ジャック チャーチル。 『切り裂きジャック』の犯人はヴィクトリア女王とウィンストン・チャーチルの父親 ※国家ぐるみの隠蔽殺人 : 真実倉庫 世界

チャーチルの名言・格言集。危機のリーダーの言葉

ジャック チャーチル

ジョン・マルコム・ソープ・フレミング・チャーチル(John Malcolm Thorpe Fleming Churchill、 - )はの。 最終階級は。 すでに一部では個人携行兵器としてもが普及しつつあったにおいて、やおよびで武装し戦果を挙げたことで知られる。 愛称は マッド・ジャック(Mad Jack)、 ファイティング・ジャック(Fighting Jack)。 信念は 「たる者、剣を持たずして戦場に赴くべきではない」。 来歴 初期 、の(統治下の、あるいはセイロン植民地()との文献もあり)に生まれる。 公務員だった父の転勤に伴い香港、英国を転々としながらとに熱中。 にバグパイプ演奏の技術を見込まれ監督の映画『』に出演。 にを卒業した後、 マンチェスター連隊 ()に配属されで軍務に就く。 無線技術の習得のため、までの長距離を通勤し、移動手段のオートバイに凝るようになる。 に退役し、ので編集者として勤務。 その一方でモデルや俳優としても働き、には監督の映画『』に出演した。 またこの間もバグパイプとアーチェリーの活動にも力を注ぎ、「オールダーショット軍楽隊行進」のバグパイプ競技会で2位に入賞、度のアーチェリー世界大会にはイギリス代表として出場している。 第二次世界大戦 上陸訓練において剣を片手に先導する��ャック(写真右端の人物) 、にはじまるの開戦にともない軍務に復帰する。 5月、彼の所属する部隊がドイツ軍と戦闘に及んだ際、ジャックは攻撃開始の合図としてでを放ち、敵の下士官を倒した。 これにより彼は第二次大戦中に弓で敵を殺傷した記録上唯一のイギリス軍人となった。 に参加した後、に志願する。 当時彼はコマンドの意味するところを知らなかったが、危険な任務に就くことは理解しており、そこに興味を惹かれての行動であった。 12月27日に行われたノルウェーのドイツ軍に対する奇襲攻撃(アーチェリー作戦)にコマンド部隊の一員として参加。 上陸に際しを奏でた後、を投げて攻撃に移った。 彼の突飛な行動にもかかわらず作戦は成功し、この功によってを授けられた。 7月、指揮官としてコマンド部隊を率いてのへ侵攻した際、ジャックの腰にはもはや代名詞となっていた刀()が下げられ、背中にはロングボウと矢が、手にはバグパイプがあった。 での戦闘では42名のを捕ることに成功。 帰路においては手押し車に負傷兵を収容し、捕虜のドイツ兵にこれを引かせることで運んだ。 彼いわくこの行動は「当時のやり方にならったもの」であった。 にはの戦線において地元のを率いる(のちのユーゴスラヴィア大統領)と共闘した。 同年5月、を攻撃する命令を受けた彼は1500人のパルチザンと40余名のコマンドを率いて奇襲攻撃を展開。 上陸後にドイツ軍の激しい砲撃にさらされたため、パルチザンは攻撃を中止し撤退したが、ジャックはバグパイプでもって指揮下のコマンド部隊に戦闘継続を指示した。 しかし、友軍のから機銃掃射を受けたため、方針を転換し、翌朝に再攻撃を仕掛けることにした。 翌朝の攻撃にもパルチザンは参加しなかったため、ジャックは40名のコマンドのみで敵の側面に向かって突撃した。 激しい戦闘の末、攻撃目標に到達できたのはジャックを除いて6名のみであった。 敵のによる攻撃で味方が次々と倒れる中、ジャックはバグパイプでスコットランドの"Will Ye No Come Back Again? "を奏で続けたが、ついには敵の手榴弾により吹き飛ばされ意識を失い、捕虜となった。 