八戸 市 コロナ 感染。 県内の最新感染動向

八戸コロナ感染者のスペインツアー旅行会社はJTB?青森県立中央病院に入院か?|Mahiyu's blog

八戸 市 コロナ 感染

青森県八戸市で新たに4人の新型コロナウイルス感染を確認|60代~70代の男女 青森県八戸市に住む60代の男女2人と、70代の女性2人の合わせて4人が新型コロナウイルスに感染していることが、新たに確認されました。 青森県内の感染確認者は計6人となりました。 この4人は、3月23日に感染が確認された青森県八戸市の70代会社経営者とともに、3月9日から15日にかけてスペインを旅行していました。 職業は自営業者が2人、無職が2人となっています。 スポンサーリンク 青森県八戸市で新型コロナウイルスへの感染が確認された60代~70代の男女4人の感染経路は? 青森県八戸市で新型コロナウイルスへの感染が確認された60代~70代の男女4人は、上記の通り、下記の日程でスペインに旅行に行っていました。 成田空港到着後は、新幹線で八戸市まで移動しています。 スペインでの新型コロナウイルス感染者数は1万9980人で、 死者は1002人です(3月20日現在)。 日本政府は3月19日にマドリードを入国制限対象地域に指定、 全員に検査を実施していました。 恐らく、スペインで新型コロナウイルスに感染し、帰国後に発症したということでしょう。 スペイン旅行に行って新型コロナウイルスへの感染が確認された60代~70代の男女4人の行動歴は?症状は?濃厚接触者は? 青森県八戸市で新型コロナウイルスへの感染が確認された60代~70代の男女4人の行動歴・症状については、下記の通りです。 3例目 年代:60代 性別:男性 居住地:八戸市 職業:自営業 3月17日(火) D医療機関で検診 3月17日(火)~3月23日(月) 店舗にいたが、接客はしていない 3月25日(水) 環境保険センターでPCR検査の結果、陽性反応 濃厚接触者 家族は妻(患者)、母、妹(別居) その他の濃厚接触者については、八戸市保健所で調査中 4例目 年代:60代 性別:女性 居住地:八戸市 職業:自営業 3月17日(火) D医療機関で検診 3月18日(水) 自宅で過ごす 3月19日(火)~3月23日(月) 店舗にいたが、接客はしていない 3月25日(水) 環境保険センターでPCR検査の結果、陽性反応 濃厚接触者 家族は妻(患者)、母、妹(別居) その他の濃厚接触者については、八戸市保健所で調査中 5例目 年代:70代 性別:女性 居住地:八戸市 職業:無職 3月16日(月) 夜間:熱(37. 4人とも感染症指定医療機関等に入院予定となっています。 4人の家族に肺炎の症状はないそうです。 なお、詳しい行動歴や濃厚接触者については、調査中となっています。 スポンサーリンク スペイン旅行に行って新型コロナウイルスへの感染が確認された60代~70代の男女4人に対するネットの反応 スペイン旅行に行って新型コロナウイルスへの感染が確認された60代~70代の男女4人に対するネットの反応は、下記の通りです。 今月に入ってからヨーロッパ行くとかマジ信じられん。 貧乏人の俺でさえ15日からのヨーロッパ旅行キャンセルしたのに。 検査費用等、自腹で払ってもらうよう請求したら。 八戸市に住む60代の男女2人と、70代の女性2人の合わせて4人が新型コロナウイルスに感染していること… — daiyu daiyu0044 お年寄りの海外旅行が後を絶たないな。 — ヤマイモネコ YamaimoNeko3 何でスペイン旅行なの? 海外からの帰国者が多数感染していますよ。 何故、この時期に感染拡大地に出かけたのでしょうかね。 ご本人は勿論ですが、旅行社とかが安易にプラン販売しているのでしょうかね。 — Y. スペイン旅行に参加した残る5人は陰性だったようです。 スペイン旅行参加者は、帰国後に新幹線などの公共交通機関を利用しているので、感染が広がっている可能性があります。

次の

【新型コロナ】青森県八戸市でスペイン旅行に行って新たに感染が確認された4人は誰?どこに住んでいる?感染経路は?行動歴は?濃厚接触者は?

