣をもらうので、マイスに装備、マイスを前衛に。 ボイズビー ジャービルの家、鍛冶場へ、イベント、夜、1階に降りるとシュミットが外へ、 追いかける時に手紙が、A「なんだ この手紙は」、A「なんだろう」、 B「いや~ 遠くて」、イベント、家の中へ、イベント、外へ。 東へ、橋は渡らない、ずっと先の洞窟。 ボイズビー ジャービルの家へ、イベント、外へ。 すぐの橋を渡って南にある洞窟。 北西へ、要塞。 テーベ要塞 ムーザ、B「くぅ~ッ 熱いぜ」、ムーザ加入、通り抜ける。 ムーザを前衛に、2番目をマイスに、ソルジャーグラブがあればムーサに装備、 西の山の間を通る、敵が複数いる時にムーザのツイスターブレードを使用。 ハトーバ イベント、B「今が押す」、ソルジャーグラブがあればマイスに持たせる、 左へ進む、道なり、階段の手前にいる男に2回話しかけて「あの連中」の情報を聞いたら、 東の酒場へ、奥の爺さんに話しかけてB「ムーザ! 頼むよ!」、出る、 階段前にアイテム屋がある、マンドールAがあれば売っておく、 階段を登って西へ、階段を降りて西のアクセサリー屋へ、 はやりのルージュ(160G)、ハデなアイシャドウ(160G)を買う、 再び西へ、階段を降りて南へ、奥の門番に3回話しかける、A「ちぇっ!」、 道なりだった場所まで戻る、すぐの男に話しかけ、さらに入り口のところまで進む、 人の気配、A「もしかして・・・」謎の武芸者戦(HP200)、 B「よ~し そんなら」、門番のところへ向かう、 ムーザ、A「なにが『なあマイス』」、門番前のウィナに話して門の中へ。 ラングード 南東の隅の塔へ、階段登って左の方へ、先に司令塔、左に見えるマンドラそう3個、 左下の階段を降りる、上の部屋の折れた族長の剣を取る、 鍛冶場(南東部の緑の家の隣の家)で直す、マイスとムーザも鍛える、再び司令塔へ、 左上の階段を登る、右にいるウィナと話して奥へ、上り階段の間の奥へ、 奥でウィナと話すとグラップル船長登場、A「もちろん 女だけど・・・」、イベント、 動けるようになったら左にある扉に入って戻ってまた船長と話す、イベント、 A「きれいなお嬢さん」、イベントで外に出たら、左上のプリント倶楽部を調べる、 イベント、ウィナが加入、ソディナとウィナを替え、ウィナを前衛に、 ソルジャーグラブがあれば、ウィナに持たせる、外へ。 フィールドに出たら、すぐ左の洞窟へ。 ラングード 南東で宿屋に泊まる、司令塔へ。 一階上へ、右上の階段を登る、階段の間を通る、左上の扉、奥でベッド付近の 手編みのセーターでウィナのよろしく度を2にする、ここでムーザを前衛に、 階段まで戻って階段を登って船長と話す、雑魚3連戦、 ムーザのツイスターブレードを2戦で使用、終わったらウィナに戻す、 中に入る、すぐの階段を降りる、右のゴンドラで降りる、左上へ、ボルト戦(HP420)、イベント、中に入る、右のゴンドラで1階降りる、もしシーフリングを落としていれば、 北西部の左側の道具屋でワイズリングと共に売って、 右側のアクセサリー屋でリストバンド(750G)、さわやかローション(170G)を 買っておく、あとは外に出る。 フィールドでそのまま上に向かえばマウントハンドイベント、そのままポイントに向かう。 ウェイノポイント 中に入り、中の店でワイズリング、マンドール A を売り、 400Gを残してマイティバイブルを6つまで購入、 更に上に行くとマウントハンド到着。 マウンドハンド 右下の方から階段を登り、アイテム屋でワープンを3個購入、 さらに上へ登って画面が変わったら、そして女神像でウィナとデート たのしいほん、リストバンド、があればプレゼント、なければ一番下にある酒場でデート、 とにかくよろしく度を3にしたら、女神像の1階上の鍛冶場でムーザの剣を鍛えて ストームバインドを覚える、後はウィナとマイスも鍛える、 そして1番下の宿屋で泊まる、ずっと上に行くとバンディガーイベント、 左上の方の家に入るとマリオンイベント、A「なんなんだ それは?」、 出て、右の方へ。 マウンドハンド イベント、A「聖火台だ!」A「ああ 目指すは」、イベント。 シナガーポイント 店でソルジャーリング、マンドールA、こうぐセット、おしゃれなバッグの優先度で 2600Gを工面してパワーリングを購入、今はムーザに装備、外に出ると雑魚戦、 次にソウシ戦、ここは防御しておくか、A「まあ そう素直に」、 A「ああ オレたちも」、宿に泊まって外へ。 もし工具セットがあれば、ワープンでウェイノPにワープして、 ホノビンを買えるだけ買う、どっちにしても線路に沿って東へ、ポイント。 ムーザのツイスターブレードを消化すればウィナに変更、 トキーオポイント イベント、ムーザを前衛に、宿屋に泊まる、右の方へ、雑魚戦、 ツイスターブレードは温存、小舟に乗る。 リキュウ 雑魚戦が2回、ツイスターブレードを使い切ったらウィナと交換、パワーブレスも、 建物の中へ、カノウハイベント、A「いいよ オッケーさ」A「でも… 火山島で……」、 動けるようになったらカノウハに話して休む、右上から出る、 鍛冶場で武器を鍛える、奥へ。 