あおり運転投稿サイト。 あおり運転や危険運転・悪質な自動車のナンバーを検索・投稿できる「NumberData」

「NumberData」は、あおり運転など危険・悪質な運転動画が投稿されているサイト!

あおり運転投稿サイト

あおり運転・悪質ナンバーの投稿 Number Data 迷惑車ナンバー共有HP メリットとデメリット 茨城県の常磐高速道路で「あおり運転」さらには「殴打暴力」をした事件で、警察は傷害の疑いで指名手配していた宮崎文夫(43歳)をついに逮捕しました。 (同乗していた女も逮捕) あれだけ証拠があるのに逮捕に何を時間がかかっているのか!?、あういう危険な男は厳罰を!、同乗していたガラケー女にも厳罰を!、、、フェイク・デマ拡散、虚々実々織り交ぜ、このお盆の暑い日本列島を揺るがした大きなニュースでした。 お盆期間中の高速道路で被害者側の車を「あおり」、高速道路ど真ん中で車を無理やり止め、5発殴打、さらにはうしろから走っている車も巻き込んだ可能性も高かった、まさに常軌を逸した凶悪事件。 逮捕後の今後の行方は警察や報道にゆだねるとして、本記事では、 車体ナンバー等の情報で悪質行為を投稿できるサイトを紹介したいと思います。 そしてもうひとつ、相手の迷惑車のナンバーを控えて、すぐに車体ナンバーを入力し、動画も投稿すると、悪質な行為が全世界に拡散、利用者はそれを閲覧できるというサイトです。 あまりの反響の大きさにサイトは見れない・閉鎖?されています。 ) この迷惑車ナンバー悪質行為共有サイトですが、メリットもあればデメリットもあります。 どこまで個人情報が割り出されるか? 利用する側のリスク 利用される側のリスク 大きな課題をはらんでいただけに閉鎖(見れない・検索できない)状態になっています。 (不安定な状態) 僕がアクセスしたときは利用できました。 個人的なうらみのためのデマやフェイク情報を意図的に投稿した場合は、民事裁判に発展する可能性もあります。 投稿される情報の制度や信ぴょう性を高めるために、運営者側はAI 人工知能)の搭載も視野に入れているとのことです。 以下は現時点での僕の見解です。 利用上の注意 個人運営サイトのようであり、運営者情報がいまのところ怪しい(?) 個人情報を入力するのはまだ控えたほうがいいかな? 僕は自分ちの車の情報を入れて検索してみましたが。。。 上の画像からも確認できます。 すぐにやったのはエゴサーチですね。 すなわち自分の車のナンバーをいれてみる。 うちは悪いことをやっていないので、検索結果は、「検索結果がありません」と出てきました。 上の画像が検索結果です。 他人からは何も投稿されてなかったことに、とりあえず安心はしました(笑) アクセス集中のときは利用できませんが、空いているときは閲覧や利用もできますので、どんなものか確認してみましょう。 ただし、個人情報は入れないほうがいいです。 スポンサーリンク どうやって車社会リスクから身を守るか 都会では交通網が発達してますので歩く距離で公共の交通機関を利用できます。 田舎や郊外で暮らせば分かりますが、生活するためには車の利用が必須です。 そして、車のリスクは高齢化社会の大きな課題です。 あなたはいつ被害者になっても、もしくは、いつ加害者になってもおかしくはないからです。 本当に恐ろしい社会になりました。 原則・鉄則はこれです! 自分の身は自分で守りましょう! You should defend your own life. 下記の車関係のリスクヘッジもあわせて読んでください。