隊長であった彼の身柄は尋問のためにに運ばれた。 収容された捕虜収容所において、ジャックは2度に渡り脱走を企てた。 1度目は廃棄された用水路を通って脱出するというもので、収容所からを目指すも、海岸まであと数キロメートルのところで発見されて失敗。 2度目の脱走はで、によって移送されていたところ、捕虜の保護命令を受けたヴィヒャルト・フォン・アルフェンスレーベンの部隊に包囲され、親衛隊が逃亡。 解放されたジャックはを目指して徒歩で移動し、途中に保護された。 イギリスの軍務に復帰したジャックは大日本帝国軍との戦線であったビルマ戦線に転属となったが、彼がインドに着くころにとにが投下され、1945年8月15日、大日本帝国は無条件降伏した。 終戦の事実を知った彼は不愉快そうに「忌々しいアメ公が余計なことをしなければあと10年は戦争ができたのに」とつぶやいたという。 ハダサー医療従事者虐殺事件 空挺兵の資格を取り、スコットランドのシーフォース・ハイランダーズに転籍。 パレスチナに配属となる。 そしてパレスチナの英国委任統治が終わる直前の、が発生。 非武装のユダヤ人医師、看護婦、教授、講演者たちからなる一行が10台の車両に分乗してハダサー病院へ向かう途中、地雷によって立ち往生させられたところを、アラブ人テロリストに襲撃される。 12名の部下と共に真っ先に救援へ駆けつけたジャックは、イギリス軍からの不介入命令を無視してバスに乗り込むとによる脱出を提案し、乗員らが救援が来るまでの待機を希望したため、アラブ人テロリストへと反撃を開始した。 バスには6、7時間にわたって射撃が浴びせられて、うち2台が炎上して乗員79人のうち77人が死亡し、他にも20名の負傷者を出した。 最終的にはイギリス軍の介入によって事態は収束し、ジャックは事件後にハダサー病院から700名に及ぶユダヤ人医師、学生、患者の避難を行った。 後にこの事件についてジャックは「約150人の反乱軍が、や古い銃から現代のやまで、さまざまな武器で武装していて、アメリカン・コロニーの敷地内にあるサボテン畑の後ろに隠れていた」「私は外に出て彼らに立ち向かった」「約250人のライフル兵が敷地の端にいて輸送隊を撃っていた。 私は彼らに、このような卑劣な目的のためにアメリカンコロニーの敷地を使用しないように懇願した」と語っている。 その後ジャックの献身と奮闘、その名誉を讃えて、ハダサー病院に通じる通りはチャーチル大通りと名付けられた。 戦後 には旧友である監督の依頼を受け、映画『』に弓兵役として出演。 その後オーストラリアで空挺兵の教官を務めていた際にに凝り、軍の事務員として英国に帰国した後はにおいて巨大なを乗りこなした最初の人物となった。 また通勤時には列車の窓から自宅の裏庭へと鞄を投げ込むのが日課となり、乗客たちを驚かせた。 テムズ川でラジコンの軍艦を操縦して遊ぶことも好んだという。 に退役。 にで生涯を終えた。 、ノルウェー王立冒険クラブより「史上最も優れた冒険家の一人」の称号を与えられる。 by Robert Barr Smith, July 2005• Parker, John 2000. Commandos: The inside story of Britain's most elite fighting force. London: Bounty Books. Kirchner, Paul 2009. More of the Deadliest Men Who Ever Lived. Paladin Press. Sachsenhausen Concentration Camp. World News. 2012年7月30日閲覧。

