明治 時代 出来事。 6月28日 <富士山、「日本一の山」から陥落。新高山(1897年=明治30)>

6月28日 <富士山、「日本一の山」から陥落。新高山(1897年=明治30)>

明治 時代 出来事

1897年(明治30)のこの日、拓殖務省の告示で、台湾にある「新高山」が日本一の高峰となったことが公示されました。 これは明治時代の出来事です。 少し詳しく覗いてみましょう。 これは2分程度で読める記事です。 広告 1. 解説 1894年(明治27)7月に起こった日清戦争は、翌年には日本の勝利で終わり、1895年(明治28)4月、伊藤博文首相・陸奥宗光外相が全権となり、清国全権の李鴻章(りこうしょう)との間で講和条約「下関条約」が調印されました。 この下関条約では、清国は日本に対して• 朝鮮の独立の承認• 台湾・澎湖諸島・遼東半島の割譲• 賠償金2億両(日本円で3億1,000万円)の支払い• 日清通商航海条約の締結と沙市・重慶・蘇州・杭州の開市・開港、租界での治外法権の承認 などを約束しました。 その後、ロシア・ドイツ・フランスによる三国干渉が行われますが、今日はそれには触れません。 下関条約の結果、日本の領土となった台湾の玉山は3950mあり、日本の富士山(3776m)より174m高いため、明治天皇が「新高山(にいたかやま)」と命名され、これが日本一の高峰となりました。 1897年(明治30)のこの日、その新高山が日本一の高山となったことが拓殖務省で公示されました。 拓殖務省そいう官庁、今はありませんね。 これは日清戦争後に設置された外地行政を管轄する官庁です。 台湾領有にともない、1895年(明治28)台湾事務局が内閣に設置され、その後外地行政の統一が図られることになり、翌1896年(明治29)4月に設置されたのが拓殖務省です。 南部局(台湾担当)と北部局(北海道担当)とがおかれました。 しかし、同省を不要とする世論および財政上の理由などから1897年(明治30)9月に廃止されて、南部局の事務については台湾事務局が復活し、北部局の事務は内務省に戻されました。 わずか1年余りだけ存在した官庁だったのですねぇ。 他の年、この日の記事 他の年には、こんな記事を書いています。 こちらも併せて御覧下さい。 (記事が先の日付の場合は表示されません。 当日にならないと公開しないように予約投稿しているためです)。 昨年は記事作成をサボっており、この項は無しです。 今日はここまでです。 人気記事 Top10• 4,660件のビュー• 3,179件のビュー• 3,162件のビュー• 2,732件のビュー• 2,590件のビュー• 2,320件のビュー• 2,297件のビュー• 2,264件のビュー• 2,247件のビュー• 2,213件のビュー• Archives• Profil.

