ヘイト が たまる。 「ヘイトを溜める」ってどういう意味ですか? エッチな意味ですか?

田崎史郎は風俗店が「届出制」であることを知らないのか! 感情論をテレビで撒き散らすのは筋違い 特定業種へのヘイトを止めろ――!(2020年4月14日)|BIGLOBEニュース

ヘイト が たまる

ヘイトスピーチとは?蔓延する言葉の暴力 ヘイトスピーチとは、『特定の国の出身者であること、もしくは子孫であることを理由に、 日本から追い出そうとしたり危害を加えようとしたりする言動』のことです。 ヘイトは英語で「憎しみ」を指し、憎しみを述べることを「ヘイトスピーチ」と呼びます。 なお、「スピーチ」と言いますが、物を投げたり無視したりするなどの行為もヘイトスピーチに含まれます。 また、ヘイトスピーチというと、特定の国の出身者を憎む人々が集まってデモをおこなう行為をイメージする方も多いかもしれませんが、かならずしも「デモ」のように大々的におこなうとは限りません。 街中で外国人に対して「外国人だから」という理由で差別的な言葉を投げかけたり、インターネットなどの掲示板で特定の国の人々をおとしめるような発言をおこなったりすることも含まれます。 ヘイトスピーチの形態 国籍や人種、民族などを理由として、差別を助長するような言動は、すべてヘイトスピーチです。 国籍や人種、民族が異なる人々に身体的な危害を加えなくても、以下のような事柄はすべてヘイトスピーチで、決して許されることではありません。 <ヘイトスピーチに含まれるもの>• 国籍や人種、民族が異なることを理由に精神的な危害を加えること• 名誉を傷つけること• 名誉を傷つけること• 経済的に被害を及ぼすこと、あるいは、被害を及ぼすことをほのめかすこと• 国籍や人種、民族が異なる人を差別するようにうながすこと なお、日本で起こるヘイトスピーチは大きく3つの形態に分けられます。 <ヘイトスピーチの3つの形態>• 特定の国や民族、人種の方を一律に排斥する言動。 例:「日本から出ていけ」など• 特定の国や民族、人種の方に危害を与える言動。 例:「皆殺しにしろ」など• 特定の国や民族、人種の方を差別的な名前で呼ぶこと。 例:「ウジ虫」など いずれにしても、ヘイトスピーチは人権を無視し、相手の心を傷つける行為です。 ヘイトスピーチをしないのは当然のこととして、ヘイトスピーチを許さない社会をつくっていく必要があるのです。 ヘイトスピーチの日本国内で起きている状況 日本において、特定の国や民族について悪意のある言葉を投げかける行為は、昔からありました。 しかし、「ヘイトスピーチ」として問題になったのは、2009年12月4日に京都市で起こった「京都朝鮮第一初級学校襲撃事件」といわれています。 在日朝鮮人を排斥する思想を持つ団体が在日朝鮮人の通う学校に押しかけ、拡声器を使って学校や児童に暴言を浴びせたのです。 この事件以降、特定の国や民族、人種の人々を排斥する行為や街頭宣伝を「ヘイトスピーチ」と呼ぶようになりました。 なお、京都朝鮮第一初級学校襲撃事件に関しては、名誉棄損罪や威力業務妨害罪が適用され、関わった人々の有罪判決が出ています。 また、行為の悪質性から約1,200万円の損害賠償も命じられています。 ヘイトスピーチの事例 残念ながら、日本では何度も特定の国や民族に対するヘイトスピーチがおこなわれてきました。 2012年以降は1日1回以上のペースで、全国のさまざまな場所でヘイトスピーチがおこなわれているとされています。 ヘイトスピーチの主な事例と関連法の施行は、以下の通りです。 事例 2009年12月 京都朝鮮第一初級学校襲撃事件 2010年1月 京都朝鮮第一初級学校襲撃事件を起こした団体が街宣活動をおこなう 2010年3月 再度、同じ団体が街宣活動をおこなう 2011年1月 奈良県の水平社博物館前で街宣活動がおこなわれる 2013年以降 東京・新大久保や大阪・鶴橋など在日朝鮮人が多く居住する地域での街宣活動がシリーズ化するようになる 2014年12月 最高裁で京都朝鮮第一初級学校襲撃事件に有罪判決がくだる 2016年1月 大阪市でヘイトスピーチ対処条例が成立。 