プラチナトレイン。 鉄道スゴロクアプリ「プラチナ・トレイン(プラトレ)」土佐くろしお鉄道/阿佐海..(株式会社ジェイコンテンツ プレスリリース)

プラチナ・トレインとは (プラチナトレインとは) [単語記事]

プラチナトレイン

「プラチナトレイン」はイメージサーカス開発のスマホ・タブレット向け基本プレイ無料の すごろくゲーム。 架空の鉄道会社「プラチナ・トレイン」の新米運転しとなり、実在する車両を集め、すごろくでミッションをクリアしつつ伝説の運転士を目指すことが目標。 Nintendo Switch版は2017年12月22日から 無料配信中。 感想 今回のレビューはスイッチ版「プラチナ・トレイン」に対するものだが、はっきり言って 糞ゲーである。 大問題としてスイッチ向けに全く 最適化されていない。 本作はスマホ版の単純移植のため、タッチパネルを使える携帯モード前提の操作方法となっている。 スティックによるポインター操作は非常に遅く、設定でポインター速度を変更することも出来ない。 これなら潔くTVモード、テーブルモード非対応にするべき、それくらい操作感が悪くストレスが溜まる。 操作性の問題を取り除いたとしても一々 レスポンスが遅い。 マップ表示のオフ機能も存在するが、ミッション開始までのロード時間の黒暗転はサターン時代を彷彿とさせる。 コンシューマ機最大の魅力である操作のしやすさ、レスポンスの速さを犠牲にした本作の移植は完全に無意味。 これなら素直にスマホ版をやった方が100倍良い。 恐らくターゲットとしては自分用のスマホ、タブレットを持てない子供層だと思う。 実在する車両が出て来るガチャは鉄道好きならそれだけで楽しめるし、「すごろく」という分かりやすい題材も良い。 小さい子を無料で釣ってガチャ課金させる方向だろう。 個人的には「桃鉄」のようなゲームかな?と期待していたのだが、THE ソーシャルゲームで残念だった。 この手の移植が許されるのであれば、スイッチ向けのソシャゲ移植は今後も加速する一方だと思う。 任天堂としてはそれも狙いなのだろうか。 スマホ向け人気ソシャゲをスイッチに単純移植するだけで、プラットフォーム独占による利益は莫大なものとなる。 流れとしてはアリだと思うが最低限コンシューマ機向けとして許される移植にして欲しい。 とはいえ今回のレビューは「スイッチ向けソフト」として考えた場合の評価なのでスマホ版は「鉄道好き」なら十分楽しめる内容だと思う。 興味を持った方はスマホ版「プラチナ・トレイン」を検索・DLして遊んでみて欲しい。

