まとめサイト うざい。 うざいNAVERまとめがサービス終了!でも検索には出てくるんでしょ?

まとめブログでよく見る「アンテナサイト」をふっ飛ばすChrome拡張機能を作ってみた

まとめサイト うざい

Googleで問題を解決するのが難しい。 知恵袋やNAVERまとめ、キュレーションサイトで問題を解決できることが少なく、結局ほかのサイトで調べ直すことが多くなってきました」 上記のサイトは実体験や知識に基づく考察が少ないので、信頼度が低いとパソ活さんは指摘します。 それにこんな問題もあると言います。 「NAVERまとめやキュレーションサイトはキュレーターが自身の報酬のために記事を量産しており、画像は引用の定義に収まらない無断転載でペタペタ。 テキストは引用がほとんど。 それぞれの見出しの関係性はてんでバラバラで、まるで正月の福笑いのようなものばかりです」 当時、これらのサイトを避けるためのひとつ手段としてGoogleブログ検索を使っていたそうですが、今年3月に完全終了。 ここからノイズレスサーチのが始まりました。 除外サイトはこちら。 除外するサイトの基準は厳格に決めていませんが、だいたい以下のような傾向があるとパソ活さんは話します。 😤検索結果が同じ情報ばかり出るサイト群 ・通販サイト ・NAVERまとめ ・2ch転載 ・じゃらんなど宿泊予約サイト ・求人サイト ・ぐるナビなどの店舗情報サイト サイト自体には特に問題がなくても、検索結果が同じ情報ばかりになります。 😤一般の人が投稿して、正確さが保てないサイト ・Yahoo! 😤調べ物に向かないサイト ・アプリストア ・SNS アプリ名で検索したらアプリストアが上位に出てますが、アプリの使い方などを知りたいときには向いていません。 SNSは例えば企業名で検索した時にわかりきっているアカウントが上位に出てきたり、たまにツイートが検索にヒットしたりしますが、140文字で情報量が多くないので除外対象とのこと。