同年7月に条例全体が施行 2016年6月 国会でヘイトスピーチ解消法が施行 ヘイトスピーチの背景と影響 ヘイトスピーチは、特定の国や民族、人種の方に対する強い憎しみから生まれる言動です。 では、なぜ特定のバックグラウンドを持つ人に強い憎しみを持つのでしょうか。 個人に対する憎しみは、相手から直接イヤなことをされたり言われたりした経験から生まれることが多いです。 もちろん、相手の言動を誤解して憎しみを持つことも考えられますが、たいていは何か個人的な経験から生まれています。 一方、特定の集団に対する憎しみは、個人別のケースに比べれば、実際の経験から生まれることは少数派です。 特定の人から嫌がらせを受けたとしても、「嫌がらせをしてきた相手を憎む」のが基本であり、「相手のバックグラウンド」や「相手のバックグラウンドに所属する人々全体」を憎もうとすることは、規模が拡大して労力がかかるからです。 たいていは「偏見」や「噂」といった実態のないものから生まれ、「みんなも嫌っているから」「知っている人に誘われたから」などの理由でヘイト行為に発展します。 つまり、ヘイトスピーチは、噂や偏見から生じた「集団へのいじめ行為」なのです。 偏見から憎しみへ、憎しみから暴力へ きっかけはちょっとした偏見なのかもしれません。 しかし、偏見を持ったまま生活をしていると、偏見がいつの間にか「事実」のように思え、偏見の対象を憎む行為が「正義」のように感じられるようになります。 間違った認識や情報を「正義」と思い込むようになると、ヘイトスピーチをおこなうことが「みんなの平和のため」と信じるようになります。 集団で相手を威圧することに対して罪悪感を覚えないどころか、暴力行為や虐殺行為へとエスカレートすることもあるでしょう。 ヘイトスピーチを規制する法律はあるの? ヘイトスピーチを規制する法律は、20016年6月に「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律(ヘイトスピーチ解消法)」として施行されました。 ヘイトスピーチはあってはならないものと定義され、すべての差別的な言動に対して適切に処置をおこなうことを定めています。 また、法施行するだけではなく、ヘイトスピーチに関する相談窓口を設け、人々から偏見をなくすための教育活動にも力を入れています。 自治体の規制に対する対応 さまざまな自治体でも、ヘイトスピーチを解消するための活動や条例制定に取り組んでいます。 たとえば京都府では、すべての人が尊厳を持って生きていけるための啓発活動を積極的におこなっています。 外国やマイノリティの人々の文化を尊重すること、そして、自分と違うからといって差別をするのは間違っているということを、教育活動を通して広めています。 ヘイトスピーチに関する世界の動き さまざまな人種の人々が住むヨーロッパでは、ヘイトスピーチを取り締まる法律を制定している国もあります。 「表現の自由」を盾にヘイトスピーチを続ける人もいますが、他者を一方的に傷つける行為は「表現の自由」の使い方として間違っています。 憎しみを押し付ける行為は単なる暴力行為であるという認識が、世界共通のものとして広まりつつあると言えるでしょう。 「表現の自由」については、こちらの記事が参考になります。 【】 ヘイトスピーチについて理解を深めて加害者・被害者にならない 「わたしはヘイトスピーチをしたことがない」という方も、本当に何の偏見も持っていないのか自問自答してみましょう。 自分とは違う習慣や様子を見て、眉をひそめたり、差別的な言葉を使ったりしてはいないでしょうか。 日本が世界に誇れる立法国家であり続けるためにも、一人ひとりが差別のない社会をつくっていきましょう。

次の

ヘイトスピーチの意味とは?日本での具体例や対策法を学ぶ本を紹介!

