ブルー アイズ スピリット ドラゴン。 青眼(ブルーアイズ)【遊戯王LotD デッキ紹介】

【楽天市場】青眼の精霊龍(ブルーアイズ・スピリット・ドラゴン) ウルトラレア 光属性 レベル9 SHVI

ブルー アイズ スピリット ドラゴン

遊戯王 ブルーアイズホワイトドラゴンの価格を初期から見ていく 遊戯王カードは年々進化しており、「昔は強かったカードは、今では超雑魚」と言う現象が起きても何の不思議ではなくなっている。 例えば、この良い例が『 ブラックマジシャン』だろう。 ハッキリ言うと、2対生贄して攻撃力が2500と言うだけが取り柄のカードなど、今の時代では何の役にも立たないのだ。 しかし、同じ事が言える『 ブルーアイズホワイトドラゴン』だが、このカードだけは 今でも特別な存在として、異彩を放っている。 そこで今回は、数多くあるブルーアイズの絵柄、種類などをまとめてみた。 マニアにはたまらない記事になると確信している。 最初期のブルーアイズホワイトドラゴン ブルーアイズの歴史は、 1999年のジャンプフェスタの限定カードとして始まった。 当時の原作マンガ「 遊戯王」では、主人公・武藤遊戯のライバルである海馬瀬人が所有しており、遊戯を幾度も苦しめた。 原作では「 世界にたった4枚しかないカード」(その内、1枚は海馬が破って捨てた)と言う設定で登場しており、多くのファンがブルーアイズを手にするのを夢見たことだ。 その夢を叶えたのが、先ほど紹介した1999年のジャンプフェスタ。 限定1000枚のみ配布しており、配布されたシークレットレア版のブルーアイズは、今では 4000~50000円の価格で取引されている。 パック『青眼の白龍伝説-LEGEND OF BLUE EYES WHITE DRAGON-』バージョン 1000枚限定でブルーアイズは配布されたものの、まだまだ多くのファンはお目にする事ができない超激レアだった時に、一般のファンでもブルーアイズをゲットするチャンスが巡ってきた。 それが『 青眼の白龍伝説』と言うパックに、ブルーアイズのウルトラレアが収録されていたからだ。 ブルーアイズ欲しさに、みんな一斉にこのパックを買いあさる日々を送る事になる。 しかし、このパックの目玉商品がブルーアイズだったこともあり、なかなかブルーアイズを当てる事ができなかった。 ブルーアイズの入手法 一番確実で手っ取り早い方法は、近所のカード販売店で買う事である。 一口にブルーアイズと言っても、店舗によって値段も異なるので、 何店舗か回って品定めするのが良い。 例えば、A店では3000円もしたけどB店では500円、と言う話はザラにある。 また、ネットオークションで入手する方法も考えられる。 ネットオークションをやった事がない人にとっては、「詐欺に合いそうで怖い」と言う先入観があるかもしれないが、今ではオークションの運営側も、詐欺が出来ない様な仕組みを作っており、安心して取引ができる環境ができている。 最近では、昔のカードの復刻版を揃えたパックなどが発売されているので、それらを使ってブルーアイズを集めるのも良いだろう。