次の

【面白画像】イケメン率高!大物政治家たちの若かりし頃

ジャック チャーチル

ジョン・マルコム・ソープ・フレミング・チャーチル(John Malcolm Thorpe Fleming Churchill、 - )はの。 最終階級は。 すでに一部では個人携行兵器としてもが普及しつつあったにおいて、やおよびで武装し戦果を挙げたことで知られる。 愛称は マッド・ジャック(Mad Jack)、 ファイティング・ジャック(Fighting Jack)。 信念は 「たる者、剣を持たずして戦場に赴くべきではない」。 来歴 初期 、の(統治下の、あるいはセイロン植民地()との文献もあり)に生まれる。 公務員だった父の転勤に伴い香港、英国を転々としながらとに熱中。 にバグパイプ演奏の技術を見込まれ監督の映画『』に出演。 にを卒業した後、 マンチェスター連隊 ()に配属されで軍務に就く。 無線技術の習得のため、までの長距離を通勤し、移動手段のオートバイに凝るようになる。 に退役し、ので編集者として勤務。 その一方でモデルや俳優としても働き、には監督の映画『』に出演した。 またこの間もバグパイプとアーチェリーの活動にも力を注ぎ、「オールダーショット軍楽隊行進」のバグパイプ競技会で2位に入賞、度のアーチェリー世界大会にはイギリス代表として出場している。 第二次世界大戦 上陸訓練において剣を片手に先導する��ャック(写真右端の人物) 、にはじまるの開戦にともない軍務に復帰する。 5月、彼の所属する部隊がドイツ軍と戦闘に及んだ際、ジャックは攻撃開始の合図としてでを放ち、敵の下士官を倒した。 これにより彼は第二次大戦中に弓で敵を殺傷した記録上唯一のイギリス軍人となった。 に参加した後、に志願する。 当時彼はコマンドの意味するところを知らなかったが、危険な任務に就くことは理解しており、そこに興味を惹かれての行動であった。 12月27日に行われたノルウェーのドイツ軍に対する奇襲攻撃(アーチェリー作戦)にコマンド部隊の一員として参加。 上陸に際しを奏でた後、を投げて攻撃に移った。 彼の突飛な行動にもかかわらず作戦は成功し、この功によってを授けられた。 7月、指揮官としてコマンド部隊を率いてのへ侵攻した際、ジャックの腰にはもはや代名詞となっていた刀()が下げられ、背中にはロングボウと矢が、手にはバグパイプがあった。 での戦闘では42名のを捕ることに成功。 帰路においては手押し車に負傷兵を収容し、捕虜のドイツ兵にこれを引かせることで運んだ。 彼いわくこの行動は「当時のやり方にならったもの」であった。 にはの戦線において地元のを率いる(のちのユーゴスラヴィア大統領)と共闘した。 同年5月、を攻撃する命令を受けた彼は1500人のパルチザンと40余名のコマンドを率いて奇襲攻撃を展開。 上陸後にドイツ軍の激しい砲撃にさらされたため、パルチザンは攻撃を中止し撤退したが、ジャックはバグパイプでもって指揮下のコマンド部隊に戦闘継続を指示した。 しかし、友軍のから機銃掃射を受けたため、方針を転換し、翌朝に再攻撃を仕掛けることにした。 翌朝の攻撃にもパルチザンは参加しなかったため、ジャックは40名のコマンドのみで敵の側面に向かって突撃した。 激しい戦闘の末、攻撃目標に到達できたのはジャックを除いて6名のみであった。 敵のによる攻撃で味方が次々と倒れる中、ジャックはバグパイプでスコットランドの"Will Ye No Come Back Again? "を奏で続けたが、ついには敵の手榴弾により吹き飛ばされ意識を失い、捕虜となった。 隊長であった彼の身柄は尋問のためにに運ばれた。 収容された捕虜収容所において、ジャックは2度に渡り脱走を企てた。 1度目は廃棄された用水路を通って脱出するというもので、収容所からを目指すも、海岸まであと数キロメートルのところで発見されて失敗。 2度目の脱走はで、によって移送されていたところ、捕虜の保護命令を受けたヴィヒャルト・フォン・アルフェンスレーベンの部隊に包囲され、親衛隊が逃亡。 解放されたジャックはを目指して徒歩で移動し、途中に保護された。 イギリスの軍務に復帰したジャックは大日本帝国軍との戦線であったビルマ戦線に転属となったが、彼がインドに着くころにとにが投下され、1945年8月15日、大日本帝国は無条件降伏した。 終戦の事実を知った彼は不愉快そうに「忌々しいアメ公が余計なことをしなければあと10年は戦争ができたのに」とつぶやいたという。 ハダサー医療従事者虐殺事件 空挺兵の資格を取り、スコットランドのシーフォース・ハイランダーズに転籍。 パレスチナに配属となる。 そしてパレスチナの英国委任統治が終わる直前の、が発生。 非武装のユダヤ人医師、看護婦、教授、講演者たちからなる一行が10台の車両に分乗してハダサー病院へ向かう途中、地雷によって立ち往生させられたところを、アラブ人テロリストに襲撃される。 12名の部下と共に真っ先に救援へ駆けつけたジャックは、イギリス軍からの不介入命令を無視してバスに乗り込むとによる脱出を提案し、乗員らが救援が来るまでの待機を希望したため、アラブ人テロリストへと反撃を開始した。 バスには6、7時間にわたって射撃が浴びせられて、うち2台が炎上して乗員79人のうち77人が死亡し、他にも20名の負傷者を出した。 最終的にはイギリス軍の介入によって事態は収束し、ジャックは事件後にハダサー病院から700名に及ぶユダヤ人医師、学生、患者の避難を行った。 後にこの事件についてジャックは「約150人の反乱軍が、や古い銃から現代のやまで、さまざまな武器で武装していて、アメリカン・コロニーの敷地内にあるサボテン畑の後ろに隠れていた」「私は外に出て彼らに立ち向かった」「約250人のライフル兵が敷地の端にいて輸送隊を撃っていた。 私は彼らに、このような卑劣な目的のためにアメリカンコロニーの敷地を使用しないように懇願した」と語っている。 その後ジャックの献身と奮闘、その名誉を讃えて、ハダサー病院に通じる通りはチャーチル大通りと名付けられた。 戦後 には旧友である監督の依頼を受け、映画『』に弓兵役として出演。 その後オーストラリアで空挺兵の教官を務めていた際にに凝り、軍の事務員として英国に帰国した後はにおいて巨大なを乗りこなした最初の人物となった。 また通勤時には列車の窓から自宅の裏庭へと鞄を投げ込むのが日課となり、乗客たちを驚かせた。 テムズ川でラジコンの軍艦を操縦して遊ぶことも好んだという。 に退役。 にで生涯を終えた。 、ノルウェー王立冒険クラブより「史上最も優れた冒険家の一人」の称号を与えられる。 by Robert Barr Smith, July 2005• Parker, John 2000. Commandos: The inside story of Britain's most elite fighting force. London: Bounty Books. Kirchner, Paul 2009. More of the Deadliest Men Who Ever Lived. Paladin Press. Sachsenhausen Concentration Camp. World News. 2012年7月30日閲覧。

