テディ リネール。 リネール時代の終わり?連勝ストップに日本ではさまざまな反応/柔道

王者リネールが約10年ぶりの敗戦、影浦が大金星

テディ リネール

【ロシア・チェリャビンスク31日発】柔道世界選手権男子100キロ超級で6連覇を達成したロンドン五輪金メダリストのテディ・リネール(25=フランス)が10億円オファーを蹴っていたことが本紙の取材で明らかになった。 世界最大の米国総合格闘技団体「UFC」が2度にわたって交渉を持ちかけたものの、リネールは拒否。 その裏には意外な理由が隠されていた。 決勝で七戸龍(25=九州電力)と対戦したリネールは、終盤、七戸の大内刈りに冷や汗をかかされたものの、ポイントを与えることなく「絶対王者」の牙城を死守した。 世界選手権6連覇は女子48キロ級の谷亮子(旧姓田村)以来の偉業。 国際大会でも2010年世界選手権無差別級決勝で上川大樹(24=京葉ガス)に敗れて以来、55連勝と無敵の強さを証明した。 リオ五輪に向け「七戸は強力なライバルになる」と話す一方で、「金メダルは俺だ」と不敵な笑みを浮かべた。 そんな最強の男は、柔道界以外でも引っ張りダコだ。 リネールは「去年、UFCから10ミリオン(1000万ドル=約10億円)のオファーを受けた。 USドルで、ワンマッチ契約だった。 でも、ボクは断ったんだ」と本紙に明かした。 日本で空前の格闘技ブームを巻き起こしたPRIDE最盛期でも、1試合10億円はありえない数字。 リネールによれば、UFCは2年前に初めて契約を持ちかけ、その時は「4ミリオン(400万ドル=約4億円)」だったという。 1年でファイトマネーが2倍以上にハネ上がったことを考えれば、今回の6連覇で20億円を超えてもおかしくない。 現在、UFCは慢性的なスター不足に直面している。 そこでリネールを獲得し、活性化を図りたかったに違いない。 だが、リネールはどれだけ札束を積まれようと、総合格闘技に転向するつもりはないという。 「だって美しいスポーツじゃないからね。 たくさんケガもするし、子供にも良くないよ。 だいたい、ボクは体に傷がつくのが好きじゃないんだ。 フフフ」 巨万の富を捨ててでも柔道家としての誇り、姿勢を守り、リオ五輪での2大会連続金メダル獲得にバク進するリネール。 あと一歩まで追い詰めた日本勢だが、この男を倒すのは、やはり容易ではなさそうだ。

次の

世界のヤマシタが絶対王者リネールと戦ったなら?

テディ リネール

リネールが敗れるのは、2010年9月の世界柔道・無差別級決勝で上川大樹()に微妙な判定負けを喫したとき以来となる。 リネールはで、柔道では野村忠宏()氏しか成し遂げていない五輪3連覇を目指しているが、大会まで約半年の段階で久しぶりの黒星がついた。 それでも試合後のリネールは、あまり気にした様子を見せず「五輪でこういうことになっていたらショックだっただろう。 ここで起こっておいてまだ良かった」「それにもう一つ言いたいのは、ある意味でホッとしたということだ。 山下(泰裕〈〉)の記録(203連勝)に近づく中で、勝ち星を数えるのは重いことだった」と話した。 山下氏は1977年から1985年の引退まで無敗を続け、1980年のモスクワ五輪は日本が大会をボイコットしたため参加しなかったものの、その間に世界柔道で四つ、また1984年のロサンゼルス五輪で金メダルを獲得した。 また今回敗れはしたものの、世界選手権で10個の金メダルを獲得しているリネールの154連勝は、スポーツ界の偉業の一つに位置づけられる。 他には、陸上男子400メートルハードルの米国のエドウィン・モーゼス()氏が1977年から1987年にかけての10年間で122連勝を達成し、スカッシュ男子ではパキスタンのレジェンド、ジャハーンギール・カーン()氏が1981年から1986年に555連勝を飾った。 ボクシングでも、少なくとも二つの見事な連勝記録が残っており、元ヘビー級王者である米国のロッキー・マルシアーノ()氏が1947年から1955年に49連勝を達成し、無敗のままプロ生活を終えた他、メキシコのフリオ・セサール・チャベス()氏は1993年に引き分けとなるまで87連勝を記録し、3階級制覇を成し遂げた。 c AFP.

