デルモゾール 軟膏。 ステロイド外用薬強さ・ランク一覧表

デルモゾール軟膏0.12%の添付文書

デルモゾール 軟膏

デルモゾールG軟膏の強さ そもそもデルモゾールG軟膏はどのような成分の塗り薬なのでしょうか。 デルモゾールG軟膏は、炎症を抑える効果のあるステロイドと細菌などを退治する抗生物質を混ぜた薬となっています。 含まれている抗生物質の成分名がゲンタマイシン硫酸塩というので、薬の名前にGという文字がついているのです。 抗生物質は、皮膚の炎症を起こす原因となっている細菌を退治してくれます。 一方、ステロイドは炎症そのものを抑える役割をするのです。 しかし、 『ステロイド』と聞くと、なんだか副作用が強く、怖い薬のようなイメージがありますよね。 実は、ステロイドはその作用の強さによって1群~5群の5段階に分けられています。 その中でもデルモゾールG軟膏は3群に属していて、ステロイド剤の中で平均的な強さを持っています。 なので、副作用もそこまでよく出ることはなく、使いやすい薬となっています。 ただ、以下で紹介するように、陰部や顔、首など皮膚の薄い部分に使用する場合は注意しなければなりません。 また、子供や高齢者、妊婦は思わぬ副作用が出る可能性があるので、必ずかかりつけ医に相談するようにしましょう。 同じような名前でデルモベート軟膏というステロイド剤がありますので、間違えないように注意してくださいね。 こちらは、ステロイド剤の中でも最も強力な薬として使われています。 具体的には、以下のような症状に効果が期待できます。 合成副腎皮質ステロイド剤による血管収縮作用や抗炎症作用と、抗生物質による細菌の蛋白合成阻害によって皮膚の炎症や感染症を緩和します。 通常、湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎を含む)、乾癬、掌蹠膿疱症、外傷・熱傷および手術創などの二次感染の治療に用いられます。 引用: このようにいろいろな皮膚疾患に効果があることが分かります。 デルモゾールG軟膏の陰部への使用 前章で紹介したように、デルモゾールG軟膏はそこまで作用が強くはありません。 なので、短期的な使用の場合、副作用が出ることはほとんどありません。 しかし、陰部は皮膚がかなり薄い部分であり、薬の成分の吸収率が高くなってしまいます。 (だいたい腕に塗る場合の42倍の吸収率と言われています。 ) 吸収率が高くなってしまうと、その分副作用も出やすくなってしまいますので、注意しなければなりません。 しかし、デルモゾールG軟膏の場合は、デリケートゾーンにも短期的であれば、比較的安全に使用することができます。 ただし、念のためできるだけ薄く塗るように注意しましょう。 また、長期的に塗る場合は慎重にならなければなりません。 使用する期間が長くなればなるほど副作用が出る確率が高くなります。 長期的に使用していく場合は、かかりつけの医師や薬剤師としっかり相談しながら、使っていくことをおすすめします。 顔や首への使用について 同様に顔や首も皮膚が薄い部分となっています。 なので、長期的な使用はできるだけ控えるようにしましょう。 また、目の近くは特に皮膚が薄くなっています。 さらに、目に入ってしまう危険性があるので、目の周りにはなるべく塗らないようにしましょう。 まとめ 皮膚の炎症や感染症を緩和するために、デルモゾールG軟膏は皮膚科などでよく処方される薬となっています。 また、デルモゾールG軟膏はリンデロンVG軟膏のジェネリック医薬品となっています。 リンデロンVG軟膏についてはこちらで詳しくお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてください。 しかし、長期的に使用する場合は、副作用が出る可能性が高まるので、注意しなければなりません。

次の

デルモゾールG軟膏の強さや効能、副作用についてご紹介!