次の

青眼の白龍【ホログラフィックレア】20AP

ブルー アイズ スピリット ドラゴン

その発動を無効にする。 エクストラデッキから「青眼の精霊龍」以外の ドラゴン族・光属性のSモンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 そのモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。 この効果は相手ターンでも発動できる。 君なら何を特殊召喚する!? 同時特殊召喚や墓地効果をメタる強力な効果に加え、自身をリリースしてドラゴン族・光属性のSモンスターを守備表示で特殊召喚する事が出来るフリーチェーン効果を持つ強力な一枚です。 エンドフェイズに破壊されるデメリットを考慮し、最良な選択を心がけましょう! 青眼の精霊龍でSS可能なSドラゴン一覧• 《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》• 《シューティング・ライザー・ドラゴン》• 《ライトエンド・ドラゴン》• 《ライトロード・アーク ミカエル》• 《月華竜 ブラック・ローズ》• 《熾天龍 ジャッジメント》• 《閃こう竜 スターダスト》• 《蒼眼の銀龍》• 《太陽龍インティ》• 自分フィールド上のドラゴン族モンスターは次のターンの終了時まで、 カードの効果の対象にならず、カードの効果では破壊されない。 また、1ターンに1度、自分のスタンバイフェイズ時に発動できる。 自分の墓地の通常モンスター1体を選択して特殊召喚する。 蒼眼の銀龍、今こそ活躍の時! ストラクチャーデッキ「青眼龍轟臨」で登場した初のシンクロブルーアイズモンスター。 《青眼の精霊龍》との相性は抜群で、自壊をやり過ごしつつスタンバイフェイズ発動の通常モンスター蘇生までキッチリとこなすナイスカードです。 《青眼の精霊龍》から特殊召喚するモンスターとしては、限りなく丸い選択肢の一つでしょう。 注目ポイント• 自壊デメリットを回避できる• 維持しやすいので活かし易い• 選択したカードは、このターンに1度だけ戦闘及びカードの効果では破壊されない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 破壊耐性付与でデメリットを見事回避! 《蒼眼の銀龍》同様、《精霊龍》の自壊を自身の効果でやり過ごせるカードです。 ただ、あちらと違い守備力が2000と低いのが気がかり。 特殊召喚したターンをやり過ごす事が出来れば《蒼眼の銀龍》を上回る働きも期待できるので、状況を見極めた運用が重要になります。 注目ポイント• 自壊デメリットを回避できる• 守備力が低いので少し不安定• 相手フィールド上の特殊召喚されたモンスター1体を選択して持ち主の手札に戻す。 「月華竜 ブラック・ローズ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。 使い捨てのバウンス手段として優秀! 相手ターン中に絶対に処理しないといけない奴(マストな奴)が出てきたらこのカードの出番。 《青眼の精霊龍》による自壊は免れませんが、それを無視してでも除去しておかなくてはならないモンスターは多いので頼りになります。 注目ポイント• 基本的に使い捨て• 相手ターンに発動できるバウンス効果はかなり優秀• フィールド上のカード1枚を選択して除外する。 このカードが破壊された時、 このカード以外の自分の墓地の「ライトロード」と名のついた モンスターを任意の数だけ選択して発動できる。 また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。 自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。 こちらも使い捨ての除外札として優秀! 《月華竜》の様に相手ターンにどうこうという身軽さはありませんが、フィールドのカード1枚を除外出来るという安定感のある効果を持った一枚です。 一応、破壊されると硬化が発動できますが、「ライトロード」が入っていなければ意味がないので、混合型とかじゃない限りは関係ないですね。 注目ポイント• 基本的に使い捨て• 月華竜の様な身軽さはない• 1 :このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。 フィールドのこのカードより低いレベルを持つモンスター1体をデッキから墓地へ送り、そのモンスターのレベル分だけこのカードのレベルを下げる。 このターン、自分は墓地へ送ったそのモンスター及びその同名モンスターのモンスター効果を発動できない。 2 :相手メインフェイズに発動できる。 このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。 シンクロチューナーである事を活かせるかどうか 《青眼の精霊龍》の効果では、《シューティング・ライザー・ドラゴン》の誘発条件は満たせません。 注目ポイント• Sチューナーである事に利点を見いだせ!• アクセルシンクロできるなら無限の可能性• 1 :自分の墓地にチューナーが4種類以上存在し、このカードがS召喚されている場合、1ターンに1度、LPを半分払って発動できる。 このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はドラゴン族モンスターしか特殊召喚できない。 2 :自分エンドフェイズに発動する。 自分のデッキの上からカードを4枚除外する。 精霊龍運用は流石に厳しいか!? 一応、自分エンドフェイズに発動する除外効果は使えますが、タイミング的にも効果的にも活かすのが非常に困難であると言わざるを得ません。 《青眼の精霊龍》から出せる最高打点モンスターであるという点に光明を見出せるか否か…。 注目ポイント• S召喚扱いじゃないので効果は視野外• 精霊龍から出せる現在の最高打点ではある やはり破壊のデメリットを回避できる事が前提になるか!? 《シューティング・ライザー・ドラゴン》と《織天龍ジャッジメント》を追記してみた訳ですが、やっぱり自壊を回避できるか、相手ターンに働けるカードじゃないと運用は厳しい印象ですね。

