新 au ピタット プラン n。 au、「新auピタットプランN」など5種類の新料金プラン

auの新料金「新auピタットプラン」が分かる解説&図解。月々1,980円の条件は?

新 au ピタット プラン n

Contents• 新auピタットプランと新auピタットプランNの違い 新auピタットプランと新auピタットプランNの主な違いは、「 解約負担金の違い」「 2年契約しない時の基本料金の違い」の2点です。 新auピタットプランNは、2019年10月1日より従来の2年契約の条件を緩和した「2年契約N」対象の料金プランとして登場しました。 2年契約Nは、2年の定期契約を条件に毎月の基本料金が割引される仕組みです。 2年契約した後、24か月~26か月目の更新期間中であれば解約金が不要となります。 更新期間を過ぎると自動で更新される、という仕組みです。 ここまでは、従来の2年契約と変わりありません。 大きく変更された点は、2年契約Nは 更新期間以外の解約金が1,000円となり、 2年契約有無の金額差は毎月170円に低減されたことです。 従来の2年契約では、更新期間以外の解約金が9,500円、2年契約有無の金額差は毎月1,500円でした。 2年契約Nは、2年契約と比較して解約金が8,500円、2年契約有無の金額差は1,330円安くなりました。 新auピタットプランと新auピタットプランNの違いについてまとめます。 2年契約 2年契約N プラン名 新auピタットプラン 新auピタットプランN 申し込み可能期間 2019年6月1日~2019年9月30日 2019年10月1日以降 2年定期契約 2年契約あり 2年契約なし 2年契約あり 2年契約なし 基本料金 1GB未満 2,980円 4,480円 2,980円 3,150円 解約時負担金 9,500円 なし 1,000円 なし 新auピタットプランは2019年6月1日~2019年9月30日の4ヵ月間提供されていました。 一方、新auピタットプランNは、2019年10月1日より提供されています。 申し込み日によって、適用されるプランが異なります。 もし、新auピタットプラン 旧 を適用中の場合、 自動的に新auピタットプランNに切り替わるわけではありません。 新auピタットプランNへ変更したい場合は、プラン変更の手続きが必要です。 新auピタットプランN データ量 2年契約あり 2年契約なし 1GB未満 2,980円 3,150円 4GB未満 4,480円 4,650円 7GB未満 5,980円 6,150円 新auピタットプランNは、毎月のデータ量の利用量に応じて、基本料金が確定する3段階の変動型料金プランです。 また、毎月のデータ量は最大7GBまでで、7GBを超過すると下り通信速度が最大128kbpsの速度規制が入ります。 過去のauピタットプラン(旧プラン)は、「2,980円(~1GB)」「3,980円(~2GB)」「4,480円(~3GB)」「5,480円(~5GB)」「6,480円(~20GB)」という5段階の変動型料金プランでした。 新auピタットプランNは、5段階から3段階に少なくなり、シンプルな料金構造に変化しました。 新auピタットプランNの通話定額オプション ここまで新auピタットプランNの基本料金について確認してきましたが、通話料金に関しては別加算となります。 新auピタットプランNは、前章の基本料金に加えて30秒当たり20円の通話量が加算されます。 毎月の通話を多く利用する場合、以下「通話定額オプション」を契約することで通話料金をお得に利用することが出来ます。 家族割プラスとは、対象プランに加入している同居の家族の人数に応じて、月々の料金を1回線あたり 最大1,000円割引するサービスです。 家族割プラスの加入条件は、以下の通りです。 同一住所にお住いの家族であること• 「割引対象の新プラン」に加入 以上の2点をどちらも満たす場合、特典を受ける事ができます。 もし、家族と同居でない場合でも、auスマートバリューを適用しているグループ内であれば、50歳以上の家族と家族割プラスのグループを組むことが出来ます。 新auピタットプランNにおける家族割プラスの割引額は、以下の通りです。 家族割プラスを確実に活用したい場合は、詳細をまとめていますので、そちらをご確認ください。 