アップリカ 抱っこ 紐 コアラ。 抱っこひも、おんぶ紐 ランキングTOP20

アップリカ Aprica コアラ メッシュプラス AB ナチュラルリビング ママ・ベビー

アップリカ 抱っこ 紐 コアラ

「抱っこ紐」の比較方法 4ブランドの抱っこ紐について「価格」「対象年齢」「抱き方」「メッシュ素材」の4要素を比較していきますので、購入する際の参考にしてください。 1.価格 安いにこしたことはありませんが、機能性の高い抱っこ紐はどうしても高価です。 そのため値段と機能のバランスで納得のいくものを選びましょう。 なお、一覧表に記載の価格は2019年4月4日現在のamazonにおける販売価格です。 (amazonにて販売がない場合にはメーカー価格を掲載) 2.対象年齢 抱っこ紐の対象年齢は、主に 「0か月」の新生児から使えるものと、 「生後1か月」から使えるもの、そして首が据わった 「生後4か月」から使えるものがあります。 また、意外に見落しがちですが、抱っこ紐には必ず体重制限があり、主に 「15kg」まで使えるものと 「20kg」まで使えるものの2種類があります。 どれだけ長い期間使えるかも比較のポイントになります。 3.抱き方 抱っこ紐を使ってできる抱き方は5通りあります。 横抱き 授乳と時と同じような横抱きです。 首に負担がかからないため新生児を安全に運ぶことができます。 4.メッシュ素材 抱っこ紐を冬と夏のどちらの季節に合せて買うかと言えば、断然、 夏です。 冬の寒さは、ブランケットなどで覆えば何とでもなります。 一方で、蒸し暑い日は、抱っこ紐で体を密着させていると、赤ちゃんもママもたくさん汗をかきます。 抱っこすること自体が嫌になります。 そのため、通気性の良いメッシュ素材を選ぶのがおすすめです。 メッシュは、主に3か所に使われます。 赤ちゃんの 背中が当たる部分と、 肩ベルトの内側、そして 腰ベルトの内側です。 この3か所の内、使われている箇所が多いほど、値段が高くなります。 抱っこ紐・メーカー別全商品一覧 1.エルゴベビー(ergobaby) 抱っこ紐の人気NO1海外ブランド言えば「エルゴベビー」です。 しかし、日本人向けの商品も開発されており、特に肩紐をクロスして着用することができます。 対応しているのはADAPTシリーズとオムニ360シリーズです。 オムニ360クールエアは対応していない。 肩幅が狭い小柄な人でも肩紐がずり落ちるストレスがなくなるので日本人女性には嬉しい機能です。 新生児を抱っこするときにインサートが必要だったオリジナルシリーズと360シリーズの新商品はなく、今後はインサート不要のADAPTシリーズとオムニ360シリーズに集約されていくようです。 アップリカの抱っこ紐は、4か月未満までは横抱きのみの対応でしたが、新商品の「コアラ」シリーズの登場によって生後14日から縦抱きもできるようになりました。 その他、前抱っこ、おんぶ、横抱きとあらゆる抱き方に対応しています。 また、CTS(キャリートラベリングシステム)対応商品は、肩ベルトを外さずにベビーカーに乗せ換えることができます。 中でも抱っこ紐はベビービョルンが最も得意とする製品で40年前から作り続けています。 日本での人気も年々高まり、ついに今年は日本市場向けに日本人の体格にあった商品が販売されました。 