グリンピース 保存。 【グリーンピースゆで方ガイド】プリッと仕上げるプロの技。保存法&レシピも

グリンピースの保存方法!冷凍で便利に使いやすく!

グリンピース 保存

1ヶ月以内なら美味しく食べられます グリンピースの冷蔵保存と保存可能期間 さやつきのままビニール袋に入れて、冷蔵庫で3日が限度です。 3日間のうちに使わない時には、軽く茹でて冷凍保存をおすすめします。 食べる時は調理直前にさやから実を取り出すのがポイントです。 グリンピースの常温保存 鮮度が落ちやすいので、常温での保存はおすすめできません。 色が変色してしまうと、食べられなくなることもあります。 当たり前ではありますが、美味しいグリーンピースを見つけた際にはその日のうちに美味しく調理して召し上がることをおすすめ致します。 グリンピースの選び方 グリンピースの旬 グリーンピースの旬は初夏まで 5~6月 !この旬な時期に食べると、香りもよく、甘味もあってご飯と一緒に炊いたりするとすごく相性がよく、美味しいです! そんなグリンピースは皮付きと皮なしの2種類で売っていることが多いと思いますが皮付きを選んでください! グリンピースはさやから取り出して時間が経つと風味が低下してしまったり、実がかたくなったりしますのでさや付きをオススメします。 さやの色が新鮮な黄緑~緑色のものを選ぶと良いです。 実が入ってピンとハリのあるさやを選ぶ、触った時に隙間なくしっかり実が入っているか、大きいか、ハリがあるかを見ると、美味しいグリーンピースにあたります。 また、表面の色が変色していないものを選びましょう。 さやにシミがあったり、黒ずみ、または、割れているなどの場合はできるだけやめましょう! 皮を向くのは調理前に! 皮を剥くとすぐに乾いてしまうので調理前に剥くことをオススメします。 購入後すぐに塩茹でするときれいな色を保つことができます。 グリーンピースの解凍方法と調理例 さやからとってまめだけを冷凍します。 なるべく隙間なく袋やラップに包んで、できるかぎり空気を抜いて冷凍しましょう。 青々しいぷりぷりグリンピースは、食卓を彩ること間違いなしですね!! グリンピースはサラダにいれても炒め物にしてもおいしいです。 塩味のグリンピースごはん、ほんのり緑色のポタージュスープにもなります。 さやのまま焼くグリンピースのグリルもお酒のおつまみにピッタリです。 グリーンピースレシピ(作り置き以外) 材料 グリンピース さや付き 200g 塩 適量 オリーブオイル 適量 作り方 フライパンに、さや付きのグリンピースを重ならないように並べて、ふたをして火にかけます。 弱火~中火で、香ばしいまめの匂いにを感じたら、ふたをとりひっくり返し、軽く焼きます。 少し焦げ目がついていることが、ポイントです。 焼いたグリンピースをお皿に盛り付け、オリーブオイルと塩をふりかけたら、完成です!! シンプルだけど、ホクホクのグリンピースになり、 まめ本来の甘みを楽しめますよ〜。 わたしの大好きなグリンピースごはんのレシピはこちらです。 5分茹でます。 好みのかたさにしてください。 そのままザルにあけず、冷めるのを待ちます。 2 お米は洗って、2の冷めたゆで汁を200ml入れ、足りない分の水を入れます。 昆布と塩を入れたら、炊飯ボタンをポチッと押してください。 この時のポイントは、2のグリーンピースをゆで汁に付けたままにしておくことです。 3 ご飯が炊き上がったら、昆布を取り出します。 そこにザルにあけたグリーンピースを混ぜ合わせます。 まめを潰さないように優しく混ぜてくださいね。 これで完成です! 塩味のご飯がおいしい!!まるでグリーンピースが真珠のようにピカピカ光って見えますよ~。 春のごちそうです!ぜひ食べてください!! 献立例 グリンピースごはんを炊いた時の献立を考えてみました。 グリンピースごはんは塩味のあっさり主食、こってりとしたおかずに合わせるのはどうでしょう。 主食 グリンピースごはん 汁物 ニラ玉のお味噌汁 主菜 豚肉のしょうが焼き(たっぷりキャベツの千切りと) 副菜 菜の花のおひたし デザート いちご こんな献立はいかがでしょう。 お味噌汁のにらも春の野菜です。 そして春キャベツの千切り。 菜の花も春の葉物野菜。 しょうが焼きの玉ねぎは新玉ねぎを使うのはどうでしょう。 少し緑が強めの献立なので、キャベツの横にはトマトも忘れずに(笑) 春がたっぷり入った献立です。 参考にしてみてくださいね。 関東では絹さや関西ではさやえんどうと呼ばれてます。 絹さや、グリンピース、えんどう豆は収穫段階で名称が変わります。 早い段階で収穫すると絹さや中の豆が未熟な状態で収穫するとグリンピース中の豆が熟した状態をえんどう豆といいます。 シュウマイの上のグリーンピース そう言えば最近、シュウマイの上にグリンピースって見かけないですよね。 わたしは、凍食品のシュウマイにグリーンピースが乗っている印象があります。 そこにはケーキの上のいちごのようなに楽しんでほしいと願いをこめた、開発者の思いがあるんだそうですよ。 でも、人気がなくなってしまったのか、、、ほとんど見かけなくなりました、、、.

次の

グリンピースの保存方法!冷凍で便利に使いやすく!

