尿道 が 痒い。 陰部がかゆい原因とその対処法

尿道が痛い?かゆい?治らない?新しい性病?!マイコプラズマ・ジェニタリウムが原因かも! 今月の特集|STD研究所

尿道 が 痒い

かぶれは、正式には「接触皮膚炎」と呼ばれ、外部からの刺激によって炎症を起こした状態です。 皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3つの層からできており、一番外側の表皮が刺激から体を守るバリアの役割を果たしているのですが、このバリア機能をもってしても防ぎきれない刺激があると、かぶれが起こってしまいます。 原因となる刺激には、皮脂や汗、温熱、乾燥などの他、体質によっては特定の物質に接触することによって起こるアレルギー性のものもあります。 かぶれについて詳しくはを参照してください。 女性の場合、生理中のナプキンやタンポンのヒモなどによる接触や経血による蒸れなどがかぶれの原因になります。 男性の場合は、衣服による蒸れや、性行為のときに使用するコンドームが合わずアレルギーを起こすことなどが原因として考えられます。 「性感染症(STD)」を含む感染症もデリケートゾーンにかゆみを起こす原因になります。 性感染症とは、性的な接触によって感染する病気のことです。 粘膜は皮膚と違ってバリア機能が弱いため、感染症を起こす細菌やウイルス、真菌(カビ)などが入り込みやすい部位です。 またこれらの病原体にとって、高温多湿になりやすく、えさとなる皮脂や汚れがたまりやすいデリケートゾーンは、繁殖するのにうってつけの環境です。 そのため、デリケートゾーンが性行為などで感染者の粘膜と接触したりすると、感染症にかかるリスクが高くなるのです。 デリケートゾーンが菌などに感染する経路は性行為に限りません。 カンジダのように常在菌として体内に潜んでいる場合や、白癬菌のように公共の浴場などでもうつる場合があります。 デリケートゾーンにかゆみを引き起こす感染症には、次のようなものがあります。 性器ヘルペス 「単純ヘルペス」というウイルスによる感染症です。 一度感染すると腰部付近の神経の中で生き続け、免疫力が低下したときなどに再発します。 男女ともに、強い痛みが出たり、水泡、潰瘍(ただれ)ができます。 性器クラミジア 「クラミジア・トラコマティス」という細菌による感染症です。 日本では最も多い性感染症といわれています。 感染すると、男性では尿道炎や精巣上体炎、女性では子宮頸管炎などを起こし、不妊の原因にもなります。 膣トリコモナス症 「膣トリコモナス」という原虫(単細胞の微生物)による感染症です。 男性では無症状であることが多いのですが、女性では悪臭のあるおりものの増加や激しいかゆみが起こります。 性行為をしなくても、タオル、シーツなどを介してうつることがまれにあります。 性器カンジダ症 「カンジダ」という真菌(カビ)による感染症です。 カンジダは健康な人でも男女ともに体内にもともと常在菌として持っていることの多い菌です。 感染経路は性行為に限らずさまざまで、いつ感染したかわからない場合がほとんどです。 感染しても必ず発症するわけではなく、免疫力が低下したときなどに菌が増殖して発症します。 男性では症状が出ることが少ないのですが、女性はヨーグルト状のおりものの増加やかゆみが起こります。 いんきんたむし 「白癬菌」という真菌(カビ)による感染症です。 10代後半から20代の男性に多く、強いかゆみが起こります。 性行為をしなくても、感染した人の皮膚から剥がれ落ちた角質に触れるだけでもうつることもあります。 ペットの毛に感染する種類の白癬菌もおり、感染したペットを抱いたりすると、触れた部分の皮膚にうつりかゆみをともなう湿疹ができることがあります。 白癬菌についてはを参照してください。 毛ジラミ症 「毛ジラミ」という吸血昆虫が陰毛に寄生して起こる感染症です。 感染すると、男女ともに強いかゆみが起こります。 性行為をしなくても、タオルやシーツなどを介してうつることがあります。 かゆみを起こす主な感染症.