次の

DYM就職は安全?ブラック?危険でうざい?口コミ・評判まとめ

まとめサイト うざい

独身女性がうざいと思われる言動まとめ【年代別】 1:14 pm, 23 4月 2020 まず最初に謝らせていただいてもいいですか?男性のライターとして、こんな内容のコラムをお届けしてしまい、申し訳ありません。 あのですね、もう少しの我慢だと思うんです。 こんなジェンダー的にちょっと危うい内容が許されるのも。 だって、考えてもみれば、男性にだってよほど多くのうざいヤツがいますよね。 特にタチが悪いのは、おじさんたちでしょうか。 セクハラおじさん、パワハラおじさん、勘違いおじさん、キモいおじさんなどなど。 そんな男たちを野放しにしておいて、 独身女性の言動だけを取り上げるなんて…。 なので、 女性のみなさんは、今回のコラムを読んで(なるほど、こんなことで引いちゃう男性もいるのねぇ。 男ってやっぱり子どもねぇ)くらいに軽く受け止めてくださいませ。 男のグチ、モテない男の泣き言ですので。 独身20代女性のうざい言動まとめ まず、 20代の独身女性のうざい言動ですが、そんなにありますかね?だって、若いころは、社会のルールがわからないので、仕方ないんじゃないですかね?多少は言動がうざくなっても。 まぁ、あれですか。 おごってもらって当たり前という感じの態度ですかね。 あえて挙げるとすると。 でも、20代の女性とデートしたり、ご飯食べたりする場合、同年代同士ならどうかわかりませんが、男性が年上の場合は、ほぼおごりますよね。 あとは、若さを売りにして、あからさまな「さしすせそ」を使ってくる場合でしょうか。 ご存知の通り、男心をくすぐる「さしすせそ」とは、以下の5つの言葉です。 さすが〜!• しらなかった〜!• すごーい!• センスいい〜!• そうなんだ〜! うん、やばいですね。 自分でパソコンに文字を打っているだけでも、気分がアガってきます(笑)。 自然に言えれば、きっとうざくないです。 むしろ男が喜びます。 ただ、だいぶ有名になってしまったこともあり、 あからさまだと男の気持ちが冷めちゃう可能性があります。 横澤夏子さんあたりのテンションで言うのがいいんじゃないでしょうかね。 はこちら。 独身30代女性のうざい言動まとめ お次は、 独身30代女性のうざい言動です。 30代でも特にアラフォーと呼ばれる35〜39歳の方たちは少し気をつけたほうが良いかもしれません。 世間的には、つまりは多くの男性の目から見て、35〜39歳は立派な大人 です。 なのに、20代の気分を引きずっているような言動があると、一気に恋愛対象から外れてしまいますので。 具体的には、20代では強みになった「わかんなーい!」「できなーい!」「たすけて〜!」のヘルプメッセージでしょうか。 30代ともなれば、自立した女性としての立ち居振る舞いが要求されます。 それを、20代や30代前半で甘やかされた経験のある女性たちが気づかずにそのまま継続してしまうと、男性から対等なパートナーとして扱ってもらえなくなる可能性が高まります。 結婚すると主婦になるのがスタンダードだった昔はそれでも良かったんでしょうが、夫婦共働きが当たり前の現代では、ちょっと厳しいものがあります。 自分をまだ20代の若い女子だと勘違いしている、痛い女性として認定されてしまう危険性もあります。 また、一度そのような認定を受けてしまうと、悪循環でどんどんそこから抜け出すのが難しくなります。 押し付けがましいですが、もし今このコラムを読んでいる独身30代女性で、しかもアラフォーに該当する方がいらっしゃったら、世間や男性があなたに求めているのは、成熟したひとりの女性、精神的、経済的に独立した女性像だということを頭の片隅でかまいませんので、覚えておいてください。 むしろ、男性を少し甘やかしてあげる、母性で包み込んであげるくらいの方が、20代の女性にはマネできない大人の女の魅力がにじみ出て、いいかもしれません。 みなさんのまわりにもありませんか?バリバリ働いている30代の男性が、20代の若い女の子との付き合いに飽きて、同年代か少し上の女性と突然結婚してしまう事例。 そこを狙って行きましょう!! はこちら。 独身40代女性のうざい言動まとめ はい、今度は40代です。 40代で独身の女性ということは、大きく2つのパターンに分かれますね。 ひとつは、まだ実家暮らしで、なかなか経済的にも独立が厳しいパターン。 この場合、アルバイトや派遣、契約社員、フリーランスなどの場合が多いと思います。 でも、実家でご家族との関係がうまくいっているようであれば、それはそれでいいのかもしれません。 無理にひとり暮らしなどしてしまうと、寂しさに耐えかねて怪しい集会に参加してしまったり、ホストクラブにハマってしまったりということもありますので。 そうなると、怖い未来が待っています。 そうならないためにも、自分をしっかりと持って、男性に頼らずとも生きていける道を考えるのも良いかもしれません。 40代になると、に入会したところでお見合いも組みづらくなりますし、参加できる婚活パーティーの数も限られてきますので。 それが、独身40代の女性でも、痛い人やうざい人にならない道のひとつかと思います。 さて、男性に頼らずに生きるといえば、もうひとつのパターン。 バリキャリがありますね。 男女の垣根をまるで感じさせない働きぶりで、昇進昇給昇格のパターンです。 本当に頑張ってらっしゃる方だと、大企業の役員や、なんなら社長をお務めの方もいらっしゃるかと思います。 また、起業されている方もいるでしょう。 友人も多く、夜な夜な高級ワインやシャンパンを開ける日々。 世間一般が持つ痛い40代独身女性のイメージとは真逆です。 ただ、会社では仕事に厳しいということで、怖い人というイメージを持たれてしまっている可能性はあるかもですが。 上記のどちらも、結婚の可能性はまだあると思います。 20代や30代に比べると若干の難しさがあるのは否めないですが、50代や60代の経済的にも精神的にも余裕のある方との相性がよろしいかと思います。 「前の妻との間に子どもはいるし。 僕はこれからの人生を一緒にゆっくり歩いてくれるパートナーが欲しいんだ」といった感じの言葉が似合う、 バツイチの男性なども狙い目です。 はこちら。 独身50代女性のうざい言動まとめ 果たして、こんな若造(筆者は現在38歳です)が 50代の女性に対してあーだこーだと言ってもよいのでしょうか。 尊敬しかありません。 ただ、世間的には、50代で未婚の独身女性は、性格が悪いから結婚できないなどと言われているようです。 ふざけるなと言いたいですね。 そんなこと言うお前の方が性格悪いわと。 このごろは人生100年と言いますが、50代は正真正銘の折り返し地点です。 でも、最近の50代の方々は、本当にお若いですね〜。 男性も女性も、元気な方は、まだまだ仕事も恋愛も含めた人生を丸ごと楽しんでいらっしゃいます。 うざい言動、なんでしょうか。 思い当たりませんが、「もうおばさんだから」などと言われると、うざいというか、ちょっともったいないなって思います。 そんなに元気で若々しいのに、無理に自虐しなくってもって思っちゃいますね。 あぁ、鈴木京香さんや近藤サトさんがちょうど50代前半でいらっしゃいますか。 全然イケてますよね。 相手にしてくださるんなら、お茶したいくらいですもん。 え?あぁ、井川遥さんで40代ですか。 日本ってサイコーですね。 欧米の女優のみなさんは、年齢を重ねられると年相応の結構なお顔立ちになりますが、日本の美しい女性のみなさんは、ずっと綺麗なままですよね。 もちろん、日々の努力があってのことだと思いますが。 なので、どうぞ 自分から「もう私はおばさんだから…」なんて言わずに、相手が年下の男性でも思いっきり恋愛を楽しんでいただきたいです。 はこちら。 まとめ さて、女性のうざい言動まとめというか、むしろ筆者による女性賛歌のようになってしまった今回のコラム。 だって、女性って偉大ですもん。 筆者は男性を代表して、尊敬の念を表したいです。 男には絶対にできない出産のこともありますし、恋愛でも結婚でも、女性は男性のパートナーじゃないですか。 それをうざいとか、痛いとか、怖いとか、失礼極まりない!! あの、今回のコラムを我慢して読んでくださった女性のみなさま。 ありがとうございます。 ちょっと勘違いした中年の男性ライターが書いた戯言ですので、どうぞ気に入らない部分があったら無視してください。 そしてこれからも、バカでお調子者で、お気楽な男たちを、なにとぞ、なにとぞ寛大な心で受け止めていただけますよう、伏してお願い申し上げます。 おわり.