シリーズ名 価格 対象 抱き方 メッシュ素材 19438円 1か月~ 15kgまで 対面・前向・おんぶ なし 23758円 1か月~ 15kgまで 対面・前向・おんぶ 背中・肩紐・腰紐 15800円 1か月~ 15kgまで 対面・おんぶ 背中・肩紐・腰紐 7363円 1か月~ 11kgまで 対面・前向 なし 9629円 1か月~ 11kgまで 対面・前向 背中・肩紐・腰紐 10806円 1か月~ 11kgまで 対面・前向 背中・肩紐・腰紐 メッシュ生地の上にジャージ生地を張っている 4.コンビ(Combi) コンビは「ニンナナンナ」ブランドで抱っこ紐を販売していましたが、同ブランドはなくなり、現在は1種類のみ抱っこ紐を取り扱っています。 そこから見えてきた最近のトレンドは大きく2つあります。 1つは オールメッシュ化。 アップリカが夏の高温多湿な気候に合わせてメッシュ生地を使った商品を販売していましたが、海外メーカーのエルゴもベビービョルンも日本の市場に合わせて、ここ数年でオールメッシュタイプの商品を続々と投入してきています。 2つ目は、 新生児の縦抱きでインサート不要。 もともとエルゴベビーの商品はインサートを使って新生児を縦抱きするという仕様でした。 また、アップリカもインサートは使わないものの4か月未満の赤ちゃんは横抱きのみの商品展開となっていました。 しかし、インサート不要で新生児の縦抱きができるベビービョルンが人気となり、エルゴベビーでは「アダプト」、「オムニ360」というインサート不要の商品を続々と販売してきました。 そして、アップリカは横抱きにこだわっていたのですが、新生児はともかく生後3か月でも横抱きを強いられるというのは、親のニーズとはずれていましたし、エルゴとべビービョルンの人気に押されて、ついに新生児の縦抱きが可能な「コアラ」を販売し始めました。 ただし、「ホールディングパット」と言う、事実上のインサートを付ける必要があるのが残念な点です。 また「コアラ」にも、こだわりの横抱き機能を入れているのですが、個人的には横抱き機能をなくして、インサートも不要の低価格な「コアラ」をラインナップしたほうが間違いなく売れると思います。 と言うわけで、おすすめしたいのは以下の3つの条件を満たす抱っこ紐です。 1.オールメッシュ 2.インサートなしで新生児から縦抱き可 3.価格が安い 具体的にはエルゴの「オムニ360クールエア」、ベビービョルンの「ONE KAI Air」となります。 (ベビービョルンの「MINI AIR」と「WE AIR」も縦抱き可能なオールメッシュなのですが、「MINI AIR」は12か月までしか使えない、「WE AIR」は生産終了したのかほぼ手に入らないため除外しています。 ) 価格は2019年4月現在で、「オムニ360クールエア」が31320円、「ONE KAI Air」が23758円となります。 エルゴは8000円も高いのですが、体重制限が20kgまでとなっており48か月頃まで使えます。 ベビービョルンは15kgで36か月頃までです。 使用期間が長い分を考えると高くはないのですが、さすがに3歳を過ぎると使用することがかなり少なくなるため、「ONE KAI Air」でも十分かなと思います。 ただし、男の子で遺伝的に体重が大きくなりそうな赤ちゃんであればエルゴをおすすめします。 ベビーキャリア ONE KAI Air.