次の

【恥】ペニスがかゆい時の治し方をまとめてみた

尿道 が 痒い

最近になって何だかペニスが痛いと感じるようになって、もしかして病気にでも掛かったのかとか、このままずっとペニスに痛みがあり続けたら…と、不安になっていますよね。 そんな不安を感じているあなたに向けて、今日は、ペニスに痛みが出る具体的な症状6つとその原因と最善な対処方法をお伝えしていますので、よくお読みになって少しでもその不安を減らしてください。 ここでは、その原因2つと対処方法1つをお伝えしています。 1-1. 痛くなる原因=2つの尿道炎 ペニスの先端ということは、つまり尿道の先端が痛いということですよね。 その痛みの原因は大きく分けて2つあります。 雑菌性尿道炎 1つ目は、単純な接触による細かい傷からくる尿道炎です。 通常、傷は尿道の中や奥のほうにはできませんので、ペニスの先端が痛いということは、尿道炎の可能性が最も高いでしょう。 性病性尿道炎 2つ目は、細菌やウイルスなどで尿道炎になっていることがあります。 つまり性病に掛かっている可能性があります。 この場合は、ペニスの先端から徐々にペニス根元方向に痛みが移動してきます。 1-2. それは泌尿器科で診察を受けることです。 傷による尿道炎の場合は、痛みやかゆみがあっても我慢していれば自然に治ることもありますが、もしかしたら性病の可能性もあるので、泌尿器科で診察を受けることが最善の対処方法ではないでしょうか。 この項目では、その原因2つと対処方法2つをお伝えしています。 2-1. 痛くなる原因=毛包炎orヘルパス 毛包炎 陰毛の根元に赤いニキビができている場合は、毛包炎に掛かっている可能性があります。 毛包炎とは、毛根部に細菌が入り込んで、ニキビのようなデキモノができる症状のことです。 ヘルパス 一方、ペニス包皮部分に赤いニキビができている場合は、ヘルパスという性病に掛かっている可能性が非常に高いです。 ヘルパスとは、カビによってペニス亀頭付近の皮膚に炎症を起こす性病のことです。 平成18年をピークにヘルパス感染者が減少傾向にありましたが、平成23年以降は若者の間で再び増加傾向に転じている性病です。 2-2. 最善の対処方法=2通りある 自然治癒 毛包炎でペニスに痛みを感じている場合は、ペニスを清潔にして陰毛部分を掻いたりせず、普通に生活していれば自然に治ることが多いようです。 泌尿器科または性病科に行く しかしヘルパスでペニスに痛みを感じている場合は、自然に治ることはほとんどありませんので、泌尿器科や性病科で治療を受けることが最善の対処方法になります。 下記サイトでお近くの泌尿器科や性病科を探して、早めに診察を受けることをおすすめいたします。 ここでは、包皮が腫れて痛くなる原因2つとその対処方法1つをお伝えしています。 3-1. 痛くなる原因=2つの亀頭包皮炎 細菌性亀頭包皮炎 主な原因は、激しいオナニーや入浴時に洗いすぎることなどで、ペニス包皮部分に小さな傷ができて、そこから外部の細菌が侵入して細菌性亀頭包皮炎になり、腫れて痛みが出ていると思われます。 カンジタ性亀頭包皮炎 その他に考えられる原因としては、カンジタ性亀頭包皮炎があります。 カンジタ菌とは、元々誰の体内にも存在している菌なのですが、何らかの理由で身体の耐性が落ちている時にペニスの皮の腫れなどを発症させます。 3-2. 最善の対処方法=泌尿器科または性病科に行く 単なる包皮や亀頭の炎症ですが、痛みも出ていますし、そのまま放置していると、陰茎癌になってしまうこともあります。 悪化すると最悪切開手術ということにもなりかねません。 そのため両者ともに泌尿器科または性病科に行かれることが最善の対処方法といえます。 この項目では、その原因と対策についてお伝えしています。 4-1. 痛くなる原因=過敏な亀頭 ペニスの亀頭が常に包皮で覆われているため非常に過敏になっており、亀頭と包皮の剥がれや亀頭が空気に触れただけでもヒリヒリと痛みを感じてしまうからです。 ちなみに、正常なペニスは包皮が剥けていて亀頭が常に露出していますので、刺激に慣れており痛みを感じることはありません。 4-2. 最善の対処方法=包茎手術 常に亀頭を露出させて空気やパンツなどの刺激で慣れさせるしかありません。 つまり亀頭が包皮で覆われている包茎を治すことに限ります。 その具体的な方法には、自力で包茎を治せる方法などもありますが、確実に早く包茎を治すには、はやり包茎手術を受けることが最善の対処方法といえます。 しかし、手術となるといろいろな不安があると思いますので、包茎手術の詳細を「」でお伝えしていますので、その不安を払拭してください。 この項目では、その原因と対処方法についてお伝えしています。 ちなみに痛みを伴わない場合は梅毒の初期症状の可能性があります。 詳しくは、 をご覧ください。 5-1. 痛くなる原因=ペロニー病 ペロニー病とは、日本語で「陰茎硬化症」といいます。 「硬くなる」といっても、勃起時のような硬くなるとは異なり、陰茎の一部だけが硬くなる症状のことです。 症状が進むと、まずは勃起時に筋肉痛のような痛みを感じるようになり、次第に痛みでセックスや勃起ができなくなります。 さらに症状が進むと、ペニスが「く」の字に変形してきて、最悪の場合は、手足まで「く」の字に変形します。 5-2. 治療期間は約1年間のようですね。 さらに詳しいペロニー病の症状や原因、治療については、 で解説されています。 ここでは、そんなペニスの血管に痛みが感じる原因と対処方法をお伝えしています。 6-1. 痛くなる原因=陰茎硬化性リンパ管炎 陰茎硬化性リンパ管炎とは、簡単に言えばペニスの血管の腫れのことです。 あまり痛みを伴う症状ではないのですが、個人の感覚差によって痛みを感じる人もいるようです。 陰茎硬化性リンパ管炎の原因は医学的には不明なのですが、性行為やオナニーのし過ぎが原因とも言われています。 6-2. しかし、陰茎硬化性リンパ管炎と併発が多い尿道炎や前立腺炎の症状がある場合は、それぞれに合った治療方法を受けるべきでしょう。 まとめ 今日は、ペニスに痛みが出る具体的な症状6つとその原因と最善な対処方法をお伝えしましたが、少しは不安が軽減されましたでしょうか。 ペニスが痛いと感じた際の最悪の対処方法は、そのまま放置しておくことです。 男性自身に関することなので、恥ずかしい気持ちは同じ男性として十分理解できます。 しかし、そのままにしておくと、取り返しの付かないことになる可能性もありますので、極力早めに、この記事内容を参考にして対処しましょう。

