輝石ポケモン。 しんかのきせき

【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング(シングル環境)【ソードシールド】

輝石ポケモン

はじめての数式... 御存知です?セキタンザンの素早さ30、それに対しトロッゴンの素早さは50なんです。 この20の差がとても大きくて、トロッゴンの場合は無補正4振りで実数値71。 これから特性じょうききかんによりランクが6上がる事により284にまで達するんです。 これは砂下準速すなかきの素早さ実数値280を4だけ上回る数値なんですね。 というのは素早さが1違うだけで先手後手が決定してしまうゲームです。 だからその4の差でこういった協力なに対して先手攻撃を打てるんです。 まあ倒せるかどうかは別として。 確かにセキタンザンはトロッゴンよりも耐久力決定力共に上回ってはいますが、素早さではトロッゴンが上回っている以上明確に差別化が出来ていますし、下手すりゃこれトロッゴンの方が強いんじゃないですかね。 ということで、輝石トロッゴンについて軽くまとめておきます。 (これがやりたかっただけ)• セキタンザン 110-80-120-80-90-30 510 トロッゴン 80-60-90-60-70-50 410 輝石無振り 80-60-145-60-115-50 510 輝石BD252振り 80-60-161-60-131-50 542 耐久 輝石をもたせることでセキタンザンより少しだけ固くなります。 じょうききかんを発動させることで、セキタンザンでは抜けない最速スカーフ以外のドラパルト、(+2まで)、(+1まで)など、多くの高速アタッカーの上から行動出来ます。 技 確定技 がんせきふうじ おにび 選択技 ボディプレス 高い防御と相性が良い。 もえつきる 4倍弱点をなくせるが、連発はできない。 ねっとう 誘う地面や岩に抜群をとれる。 こうそくスピン 、どくびし、解除。 10まんばりき てっぺき ボディプレスと一緒に。 リフレクター cedrodro.

次の

【考察】進化前ポケモン活用法【強い進化前】

輝石ポケモン

Sは準速ミミッキュ抜き。 いかくを入れつつ上からとんぼがえりでキノガッサのタスキやミミッキュのばけのかわを削るのはガオガエンにもウインディにもできない芸当です スカーフガオガエン除く CはオーバーヒートでH振りメガクチート確定1発の火力を確保。 残りは耐久に。 技 備考 オーバーヒート 最大打点。 炎弱点には十分な火力。 とんぼがえり ウインディは覚えない。 いかくやオバヒと高相性。 ちょうはつ ウインディは覚えない。 ガオガエンより素早く使いやすい。 おにび ふいうち読みや、炎技を受けに来る岩や竜に当てたい。 ダメージ計算 与ダメージ オーバーヒート HD特化ナットレイに112. 7〜132. 9~129. 6〜119. 3~108. 5〜88. 8〜39. 5〜56. 9〜41. 7〜61. 4〜37. 7~29. 1~113. 7~45. ライバルとしては進化先であるガオガエンや炎単タイプの威嚇持ちであるウインディの存在が気がかりですが、ガオガエンとは素早さと耐性、ウインディとは技で差別化できます。 火力と耐久ではきせきを持っても上記2体に劣るため、素早さと技を活かして柔軟に立ち回りたいところ。 準速ミミッキュ、準速ランドロス、最速メガハッサム、最速カプ・ブルル、最速キノガッサ、最速テッカグヤなど、ガオガエン 60族 ではスカーフを持たせないと抜けないメジャーポケモンが多数存在しています。 素早い威嚇炎タイプとしてはニャヒートより速いウインディ 95族 の存在がありますが、とんぼがえりと挑発の習得によりニャヒートは先発適性が高く、ウインディとは異なる立ち回りが可能です。 準速ミミッキュやキノガッサの上からとんぼがえりをしかけられるのは大きな強み。 考察2:ガオガエンとの耐性の違い ガオガエンとの耐性の違いが活かせる相手 技 の例 キノガッサ マッハパンチ 、カプ・ブルル ばかぢから 、ミミッキュ じゃれつく、ミミッキュZ 、メガクチート じゃれつく 、ハッサム 虫技 など ガオガエンとは耐性が異なるため、繰り出しやすい相手・状況は変わってきます。 霊悪超耐性がない代わりに、闘虫妖にはニャヒートの方が繰り出しやすいため、それらの技を誘うポケモンとの補完においてはガオガエンより優秀です。 特にミミッキュの最大打点であるフェアリー技を半減で受けられるのは嬉しいところですが、ハッサムやクチートのはたきおとすは追加効果も含めて痛い攻撃となります。 基本的に貴重な霊悪耐性を持つガオガエンの方が他のポケモンと相性補完を取りやすいため、この耐性の違いは差別化点ではありますが優位点と言えるかは怪しい所。 悪タイプと組むなどパーティ構築の段階で耐性の違いを活かす必要がありそうです。 ウインディとは耐性面での違いはありませんが、先述の通り習得技の違いによる立ち回りで差別化可能です。 総評 上手く立ち回ればガオガエンやウインディ以上にパーティの潤滑油として活躍してくれることでしょう。 単純なスペックではガオガエンやウインディの方が優秀であり、ニャヒートは彼ら以上にサイクル回しや補助技を駆使した立ち回り、パーティ構築が求められます。 この育成論ではミミッキュを意識しすぎて準速ミミッキュ抜きにとどめるS調整ですが、Sに振り切って準速100族を抜いてもいいかもしれません。 余談ですが、霊獣ランドロスやレントラーと威嚇とんぼるパーティを組むと大変見栄えが良いです。 その他のポケモンの育成論一覧は ほのおタイプの育成論一覧は.