auスマートバリューは、auが指定のインターネット(auひかり等)を契約することで、au回線の基本料金が割引されるサービスです。 新auピタットプランNの場合、auスマートバリューの割引額は毎月のデータ利用量に応じて変動します。 しかし、毎月1GB以上利用する場合は、年間で6,000円分も割引されるため、きちんと活用していきたいところです。 結局のところ、新auピタットプランNは ユーザーの契約状況によって料金総額が大きく異なります。 毎月どれくらいのデータ量や通話量があるのか、という点に加え、家族のau回線の数、auスマートバリュー対象のインターネット契約の有無によって個人差があります。 いずれにしても、 家族割プラスと auスマートバリューは確実に適用し、お得に利用していきたいですね。 新auピタットプランNのメリットがあるユーザー層 新auピタットプランを利用する場合、お得な恩恵を大きく受けるのは、 データ利用量4GB未満のライトユーザー です。 新auピタットプランNを、毎月7GB利用できるauフラットプラン7プラスNと比較して確認します。 新auピタットプランN auフラットプラン7プラスN 1GB未満 最安1,980円~ 最安3,480円~ 4GB未満 最安2,980円~ 7GB未満 最安4,480円~ 上記の金額は各料金プランに「家族割プラス 3回線以上 」と「auスマートバリュー」を同じ基準で適用した場合の最安金額です。 金額を見ると一目瞭然ですが、毎月4GB未満の場合だと新auピタットプランNは最安2,980円から利用でき、auフラットプラン7プラスNよりも 500円以上お得になることがわかります。 一方、4GB以上利用する場合は、新auピタットプランNが最安4,480円なのに対し、auフラットプラン7プラスNだと3,480円なので、新auピタットプランNのほうが 1,000円ほど高くなってしまいます。 以上の結果から、毎月のデータ利用量が平均4GB未満、もしくは確実に4GBを下回る場合は、新auピタットプランNを契約したほうが料金メリットが大きいです。 新auピタットプランNのデメリット ここまで、新auピタットプランNの料金体系やメリットを確認してきましたが、お得に利用できる反面、デメリットや気を付けておきたいポイントがあります。 気を付けておけば賢く利用できる点もあるため、確認していきましょう。 データ量の管理に神経を使う 新auピタットプランNは、利用したデータ量に応じて料金が変動するプランなので、毎月のデータ量の管理に神経を使ってしまう可能性があります。 特に0GB~1GB未満、1GB~4GB未満、4GB~7GB未満という風に、 ステージごとに1,500円ずつ基本料金がアップしていきます。 意図せず、次のステップへ達してしまうとなんだか損をしたような気持ちになってしまいます。 この問題を解決するためには、Androidスマホなら「 本体設定」、iPhoneなら「 データ量通知アプリ」などを利用することで、ある程度はリスクを回避することが出来ます。 一方、iPhoneの場合は、「 通信量チェッカー」などのデータ量管理アプリを利用して、データ利用量を0. 1GB単位でこまめにチェックすることが出来ます。 Androidスマホのようにデータ通信制限をかけることは出来ませんが、予定より少なめのデータ量で通知を出すように設定しておけば、データ使用量をうまく制限するお知らせとして活用できます。 ただし、 スマホ本体でチェックするデータ量と、auの実際のデータ量と は若干の差が生じる可能性があります。 スマホ本体で通信量をチェックする場合は、多少おおめに見積もってデータ通知やデータ制限するよう心がけましょう。 毎月割が消失する可能性がある 毎月割は、対象機種購入と同時に、指定のデータ パケット 定額サービスまたは料金プランに加入すると、利用料金から最大24カ月間または最大36カ月間 購入の翌月から 割引されるサービスです。 2019年9月30日に提供終了となりましたが、それ以前に機種を購入し、現時点で24か月満たない回線を利用中のユーザーは、毎月割の割引が適用中かと思います。 もし、割引適用途中で新auピタットプランNへプラン変更した場合、 毎月割が消滅してしまう可能性があります。 毎月割適用中の場合は、割引を満額適用しつくした後に、新auピタットプランNへ切り替えると損するケースは少ないでしょう。