次の

アップリカの抱っこ紐と種類、使い方、口コミを紹介!新生児から使える?横抱きや前向き抱っこは?

アップリカ 抱っこ 紐 コアラ

アップリカの新抱っこ紐「コアラ」の特徴とおすすめ機能 アップリカの抱っこ紐の定番といえばコランシリーズですが、 今回は新たなるシリーズ「コアラ」です。 「子守熊」という別名もあるコアラ。 コアラの赤ちゃんはわずか1〜2cmの大きさで誕生し、およそ6〜7ヶ月もの間、ママのお腹の中で大切に育てられます。 ママの愛情いっぱいに育つコアラの赤ちゃん。 そんなコアラの子育てを理想としてコアラは生まれました。 「赤ちゃんが、大好きなママとずっと一緒にいられるように。 」 とのことです。 (アップリカ公式HPより抜粋) サッと着けてスッと抱っこできるように、かなりユニークな抱っこ紐の形になっています。 赤ちゃんを抱っこしやすい! 今までのどの多機能抱っこ紐と比較しても、「コアラ」は赤ちゃんを抱っこしやすい!と思われます。 抱っこ紐の背中部分が二重構造になっていて、 右肩ベルトを降ろせば赤ちゃんを横から抱っこ紐に入れることができるんです。 この構造は他では見かけません。 これは、クロス抱っこ紐並みに、抱っこ紐に赤ちゃんを入れやすいかと思います。 多機能抱っこ紐って、使い始めの時は「どうやって我が子を抱っこ紐に入れれば良いのだろう。 」と考えたものです。 「コアラ」であれば、自分に抱っこ紐をセットして、赤ちゃんを抱き上げて横から入れるだけなので簡単。 特に歩き始めは、「歩きたい!」と言ってグズって降りる割には、 すぐに「疲れた、抱っこ。 」と両手をあげるんですよ。 私はを使用していましたが、手で支えなければ行けないし、片側の肩に負担がかかるので、 両肩腰で支えて抱っこできて、気軽に抱っこ紐に入れやすい「コアラ」はうらやましいです。 (クロス抱っこ紐は片手で支える必要があるため、買い物の時など両手フリーにしたいときは不向きでした。 ) 首が座らない時期に横抱きできる! アップリカ公式HP さすがアップリカの抱っこ紐です。 コアラもコランシリーズ同様、首の座らない時期から使用できて、横抱きができます。 コランシリーズはコランハグだけが両肩支えで横抱きができ、その他は片側の肩のみで横抱きします。 片側の肩のみで横抱きすると、すごーく肩に負担がかかります。 () 「コアラ」は、両肩、腰ベルトを利用しつつも横抱きが可能です! コランシリーズと異なるのは、ヘッドサポートの頭の部分がないところ。 コランシリーズは、ヘッドサポートで頭が保護されるのは良かったのですが、 大きい赤ちゃんだと入りきらないという口コミもありました。 「コアラ」であれば、ヘッド部分が覆われていないので、 大きな赤ちゃんで入らないということもなさそうです。 横抱きの安定感も、コランシリーズより安定してそうなのもおすすめポイントです。 あしらくサポート、通気性抜群など 「コアラ」は、「あしらくサポート」で 股幅調節が可能になっています。 これはコランシリーズにはなかった機能です。 赤ちゃんの足は抱っこ紐で抱かれている時にM字になっているのがベストだそうで、 股幅調節機能があると、低月齢からでも赤ちゃんに負担なく使用することができるのでおすすめです。 背中部分が2重になっているので暑そうかな?と思ったのですが、 実際にイオンで実物を見て触ってきましたが、 背中のほとんどが薄手のメッシュになっていました。 これならそこまで暑くはならなさそうです。 また、 「コアラ」は洗濯機で丸洗いできます。 汚れても洗えるのは赤ちゃんが使うものですし良いですね。 長さを調節する紐が収納されているのもおすすめなところです! 抱っこ紐「コアラ」のこうあって欲しかったポイント 抱っこしやすさをおすすめポイントとして作られている「コアラ」ですが、 構造上、 ヘッドサポートがありません。 後付けで取り付けることができるかは不明です。 というか、こういうヘッドサポートをつけてしまったら、 せっかくの「コアラ」の2重構造の抱っこしやすさを失ってしまいます。 結構下の子をおんぶしていて赤ちゃんが寝ちゃって首かっくんになっている子を見るので、 この構造でなんとかヘッドサポートをつけれたら最強の抱っこ紐になるだろうな、と思いました。 サポートハーネスがなく脇ベルト これはコランビギの写真ですが、 サポートハーネスが付いているので、おんぶの時も安心です。 「コアラ」は抱っこしやすい構造上、この サポートハーネスがありません。 その代わり?でしょうか、脇ベルトが付属しています。 抱っこする時に脇ベルトの下に足がきて、脇ベルトの上に腕が来るのが正しい抱っこ方法のようです。 (参照:YouTubeの「アップリカ公式|コアラ 取扱動画 タテ抱っこ) 「コアラ」はおんぶに向いてない? 将来複数人子を産みたいと思うお母さんは、下の子をおんぶする機会が増えると思いますので、 コアラでおんぶで納得できるか店頭などで試しておくことをおすすめします。 どうやら「コアラ」は、ヘッドサポートがつけるのが難しかったり、サポートハーネスではなく脇ベルトだったりするので、 コランシリーズよりはおんぶより向いていないのかもしれません。 思うより赤ちゃんは仰け反るので、おんぶ中心を考えているなら、 コランシリーズやエルゴADAPTなどのヘッドサポート付きの抱っこ紐がおすすめかと思われます。 エルゴADAPTもサポートハーネスではなくベルトなのですが、ヘッドサポートは付いているので。 (>>) 抱っこ紐「コアラ」は抱っこしやすくておすすめ.