ヘイト が たまる

最近のニュース 今日の(2016年12月25日)の西日本新聞に、重いけど大事な記事があった。 今年は新たにヘイトスピーチ(憎悪表現)対策法、部落差別解消推進法、障害者差別解消法が施行された。 今年は、人種的な憎悪である「ヘイト」についてのいろいろな動きがあった。 ここに書いてある「ヘイトスピーチ対策法」の成立は、その象徴のようなできごと。 来年以降も、日本でのヘイトやヘイトスピーチの話題がクローズアップされることは間違いないだろう。 ということで、この記事のタイトルにあるように、ヘイトというものをちょいと見つめ直してみようじゃありませんか。 名古屋駅で見かけた法務省の啓発ポスター さっきも書いたけど、ヘイトスピーチについての今年の大きな動きは、ヘイトスピーチ対策法が成立したこと。 民族差別などを街頭であおるヘイトスピーチの対策法(ヘイトスピーチ解消法)案が、5月24日の衆院本会議で、自民、民進などの賛成多数で可決、成立した。 「不当な差別的言動は許されないことを宣言」し、人権教育や啓発活動を通じて解消に取り組むと定めた理念法で、罰則はない。 差別的言動の解消に向け、国や地域社会が、教育や啓発広報、相談窓口の設置など「地域の実情に応じた施策を講ずる」よう定めている。 「ヘイトスピーチ」とは片仮名で書いてあるように、もともとは外国の言葉でこんな意味になる。 特に、公の場で、特定の人種・民族・宗教・性別・職業・身分に属する個人や集団に対してする、極端な悪口や中傷のこと。 デジタル大辞泉の解説 このヘイトスピーチ対策法は、ヘイトスピーチ解消法と書かれることもあるけれど、本当の名称はもっと長い。 法務省のホームページに、その正式名称が書いてある。 「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」 ここでよ~く見てほしいのは、「本邦外出身者に対する」という部分。 「本邦」とは日本のことだから、この法律は日本人は「対象外」となる。 最近の東京新聞で、下のような記事(12月18日)があった。 ここに、ヘイトスピーチで辛い思いをしている人たちのことが書かれている。 この記事のなかで、在日三世の人が「人の憎悪が自分たちに向く恐怖」について語り、このような願いを口にしている。 「私たちは静かに共生していきたいだけ」 日本国内でヘイトに苦しむ外国人がいれば、海外にはヘイト(憎悪)で苦しむ日本人がいる。 日本人として、ヘイトに苦しむ日本人がいることは知っておいてもいい。 2016年12月15日には、「レコードチャイナ」にこんな記事があった。 日本人民間団体「オーストラリア・ジャパン・コミュニティー・ネットワーク(AJCN)」は14日(現地時間)、豪州のABC放送とのインタビューで、「人種的な憎悪と分裂を助長する少女像を撤去するよう求める陳情書を提出した」と明らかにし、「私たちがこのような活動をするのは政治のためではなく、地域の親たちが心配しているため」と説明した。 ここにある少女像とは、日本でいう「慰安婦像」のこと。 この像の設置は、オーストラリアの人種差別禁止法に触れるという。 「人種差別禁止法18C条項は人種や肌の色、国や民族を理由に他人に不快な思いをさせたり、羞恥心を抱かせたり、侮辱的・脅威的な表現を使うことを禁止している」と説明。 その上で、「少女像は地域社会に害を与え、結果的に侮辱行為と人種的憎悪を誘発する」と訴えている。 海外で慰安婦像によって苦しんでいる日本人がいるのは、オーストラリアだけではない。 アメリカにも同じ問題がある。 ユネスコ(国連教育科学文化機関)でも「ホロコースト」と申請され、海外には慰安婦性奴隷像が建ち、カナダや米国では戦争残虐行為として授業で教える学校もあります。 (中略) そして現在、何が起こっているか。 以下は、米国の学校に子供たちを通わせている日本人、日系人からの報告です。 