デルモゾール 軟膏

外用ステロイド(ストロングクラス) この薬をファーストチョイスする理由(2019年2月更新)• ・同種同効薬と大きな違いは感じないが、発売後長い時間が経過しており、基剤や配合剤による刺激、接触アレルギーの事案の経験も少ないので、安全性が高いと考える。 (60歳代診療所勤務医、皮膚科)• ・かゆみが強くひっかき傷がある際には、そこからの感染予防もかねてゲンタシンが含まれているリンデロンVG軟膏を処方することが良くあります。 (60歳代病院勤務医、腎臓内科)• ・費用対効果が高く、漫然と使用しなければ副作用が少ないなど、使いやすいです。 (40歳代病院勤務医、精神科)• ・使い慣れていて、比較的安全で確実な効果が期待できるので。 (60歳代病院勤務医、一般内科) 副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 1.重大な副作用(頻度不明) 眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障(ベタメタゾン吉草酸エステルによる):眼瞼皮膚への使用に際しては眼圧亢進、緑内障を起こすことがあるので注意する。 大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、緑内障、後嚢白内障等が現れることがある。 2.その他の副作用(頻度不明) 1).過敏症:皮膚刺激感、接触性皮膚炎、発疹[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。 2).眼(ベタメタゾン吉草酸エステルによる):中心性漿液性網脈絡膜症[このような症状が現れた場合には使用を中止する]。 3).皮膚(ベタメタゾン吉草酸エステルによる):魚鱗癬様皮膚変化。 4).皮膚感染症:ゲンタマイシン耐性菌又は非感性菌による感染症[このような症状が現れた場合には、本剤の使用を中止し、適切な抗菌剤、抗真菌剤等に切り替える[密封法(ODT)の場合に起こりやすい]]、皮膚真菌症(皮膚カンジダ症、皮膚白癬等)、皮膚ウイルス感染症[このような症状が現れた場合には、本剤の使用を中止し、適切な抗菌剤、抗真菌剤等に切り替える[密封法(ODT)の場合に起こりやすい]]。 5).その他の皮膚症状(ベタメタゾン吉草酸エステルによる):ざ瘡様発疹、酒さ様皮膚炎・口囲皮膚炎(ほほに潮紅、口囲潮紅等、丘疹、膿疱、毛細血管拡張)、ステロイド皮膚(皮膚萎縮、毛細血管拡張、紫斑)、多毛、皮膚色素脱失[長期連用により、このような症状が現れた場合にはその使用を差し控え、副腎皮質ホルモンを含有しない薬剤に切り替える]。 6).下垂体・副腎皮質系(ベタメタゾン吉草酸エステルによる):下垂体・副腎皮質系機能抑制[大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により発現した事象。 投与中止により急性副腎皮質機能不全に陥る危険性があるため、投与を中止する際は患者の状態を観察しながら徐々に減量する]。 7).長期連用(ゲンタマイシン硫酸塩による):腎障害、難聴[長期連用を避ける]。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.ゲンタマイシン耐性菌による皮膚感染又はゲンタマイシン非感性菌による皮膚感染のある場合[皮膚感染が増悪する恐れがある]。 2.真菌皮膚感染症・スピロヘータ皮膚感染症・ウイルス皮膚感染症及び動物性皮膚疾患(疥癬、けじらみ等)[これらの疾患が増悪する恐れがある]。 3.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 4.鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎[穿孔部位の治癒の遅延及び感染の恐れがある]。 5.潰瘍<ベーチェット病は除く>、第2度深在性以上の熱傷・第2度深在性以上の凍傷[皮膚の再生が抑制され、治癒が遅延する恐れがある]。 6.ストレプトマイシン、カナマイシン、ゲンタマイシン、フラジオマイシン等のアミノグリコシド系抗生物質又はバシトラシンに対し過敏症の既往歴のある患者。 (重要な基本的注意) 1.湿疹・皮膚炎群、乾癬、掌蹠膿疱症、外傷・熱傷及び手術創等に対しては、湿潤、糜爛、結痂を伴うか、又は二次感染を併発しているものにのみ使用し、これらの症状が改善した場合には、速やかに使用を中止し、抗生物質を含有しない薬剤に切り替える。 2.感作される恐れがあるので、観察を十分に行い感作されたことを示す兆候(そう痒、発赤、腫脹、丘疹、小水疱等)が現れた場合には使用を中止する。 3.大量又は長期にわたる広範囲の使用により、副腎皮質ステロイド剤を全身的投与した場合と同様な症状が現れることがある。 4.症状改善後は、できるだけ速やかに使用を中止する。 (高齢者への使用) 一般に高齢者では副作用が現れやすいので、大量又は長期にわたる広範囲の密封法(ODT)等の使用に際しては特に注意する。 (妊婦・産婦・授乳婦等への使用) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては大量又は長期にわたる広範囲の使用を避ける[妊娠中の使用に関する安全性は確立していない]。 (小児等への使用) (ベタメタゾン吉草酸エステルによる)低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児では、長期・大量使用又は密封法(ODT)により発育障害を来すという報告がある。 また、おむつは密封法(ODT)と同様の作用があるので注意する。 (適用上の注意) 1.使用部位:眼科用として使用しない。 2.使用時:化粧下、ひげそり後等に使用することのないよう注意する。 (保管上の注意) 遮光・気密容器。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