次の

【楽天市場】抱っこひも コアラ メッシュプラス AB(1個)【アップリカ(Aprica)】[抱っこ紐 スリング]:NetBabyWorld(ネットベビー)

アップリカ 抱っこ 紐 コアラ

スポンサーリンク 赤ちゃんの正しい抱き方 子育てで抱っこは必須ですね。 たとえば着替えや授乳や移動など 大人の都合で抱っこしなければいけない のはもちろんですが、 抱っこはコミュニケーションをとったり 赤ちゃんの心を育むためにも 積極的に行うほうが良いと考えられています。 (参照: ) 赤ちゃんが子猿さんのように 華奢で小さいときから、 鏡餅のようにモチモチずっしり成長するまで (少なくとも一人で歩き回るようになるまで) 抱っこはとても重要なのです。 先輩ママさんの中にも 「乳児期はいっつも抱っこしてたなぁ」 という声が少なくありません。 だからこそわが子には 快適な抱っこをしてあげたいですね。 というわけで 新生児からおすすめの抱っこの方法を いくつかご紹介します。 wikihow. 腕で頭を支えるので安定感もあります。 さらに授乳もしやすい。 また赤ちゃんと見つめ合えるので お話などコミュニケーションタイムにも 向いています。 小さいお子さんやお年寄りが 座って抱っこするのにもおすすめ。 ですがデメリットは、 赤ちゃんが大きくなってくると 短時間でも腕に負担が掛かりやすくなること。 wikihow. 欧米では「肩抱き」や「引き寄せ抱き」とも呼ばれます。 一番のメリットは密着感が高く 赤ちゃんが安心するということ。 横抱きより重心が高いので 腕の負担はやや軽減されますが、 首がすわらないうちはグラつかないよう 注意しないといけません。 wikihow. ゲップが出なくて苦しんでいる赤ちゃんを ラクにさせてあげる方法です。 また、泣き止まない赤ちゃんを おとなしくさせる効果もあるようです (個人差あり)。 首すわり後はお父さんが、 この抱き方で飛行機遊びをする場合も。 ただし大きくなってくるとかなり辛いです。 nursingthebaby. com 赤ちゃんをラグビーボールのように 小脇に抱える抱っこ。 おもに授乳時にこの抱き方を おこないます。 授乳クッションなどに寝かせると 頭を支えてあげるだけなので、 抱っこする側はラクですし、 赤ちゃんも安定します。 ご覧のように赤ちゃんの抱っこ方法の 正解は一つではありません。 いろいろな方法を試してみて 赤ちゃんのお気に入りの 抱っこを見つけてはいかがでしょうか。 が!! このブログはここでは終わりませんよ。 スポンサーリンク 「どうぞお好きなように~」では このブログが存在している意味がない。 あなたにもう一段踏み込んだ情報を お伝えしなければ・・・。 ちょっと長いですが 大事な話なのでお付き合いください。 もし私が 「赤ちゃんの抱っこってどうやるんですか?」 と聞かれたら上の例のように いろいろな方法を提案すると思います。 ですが 「赤ちゃんにとって一番いい抱っこの方法ってなんですか?」 と聞かれたら真っ先に 縦抱きと答えます。 上の腹抱きやフットボール抱きは 移動中などに行うには合理的ではありません。 日常生活のあらゆる場面で 活用できるのは縦抱きと横抱きです。 というわけで縦抱きと横抱きを比較しつつ 縦抱きを推奨する理由をご説明していきますね。 あかちゃんの理想的な姿勢はM字開脚 正しい抱っこを知るためには まずは赤ちゃんの体について 理解しておかなければなりません。 健康的な赤ちゃんの姿勢は 下の画像のように 両足が均等にM字型 (カエルの足のように)に開いています。 この体勢が赤ちゃんにとって 最も自然で快適なのです。 日本小児整形外科学会「先天性股関節脱臼予防と早期発見の手引き」より 抱っこの理想はM字開脚のコアラ抱っこ だっこにおいてもM字開脚(カエル足)を キープすることが赤ちゃんにとって 理想的だと言われています。 脚が伸びてしまうような抱っこは 場合によっては股関節脱臼を 引き起こす恐れがあるからです。 「先天性股関節脱臼」という病気を 聞いたことがありますか? これは日本の赤ちゃんのうち 1000人に1~3人程度の割合で発症する 股関節の関節が外れてしまう病気です。 kokansetu. 脱臼と聞くととても痛そうですが、 赤ちゃんは大人と違い体が柔らかいので 脱臼しても痛みを感じづらいため 歩き始めるまで見過ごされる場合もあるようです。 