ユーチューバー 収入。 新型コロナで収益激減のユーチューバー続出…ヒカルは年収10億円、ラファエルは5億円

YouTuberで月収10万を稼ぐには?動画再生回数と月収の目安を解説

ユーチューバー 収入

小学生がなりたい職業ランキングで3位に輝いた「 ユーチューバー」ですが、その魅力の一つに「 収入」が挙げられています。 年齢に関係なく、ヒットすればけた違いの収入を実現できるので、夢がある職業として子供から注目されているんですね。 そんなユーチューバーですが、どうやって収入を得られているのでしょうか? ここでは、 ユーチューバーの収入事情や年収、稼ぐ4つのコツについて紹介していきます。 1.日本で人気のユーチューバーの「収入」を大公開! ユーチューバーは、世間から認められれば年齢に関係なく莫大な収入を得ることができます。 大人が参加しているイメージがありますが、子供をメインにしておもちゃや遊びを紹介するチャンネルも人気があるんですね。 スポンサーリンク 年齢関係なく活躍しているユーチューバーですが、 どれぐらいの収入があるのでしょうか? 以下に、人気ユーチューバーのチャンネル別収入(年収)を、紹介していきますね。 1位:Fischers-フィッシャーズ…年収10億3000万円• 2位:キッズライン…年収9億7000万円• 3位:HikakinTV…年収8億2000万円• 4位:はじめしゃちょー(hajime)…年収7億3000万円• 5位:ヒカル(Hikaru …年収7億円• 6位:プリンセス姫スイートTV Princess Hime Suite TV…年収6億円• 7位:HikakinGames…年収3億円• 8位:東海オンエア…年収2億8000万円• 10位:SeikinTV…年収2億円 総合1位はヒカキンさんで、 年収は13億円を超えるとの計算もあります。 このように、日本のトップユーチューバーの収入は、芸能人よりも多くかなりの金額であると分かるでしょう。 2.ユーチューバーが収入を獲得できる仕組みを徹底解説 ユーチューバーは、一般企業に勤める会社員のように毎月決まった給料が発生する訳ではありません。 一般的なユーチューバーは、YouTubeに設けられている「 パートナープログラム」に参加します。 ここに参加することで広告を動画に入れられるので、再生回数などに応じて報酬が発生するのです。 スポンサーリンク これがユーチューバーの収入の基本となりますから、再生回数をいかに多く伸ばせるかが重要と言えるでしょう。 また、ユーチューバーとしての知名度が上がると、「 企業タイアップ」が発生し、再生回数とは別に報酬を獲得できます。 企業からタイアップの話を持ち掛けられ、事前に決められた報酬を得られるので広告収入とプラスできるためかなりの金額になるんですね。 ユーチューバーは、「広告収入」「企業タイアップ」の2つの柱が収入源になります。 2.ユーチューバーの「収入単価」が決まる仕組み ユーチューバーは、「 広告収入」で成り立っているようなものです。 そのため、これから始めようと考えている人は、「収入単価」がどれぐらいなのか知りたいですよね? 1再生あたり、0.1円とよく言われていますが、実はコレ特に根拠はないガセネタです。 というのも、収入単価に関する具体的な報酬を公開するのは、「 契約違反」にあたります。 違反したくないので、誰も実際の収入単価について具体的には明かしていません。 そのため、憶測やデマが広がりユーチューバーになろうとしている人が、混乱しているのです。 収入単価は常に一定という訳ではなく、 時期や季節などによって単価は大きく変わってきます。 こういった複雑な事情が絡むので、正確な収入単価が出回らないとも言われています。 3.ユーチューバーが「稼ぎやすくなった」と言われる驚きの理由とは? ネット上でよく指摘されている、1再生あたり0.1円は、根拠がありません。 人気ユーチューバーとなれば、1再生あたり0.3円になったりするので本当にばらつきがあります。 しかし2018年現在、「 1再生=〇〇円」という計算方法ではなく、まったく新しい要素が追加されました。 スポンサーリンク それは、「 サブスクリプション収入」というもの。 これは、「再生回数のみではなく、動画の視聴時間に基づき報酬が支払われる」というシステム。 再生回数だけじゃなく、視聴時間も考慮に入れながら収入が決定します。 再生回数が多くても、再生時間が短ければ需要のない動画だとシステムが認識するんですね。 そのため、総合的な収入は下がってしまうので、単純に再生回数を上げれば良いというものではありません。 逆をいえば、再生回数がそこまで多くなくても、視聴時間が長ければ収入を得やすいので、初心者には嬉しいところ。 再生時間を増やすには魅力的な動画を制作し、最初から最後まで視聴してもらう必要があるでしょう。 4.ユーチューバーで収入を増やす「4つのコツ」を大公開! ユーチューバーを仕事にしようと考えるなら、ある程度のまとまった収入が必要になります。 動画投稿だけで稼げれば、それはとても魅力的ですし、「好きなことで生きていく」を実証できているのでやりがいも感じるでしょう。 しかし、生活できるまで安定して稼げているユーチューバーは、ほんの一握りです。 では、ユーチューバーとして 収入を増やすには、どうすれば良いのでしょうか? 効果的だと言われている、収入を増やすコツを以下から紹介しますね。 チャンネルを登録してもらえれば、アップロードした動画を見つけやすくなるので視聴回数が増えます。 ファンになってくれる人が増えれば、その人が使っているSNSで動画を紹介してくれるかもしれません。 そうすれば、より多くの人に動画やチャンネルの存在を知ってくれます。 そのため、ファンを獲得するためにも、まずはチャンネル登録者数を増やすようにしましょう。 ここで重要になるのは、視聴してもらいやすい、つまり 興味を持たれやすいジャンルに絞って動画を作るという点です。 自分の得意分野があり、それを動画に取り入れたとしても、興味を持たれにくいジャンルだったらどうでしょうか? 恐らくは限られた人しか視聴してくれないので、これでは収入は増やせません。 多くの人が興味を持ちやすいジャンルは、いくつか決まっています。 「ゲーム実況」「大食いチャレンジ」「やってみた系」「おもしろ動画」 こうしたジャンルは、幅広い世代から支持されているので、視聴回数を増やせる可能性が高いです。 飽きさせてしまうと、違うユーザーの動画を視聴するようになり、こちらまで見てもらえなくなるでしょう。 飽きさせない方法の一つは、「 短い間隔」で動画をアップロードすることです。 動画は、撮影準備、撮影、編集などいくつものステップを踏まなければいけません。 1本の動画を作るのはとても大変で、短い間隔でアップロードは難しいと感じるでしょう。 しかし、人気ユーチューバーの多くは、短い間隔で動画をアップロードしていると感じませんか? 収入を増やすためには、地道な努力が欠かせません。 そうしなければ収入を増やすことは無理ですし、ましてや生活を送るのは到底不可能です。 ある程度の人気が出てくれば、ファンがSNSなどで勝手に動画の宣伝をしてくれるようになります。 しかし、そこまでたどり着くまでは自分で動画を積極的に「 アピール」しなければいけません。 自身でブログやSNSのアカウントを開設し、フォロワーを増やして動画の宣伝を行っていきます。 結果がすぐに見える訳ではありませんが、こうした努力は重要です。 まとめ ここでは、 ユーチューバーの収入事情や年収、稼ぐ4つのコツについて紹介していきました。 ユーチューバーで収入を得るには、「パートナーシップ」に登録をしなければいけません。 最近は、1再生数だけじゃなく、動画の視聴時間も報酬を左右するようになりました。 知名度が高まってきているので、報酬制度の見直しをGoogleが検討する機会は増えてくるでしょう。 それでも、今後もユーチューバーの人気は高まってくると予想されているので、収入面の情報は把握しておきたいですね。