次の

Blue

ブルー アイズ スピリット ドラゴン

2 :1ターンに1度、墓地のカードの効果が発動した時に発動できる。 その発動を無効にする。 3 :S召喚したこのカードをリリースして発動できる。 エクストラデッキから以外のドラゴン族・1体を守備表示で特殊召喚する。 そのモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。 この効果は相手ターンでも発動できる。 パスワード:59822133• 癖が強めに感じますが、相手のデッキ次第で影響が大きく異なるシンクロモンスターなのは確かです。 しかし、除外することで効果発動する「メタファイズ」や、「不知火」等存在しており、このカテゴリに関係する青眼の白龍は勿論、白き霊龍、青眼の亜白龍とレベル8のモンスターが幾つか存在します。 このシンクロモンスターを特殊召喚する為に、手札の事故率がどうしても高く無視できませんので、レベル8のドローソースのトレードインを 採用し、上手く発動したい所です。 「リリースできない」とテキストに書かれてない為、壊獣等に除去されやすく、青眼の白龍は当然、ドラゴン族ですので、超魔導剣士ブラック ・パラディンの効果発動され、攻撃力上昇する恐れがあると思います。 しかもその融合モンスターの素材の攻撃力と同等な為倒しづらいと気になります。 ブルーアイズのシンクロモンスターの1体。 1 の複数同時特殊召喚メタ、 2 の墓地で発動する効果無効、 3 のシンクロ召喚した自身をリリースすることで、エンドフェイズに自壊するが光属性・ドラゴン族のシンクロを呼び出す効果を持つ。 1 はペンデュラムやソウル・チャージに非常に刺さる。 2 はターン1制限だが、ゾンビキャリアやバルブの自己蘇生、超電磁タートルやネクロ・ガードナーによる攻撃妨害を阻止できる。 3 は激流葬等を回避できないが、カステルやアークナイトを回避できる。 呼び出す光属性・ドラゴン族のシンクロは蒼眼の銀龍か閃珖竜スターダストであれば自壊せず、月華竜 ブラック・ローズかミカエルであれば復活の福音で自壊を回避したり、レベル1チューナーとクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンに繋げることができる。 と非常に優秀。 いずれの効果も優秀で、特にフリチェでエスケープしつつ大型モンスターを残せる効果が大きいですね。 何かと危なくなったときには月華を呼んで相手の攻撃を緩和できるので、とりあえずこのカードを出しておけば他の制圧効果も含めてある程度の安心感は持てます。 もちろん銀龍を出せる点も良く、単純に除去から逃げたときや、相手のターンを乗り切って次の自分のターンの戦力を増やしたいときなどでは銀龍を呼ぶのが有効でしょう。 シンクロ素材としては賢士や2種の白石はもちろん、ライトニングの登場以降は乙女を放置してターンを渡すのは危険なプレイングに成り下がってしまっているので、乙女も積極的に素材に使用してこのカードへ繋げていきましょう。 もしくは霊堂と賢士が揃ったときのパターンなら乙女+このカードの盤面とするのもまあ有りだと思います。 ライトニングが来ても月華で5000ダメージは回避できますし、罠で守るパターンとは違って伏せ除去で簡単に消える防衛ラインでもありませんしね。 新たな青眼のシンクロモンスター、2つのメタ効果とサクリファイスエスケープ効果を持ち合わせている。 1つ目は主にペンデュラムメタ、ペンデュラム以外の汎用性の高いところではソルチャ、ラビットなどを封じることも可能、刺さらないデッキには全く刺さらないがペンデュラム相手にはなかなか刺さる。 2つ目は墓地メタ、ターン1とはいえ彼岸、竜星、シャドールなど墓地で発動する系のテーマにかなり刺さる、カード名ターン1ではないのでこいつを2体並べれば2回も無効にできちゃう。 そして最後に誘発即時の入れ替え効果、耐性のなさをこの効果で補っている、呼び出す筆頭はもちろん自壊しなくなる蒼眼だが光属性ドラゴンなら何でもいいため次のターン以降の戦闘破壊に備えて閃光竜、使い捨て虚脱的感覚で月華を出すも良しと用途は結構広い、ただしブラホ、激流、奈落など対象を取らない除去には無力なのには注意。 刺さらない相手には刺さらないがペンデュラム相手なら1ターン目でこいつを立てておくだけで結構有利にデュエルを進められるだろう。 1つ目の効果は主に対ペンデュラムに、2つ目の効果は彼岸、シャドール、竜星等様々なテーマや墓地で発動できる魔法罠も無効にでき優秀。 環境に刺さる二つの効果に加え、目玉と言えるリリースして光竜Sモンスターを呼ぶ効果で隙がないです。 呼ぶ候補筆頭の銀龍を呼ぶ場合のタイミングは相手ターンのエンドフェイズがベストだが戦闘破壊の心配が少ないなら天敵のブラックホールを警戒し、スタンバイフェイズにさっさと出すのも有り。 後は除去要員として月華竜、ミカエル辺りが採用候補だろうか。 閃光竜は銀龍の劣化になりがちなので個人的にはあまりオススメしません。 ブルーアイズ専用ではあるがブルーアイズなら先攻一ターン目で出すのも簡単でメタ、展開、除去と幅広く活躍し、これまでのブルーアイズの弱点の大部分を補う性能は文句なしですね。

次の