次の

ジャック・チャーチル

ジャック チャーチル

海外の大物政治家の若かかりし頃の写真をご紹介します。 その当時すでに政治家を目指していた人や、全く想像していなかった人。 写真を見ると何となくどちらかわかります。 意外にも若い頃イケメンだった人が多いのでびっくりです。 元イタリア首相 シルヴィオ・ベルスコーニ 若い頃から目立ちがり屋だったんですね。 まだ20代の頃でしょうか。 結構イケメンでしたね。 元イギリス首相 ウィンストン・チャーチル チャーチルが軽騎兵連隊に入隊した21歳の時の写真です。 意外にもめちゃハンサムでしたね。 人間の顔って変わるもんですね。 二人とも面影がけっこうありますね。 元キューバ国家元首 フィデル・カストロ 結構変わりましたね。 大学生の頃から政治活動に参加していたので、すでに政治家っぽい顔をしています。 現アメリカ大統領 バラク・オバマ(2014年現在) 以前、オバマ大統領のジーパン姿がダサいと米国民に大不評になった事がありますが、この写真はなかなかおしゃれでちょっとちゃらい感じがしませんか? 元南アフリカ大統領 ネルソン・マンデラ 若い頃の写真は目がちょっと怖いです。 収監される前でしょうか。 元ベネズエラ大統領 ウゴ・チャベス 痩せていましたね。 まだ士官になりたての頃でしょうか。 現ドイツ首相 アンゲラ・メルケル(2014年現在) 元々は科学者でした。 成績もかなり優秀だったようですね。 元祖リケジョ? 元アメリカ大統領 ジョージ・W. ブッシュ(ジュニア) 彼は大統領時代、絵本の「おさるのジョージ」に似ているといわれていましたが、結構若い時はイケてましたね。 元フランス大統領 ジャック・シラク 彼は政治学院を卒業しているので、若い頃から政治関連の仕事を目指していたのですが、この写真はブルーカラーの青年に見えませんか?裕福な家の出身なんですが。 元イギリス首相 マーガレット・サッチャー 双子の子どもを産んだばかりの頃だからおそらく20代後半の頃です。 結構美人ですね。 元フランス大統領 二コラ・サルコジ デモに参加している様子だと思いますが、めちゃくちゃおしゃれです!パリ生まれのパリ育ちだからでしょうか?ミュージシャンみたいですね。 via:.

次の