次の

明治

明治 時代 出来事

明治維新 幕末から明治時代はじめごろに行われる1868年mp五箇条の御誓文、1869年の版籍奉還、1871年の廃藩置県、1873年の地租改正、徴兵令など一連の改革を明治維新といいます。 確認 立憲政治 伊藤博文らはヨーロッパでシュタインやグティストからドイツ派の憲法理論を学んで帰国し、憲法制定の準備を進めた。 大日本帝国憲法の起草作業は、法律顧問のロエスレルの助言も得て進められた。 藩閥政治…倒幕に活躍した公家や薩摩・長州・土佐・肥前の4藩の出身者たちが政府の実権を握った。 大日本帝国憲法の制定( 確認) 自由民権運動 政府への不満から士族の反乱や自由民権運動が起こった。 西南戦争…1877年西郷隆盛を中心とした鹿児島の士族らがおこした反乱。 徴兵制による政府軍に鎮圧された。 自由民権運動…議会政治の実現を目指す運動。 民選議員設立の建白書… 1874年に板垣退助らが政府に提出した国会の開設を求める意見書。 国会期成同盟…1880年民権派の代表が大阪で結成。 国会開設の整備…政府が10年後に国会を開くこと約束。 自由党と立憲改進党 党 自由党 立憲改進党 成立年 1881年 1882年 影響国 フランス イギリス 成立者 板垣退助 大隈重信 板垣退助 1874年地元の土佐に政治結社、立志社をつくり、当時薩摩藩や長州藩など一部の藩の人間のみが政治を行っていることを批判。 「国民が選んだ議員に政治を任せるべきだ」と主張します(民選議員設立の建白書)• 秩父事件…1884年の、松方財政下では困民党に結集した農民たちが、秩父事件を起こした。 秩父事件の前後には、加波山事件、飯田事件など、自由党員を主力とする一連の激化事件がおこっている。 秩父事件のような自由民権運動の急進化と政府の懐柔政策によって、自由党内には分裂がおこり、自由党は解散を決議した。 中江兆民…中江兆民が参加した自由党は、政府の弾圧と党内の混乱によって解党した。 保安条例によって、ほかの民権家らとともに東京から追放された 大隈重信 自由民権運動の有力政党として、イギリス流の穏健な立憲政治による政治改革・国権伸張・地方自治の基盤確立などを目標に活動しました。 しかし、自由党との対立抗争や自由民権運動の激化もあり、1884年には、大隈が脱党して弱体化していきました。 そして、1896年に、進歩党が結成されるとともに解党されました。 日清戦争 1894年、甲午農民戦争が起こると、朝鮮をめぐって対立していた日本と清国は朝鮮に出兵し、日清戦争が始まった。 日清戦争がはじまると、議会は政府に対し全面的に協調するようになった。 日清戦争の前には、朝鮮で、壬午軍乱 壬午事変 が起こった。 明治17年 1884年 には、朝鮮の独立党が日本公使館の援助をえてクーデタを起こしたが、清国軍の攻撃で失敗した。 伊藤博文と李鴻章によって天津条約は結ばれ、日清両軍の朝鮮からの撤兵などが定められた。 アジア近隣諸国から、近代化が進む日本への留学生が増加する中、朝鮮からは、1881年6月から1884年の甲申政変までに100名近い留学生が派遣された。 これは開化派の金玉均らの政策によるものであった。 清は、朝鮮の独立を認める。 清は、日本に、遼東半島・台湾・澎湖諸島をゆずる。 日本は、台湾総督府を置き、植民地化をすすめる。 清は、日本に、賠償金2億両(現在価値3億円以上、当時の国家予算の4倍以上に相当)を支払う。 日本は、これを軍備膨張費に使う。 日露戦争 日露戦争をめぐる列強諸国の関係 日露戦争時の軍事費は、国家予算の8割以上を占め、外債はアメリカやイギリスで募集された。 日露戦争の戦費は外国債以外に内債や増税によってまかなわれ、それにより 国民の負担は重くなった。 ロシアは、韓国における日本の優越権を認める。 ロシアは、旅順・大連の租借権、長春以南の鉄道の利権をゆずる。 ロシアは、北緯50度以南の樺太を割譲。 ロシアは、沿海州、カムチャツカ半島周辺の漁業権を認める。 日本は列強としての地位を固め、大陸の進出を狙う。 戦争 日清戦争 日露戦争 年号 1894 1904 きっかけ 甲午農民戦争 義和団事件 条約 下関条約 ポーツマス条約 戦後 三国干渉 日比谷焼き討ち事件 不平等条約の改正 条約 関税自主権 領事裁判権 年号 1911年 1894年 人物 小村寿太郎 陸奥宗光 備考 1894年に一部回復。 1911年に完全に回復する イギリスと結び実現 関税自主権 関税自主権(かんぜいじしゅけん)とは、国家が輸入品に対して自主的に関税を決められる権利。 領事裁判権 外国人が、現在住んでいる国の裁判権に服さず、本国の法にもとづいて本国領事の裁判を受ける権利。 条約改正までの経緯とその後 1886年のノルマントン号事件をきっかけに、日米修好通商条約の不平等な内容改正し、欧米諸国と対等な地位を得ようとした。 日本は、憲法の制定と条約改正により欧米諸国と対等の地位となり帝国主義へ傾いていきます。 その他の不平等条約 ベルサイユ条約…第1次世界大戦を終結するため,1919年6月 28日パリ郊外のベルサイユで,連合国側とドイツとの間で調印された講和条約。 アメリカそのほか数ヵ国はこの条約に参加しなかった。 内容には国際連盟案など戦後の世界平和を目的とした条項も存在。 一方で敗戦国ドイツに,フランスやポーランドなどへの領土割譲,ライン川左岸の非武装化,オーストリアとの合併禁止,海外植民地の放棄, ドイツの戦争責任を根拠とする巨額の賠償などを課した不平等条約ともいえる。 産業革命 進む世界の一体化で、資本主義が発展し、イギリス、ドイツ、アメリカ、ロシア、フランスなど経済力などを背景に世界に進出。 また、蒸気船や鉄道の発達で人や商品の動き、情報の伝達が活発化なる。 公害の発生・足尾鉱毒事件( 参考) 確認.