倒したら精霊獣イベント、必殺技が回復するので、必殺技を消化するまでムーザ、 歩いて戻る、消化したらウィナを前衛に、パワーブレスも装備、イベントもあり。 リキュウ イベント。 ソウシが仲間に。 トキーオポイント ソウシをウィナと交換で前衛に、パワーブレスも装備、謎の女イベント、A「誰だ!!」 そのまま飛空艇に乗り込む。 シャラン カイリーンイベント、B「おお ショートカット」、南西へ、 階段を降りて西側の鍛冶場、武器を鍛える、属性は不明、ムーザとマイスだけでいい、 出て、階段を登って南へ、南西側の地下からコインクレ区へ、 カイリーンの頼みはB「ちょっと待って」で一旦断る、 すぐ隣の店で、ラクナールを合計個に15個になるくらいまで購入、ポワズンそうも 合計5個になるくらいまで購入、後はデバーン、マンドールA、ガードブレス、 パールのネックレス、おしゃれなバッグ、こうぐセット、てつのせんす、さびれたせんす、しゅぬりのせんす、じっけんきぐ、イケてるTシャツ、エスニックな靴を売る、 もう一回カイリーンに話してA「オッケ~」、移動、 A「そうだね 今夜」、カイリーンに ついていく、イベント、A「だったら言えよ!?」、 外に出て、地上に戻る、バンディガーイベント、 カイリーンが広場にいるので、話しかける、B「まあ そうとも」、北へ、 西の方にいるカイリーンに話しかける、A「ボクたちにとって」B「大丈夫!」 A「ああ もちろんさ!」、北へ登ってラバンティスの屋敷へ。 シャラン 西の商店街へ、左側の3つ目のアクセサリー屋でアロマセット、しろいサンダル、 4つ目のアクセサリー屋でウエストポーチを購入、 (プレゼントのドロップ次第ではアロマセット位は省略できるかも?) ここでカイリーンのよろしく度が3ない場合はプレゼントをしてでも3にして、 カイリーンの力でムーザ、マイス、カイリーン、ソディナにラクデルを覚えさせる、 また屋敷へ。 ジュークポイント イベント、カイリーンを戦闘に、パワーブレスもつける、ムーザにウイリーブレス、 宿に泊まる、駅へ入る、きんのすず、ラピスのピアス、あぶらとりがみ、 みずたまのリボン、しゅぬりのクシを売り、 ポワーズンを10個、ヒュダーンを40個、ジオマスを40個購入、 左奥からマウントハンドに入れる。 マウントハンド 先頭車両へ。 外に出たら北にある洞窟。 マウントハンド すぐにいる駅長にウェイノポイントに降ろしてもらう。 北の浜辺にあるラングードに乗ると船として使える、A「知ってるよ」。 ここでマイスのレベルが25を超えていると、愛の器が6になっているはずなので、 カントにワープン。 カント すぐ右のショップでワープンを計3個購入、 ここからカイリーンのよろしく度を6まで上げる、女神像は一つ上のエリアの左。 プレゼントの優先度、5 (きいろのサイフ)、ウエストポーチ 4 ぎんのチョーカー 3 ウマのぬいぐるみ、ハデなアイシャドウ、アロマセット、しろいサンダル 2 かなしいほん、しゃれたイヤリング、はやりのルージュ、さわやかローション あかいハイッヒール、ガラスのすず 上のマイスの屋敷に鍛冶場がある、カイリーンの風属性で、 ムーザ、マイス、カイリーンにセコンドオールを覚えさせて鍛える。 ワープンでジュークPにワープ、南東のラングードに乗り、西北西の方へ、 バンディガーイベント、浜辺に降りて進むとイベント、すぐ見える町へ。 ブルット ネルシャ登場、A「おおっ!」、即出る。 北の橋を渡って北東の土が見える辺りの森へ。 ゾゾット まっすぐの宿(左のテーブル)に泊まる、出て、左の道をずっと進む。 ゾゾット 宿屋で回復、右の店でラストバイブル、ドラゴンリング、さんごのブローチ、 あればルビーのゆびわ、とにかく金を作る、外に出て、周りのどこでも良いから カジノに入り、ほぼすべてをコインに替え、100コインでハイデバーンを 買えるだけ、端数はハイラクーナにする、町を出る。 西から坂を登って北東の建物。 階段を登って更に上へ、最初の店でおおきなクマさんを売り、 マイティバイブルを6個、ホーリーバイブルを1個、 もし金が余っているようならハイでバーンを買う、最奥が鍛冶場、 ネルシャで地属性にしてムーザ、マイス、カイリーンを鍛える、戻る、 1階の真ん中の扉に入る、メータリアイベント、階段をひたすら登る、 ムーザの質問にB「え~ 3回目」ハイマーンド入手、動けるようになったら 部屋を出て入り直し、もう寝ますか?B「あ~眠い もう寝よっと」 DISC1終了。 DISC2 パーティーを直す、階段を降りる、イベント、ワープを覚える、 メータリアについて行き、A「なんだかわかんないけど」、聖火台へ、精霊獣ゴルダ、 再び上へ登り、ひたすら登る、屋上でイベント。 ミスカトニア ずっと上に行き、図書館まで入る、宿屋で泊まり、鍛冶場へ行き、 カイリーンでラクバースをムーザ、マイス、カイリーン、ソディナに覚えさせる、 ソディナで光属性を追加、屋上でメータリアイベント、A「もちろんさ! メータリア」。