次の

ユーチューバーの収入源12個を徹底解説!現役ユーチューバーが教えるYouTubeで収入を得る方法

ユーチューバー 収入

YouTuber ユーチューバー とはYouTubeに独自で撮影した動画公開して広告収入を収入源として活動している人達です。 ソニー生命保険株式会社が独自で中高生に調査した「将来のなりたい職業ランキング」ではYouTuberが中学生で3位。 高校生では10位に入ってました。 これは芸能人にCMに出てもらうのと同じようなイメージですね。 現在では芸能人でなくても、YouTube、Instagram、Twitterで人気のある人がファンに対して商品の紹介をする。 というのが出来るようになってきました。 もちろん宣伝になりますので企業からお金を頂いて実際に使用し宣伝をする。 といった流れになってきます。 今回は中高生に人気のあるYouTuberがどの様に収入を得ているのかご紹介します。 基本的には広告収入 YouTubeで広告収入を得るには1つのボーダーラインがあります。 再生回数が10,000回以上ではないと広告収入を得られないようになっているのです。 この条件がクリア出来ていないとYouTubeパートナー・プログラムを組むことができません。 パートナー・プログラムを組むことで自分の動画にGoogleアドセンス広告を表示させることができるようになります。 YouTuberが収入を得るためには• 動画に表示される広告をクリックされたとき 広告がクリックされたときに動画を出している人に対してお金が入るようになっています。 広告の単価は日々変動しているのでその時々によって価格が変わってきます。 動画の再生回数が多ければ多いほど広告が表示される人が増えるので、その分クリックされる可能性が高くなります。 なので、YouTuberからすれば動画が沢山再生される、というのが肝になってきます。 ざっくりな計算方法 またざっくりになりますがどの位の収入を得られるのか計算する方法が色々な所で紹介されています。 1円 視聴時間によって変わる この計算で大まかな計算が出来るようです。 ただ、日々変動しているので目安ということになりますね。 また「ソーシャルブレイド」というサイトで調べることができます。 これもあくまでも目安になるので話半分で見ておくようにしましょう。 芸能人でいう芸能事務所のような感じですね。 プロダクションは企業から依頼を受けてYouTuberに宣伝してもらうのをマッチング。 YouTuberが活動しやすいように機材の提供、動画の素材 音楽など サポート。 イベント などYouTuberのサポートをしている企業になります。 いくつかの企業をご紹介します。 カテゴリー• 736• 114• 544• 1,667• 118• 524• 458• 549• 176• 198•