次の

ちんこがかゆい!ちんこの皮がかゆい!!これって性病!?【症状別】

尿道 が 痒い

は尿道炎でよくみられる原因です。 の原因菌である淋菌 Neisseria gonorrhoeaeなど、性行為によって感染する微生物が、感染したパートナーとの性交によって尿道に感染することがあります。 クラミジア Chlamydiaや単純ヘルペスウイルスも性行為で感染することが多く、尿道炎の原因になりえます( )。 男性の尿道炎の多くは淋菌によるものです。 この細菌は女性の尿道に感染することもありますが、腟、子宮頸部、子宮体部、卵巣および卵管への感染の方が比較的多くみられます。 顕微鏡でしか見ることのできない微小な寄生虫であるトリコモナス Trichomonasも、男性に尿道炎を起こします。 また、尿道炎以外の尿路感染症を引き起こすことの多い細菌(大腸菌 Escherichia coliなど)によって尿道炎が引き起こされることもあります。 症状 治療法は感染の原因によって異なります。 しかし、尿道炎の原因菌が特定されるまでには数日間を要します。 そのため通常は、最も一般的な原因菌を対象とする抗菌薬で治療を開始します。 性的に活動的な男性患者に対する治療では、通常、淋菌感染症に対するセフトリアキソンの注射に加え、クラミジアに対するアジスロマイシンの経口投与またはドキシサイクリンの経口投与を行います。 女性患者の場合は、の場合と同じように治療されます。 単純ヘルペスウイルスの感染症には、アシクロビルなどの抗ウイルス薬の使用が必要になることがあります。 原因として性感染症が疑われる場合は、患者のセックスパートナーも治療のため評価する必要があります。 尿道炎と診断された男性は、およびについても検査を受けるべきです。 , Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の