次の

柔道のテディ・リネールが最強!経歴がすごい!身長や体重は? ⋆ marble

テディ リネール

テディ・リネール(下)と対戦する影浦心(2020年2月9日撮影)。 【AFP=時事】柔道のグランドスラム・パリ大会(Judo Paris Grand Slam 2020)で、男子100キロ超級の影浦心(Kokoro Kageura)が、王者テディ・リネール(Teddy Riner)に約10年ぶりとなる土をつけ、金星を挙げた。 テディ・リネール(奥)と対戦する影浦心(2020年2月9日撮影)。 30歳のリネールは五輪2大会連続で金メダルを獲得し、世界柔道(World Judo Championships)でも100キロ超級8連覇を達成して国際試合の連勝を154試合に伸ばしていたが、影浦は3回戦でそのリネールから一本勝ちを収め、スポーツ史に残る連勝記録に終止符を打った。 テディ・リネール(左)と対戦する影浦心(2020年2月9日撮影)。 リネールが敗れるのは、2010年9月の世界柔道・無差別級決勝で上川大樹(Daiki Kamikawa)に微妙な判定負けを喫したとき以来となる。 リネールは東京五輪で、柔道では野村忠宏(Tadahiro Nomura)氏しか成し遂げていない五輪3連覇を目指しているが、大会まで約半年の段階で久しぶりの黒星がついた。 テディ・リネール(右)と対戦する影浦心(2020年2月9日撮影)。 それでも試合後のリネールは、あまり気にした様子を見せず「五輪でこういうことになっていたらショックだっただろう。 ここで起こっておいてまだ良かった」「それにもう一つ言いたいのは、ある意味でホッとしたということだ。 山下(泰裕〈Yasuhiro Yamashita〉)の記録(203連勝)に近づく中で、勝ち星を数えるのは重いことだった」と話した。 対戦するテディ・リネール(手前)と影浦心(2020年2月9日撮影)。 山下氏は1977年から1985年の引退まで無敗を続け、1980年のモスクワ五輪は日本が大会をボイコットしたため参加しなかったものの、その間に世界柔道で四つ、また1984年のロサンゼルス五輪で金メダルを獲得した。 テディ・リネール(右)と対戦する影浦心(2020年2月9日撮影)。 また今回敗れはしたものの、世界選手権で10個の金メダルを獲得しているリネールの154連勝は、スポーツ界の偉業の一つに位置づけられる。 テディ・リネール(右)と対戦する影浦心(2020年2月9日撮影)。 他には、陸上男子400メートルハードルの米国のエドウィン・モーゼス(Edwin Corley Moses)氏が1977年から1987年にかけての10年間で122連勝を達成し、スカッシュ男子ではパキスタンのレジェンド、ジャハーンギール・カーン(Jahangir Khan)氏が1981年から1986年に555連勝を飾った。 テディ・リネール(右)と対戦する影浦心(2020年2月9日撮影)。 ボクシングでも、少なくとも二つの見事な連勝記録が残っており、元ヘビー級王者である米国のロッキー・マルシアーノ(Rocky Marciano)氏が1947年から1955年に49連勝を達成し、無敗のままプロ生活を終えた他、メキシコのフリオ・セサール・チャベス(Julio Cesar Chavez)氏は1993年に引き分けとなるまで87連勝を記録し、3階級制覇を成し遂げた。 テディ・リネール(左)と対戦する影浦心(2020年2月9日撮影)。 テディ・リネールを撃破した影浦心(2020年2月9日撮影)。 影浦心に敗れたテディ・リネール(2020年2月9日撮影)。

次の