八戸 市 コロナ 感染

会見内容まとめ(発表内容、行動歴、感染経路) 2020年3月23日、 青森県八戸市在住の方が新たに 新型コロナウイルスへの感染が確認されていたことが発表されました。 青森県八戸市は下記の場所になります。 第一報は下記の通りです。 青森県や八戸市によりますと、八戸市に住む2人が、新型コロナウイルスに感染していることがわかったということです。 青森県内で感染が確認されたのは初めてです。 青森県は23日午後9時から記者会見して発表することにしています。 青森県からの正式発表によると、行動歴は下記の通りです。 やはり欧州旅行でした。 また、感染した2人は夫婦ということが分かりました。 行動歴 夫 3月9日~15日 スペイン旅行 3月16日 月 成田空港到着。 新幹線で八戸市へ移動 3月17日 火 喉に違和感あり 3月18日 水 発熱(37. 感染拡大している可能性はありますね。 また、他県も含め、この期間でスペイン旅行に行かれて感染している方が多いようです。 もしかしたら同じツアーである可能性もありますね。 そうであるとしたら、この時期にツアーを組んでその後のフォローも十分でないツアー会社は批判される可能性もありますね。 妻 3月18日 水 咽頭痛の自覚症状 3月19日 木 発熱(36. C医療機関で受診。 夫とB医療機関を受診 3月23日 月 PCR検査の結果陽性 詳しい行動歴は調査中とのことです。 追加報道がありましたら追記いたします。 コロナ感染した方は誰でどこ住み?会社名は? 感染確認されたについて、発表されている情報は下記の通りです。 性別 男 年齢 70代 国籍 確認中 居住地 青森県八戸市 職業 会社経営 性別 女 年齢 70代 国籍 確認中 居住地 青森県八戸市 職業 無職 追加報道がありましたら追記いたします。 入院している病院はどこ? 感染症指定医療機関 今回の感染確認患者は、 感染症指定医療機関に入院予定とのことです。 青森県の 感染症指定医療機関の内、感染症病床がある医療機関は下記の通りです。 病院名 弘前大学医学部附属病院 八戸市立市民病院 青森県立中央病院 つがる西北五広域連合 つがる総合病院 十和田市立中央病院 むつ総合病院 追加の報道がありましたら追記いたします。 まとめ ここでは、 2020年3月23日、 青森県八戸市在住の方が 新型コロナウイルスに感染したことが判明した件について説明しました。 追加の報道がありましたら追記させていただきます。 以上、この記事が、あなたのお役に立ちましたら幸いです。