次の

年表

明治 時代 出来事

7key. html list• 1868(明治1)年1月:鳥羽伏見の戦いが起こる(戊辰戦争のはじまり)。 1868(明治1)年3月:西郷隆盛と勝海舟が会見し、江戸開城を決める。 1868(明治1)年3月:五箇条の御誓文が出される。 1868(明治1)年3月:五榜の掲示が立てられる。 1868(明治1)年5月:奥羽越列藩同盟ができる。 1868(明治1)年5月:討幕軍が上野で彰義隊を破る。 1868(明治1)年7月:江戸をと改称する。 1868(明治1)年9月:明治と改元し一世一元制とする。 1868(明治1)年9月:政府軍が会津若松城の総攻撃を始める。 1868年:革命でイサベラ女王がに亡命する。 1869(明治2)年:この頃、全国で世直し一揆が盛んに起こる。 1869(明治2)年1月:薩長土肥の四藩主が版籍奉還を上奏する。 1869(明治2)年5月:五稜郭の榎本武揚らが降伏し、戊辰戦争が終る。 1869(明治2)年6月:版籍奉還を許可し、藩知事を置く。 1869(明治2)年6月:公卿・諸大名を華族と改称する。 1869(明治2)年12月:・横浜間に電信が開通。 1869(明治2)年12月:士族・卒の称を定める。 1869年:スエズ運河が開通する。 1869年:清がと通商条約を結ぶ。 1870(明治3)年:この頃から廃仏毀釈が盛んになる。 1870(明治3)年8月:・神戸間に電信が開通する。 1870(明治3)年9月:平民が姓を名乗ることを許される。 1870(明治3)年10月:中村正直訳の『西国立志編』ができる。 1870(明治3)年12月:最初の日刊新聞『横浜毎日新聞』が創刊される。 1870年:普仏戦争が起こる。 1870年:パリで革命が起こりが共和制になる。 1870年:が統一される。 1871(明治4)年4月:戸籍法が定められる(翌年実施、壬申戸籍)。 1871(明治4)年7月:廃藩置県が行われ、三府三百二県ができる。 1871(明治4)年8月:斬髪・廃刀が許される。 1871(明治4)年8月:穢多・非人の称を廃止する。 1871(明治4)年9月:田畑勝手作を許可する。 1871(明治4)年11月:岩倉具視らが欧米に出発する(岩倉使節団)。 1871年:が統一されてウィルヘルム一世が皇帝になる。 1871年:パリ・コミューンが成立する。 1872(明治5)年2月:福沢諭吉が『学問ノスヽメ』を、中村正直が『自由之理』を刊行する。 1872(明治5)年7月:マリア・ルーズ号事件が起こる。 1872(明治5)年7月:全国に郵便が施行される。 1872(明治5)年8月:学制を定める。 1872(明治5)年9月:新橋・横浜間に鉄道が開通する。 1872(明治5)年9月:琉球藩を置く。 1872(明治5)年10月:富岡製糸場が開設される。 1872(明治5)年11月:太陰太陽暦を太陽暦に改め、12月3日を明治6年1月1日とする。 1873(明治6)年1月:徴兵令を布告する(この年、各地で徴兵令反対の一揆が起きる)。 1873(明治6)年7月:地租改正条例を布告する。 1873(明治6)年8月:西郷隆盛の朝鮮派遣を決める。 1873(明治6)年9月:岩倉具視らが帰国する。 1873(明治6)年10月:征韓論がやぶれ、西郷隆盛・板垣退助、江藤新平らが参議をやめて下野する。 1873年:・・の三帝協商ができる。 1874(明治7)年1月:板垣退助らが愛国公党を創立する。 1874(明治7)年1月:板垣退助らが民選議員設立建白書を出す。 1874(明治7)年2月:江藤新平らが佐賀の乱を起こす。 1874(明治7)年4月:板垣退助らが土佐で立志社を作る。 1874(明治7)年5月:に出兵し征台の役がおこる。 1874(明治7)年6月:開拓のための屯田兵制度ができる。 1874年:にディズレリー内閣ができる。 1874年:安南がの保護領となる。 1875(明治8)年2月:大久保利通・木戸孝允・板垣退助がで会談、板垣・木戸が政府に戻る(大阪会議)。 