次の

Yahoo!知恵袋、NAVERまとめ… 邪魔なサイトを除外して検索できる「ノイズレスサーチ」がリリース

まとめサイト うざい

Googleで問題を解決するのが難しい。 知恵袋やNAVERまとめ、キュレーションサイトで問題を解決できることが少なく、結局ほかのサイトで調べ直すことが多くなってきました」 上記のサイトは実体験や知識に基づく考察が少ないので、信頼度が低いとパソ活さんは指摘します。 それにこんな問題もあると言います。 「NAVERまとめやキュレーションサイトはキュレーターが自身の報酬のために記事を量産しており、画像は引用の定義に収まらない無断転載でペタペタ。 テキストは引用がほとんど。 それぞれの見出しの関係性はてんでバラバラで、まるで正月の福笑いのようなものばかりです」 当時、これらのサイトを避けるためのひとつ手段としてGoogleブログ検索を使っていたそうですが、今年3月に完全終了。 ここからノイズレスサーチのが始まりました。 除外サイトはこちら。 除外するサイトの基準は厳格に決めていませんが、だいたい以下のような傾向があるとパソ活さんは話します。 😤検索結果が同じ情報ばかり出るサイト群 ・通販サイト ・NAVERまとめ ・2ch転載 ・じゃらんなど宿泊予約サイト ・求人サイト ・ぐるナビなどの店舗情報サイト サイト自体には特に問題がなくても、検索結果が同じ情報ばかりになります。 😤一般の人が投稿して、正確さが保てないサイト ・Yahoo! 😤調べ物に向かないサイト ・アプリストア ・SNS アプリ名で検索したらアプリストアが上位に出てますが、アプリの使い方などを知りたいときには向いていません。 SNSは例えば企業名で検索した時にわかりきっているアカウントが上位に出てきたり、たまにツイートが検索にヒットしたりしますが、140文字で情報量が多くないので除外対象とのこと。

次の