次の

攻略掲示板

プラチナトレイン

マスの色 発生イベント 白 何も発生しない 水色 電力・オイルを10ポイント回復させる 黄 自身に有利なイベントを発生させる 紫 他プレイヤーを妨害するイベントを発生させる 赤 自身に不利な・自身に有利な・他プレイヤーを妨害するイベントを発生させる (黄・紫マスよりも強力なイベントが出やすい) 連結 既に他プレイヤーがいる駅に停車すると、他のプレイヤーにくっついて同時に移動することが可能。 ただし、新幹線及び船舶との連結は不可能。 連結した相手プレイヤーがイベントマスに停車した時、自分もイベントマスの効果を受ける。 既に連結済みの場合は自分のターンが来た場合に切り離すことも可能。 路線踏破 その路線の・に停車すると「路線踏破」となり、スコアが得られる。 なお、運転カードを使用している場合に限り、当該路線の始発駅・終着駅を通過する場合でもスコアを得られる。 踏破した路線・駅は運転記録メニューから閲覧することが可能。 発券機 はガチャにあたるもの。 6種類の有料券売機とフレンド運転カード券売機、無料運転カード券売機があり 、運転カードをランダムに入手することが可能。 有料 仮想通貨の「IC」もしくはログインボーナスで手に入れられるゴールドチケット を消費する。 プラチナ 仮想通貨の「IC」のうち、課金で購入した分のみを消費する。 出現するカードの中には過去イベントの報酬車両やエリア跨ぎ車両も含まれる。 記念 イベントの時のみ出現する。 イベント特効カードやスーパーきらめきなどの各種券売機のカードが出現する。 北海道 JR北海道車両の運転カードが出現する。 東日本 JR東日本車両の運転カードが出現する。 東海 東海地区を走る殆どの列車と北陸新幹線全区間を走る「はくたか」の運転カードが出現する。 九州近郊 九州地方を走る殆どの列車の運転カードが出現する。 四国・中国 四国地方を走る殆どの列車と中国地方を走る一部列車の運転カードが出現する。 山陽・山陰 関西圏を走る殆どの快速列車と山陽地方・山陰地方を走る列車の運転カードが出現する。 関西・新幹線 117系新快速等を含む関西圏を走る快速列車・急行列車・特急列車と新幹線の運転カードが出現する。 南紀・北陸 B快速等を含む関西圏を走る殆どの快速列車と南紀地方・北陸地方を走る列車の運転カードが出現する。 ガチャ回数 消費IC枚数 1回 3枚 11回 30枚 11回連続で引いた場合、特急の運転カードが1枚 は必ず出現する。 フレンド フレンドポイントを消費する。 ガチャ回数 消費フレンドポイント 1回 100pt 11回 1000pt 快速・特急・新幹線の運転カードの出現確率は無料券売機より高く、有料券売機より低い。 また、JR西日本圏内全ての地方の運転カードが出現する。 無料 無料運転カード もしくは コインを消費する。 ver7. 0で東・北仕様も登場した。 ガチャ回数 消費無料運転カード枚数 消費コイン枚数 1回 3枚 300枚 11回 30枚 3000枚 殆どの場合は普通 80. 00% ばかりが出現するが、低確率 1. 00% ながら新幹線が出現することもある。 仮想通貨 このゲームには「IC」という仮想通貨が存在しており、ゲーム内報酬として得るほかにも、実際にお金を払って購入(課金)しても得られる。 用途は前述の有料ガチャのほか、カード所持枠拡張・スタミナ回復にも用いることが可能。 ボリュームディスカウントを採用しており、一度に多い単位のものを購入したほうが1枚あたりのコストが下がり、1枚ずつバラ買いするよりもおトクになる。 購入枚数 有償扱いの枚数 価格 1枚あたりのコスト (小数点第2位を) 1枚ずつバラ買いした際との差額 1枚 1枚 120円 120円 6枚 5枚 600円 100円 120円 12枚 9枚 1080円 90円 360円 30枚 20枚 2400円 80円 1200円 46枚 30枚 3600円 約78. 3円 1920円 60枚 38枚 4600円 約76. 7円 2600円 80枚 49枚 5900円 73. 75円 3700円 110枚 61枚 7400円 約67. 3円 5800円 150枚 81枚 9800円 約65. 3円 8200円• マップ上にはも収録はされているが、伊勢鉄道の駅はVer 6. 0時点では未実装。 そのため、や等の運転カードを使用しないと通り抜けることが出来ない。 サービス開始当初の智頭急行線と同じ措置。 はとして扱われている。 や、といったやといった冬季休業駅、といったを含む。 サービス開始当初、JR西日本と直通運転する第三セクター鉄道路線の一部(智頭急行・IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道の3社)は実装されていたが、JR西日本との乗り換え駅以外は実装されていなかった(智頭急行は・・、IRいしかわ鉄道は・、あいの風とやま鉄道は・)。 この他や、などの第三セクター鉄道も線路は用意されているが、ver7. 0時点では一部区間が特定の運転カードで走行できるのを除き進入することはできない。 及びガーラ湯沢支線内はコマ(アバター)が新幹線であるが、旅客営業上は在来線扱いのため運転カードが無くても乗車可能。 路線一覧には記載無し• オイルの具体的な数値はゲーム画面に表示されないが、実際には電力と同様に100ポイントが与えられている。 ただし一部のミッションでは初期電力・オイル量が通常より少ない• 本来であればこの表記は急行を意味するが、ゲーム上は快速列車もこのカテゴリに統一されている。 例としてJR東海エリア実装前に登場した急行の運転カードは、史実では・・・に停車しているがゲーム中では通過している。 例としてJR九州エリア実装前のは~間のみ実装された。 後にまでフルに走行する運転カードが登場した。 +カードやエネルギー消費フリー等の一部の運転カードは、通常の運転カードに比べて多くの改良素材やコインが必要となる。 例として、~を普通列車で移動した場合、本来であればの起点・終点である・の両方でターンを終えないと湖西線の踏破スコアを得られないが、等で京都駅~敦賀駅間を途中無停車で通過した場合は山科駅・近江塩津駅に停車せずに湖西線の踏破スコアを得られる。 その他に期間限定の記念運転カード券売機もある。 ガチャ1回分の効力。 獲得から1時間で権利が消滅する。 プラチナ発券機は新幹線の運転カードが1枚、特急の運転カードが5枚。 この分のみプラチナ発券機に使用可能• その例として、鹿児島本線は九州新幹線部分開業時に一部が肥薩おれんじ鉄道となったため分断。 リストも2つに分かれている。 2018年3月31日の営業終了に先立ち、同年3月15日のメンテナンスで削除された。