虫刺されにデルモベート軟膏を使う時の注意点!強さと効能も!

デルモゾール 軟膏

デルモゾールG軟膏の強さ そもそもデルモゾールG軟膏はどのような成分の塗り薬なのでしょうか。 デルモゾールG軟膏は、炎症を抑える効果のあるステロイドと細菌などを退治する抗生物質を混ぜた薬となっています。 含まれている抗生物質の成分名がゲンタマイシン硫酸塩というので、薬の名前にGという文字がついているのです。 抗生物質は、皮膚の炎症を起こす原因となっている細菌を退治してくれます。 一方、ステロイドは炎症そのものを抑える役割をするのです。 しかし、 『ステロイド』と聞くと、なんだか副作用が強く、怖い薬のようなイメージがありますよね。 実は、ステロイドはその作用の強さによって1群~5群の5段階に分けられています。 その中でもデルモゾールG軟膏は3群に属していて、ステロイド剤の中で平均的な強さを持っています。 なので、副作用もそこまでよく出ることはなく、使いやすい薬となっています。 ただ、以下で紹介するように、陰部や顔、首など皮膚の薄い部分に使用する場合は注意しなければなりません。 また、子供や高齢者、妊婦は思わぬ副作用が出る可能性があるので、必ずかかりつけ医に相談するようにしましょう。 同じような名前でデルモベート軟膏というステロイド剤がありますので、間違えないように注意してくださいね。 こちらは、ステロイド剤の中でも最も強力な薬として使われています。 具体的には、以下のような症状に効果が期待できます。 合成副腎皮質ステロイド剤による血管収縮作用や抗炎症作用と、抗生物質による細菌の蛋白合成阻害によって皮膚の炎症や感染症を緩和します。 通常、湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎を含む)、乾癬、掌蹠膿疱症、外傷・熱傷および手術創などの二次感染の治療に用いられます。 引用: このようにいろいろな皮膚疾患に効果があることが分かります。 デルモゾールG軟膏の陰部への使用 前章で紹介したように、デルモゾールG軟膏はそこまで作用が強くはありません。 なので、短期的な使用の場合、副作用が出ることはほとんどありません。 しかし、陰部は皮膚がかなり薄い部分であり、薬の成分の吸収率が高くなってしまいます。 (だいたい腕に塗る場合の42倍の吸収率と言われています。 ) 吸収率が高くなってしまうと、その分副作用も出やすくなってしまいますので、注意しなければなりません。 しかし、デルモゾールG軟膏の場合は、デリケートゾーンにも短期的であれば、比較的安全に使用することができます。 ただし、念のためできるだけ薄く塗るように注意しましょう。 また、長期的に塗る場合は慎重にならなければなりません。 使用する期間が長くなればなるほど副作用が出る確率が高くなります。 長期的に使用していく場合は、かかりつけの医師や薬剤師としっかり相談しながら、使っていくことをおすすめします。 顔や首への使用について 同様に顔や首も皮膚が薄い部分となっています。 なので、長期的な使用はできるだけ控えるようにしましょう。 また、目の近くは特に皮膚が薄くなっています。 さらに、目に入ってしまう危険性があるので、目の周りにはなるべく塗らないようにしましょう。 まとめ 皮膚の炎症や感染症を緩和するために、デルモゾールG軟膏は皮膚科などでよく処方される薬となっています。 また、デルモゾールG軟膏はリンデロンVG軟膏のジェネリック医薬品となっています。 リンデロンVG軟膏についてはこちらで詳しくお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてください。 しかし、長期的に使用する場合は、副作用が出る可能性が高まるので、注意しなければなりません。

次の