次の

新auピタットプランNについて

新 au ピタット プラン n

逆に言えば、auでスマホだけ契約してもこの割引は受けられないよ。 「家族割プラス」は対象プランに加入した家族の人数によって変わる 「家族割プラス」は、対象プランに加入している家族の人数に応じた割引が受けられるサービス。 2人なら500円、3人以上で1,000円割引となります。 家族がauユーザーだとしても、そのほかのプランの場合は適用外なので注意してください。 ルイーバ、それは不可能なんだよ。 家族2人でも無理なのさ。 家族3人以上で契約なら1,000円割引だから、3人以下の場合は残念ながら何の恩恵も受けないんだ。 「新auピタットプランN」と格安SIMを比較! ではここからは「新auピタットプランN」と格安SIMを比較していきましょう。 なお「新auピタットプランN」は、スマホ契約とは別に光回線などを契約して受けられる「auスマートバリュー」割引が適用される場合とされない場合どちらも比較。 今回は次のケースで計算します。 「新auピタットプランN」をひとりで契約した場合 「新auピタットプランN」をひとりで契約し2年間利用した場合と、人気格安SIMであるmineo(マイネオ)のau回線(Aプラン)を契約し2年間利用した場合の合計料金を比較します。 なおデータ容量は1GB未満の利用と4GB未満の利用で計算。 mineoには1GBのプランがないため3GBのプランで比較をします。 「新auピタットプランN」は、1,980円~と一見安く感じます。 しかしよく調べてみるとそこにはカラクリがあり、最安の1,980円を実現するためには、家族3人以上で契約し、さらに光回線などを別途契約しなければなりません。 1,980円の対象となる人はかなり限定されています。 「どうしてもauじゃなくちゃ嫌!でも安く済ませたい!」という人は、自分にはどんな割引が適用となるのか確認してください。 「auじゃなくてもいいから、料金を安くしたい」という人は、格安SIMへの乗り換えが絶対にお得です。 格安SIMにはさまざまなプランやかけ放題オプションがあるので、自分にぴったりのプランが、きっとみつかりますよ。 当サイトではさまざまな格安SIMを紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

次の

「新auピタットプラン」徹底解説!料金や旧プランとの違いは?