1875(明治8)年4月:立憲政体に漸進するとの詔書が出される。 1875(明治8)年5月:と千島・樺太交換条約を結ぶ。 1875(明治8)年9月:江華島事件が起こる。 1875年:がからスエズ運河の株を買い取る。 1875年:西太后の親政が始まる。 1876(明治9)年2月:日韓修好条規が結ばれる。 1876(明治9)年3月:廃刀令が出される。 1876(明治9)年4月:官庁が日曜全休土曜半休制になる。 1876(明治9)年8月:華・士族の家禄・賞典禄をやめ、金禄公債を発行することを決める(翌年実施)。 1876(明治9)年10月:で神風連の乱、福岡で秋月の乱、で萩の乱が起こる。 1876年:ベルが電話を発明する。 1877(明治10)年1月:地租を地価の2. 1877(明治10)年1月:西南戦争が起こる。 1877(明治10)年5月:佐野常民らが博愛社(後の日本赤十字社)をつくる。 1877(明治10)年6月:万国郵便連合に加盟する。 1877(明治10)年6月:立志社の片岡健吉らが国会開設建白書を出す。 1877(明治10)年8月:第一回内国勧業博覧会が開かれる。 1877(明治10)年9月:西郷隆盛が自害し、西南戦争が終る。 1877年:露土戦争が始まる。 1877年:領インド帝国ができる。 1878(明治11)年5月:大久保利通が暗殺される(紀尾井坂の変)。 1879(明治12)年3月:府会が開かれる(府県会の初め)。 1879(明治12)年4月:琉球藩を廃しを置く。 1879(明治12)年4月:植木枝盛の『民権自由論』ができる。 1879(明治12)年7月:前大統領グラントが来日。 1879(明治12)年10月:徴兵令を改め免役の範囲を狭める。 1879(明治12)年12月:モースが大森貝塚を発見する。 1879年:南アフリカでズールー戦争が起こる。 1880(明治13)年4月:集会条例が公布される。 1880(明治13)年4月:片岡健吉、河野広中ら8万7000人が署名し国会開設上願書を出すが受理されず。 1880(明治13)年11月:官営工場の払い下げが通達される。 1881(明治14)年3月:参議大隈重信が早期国会開設・政党内閣制を内容とする意見書を出す。 1881(明治14)年7月:開拓使官有物払い下げを決定(世論の反対で10月に中止)。 1881(明治14)年10月:明治23年に国会を開く旨の詔勅がでる。 1881(明治14)年10月:大隈重信を罷免する(明治14年の政変)。 1881(明治14)年10月:自由党が結成される。 1882(明治15)年1月:軍人勅諭が出される。 1882(明治15)年2月:開拓使が廃止される。 1882(明治15)年3月:伊藤博文が憲法調査のためにヨーロッパへ行く(翌年8月帰国)。 1882(明治15)年4月:板垣退助がで暴漢に刺される。 1882(明治15)年8月:大隈重信らが立憲改進党を結成する。 1882(明治15)年11月:令三島通庸が県内の自由党員を厳しく弾圧する(福島事件)。 1882年:朝鮮で壬午の軍乱が起こる。 1883(明治16)年3月:北陸の自由党員が逮捕される(高田事件)。 1883(明治16)年4月:新聞紙条例を改定し言論の取り締まりを強化する。 1883(明治16)年11月:鹿鳴館の開館式が行われる。 1883年:がを属領化する。 1883年:がを保護領とする。 1884(明治17)年5月:自由党員がで蜂起する(群馬事件)。 1884(明治17)年7月:華族令が公布され、公・侯・伯・子・男の五爵が定められる。 1884(明治17)年9月:自由党員がの加波山で蜂起(加波山事件)。 1884(明治17)年10月:秩父の農民が秩父困民党の指導で減税・徴兵令反対等をかかげて蜂起(秩父事件)。 1884(明治17)年10月:愛知自由党員による政府転覆計画が発覚する(名古屋事件)。 1884(明治17)年12月:自由党員が飯田事件をおこす。 1884年:が南西アフリカの占領をはじめる。 1884年:朝鮮で甲申事変が起こる。

次の