《日本人は韓国人にひどいことをしたのだからと、学校で「謝れコール」が起こり、子供が泣いて謝るまでコールが続いた》 《クラスメートから「テロリスト」「強姦魔」呼ばわりされ、唾をかけられたりして一時ショックでひきこもりになった》 《バスケットで得点したときのお祝いのハイタッチで、日本人の子供の時だけ手を引っ込める韓国人の子供がいる》 今自分が日本にいるとしても、いつか海外に行くことになるかわからない。 そういう意味でも、海外での「日本人に対するヘイト」についてもっと注目していいと思う。 先ほど、東京新聞にあった在日三世の人の気持ちを書いた。 「人の憎悪が自分たちに向く恐怖」という感じていて、「私たちは静かに共生していきたいだけ」と願っている。 このことにつていは、アメリカやオーストラリアに住む日本人もまったく同じであるはず。 ところが、この慰安婦像の設置という「ヘイト行為」に対する韓国人の反応は、記事のタイトルにあるとおり。 「どんな教育を受けて育ったんだ」や「私の知っている日本人ではない」、さらには「日本人には良心がない」といったもの。 この韓国人の言う「私の知っている日本人ではない」とは、一体どこにいるどんな日本人のことなのか? よくわからん。 まあ、それはいいや。 ここに登場する韓国人たちには、ヘイトに苦しむ人たちに寄り添おうとする姿勢がないようだ。 それがとても残念。 でもこれは、一部の韓国人のことだろう。 すべての韓国人が、こんな考えを支持しているわけではない。 と、願っている。 日本でヘイトスピーチに苦しむ在日外国人の人たちが、アメリカやオーストラリアでヘイトに苦しむ日本人と手を結むというのはどうだろう? ともにヘイトをなくすための活動をすればいいと思うのだけど、それはムリなのだろうか? 同じくヘイトに苦しんでいる者同士で、「私たちは静かに共生していきたいだけ」という共通の願いを持っている。 だから、協力すれば互いにとって心強い存在になるような気がする。 それに、在日外国人の人たちが「慰安婦像はヘイトだ」という日本人と手を組めば、日本でヘイトスピーチをおこなっている人間は、「海外で慰安婦像を立てている人間と同じことをしている」ということを示すことになる。 このことは、日本でヘイトスピーチをしている人間にとって大きなダメージになるだろう。 日本でのヘイトスピーチをなくすためにも、海外でヘイトに苦しむ日本人と共に活動をしたらいい。 ところで、「苦しむ市民に寄り添って」という東京新聞は、ヘイトに苦しむアメリカやオーストラリアの日本人の心に寄り添っているのだろうか? 先ほどの記事は、こう結ばれている。 差別や憎悪に苦しむ市民が目の前にいる行政だからこそ、できることがあるはず。 市の対応が注目される。 (小形佳奈) では、東京新聞の対応にも注目していこう。 慰安婦像というヘイトに苦しむ海外の日本人へは、どのような態度をとるのだろうか? 「自分たちは常に注目する側にいる人間であって、注目される側にはなりたくない」 なんてことは言わないはず。 おまけ 2016年12月22日の韓国の新聞で、大阪の寿司屋で「韓国人に出す寿司のわさびが多かった」ということが書いてある。 そのことを「テロ」と表現している。 「当時、大阪市のある寿司屋でわさび『テロ』に遭ったという主張が出る」と書いてあるという。 テロ? こういう表現に違和感を覚えてしまう。 日本の新聞やテレビでは、靖国神社で韓国人が爆発物をしかけて実際に爆発させた事件でも、「テロ」という表現は使わなかった。 なんで、ワサビの大盛りは「テロ」になって、靖国神社の事件は「爆発音事件」なのか? どのようは言葉を使うかは、その人の選択基準にもとづいている。 その選択基準は、その人の思想から生まれている。 その思想とヘイトとは、大きく結びついていると思う。 良かったら、こちらの記事もどうぞ。