新 au ピタット プラン n

2019年10月1日よりスタートする、 auの新料金プラン。 こうもたびたびプランが出る「また変わるの?」と思ってしまうものです。 もちろん、料金が安くなればそういった不満もありませんが… 結論から言うと、今回auが発表した新プランは一部を除き、 ほぼ「旧プラン」と変わらないものとなっています。 料金についても、劇的に安くなったというわけではないようです。 「じゃあ、まったく変わってないのか」というとそうでもなく、実は新プランに利用できる 「割引サービス」に違いがあります。 そのなかでもとくに注目したいのが、今回新しく打ち出された 「2年契約N」。 ということで、今回は2019年10月よりスタートする「auの新料金プラン」の解説とともに、 au新料金プランって本当にお得なの? という部分に切り込んみ、お話をしていこうと思います。 お得に見えるプランですが、実はよく見るといくつか 注意点や気になる部分もありました。 auへ携帯を買い替える方や他社への乗り換えを考えている方は、ショップへ行く前に見ていただくことをおすすめします。 後悔のない携帯乗り換えにしましょう! 目 次• 1au新プランで変わったのは「割引サービス」だった? すでにお話したとおり、今回au新料金プランの内容に大きな変化はありません。 その一方で、新しくなったのが 「割引サービス」です。 2年契約N• 新カケホ60• 「家族割プラス」…家族で携帯を契約した際に利用できる割引サービス• 「auスマートバリュー」…指定のネット回線と一緒に携帯を契約した際に利用できる割引サービス• 「スマホ応援割プラス」…6か月間のみの期間限定割引サービス 新しく追加された「割引サービス」をピックアップしてみます。 2年縛りにメス!新しく打ち出された「2年契約N」とは 実のところ、プランの内容がほとんど変わっていないことには理由があります。 その鍵が 「2年契約N」。 もともと2019年10月適用の新プランたちは 「総務省に指摘された箇所の改善」を前提に考えられたものです。 「2年契約」の有無による差額を「170円以内」にするべき• 解約金をより安く「1,000円以下」まで値下げするべき 総務省の指摘といっても「法の改正」という対処をとられているため、いわば厳守しなくてはならないもの。 さらには法改正であれば、期限の切符も切られている状態です。 結果、新たに打ち出されたのが「2年契約N」でした。 その内容とは• 「2年契約」有無の差額を「1,500円~2,700円」から「170円」に• 解約金を「9,500円」から「1,000円」に と、総務省の提案通り。 そもそも、なぜ人々は苦しめられるとわかりつつ、2年契約を結んでいるのでしょうか。 これが「170円の差」となると、どうでしょう。 かならずしも 「2年契約」でなくても良いと思えませんか。 さらに、2年契約でなければ解約金の必要もなくなるため、気軽に携帯の乗り換え・買い替えができます。 そもそも、たとえ契約したとしても「解約金が1,000円」の「2年契約N」ならば、契約期間外の乗り換えに対してもそこまで抵抗ないでしょう。 つまり携帯契約でかなりネックとなっていた「2年縛り」を改善し、• 「2年契約なし」を選びやすく• 「2年契約あり」でも解約しやすく してくれたのが「2年契約N」だったのです。 通信データ容量「~1GB」を条件に、 1年目は 「毎月-2,000円」、 2年目以降は 「毎月-1,000円」の割引を行います。 今までガラケーを使っていた方におすすめの「通信容量の少ない」「通話サービス込み」のプラン内容で、通常よりもリーズナブルに利用できるのは魅力的ですね。 ただし、注意点も。 こちらは利用したデータ容量ごとに月額料金が適用される、いわゆる「段階性プラン」のため、 1GB以上だと基本料金が変化します。 ちなみに「~1GB」のギガ利用イメージはこちら。 サイトを閲覧…Yahoo! AQUOS sense2 かんたん• BASIO 3• LG it いずれかの機種を利用。 2年契約N• auスマートバリュー の契約を条件に、 6ヶ月のみ「毎月-1,000円」の割引が可能。 ただし、過去に 「スマホ応援割」「auデータMAXプラン スタートキャンペーン」を利用したことがある方は、 適用対象外となります。 2au新プランの「内容」と「金額」を解説 ここまで新しい「割引サービス」についてお話をしました。 それを踏まえたうえで、新プランの「料金」を見てみましょう。 簡単なプラン内容やプランをお得に利用できる人もあわせてご紹介していますので、どうぞご参考に。 「au データMAXプラン Pro」 データ容量が「上限なし」のデータ通信「使い放題」プラン。 長時間の動画やゲームなどデータ通信が多い• 「au データMAXプラン Netflixパック」 こちらも同様に、 データ容量に上限のないプランです。 「au データMAXプラン Pro」との違いは、 「Netflix」のベーシックプランが月額料金内で利用できる点。 ベーシックプランは本来「月額800円」のため「契約をすでにしている」「Netflixを利用したい」という方におすすめできます。 長時間の動画やゲームなどデータ通信が多い• Wi-Fi環境が家にない• 「au フラットプラン 25 Netflixパック N」 データ容量が「25GB」までのプラン。 また、 Netflix「ベーシックプラン(本来月額800円)」とビデオパス「見放題プラン(本来月額562円)」が月額料金内で利用できます。 