次の

新型コロナウイルス感染症について

八戸 市 コロナ 感染

3月23日、青森県八戸市に住む70代夫婦が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。 青森県での新型コロナウイルス感染者の確認は初めてとなります。 男性は発症前に1週間のスペイン旅行をしていたそうです。 また、海外旅行から帰国された方の感染が確認されましたね・・・。 スペインは新型コロナウイルス感染拡大が問題となっているヨーロッパの中でも特に深刻な国。 感染者数は3月22日時点で3600人を超え、死者数は1720人を上回っています。 これはヨーロッパではイタリアの次に危険な国と言えると思います。 そんなところに、旅行に行って感染するのは当たり前だと思うのですが・・・。 本当に自分勝手な行動は控えていただきたいです・・・。 「八戸市コロナ感染の70代夫婦は誰で職場や病院はどこ?行動歴や感染経路は?」と題し詳細を確認していきます。 3月9日~3月15日 スペイン旅行• 3月16日 帰国• 3月17日 のどの違和感や37度程度の発熱、医療機関を受診• 3月23日 新型コロナウイルス陽性 とのこと。 9月16日に成田空港に帰国してからは八戸市まで新幹線で戻ったそうです。 このようなルートでしょうか。 このルートだとすると、 成田空港から、「京成スカイライナー」で日暮里駅を経由して大宮駅へ。 大宮駅から八戸駅まで「東北・北海道新幹線」のはやぶさなどを利用された可能がありそうです。 かなり長い旅程なので、特に新幹線内での感染拡大が心配ですよね。 近くの席であれば、かなり危険なのではないでしょうか。 男性の妻も、男性が症状を訴えた翌日の3月18日んは熱やせきなどの症状が出ていて、感染が確認されたようです。 今回の新型コロナウイルスの感染力を考えると、かなりの確率で家庭内感染が起きると考えた方が良さそうですね。 男性が参加したスペイン旅行のツアーには15人が参加していて、男性の他の方は三八地方の方だそうで、急ぎ調査を進めているようです。 ネットの声でも上がっていましたが、子どもたちが学校休校や卒業式を中止してまでも感染拡大防止をしているのに、なぜ大人たちが旅行をしたり、K1の感染に行ったりしているのでしょうか?? このようなニュースが流れるたびに、「いい加減にしてくれ!」という気持ちが湧いてきてしまいますね。 八戸市に住む70代夫婦は誰でどこ住み?職場は? 今回感染が確認された八戸市に住む70代夫婦について、現時点で判明している情報をまとめます。 名前:不明 年齢:70代 住所:青森県八戸市 職業:会社経営(夫)、無職(妻) 居住地は「青森県八戸市」であることが発表されています。 これ以上の情報は風評被害や個人情報の観点から発表されることはなさそうですね。 八戸市は青森市や弘前市と並び青森県の主要都市のひとつです。 人口も22万人を超えることから、これからの感染拡大が心配ですね。 特に男性が帰国後には、新幹線などの公共交通機関していることから、お心あたりがある方はご自身の体調の変化にご注意いただければと思います。 この男性は会社を経営しており、発症後の出社は社員不在時のみのようです。 また夫婦ともに外出時にはマスクを着用していたとのことです。 八戸市に住む70代夫婦の受診先・入院先の病院はどこ? 今回感染が確認された八戸市に住む70代夫婦の受診した病院や入院先の病院はどこでしょうか? 受診した病院、入院先の病院は現時点ではともに発表されていませんが、初めに受診した病院は一般の病院の可能性がありそうですね。 その場合は、病院内の消毒作業をすると思われますので、病院からホームページなどを通じて発表があるかもしれません。 その場合は、院内感染も心配ですね。 青森県内で初めての感染とのことですので、入院先の病院は感染症指定医療機関の可能性が高そうですね。 青森県内の感染症指定医療機関で、感染症病床を有する医療機関は以下のとおりです。 弘前大学医学部附属病院• 八戸市立市民病院• 青森県立中央病院• つがる西北五広域連合 つがる総合病院• 十和田市立中央病院• むつ総合病院 八戸市内に「八戸市立市民病院」がありますので、こちらの病院である可能性が高そうですね。 ネットの反応 日本全国の子供達が一斉休校してる中、仕事ならまだしも、旅行で中高年がウィルス輸入してくることに憤りを感じます。 — たー tantankawayo 八戸の御夫婦は迂闊だけど、旅行会社が酷いと思う。 現地がヤバくなりつつあるのを知っていただろうに。 先日岡山県で確認された感染者も同日程でスペイン旅行に行っていましたね。 なぜこの時期に危険な地域へ旅行に行くのでしょうか?? 本当に危機感が無さ過ぎてイラっとしてしまいます・・・。 かなり自己中心的な考え方しかできないのかもしれないですね。 また、ネットの声では旅行会社に対する批判の声も多数上がっていましたね。 確かに、利益優先で危険な地域に人を送り込んでいますもんね。 とはいえ、中止にしてしまうと倒産など会社が立ち行かなくなることも事実。 かなり厳しい状況ですね・・・。

次の