次の

ヘイトスピーチ解消法の施行から2年 問題点をみつめ、新たな法律を (龍谷大学教授 金 尚均) 季刊『社会運動』2018年10月【432号】特集:ヘイトスピーチは止められる差別のない社会をつくろう 市民セクター政策機構

ヘイト が たまる

Sponsored Link FPSゲームをプレイしたり、FPS系のゲーム配信などを見ていると 「ヘイトをかった」「ヘイトが集まっている」といった言葉を耳にすることが増えてきました。 フォートナイトをプレイするので、フォートナイトの動画配信をよく見るのですが、これらの中でも「ヘイト」という言葉はよく使われるようになってきています。 「ヘイト」とは、『をひどく嫌う』といった意味で、日本語では『憎悪』や『反感』と訳されます。 ゲームに限って言うと、• ヘイトをかう• ヘイトが集まる• ヘイトが溜まる• ヘイトを稼ぐ• ヘイトを下げる といった使い方をします。 ということで、この記事では ゲーム用語としての「ヘイト」という言葉について、深掘りしていきたいと思います。 FPS系のゲームでも「ヘイト」という言葉がよく使われるようになりましたね。 フォートナイトの配信とか見ていると、よく耳にします。 「ヘイト」とは?! Fake Dictionary, definition of the word hate. MMORPGなどでは、 敵キャラクターがプレイヤー(自分や味方)に対する攻撃優先度をヘイトの値によって決めます。 (敵キャラはヘイトの値が高いプレイヤーに対して優先的に攻撃をするように設定) ゲーム上では数値として表示されないのが一般的で、ヘイトがどういった行動で溜まるのかはゲームによって異なります。 一般的には、「攻撃する」「魔法を唱える」「回復する」といった行動でヘイト値は蓄積されていくようにプログラムされています。 MMORPGでは、HPや防御力の高いプレイヤーにヘイトを集めるなど、戦略的なヘイトコントロールを行ったりします。 FPSゲーム視点での「ヘイト」 もともとはMMORPGで使われていた「ヘイト」という言葉ですが、 最近ではFPS人気により、『フォートナイト』『PUBG』といったバトルロワイヤル系のゲームでも使われるようになってきています。 MMORPGとは異なり、 敵プレイヤーにちょっかいを出したり(攻撃したり)、敵プレイヤーを多く倒すなど活躍しているプレイヤーがヘイトを集めやすくなっています。 FPS系のゲームでも、• ヘイトをかう• ヘイトを集める といった使い方をします。 ゲーム用語として、その他のヘイトの使われ方 ゲーム用語としては、 「キャラヘイト」「ヘイト創作」といった派生用語もあります。 どちらも 比較的ネガティブなニュアンスで使われることが多い言葉です。 キャラヘイトとは、自分の嫌いなキャラクターを二次創作などで悲惨な目にあわせることを指します。 ヘイト創作とは、原作への不満を解消するために負の感情を元に創作された二次創作作品のことを指します。 人気作品や注目されやすいキャラクターほどヘイト創作されやすい傾向にあります。 ヘイトとは、• 嫌悪 といった意味で、 英語では「hate」と書きます。 英語の語源は「悲しみ」からきています。 をひどく嫌う• …が大嫌いである• …することを嫌う、 のような使い方もします。 関連する言葉としては、「ヘイトスピーチ(ヘイト発言)」「ヘイト本」などがあります。 ヘイトスピーチという言葉は、昨今ニュース記事などで見かけるようになった人も多いと思います。 マインドマップで「ヘイト」をまとめてみました。 最近『iThought(アイソート)』というマインドマップアプリで、記事の下書きをしています。 下書きのマインドマップを付録として添付しますので、気になる人はぜひご覧ください。 (無断転載・無断転用は不可とさせていただきます。 利用したい方はTwitterなどでご連絡ください) 出所:SMATU. net iThoughtを使って作った、「ヘイト」を理解するためのマインドマップ。 SourceNote• WISDOM2(iOSアプリ):ヘイト(hate)• 大辞林(iOSアプリ):ヘイト•

次の