次の

鉄道スゴロクゲーム「プラチナ・トレイン」がSwitch向けに配信開始

プラチナトレイン

マスの色 発生イベント 白 何も発生しない 水色 電力・オイルを10ポイント回復させる 黄 自身に有利なイベントを発生させる 紫 他プレイヤーを妨害するイベントを発生させる 赤 自身に不利な・自身に有利な・他プレイヤーを妨害するイベントを発生させる (黄・紫マスよりも強力なイベントが出やすい) 連結 既に他プレイヤーがいる駅に停車すると、他のプレイヤーにくっついて同時に移動することが可能。 ただし、新幹線及び船舶との連結は不可能。 連結した相手プレイヤーがイベントマスに停車した時、自分もイベントマスの効果を受ける。 既に連結済みの場合は自分のターンが来た場合に切り離すことも可能。 路線踏破 その路線の・に停車すると「路線踏破」となり、スコアが得られる。 なお、運転カードを使用している場合に限り、当該路線の始発駅・終着駅を通過する場合でもスコアを得られる。 踏破した路線・駅は運転記録メニューから閲覧することが可能。 発券機 はガチャにあたるもの。 6種類の有料券売機とフレンド運転カード券売機、無料運転カード券売機があり 、運転カードをランダムに入手することが可能。 有料 仮想通貨の「IC」もしくはログインボーナスで手に入れられるゴールドチケット を消費する。 プラチナ 仮想通貨の「IC」のうち、課金で購入した分のみを消費する。 出現するカードの中には過去イベントの報酬車両やエリア跨ぎ車両も含まれる。 記念 イベントの時のみ出現する。 イベント特効カードやスーパーきらめきなどの各種券売機のカードが出現する。 北海道 JR北海道車両の運転カードが出現する。 東日本 JR東日本車両の運転カードが出現する。 東海 東海地区を走る殆どの列車と北陸新幹線全区間を走る「はくたか」の運転カードが出現する。 九州近郊 九州地方を走る殆どの列車の運転カードが出現する。 四国・中国 四国地方を走る殆どの列車と中国地方を走る一部列車の運転カードが出現する。 山陽・山陰 関西圏を走る殆どの快速列車と山陽地方・山陰地方を走る列車の運転カードが出現する。 関西・新幹線 117系新快速等を含む関西圏を走る快速列車・急行列車・特急列車と新幹線の運転カードが出現する。 南紀・北陸 B快速等を含む関西圏を走る殆どの快速列車と南紀地方・北陸地方を走る列車の運転カードが出現する。 ガチャ回数 消費IC枚数 1回 3枚 11回 30枚 11回連続で引いた場合、特急の運転カードが1枚 は必ず出現する。 フレンド フレンドポイントを消費する。 ガチャ回数 消費フレンドポイント 1回 100pt 11回 1000pt 快速・特急・新幹線の運転カードの出現確率は無料券売機より高く、有料券売機より低い。 また、JR西日本圏内全ての地方の運転カードが出現する。 無料 無料運転カード もしくは コインを消費する。 ver7. 0で東・北仕様も登場した。 ガチャ回数 消費無料運転カード枚数 消費コイン枚数 1回 3枚 300枚 11回 30枚 3000枚 殆どの場合は普通 80. 00% ばかりが出現するが、低確率 1. 00% ながら新幹線が出現することもある。 仮想通貨 このゲームには「IC」という仮想通貨が存在しており、ゲーム内報酬として得るほかにも、実際にお金を払って購入(課金)しても得られる。 