次の

【型考察】輝石ギギアル

輝石ポケモン

どうもみなさんこんにちは。 60-80-95-70-85-50(440) 特性はと同じく 、プラスマイナス また、技に関してと比較したとき、 、かみなり、じばそうさ、アシストギアを 覚えない。 比較すると 「耐久が心もとない上、火力もない」といえる。 それでも輝石としてはそこそこに優秀なではありますが。 について簡単に理解を得て貰ったうえで、本論に入ります。 ぐっばい、ですます調。 ・輝石概要 輝石には主に二つの型が存在する。 1.クッション特化構成 2.鉄壁充電による詰め構成 だ。 以下に具体的な調整とともに考察を進める。 輝石を持つことで物理・特殊両面に対して高い耐久を保持することができる。 最遅にすることでS実数値が49。 無振り30族以上に対して下を取ることができるため、下からを打つことで 後続のアタッカーを無償降臨させることができる。 最強のクッションたる所以である。 また、 電磁波によるS操作や 毒毒による削りの役割を担うことができ、打たれがちな 挑発についてもで逃げればよい。 電磁浮遊を採用することで、読み地面タイプ交代という動きにあわせて、電磁浮遊を打つことでドヤ顔もできる。 一度技を見せてしまった場合は択になるが、どのみち技スペースは空きがちなので、選択肢として。 ・その他調整メモ Aに164振ることで、ギアソーサーでH4テテフが確定一発。 また、ギンジ・電磁波を用いる場合、S調整としてギンジ後 最速抜きーー無補正S92振り(実数値82) 最速100族抜きーー無補正S108振り(実数値84) 最速130族抜きーー無補正S244振り(実数値101) が挙げられる。 2.鉄壁充電による詰め特化輝石 基本的な動きとしては 「HB特化で物理を流す・ハメる」「HD特化で特殊を流す・ハメる」というものになる。 などの単純な数値受けとの差別化点は「 毒毒で突破されない鋼耐久である点」「鉄壁・充電の 積みによる詰め能力の向上」「によるサイキネ・シャドボ・アクブレ等の 耐久崩しの追加効果を引かないこと」が挙げられる。 あまりB。 ーーーーー 相手のやはもちろん、やなどのタイプ等倍以下の 特殊アタッカーを充電の起点にし、全てを毒殺する。 前述の通り、特性により「テテフのやのでDが下がらない」という強みがある。 なんと、 特殊方面の耐久が進化後のと同じ、つまり特殊方面に限って言えば 最終進化が輝石を持てるようなものなのである。 HD特化する事で換算 H60-D141。 あの に迫る特殊耐久を得る。 ?毒守ガルドでよくね... ? ワンウェポンに関してはどれを選択してもよい。 ギアソーサーの場合、 テテフ・の処理速度が上がり、に対しても強くなるが、 鋼に対して何もできなくなる。 特殊電気技の場合、 充電の恩恵を受けることができ、対面の処理速度が早く、安定する。 毒が入らないテッカクヤなどに対して麻痺を入れたいため、 オススメは放電。 地面タイブに何もできないが、そもそも特殊地面なんて環境にいない。 しめつけるの場合、何に対しても 非常に安定するうえ 相手をキャッチし充電を積みやすい状況を作ることができるが、ゲンガーなどの ゴーストタイプに何もできなくなる。 以上がHD充電である。 まぁ、大抵の場合慎重カグヤとかでいい。 あまりD。 ーーーーー HBに特化することで換算H60-B167。 なんとあの に勝る耐久を誇る。 つよい。 主な役割、というかほぼ唯一の役割は受け。 さらにそこから、 アタッカーを鉄壁の起点にすることで、たとえ特化の膝であろうと、眠るで余裕を持って受け切る程度の耐久を得ることができる。 積むことさえできたら タイプ相性をも無視できるのが強みだ。 選択技について、どちらも役割は「相手の耐久へのダメージソース」であるのでどちらを選択してもよい。 締め付けるに関しては拘束効果があるので、場合によっては鉄壁の起点作成になる。 ただしには当たらない。 以上がHB鉄壁である。 まぁ、大抵の場合とかでいい。 最後に、は 起点回避技を持っていないため、 積みと対面したら積み技の積み合いという展開になりがちです。 急所で突破されたり、毒毒による処理が追い付かなかった場合即・負けということもありますので、 覚悟して使いましょう上手くパーティで補完しましょう。 以上です。 zahnradpoke.

次の