グリンピース 保存

美味しいグリンピースの見分け方 美味しいグリンピースの時期と見分け方とは? 美味しい旬 グリンピースの旬は5月から6月です。 新鮮なグリンピースは 鞘にふっくらとした膨らみや丸みがあり、豆がしっかりと入っている物が良いでしょう。 グリンピースを新鮮に保つ保存方法 グリンピースを生のままで冷蔵庫に入れておいても、2、3日しか持ちません。 どうしたら長持ちさせられるのでしょう? 冷蔵 鞘に入ったままのグリンピースを乾燥しないように フリーザーバック等に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。 鞘から取り出してしまったものは、豆が乾燥しないようにタッパーやボールに水と一緒に入れて保存して下さい。 賞味期間は2、3日です。 冷凍 色よく保存したい時は 鞘ごと冷凍します。 生のままジップロックに入れなるべく空気を抜き、ジッパーをしっかり閉めて冷凍保存します。 鞘から出して 豆のみで保存する場合も同じです。 鞘付き、豆のみどちらの場合も解凍せず凍ったまま調理します。 鞘付きの場合は、室温に少し置いておくと簡単に豆が取り出せます。 茹でたグリンピース 茹でたグリンピースは、 ゆで汁のままタッパーやボールに入れて、冷蔵保存します。 冷凍保存の場合は、グリンピースを固めに茹でて、ゆで汁に入れたまま冷まし、水気を切ってからフリーザーバックに平らに入れて、空気を抜いて冷蔵保存して下さい。 乾燥 生のグリンピースを鞘付、豆だけをザル等に平らにして並べます。 これを天日干しで、カラカラになるまで干します。 干したグリンピースは、瓶に乾燥剤と一緒に入れて常温で保存するか、ジップロックに入れて冷蔵保存します。 使用する時は一晩水で戻してから調理して下さい。 賞味期限は一年くらいです。 スポンサードリンク グリンピースの美味しい茹で方 グリンピースを茹でてお湯からすぐ出すと、皺が出来てあまり見た目が良くありません。 グリンピースは茹でて、 素手で触れるくらいまで鍋ごとグリンピースを冷やします。 そうすることで、グリンピースに皺が出来なくなります。 まとめ グリンピースは、乾燥して保存もすることが出来ます。 長期保存がしたいなら乾燥が良いでしょう。 check スポンサードリンク.

次の

グリンピースの保存方法!冷凍保存もできる?賞味期限は?|健康♡料理♡美容♡恋愛

グリンピース 保存

グリンピースの保存方法を知っていれば美味しい料理を楽しめます。 グリンピースは、中央アジア原産のマメ科エンドウ属の野菜エンドウの未熟種子です。 グリンピースが野菜エンドウの未熟の種子だとは知らない人も多いのではないでしょうか。 グリンピースは、アオエンドウやミエンドウとも呼ばれています。 グリンピースの旬は晩春から初夏になります。 グリンピースの多くは缶詰と冷凍品に加工されています。 リョクトウ(緑豆)はグリンピースに似ていますが別の植物になります。 緑色の色彩が鮮やかなグリンピースは、炊き込みご飯・サラダ・和え物・炒め物・料理のアクセントに使われています。 グリンピースの栄養成分は、 ・タンパク質・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6 ・葉酸・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・ビタミンC・ビタミンE ・ビタミンK・ナトリウム・カリウム・マグネシウム・カルシウム・マンガン ・リン・鉄・亜鉛・モリブデン・食物繊維などになります。 ビタミンB1の含有量は野菜類の中ではトップクラスとされています。 ビタミンB1が不足すると、食欲不振・肩こり・めまい・動悸・下肢のしびれ・イライラ・疲れやすくなるなどの症状がでます。 ビタミンB1豊富なグリンピースは栄養不足の予防・改善に役立ちますね。 ビタミンCは100g当たり19mg含まれています。 次に、グリンピースの常温・冷蔵・冷凍などの保存方法の紹介をします。 グリンピースの上手な保存方法 グリンピースには栄養成分が豊富に含まれています。 上手な保存方法を知れば美味しい料理を楽しみながら栄養成分を摂取できます。 ビタミン類・ミネラル類が豊富に含まれているグリンピースには、食物繊維も豊富に含まれています。 グリンピースに含まれている食物繊維の大部分は不溶性食物繊維です。 不溶性食物繊維は大腸の蠕動運動を促して便秘の予防・改善につながります。 グリンピースの上手な保存方法を知って健康美人つくりに役立てませんか。 グリンピースはサヤから出すとスグに鮮度が落ちるので、保存する時には冷蔵保存をおススメします。 グリンピースの冷蔵保存 グリンピースの保存方法では冷蔵保存をおススメします。 サヤに入った生のグリンピースは乾燥しないようにジップ付き袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。 サヤから取り出したグリンピースはスグに調理するか、水を入れたタッパーやボールに浸して冷蔵保存します。 冷蔵保存した場合の保存期間(賞味期限)の目安は2~3日程度です。 茹でたグリンピースの保存方法 茹でたグリンピースの保存方法には冷蔵保存と冷凍保存があります。 茹で汁のままタッパーやボール入れて冷蔵保存してください。 保存期間(賞味期限)は、2~3日程度になります。 茹でたグリンピースを長期保存するなら冷凍保存になります。 冷凍保存で長期保存したいときには、グリンピースを固めに茹でます。 茹で汁に入れたまま冷ました後に水気を切ります。 フリーザーバッグに平らに入れてから空気を抜いて冷凍保存します。

次の