用途は前述の有料ガチャのほか、カード所持枠拡張・スタミナ回復にも用いることが可能。 ボリュームディスカウントを採用しており、一度に多い単位のものを購入したほうが1枚あたりのコストが下がり、1枚ずつバラ買いするよりもおトクになる。 購入枚数 有償扱いの枚数 価格 1枚あたりのコスト (小数点第2位を) 1枚ずつバラ買いした際との差額 1枚 1枚 120円 120円 6枚 5枚 600円 100円 120円 12枚 9枚 1080円 90円 360円 30枚 20枚 2400円 80円 1200円 46枚 30枚 3600円 約78. 3円 1920円 60枚 38枚 4600円 約76. 7円 2600円 80枚 49枚 5900円 73. 75円 3700円 110枚 61枚 7400円 約67. 3円 5800円 150枚 81枚 9800円 約65. 3円 8200円• マップ上にはも収録はされているが、伊勢鉄道の駅はVer 6. 0時点では未実装。 そのため、や等の運転カードを使用しないと通り抜けることが出来ない。 サービス開始当初の智頭急行線と同じ措置。 はとして扱われている。 や、といったやといった冬季休業駅、といったを含む。 サービス開始当初、JR西日本と直通運転する第三セクター鉄道路線の一部(智頭急行・IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道の3社)は実装されていたが、JR西日本との乗り換え駅以外は実装されていなかった(智頭急行は・・、IRいしかわ鉄道は・、あいの風とやま鉄道は・)。 この他や、などの第三セクター鉄道も線路は用意されているが、ver7. 0時点では一部区間が特定の運転カードで走行できるのを除き進入することはできない。 及びガーラ湯沢支線内はコマ(アバター)が新幹線であるが、旅客営業上は在来線扱いのため運転カードが無くても乗車可能。 路線一覧には記載無し• オイルの具体的な数値はゲーム画面に表示されないが、実際には電力と同様に100ポイントが与えられている。 ただし一部のミッションでは初期電力・オイル量が通常より少ない• 本来であればこの表記は急行を意味するが、ゲーム上は快速列車もこのカテゴリに統一されている。 例としてJR東海エリア実装前に登場した急行の運転カードは、史実では・・・に停車しているがゲーム中では通過している。 例としてJR九州エリア実装前のは~間のみ実装された。 後にまでフルに走行する運転カードが登場した。 +カードやエネルギー消費フリー等の一部の運転カードは、通常の運転カードに比べて多くの改良素材やコインが必要となる。 例として、~を普通列車で移動した場合、本来であればの起点・終点である・の両方でターンを終えないと湖西線の踏破スコアを得られないが、等で京都駅~敦賀駅間を途中無停車で通過した場合は山科駅・近江塩津駅に停車せずに湖西線の踏破スコアを得られる。 その他に期間限定の記念運転カード券売機もある。 ガチャ1回分の効力。 獲得から1時間で権利が消滅する。 プラチナ発券機は新幹線の運転カードが1枚、特急の運転カードが5枚。 この分のみプラチナ発券機に使用可能• その例として、鹿児島本線は九州新幹線部分開業時に一部が肥薩おれんじ鉄道となったため分断。 リストも2つに分かれている。 2018年3月31日の営業終了に先立ち、同年3月15日のメンテナンスで削除された。

次の