こういった事情があり、 日本小児整形外科学会では 「コアラ抱っこ」と名付けたM字開脚抱っこ を推奨しています。 コアラ抱っこの名の通り、 コアラが木の幹にしがみついている体勢が理想です。 コアラ抱っこのポイント• 脚がM字に開いている• 子供を親の体の正面で抱きかかえる 詳しくはをご覧ください。 縦抱きと横抱きの違い 実際、縦抱きと横抱きでは 赤ちゃん体勢にどんな違いがあるのでしょう。 まさに先程の画像のように、 赤ちゃんがコアラのごとく お母さんの体にしがみつく形です。 横抱きはどうでしょう。 赤ちゃんの脚が一直線気味に伸びていますね。 (これは最も一般的な横抱きです) 正しい横抱きをするには、 下の絵のように赤ちゃんの背中が C字のカーブを描くような体勢で 体を包み込むように抱っこしてあげる 必要があります。 それは、お母さんに触れている部分の違いです。 日本小児整形外科学会「先天性股関節脱臼予防と早期発見の手引き」より 縦抱きの場合は 母子が正面で向きあう形で体を密着させるため、 赤ちゃんは 左右の手足を 比較的自由に動かすことが可能です。 いっぽう横抱きの場合は 赤ちゃんの左or右半身が お母さんの体と密着している反面、 反対側は開放感がありますね。 このような場合には 左半身がお母さんに密着している赤ちゃんなら 左の手足の動きは右に比べると制限されますし、 左股関節はつねに内側に向かって 多少の圧が掛かる形になります。 すると、稀にですが 体の左右の運動能力や 筋力に差が生じたり、 股関節脱臼を引き起こすきっかけに なったりする場合があります。 (では 偏った横抱きによる 赤ちゃんの骨盤のゆがみの事例を 紹介なさっています。 ) 理想は左右交互に抱っこして バランスを取ってあげることです。 しかし赤ちゃんが特定の向きを好んだり、 お母さんが利き手の都合などで 左右バランスの取れた抱っこが できないケースは多いのです。 横抱きはメリットない? 縦抱きと横抱きを比較したら 横抱きばかり悪く言ってしまいましたね。 しかし横抱きは悪くありません。 おすすめだっこの一つです。 横抱きは縦抱き以上に お互いの顔に視線が集中するので、 言葉掛けなどにはとても向いているでしょう。 また特に首すわり前の赤ちゃんは 最も簡単に首を支えてあげる事ができます。 横抱き特有の波のような横揺れ(あやし)が 大好きな赤ちゃんも多いです。 もし寝かしつけやふれあいタイムで 赤ちゃんが横抱きを求めるのあれば 躊躇なく横抱きをしてあげたら いいと思います(脚は曲げてあげて)。 ですが、身体的リスクは 未然に防げるのならばそれが一番。 これから出産を控えたお母さんや まだ生後間もない赤ちゃんのお母さんは 横抱きのクセを付けてしまう前に、 縦抱きを積極的に取り入れて 縦抱き好きの赤ちゃんに育てるのが 一番理想的ではないでしょうか。 縦抱きは危ないって本当? 生まれて間もない赤ちゃんを 縦抱きすることに抵抗ある人も いるかもしれません。 とくに祖父母世代(50代オーバー)の 人にとっては常識を覆すものであり 危ないと感じるようです。 そんな人たちの一番の懸念は 「まだ首が座ってない危ないんじゃ?」 ということではないでしょうか。 これについては 頭や筋力の弱い背中をしっかり 支えてあげれば問題ありません。 実は縦抱っこについては、 首をしっかり支えてさえいれば、 危険性は特に立証されていないんです。 なにより日本小児整形外科学会が 唯一推奨している抱っこがコアラ抱っこ ですから説得力がありますよね。 さらに育児先進国である欧米諸国では 新生児から使える縦抱きの抱っこひもが 多数のメーカーから発売されており 世界中にシェアを広げています。 そしてものづくりの国日本においても 抱っこひもは欧米のスタイルを 取り入れて進化してきました。 縦抱きは今や常識とも言えるでしょう。 ベビーウェアリングと縦抱きの親和性 個人的に 縦抱きを推す一番の理由は 赤ちゃんと密着できるという点です。 (密着型の抱っこ)には 縦抱きが一番です。 というか、 縦抱きしか 真の密着抱っこはできません。 ベビーウェアリングは赤ちゃんの心も体も 健康に育てる事ができます。 とくにスキンシップという意味では 他のどの抱っこよりも優れています。 小さい頃を思い出してください。 あなたの胸元で赤ちゃんを ギュッと抱きしめてあげれば そのぬくもりが愛情になって 赤ちゃんに伝わることでしょう。

次の