データ通信が25GB以下• 長時間ではないが、動画やゲームをする• Wi-Fi環境がない• Wi-Fi環境はあるけど、外や環境のない場所でよくスマホを使う• 「au フラットプラン 20 N」 データ容量が「20GB」のプラン。 Netflix等、追加のサービスはいらない!という方はコチラ。 データ通信が20GB以下• 長時間ではないが、動画やゲームをする• Wi-Fi環境がない• Wi-Fi環境はあるけど、外や環境のない場所でよくスマホを使う• 「au フラットプラン7プラス N」 データ容量「7GB」のプランです。 ギガ数はほかにくらべて少ないですが、 特定のSNSデータ消費が「0」の「カウントフリー方式」。 そのため、データ通信のメインがSNSという方に最適です。 Twitter• Instagram• Facebook• データ通信が7GB以下• 「SNS」をよく使う• スマホをあまり使わない(LINEやネットをする程度)• 3au新料金プランは本当に「お得」なの?「気になった点」 やはり、一番気になるのが 「新プランってお得なの?」という部分。 今よりも安く、お得になるプランであれば、ぜひauに乗り換えたいですよね。 もちろん割引サービスが増えたり、2年縛りが軽くなったり…メリットがいくつもありました …が、少しお待ちを! これからご紹介する 「注意点」や「気になった部分」を読んでも、決めるのは遅くはありませんよ。 ショップの店員さんは時間の都合上、細かくプランの説明をしてくれません。 その結果、重要なところを見過ごされ、乗り換え後に後悔される方が非常に多いのです。 損をしないためにも、しっかりとご確認、お願いしますね。 プラン料金に「通話サービス」もお忘れなく! ここまでご紹介した各プランの月額料金。 au公式サイトを参考にして作った表でしたが、 「通話定額サービス」についての記載がなかったことに、お気づきでしょうか。 つまり、電話をするという方は 別途「通話定額サービス」への申し込みが必要なのです。 「通話定額」 (月額1,700円)… 国内24時間かけ放題• 「通話定額ライト」 (月額700円)… 一回5分の国内通話がかけ放題 「通話定額」を利用するとなると 毎月+1,700円。 最安値の「新auピタットプランN」(~1GB)を参考に「通話定額サービス込みの月額料金」をもう一度見てみましょう。 さらに、金額以外にもご注目。 auは 「2年契約」「家族割引」適用のうえで、この月額料金。 一方、ソフトバンクは 「2年契約なし」「家族割引なし」での金額です。 その他のプランについても、auとソフトバンクを比較すると、どれもソフトバンクが安い傾向に… おまけに、ソフトバンクの最大の強みは「web代理店にしかない限定特典」が豊富なことです。 たとえば、では、 「現金キャッシュバック」や「月額料金割引」など他のキャリアやショップにはない「限定特典」を全員にお渡ししています。 というように、auの新料金プランは、お得感という点において、ソフトバンクなど他社プランに一歩届いていないということがわかりました。 新しい割引サービスは「条件」が厳しい こちらははじめに指摘をしてしまいましたが、割引サービスの適用条件が「ちょっと厳しいのでは?」ということで。 また「新カケホ割60」も、 指定されている「3機種」から選ばなくてはいけなく、たとえば使っている人の多い「iPhone」を親に使ってほしいと思っても選ぶことができません。 「割引額が下がった」という見方もできる 「2年契約なし」の料金が「1,330円値下げした」。 これは見方を変えると、 2年契約による「割引額が下がった」ともいえます。 見る角度によっては、損と感じてしまう方もなかにはいるでしょう。 新プランが「複雑」になった弊害 2年縛りを残したauに対して 「2年契約の廃止」「違約金の撤廃」という決断をしたソフトバンク。 その理由として 「プランをシンプルにしたい」という思いがあったそうで、au新プランはその点 「複雑化」というデメリットを抱えてしまったといえます。 「6つのプラン」は、2年契約のあり・なしで倍の「12パターン」に。 契約時にこの12パターンから選ぶとなると、かなり大変だと思いませんか。 さらに、ショップ店員の説明も複雑のまま、現在問題となっているプランが理解できていないがゆえの「利用者トラブル」や「店舗混雑」などなど… 2年契約を残し、プランが複雑になってしまった弊害は大きいのではないでしょうか。 関連記事 『』 4まとめ 今回はauの新料金プランを大解説しましたが、いかがでしたか。 2年契約が大きく変わったというメリットがある一方で、 金額やプラン内容など、気になる点もいくつか見受けられましたね。 検討の際は、ぜひこの点を吟味し、後悔のない携帯乗り換えをしてください。 ソフトバンクへの携帯乗り換えが気になった「そこのあなた」。 ソフトバンクお乗り換えならへぜひご相談ください! 当サイトから ショップと同じように携帯を契約するだけで 「現金キャッシュバック」「月額料金の大幅割引」など豪華特典をプレゼント! こちらは、web限定の「ソフトバンク正規代理店」だからこそできるキャンペーンなんですよ。 複雑なやりとりは一切ないのでご安心ください。 「私の場合、キャッシュバック額はいくらになりますか?」 といったご質問もお気軽にどうぞ! お問合せは、お電話または以下メールフォームより可能です。

次の