次の

新型コロナで収益激減のユーチューバー続出…ヒカルは年収10億円、ラファエルは5億円

ユーチューバー 収入

スポンサードリンク ユーチューバーの収入は嘘!? 【仕組み(どこから),計算方法(再生回数),平均年収,海外(世界)ランキング,激減,税金】 皆さんは「 YouTuberのお金事情」について気になった方かと思います。 遊んでいるように見えるけど、蓋を開けてみると サラリーマンの数倍〜数十倍もの収入を得ているここ最近のユーチューバー。 「実際はそんな稼いでいないだろう、嘘なんじゃないか」と思う人もいるようですが 実は嘘ではなく全て事実なんですね。 サラリーマンの方からするとバカバカしく感じる話かもしれませんがw YouTuberの収入の仕組みはいまいちよく分かってません。 — 意味わかんない! 追い風 KUdOBVOVw5Lsc0x そんな皆さんが気になるのは、ユーチューバーの 収入の仕組みや、実際にどれくらいの 年収を稼いでいるのか(など)と思います。 ここからは、そんな今更人に聞けないユーチューバーたちのお金事情についてご紹介していきたいと思います! スポンサードリンク ユーチューバーの収入の仕組み(どこから) ユーチューバーの 収入(年収)の仕組みについてご紹介していきます。 上の画像を見ていただくと一番早いですが、YouTubeの動画を見るときに最初に 数秒間の広告動画が流れることってありませんか?実はあれは、その広告の企業がYouTubeとの間にパートナー契約を結んでおり企業が広告費をYouTube側に支払っているんです。 動画が再生されるごとに広告動画が流れる。 つまりはその広告費の一部をユーチューバー側に支払うという仕組みになっているんです。 ユーチューバーに入る収入はどこから入っているのと聞かれると、間に入っているのはYouTubeですが、元をたどれば(その広告の)企業側のお金ということになります。 動画に広告が流れれば流れるほど収入も増えるので、普段たくさん再生数を稼いでいるユーチューバーほど必然的に広告動画が再生されることになります。 スポンサードリンク ユーチューバーの収入の計算方法(再生回数) ユーチューバーの収入(年収)の 計算方法についてご紹介していきます。 結論から言うと、 1再生あたりにつきもらえるお金というのは正式にはわかっていません。 これはYouTube自体が公表していないというのもありますが、 流れる広告動画によっても1歳生あたりの単価が違うので(5秒でスキップできる広告もあれば、15秒待たないといけない広告動画もありますよね)計算する方法がないというわけです。 正確な数字はわからないものの、だいたいの計算で1再生あたりの広告単価を割り出すと「 およそ0. 1 円前後」と言われています。 (計算方法は1動画で得た広告収入を再生数で割るという計算です) スポンサードリンク ユーチューバーの平均年収 ユーチューバーの 平均年収についてご紹介していきます。 今回はYouTubeの収入だけで生計を立てている人(チャンネル登録者数上位100人と仮定)で平均年収を割り出しました。 そんなユーチューバーの平均年収ですが、結論から発表するとおよそ 年収800万円です。 この年収(収入)が多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれかと思いますが、個人的には多いなと感じましたね。 やはり100人という数の中での平均なので、もっと低いと思っていましたが 平均年収がこれだけ高いということは、YouTubeを利用する視聴者の数が数年前と比にならないほど増加していることがわかります。 スポンサードリンク 世界(海外)のユーチューバーの年収ランキング ここで 海外(世界)のユーチューバーたちがどれくらいの年収を稼ぎ出しているのかをご紹介していきます。 やはり海外の方が日本よりもマーケットが大きいので、収入(年収)も日本のYouTuberたちよりも多くなるのは当然です。 日本だとヒカキンやヒカルが 年収5億円、日本一の再生数を誇るフィッシャーズも4億円ほどと言われています。 そんな彼らよりもすごい年収を稼いでいるのが、今から紹介する海外のユーチューバーたちです。 この動画が出された当時(2015年)は、今に比べてまだまだユーチューバーの数自体があまりいませんでした。 そこでYouTubeサイドは1再生あたりの広告単価があげて、ユーチューバーの数の増加を図ったものと考えられます。 激減した今でももちろん十分な広告収入を得ているユーチューバーたちですが、当時はさらにもっとバブルだったようです。 スポンサードリンク ユーチューバーの税金事情 ユーチューバーの 税金事情についてですが、もちろん国民と同じように税金を支払う義務があります。 ユーチューバーによっては事務所に所属している人もいれば、自分で事務所(会社)を立ち上げて法人化している人もいます。 人によって税金の支払い方も変わってくるでしょうが国民と同じように納税をしています。 カテゴリー•

次の