次の

A・O・J サウザンド・アームズ(アーリーオブジャスティスサウザンドアームズ)カード情報・考察

サウザンドアームズ

概要 [編集 ] 「精霊」と「機械」が共に存在する世界を舞台に据えている。 精霊鍛冶師(マイスター)の少年が武器を鍛造しながら世界を脅かす黒い軍団(ダークサイド)に挑む冒険活劇。 コマーシャルでのキャッチコピーは「恋するRPG」。 武器を強化するには女性キャラクターの協力によって付与される「精霊」の加護が必須であり、共に外出()し好感度を上げ親密になる必要に迫られの側面をはらんでいる。 エンディングの条件を左右するシステムではなくあくまでもの要素を取り込んだRPGである。 企画・原案をが務めた。 エグゼクティブプロデューサーはが務め、主題歌に歌手としての成功を収めはじめたを起用している。 取扱説明書にはファンディスクの発売が告知されていた。 諸般の事情で中止になっている。 システム [編集 ] 戦闘は一列に分断されて後衛は戦闘には参加しているが、補助に留まり前衛一人のみが通常攻撃にうつれる。 戦闘時は3Dのフィールド上に2Dキャラクターのアニメーションが採用されている。 また、プレイヤーへのよろしく度をあげることで武器を鍛えることができる。 登場キャラクター [編集 ] プレイヤーキャラクター [編集 ]• マイス・トライアンフ()• ソディナ・ドーンフリード()• ムーザ・グリフォード()• ウィナ・グラップル()• ソウシ・マホロバ()• カイリーン・ネルフェ()• ネルシャ・スタイラス() ノンプレイヤーキャラクター [編集 ]• マリオン()• パルマ・エスターテ()• キョウカ・マホロバ()• ミル・ウインド()• メータリア()• シュミット()• バンディガー()• ジャービル・ドーンフリード()• ラバンティス()• ボルト()• ワイヤー()• ラチェット()• ベアール()• シャフト()• ジェラ()• メデウス() 主題歌 [編集 ]• オープニングテーマ「」()• エンディングテーマ「Two of us」(浜崎あゆみ) スタッフ [編集 ]• (キャラクターデザイン)• (キャラクターデザイン)• (演出)• (主人公側のキャラクターデザイン原案)• (脚本)• (エグゼクティブプロデューサー)•

次の