次の

あおり運転罰則強化6月末 全国初の動画提供サイト運営 岡山県の現状は【岡山】

あおり運転投稿サイト

あおり危険運転・悪質ナンバー共有情報サイト「NumberData」とは? 「NumberData(ナンバーデータ)」は煽り運転(あおり運転)やスピード違反、信号無視、当て逃げ、迷惑駐車・無断駐車などの、悪質行為に被害に遭われた方が情報を提供する、車やバイクなどによる悪質行為の抑止を目的としたサイトです。 「NumberData」では車のナンバーや車両の特徴、悪質行為の内容などの情報を投稿することが出来ます。 また投稿されている情報は誰でも検索が可能です。 投稿する時に画像や動画を添付することも出来、検索条件に含めることも出来るようになっています。 その他には車両タイプ別の悪質車両ランキングや車種別の悪質車両ランキング、一連指定番号別の悪質車両ランキング、地名別の悪質車両ランキングなどの、それぞれのランキングも掲載されています。 8月10日以降もあおり運転、車間距離不保持、幅寄せ・割り込みを行っている情報が提供されています。 なんだか日々、日常のように迷惑運転をしている感じですよね。 常磐道で起きた事件 ここまで激昂させた原因は何だったのか?冷静に撮影してる女性はどんな心境だったのか?理解に苦しむ。 — もとてん mototennn このように迷惑運転をした車の状況なども調べること可能です。 悪質な「危険性帯有者」罰則強化へ 2017年6月に東名高速道路で起きた、あおり運転をした運転者の行為によって、あおられた車の運転者など2名が死亡する悲惨な事故が発生しました。 この事故を受けて、危険性帯有者(運転免許の取得者ではあるが、車などの運転で道路交通に著しい危険を生じさせるおそれのある者)への罰則が強化されることになったのです。 車を使って暴行事件を起こすなどの、将来的に事故を起こさせる可能性があると判断されたドライバーは、交通違反の点数に関係なく、最長180日間の免許停止が出来るようになりました。 「NumberData」を参考にして自衛することはもちろん大切ですが、このサイトや法令が抑止力となって、まずは危険な運転をするドライバーが減ってくれることを願うばかりですよね。 あおり運転に関する記事一覧 今朝通勤中に実際にあったことです。 片側2車線を右側通行中、左側より小型125ccスクーターに追い抜かれ、前方に入られました。 それを嫌い、左側に車線変更をしたところ、そのスクーターも同様に。 右側はやや車列が連なってましたが、左側はがらがらだったので、加速しようとしたら、そのスクーターは車線の真ん中又は右側を制限速度で通行したため、私は又右側に戻り走行。 その内そのスクーターは私の後部に付き、信号待ちの時に、スマホにて私のナンバーを撮影したので、すぐに110 車内ハンズフリー し、そのスクーターの特徴等を通報しました。 警察とのやり取りで、即パトカー配備し現場付近へ急行しますとのこと。 ただ、通勤中の事で、警察との接触はしませんでした。 バイクは機動力があり、対車の場合、車側はとても不利、不自由な状況になると思います。 やはり110番通報が、効果的かと思います。 ドラレコは搭載してましたが、故障なのかどうやら肝心な場面が残っておらず、その点でちょっと不安はありますが、リアルタイムに警察とやり取りをしてるので、警察には理解が得られるかなと思います。 ちなみにそのスクーターは、ほぼ毎日、通勤時に会い、その進行方向も知っていて、今日はそのスクーターであれば、直進すべき交差点を、わざわざ右折する私の後ろに付き撮影をしたので、煽りか?と気がついた次第です。 多分お互いのタイミング的に、私は進路妨害と取ったし、スクーター側は煽りと取ったのかな?と今になっては思いました。 まあ、どちらにせよ実際の行動と、その時思った感情とには、相当な差があり、それらを一つ一つ立証していくのは大変な作業だなと。 こんな逆煽りもありますので、皆さんお気をつけ下さい。

次の

あおり危険運転・悪質ナンバー共有情報サイト「NumberData」とは?悪質な「危険性帯有者」罰則強化へ

あおり運転投稿サイト

危険運転、あおり運転等の情報、ドライブレコーダー等の映像をお寄せください。 あおり運転等の危険な行為により、命を落とす重大な事件が発生したり、暴行・傷害事件に発展するなど全国的に大きな問題になっています。 また、悪質ドライバーによる飲酒運転や無免許運転などの危険な運転が後を絶たない状況です。 そこで、岡山県警では、道路利用者の安全を確保するため、あおり運転や飲酒運転、無免許運転、暴走行為等危険な運転に関する情報を受け付けています。 また県警への情報提供に併せて、車両のドライブレコーダーやスマートフォン等の動画の提供もお願いします。 お寄せいただいた情報は担当部署で、今後の交通安全対策に活用させていただきます。 情報提供をしていただく方へのお願い 岡山県内の危険な運転等の情報提供をお願いしていますので、 岡山県外の事案については発生地の警察にご相談ください。 また、「 緊急性のある事件・事故等の場合 」「被害があり、被害申告する場合」は、110番通報または最寄りの警察署にご相談ください。 法令に触れる行為等が撮影されており、検挙可能と認められる場合は、捜査情報として活用させていただくことがあります。 この提供欄は情報提供用であるため、既に被害が生じている場合や被害申告については、最寄りの警察署等へ元となる映像データをご持参の上ご相談ください。 元となる映像データは、消去することなく保存するようにお願いします。 2 こちらからの返信はしておりません。 また対応状況等の問い合わせについても捜査上の必要がある場合を除き、個人情報等の理由により回答をいたしかねますのでご了承ください。 3 提供された内容を確認するため警察からご連絡をさせていただくことがあります。 4 情報は具体的に記載をお願いします。 (例:日時、場所、車両特徴、運転者や同乗者の特徴、具体的な違反行為、映像の撮影者・撮影方法) 5 写真や動画の投稿、サイト閲覧に必要な通信費は投稿者負担となります。 6 未成年者が投稿をする場合、保護者にご相談をお願いします。 7 執務時間外に提供いただいた情報は、翌平日執務時間の受付となりますのでご了承ください。

次の