約束のネバーランド ピーター。 【約束のネバーランド】本作の黒幕!ピーター・ラートリーのまとめ!|サブかる

約束のネバーランド178話ネタバレ最新話確定!ついに人間世界へ!エマのごほうびなしで約束を履行

約束のネバーランド ピーター

約束のネバーランド 最新170話 ネタバレ! 職員たちを説得していたイザベラ エマ達がGFに侵入する少し前。 グランマ・イザベラは人間の職員全員を集め、「農園を裏切る」と宣言。 動揺する職員たち。 農園で支配者にしがみつづけることだけが生きる道… そう教えられてはいたものの、実際には前グランマ・サラはミスをしてあっけなく出荷された。 イザベラ「競い合い、蹴落とし合い、頂点に立っても、私たちは家畜にすぎなかったのよ」 イザベラは職員たちに、 「この服従には未来などない」と断言。 イザベラがピーターに従うフリをしていたのは、いずれ戻ってくるエマ達の力になるため。 イザベラ「もし私と共に立ち上がるなら、とびきり面白いものを見せてあげるわ」 動揺していた職員たちだったが、イザベラの言葉に奮起し、銃を手に取るのだった。 ママの横に立つエマ イザベラたちの裏切りを知って動揺するピーター。 エマやギルダ達はイザベラを 「ママが味方?」と驚くが… エマ達をだましていたイザベラは、まだ自分をママと呼んでくれることを内心では喜びつつも…自分自身でそれを許せない。 イザベラ「利害がたまたま一致しただけよ」 エマ達のためではない、と冷たい態度をとるイザベラ。 しかしエマには、自分の前に立つイザベラが、自分と同い年、同じ立場の、一人の食用児の少女の姿に見える。 エマは他の職員たちも全員、自分と同い年の少女に見えてくる。 エマ「ありがとう、ママ」 エマはイザベラの隣に立ち、並んでピーターに銃を向ける。 みっともなく逃げるピーター ピーターは後ろ手を縛られた状態で、エマやイザベラたちに銃を向けられ、敗北が頭をよぎる。 ピーターは「あー!」とヒステリックな表情で叫び、自力で縄をほどき、一人の職員から銃を奪いとる。 そばにいたドンは驚いてすぐ対処できない。 ピーターは銃を乱射し、抜け穴から外へ。 ピーター(うそだ!僕は負けない!何か…何か手は!!) ピーターは顔をゆがめながら、どこかへ向かって走って逃げていくのだった。 約束のネバーランド 最新170話 感想と考察レビュー! やはりママはエマ達の味方でしたね! 今回はあらためてママの本当の気持ちが知れて嬉しかったです。 エマも多くを語らず、ママの側に並び立って銃を構えるところがかっこよかったです! 対するピーターは追い詰められ、みっともない姿が印象的に描かれていました。 前グランマを処分してイザベラを残す、という選択をしたピーターは合理的だったと思いますが、結局はその判断に足をすくわれる形となってしまったのも皮肉な展開だなと感じました。 ただ、縛られていたはずの後ろ手を一瞬でほどき、銃を奪い取り、包囲を抜けてとりあえずの逃走に成功する当たり…性格はともかく、やはり能力的には相当に高い人物ですよね。 このままあっさり捕まって終わり、なんて展開になるならそもそも逃げ出したりさせていないでしょうし、何らかの逆転の手が用意されていそうですね。 ママや他の職員も味方に付いた今、ピーターがここからさらに優位に立つための逆転の手…どんなものが出てくるか楽しみです。

次の

約束のネバーランド174話ネタバレ最新話確定!ピーター死亡!イザベラ涙の和解

約束のネバーランド ピーター

もくじ• ムジカに声をかけられたエマは、勢いよく抱きつきます。 GFは夜になり、エマたちから一連の事情を聞けたムジカ。 イザベラが亡くなってしまったことは残念ですが、これでもう食用児たちは本当に自由なのだと祝福してもらいます。 エマは、ムジカたちが助けてくれたからだと話しますが、互いに支え合ってきた仲です。 お互いに、感謝し合います。 ついに約束の履行!GFの地下に眠る金の水 ソンジュが約束をいつ履行するのか尋ねると、レイは今夜だと打ち明けました。 友として王として、約束の履行を見届けることになったソンジュとムジカ。 GFの地下には、金の水に浮いた島が存在していたのです。 それは、GP(ゴールディポイント)の地下の池にそっくりなものでした。 中心の島には、地下へ繋がる階段があります。 ラートリー家が行き来や物資の運搬に使っていた通路です。 この水を使って、あの方に約束の履行意思を伝え、みんなで人間の世界へ渡ることになります。 ごほうびを心配するフィル フィルが、エマのごほうびは大丈夫なのか心配します。 なぜかフィルは、ごほうびの存在を知っていたようです。 エマも人間の世界へ行けるのかと、尋ねます。 元気いっぱいに大丈夫だと、答えるエマ。 しかし、それだけでは納得がいかないフィルは、エマだけ死んだり鬼の世界に残ったりすることはないのかと食いつきます。 そんなことは絶対にないと、言い切るエマ。 誰も死なないし、残されない。 全員生きて人間の世界へ行けるのだと、断言しました。 エマのごほうびはなし! するとエマは何を代償にして、全員生きて人間世界へ行ける約束を結んだのでしょうか? じつは、初めあの方には「家族」を代償にすることを求められました。 エマの一番大切なものは、家族だからです。 しかし家族を代償にすれば、全員生きて人間の世界へ行くことが叶わなくなります。 考えたあの方は、今回だけ特別に「ごほうびはなにもいらない」ことにしたのです。 食用児たちは、1000年の間ずっと奪われ続けてきました。 その1000年が、代償です。 食用児たちには、色々と楽しませてもらったからそれでいいとのことでした。 信じられない食用児たち これまで食用児たちが払ってきた犠牲が代償となり、全員が生きて人間世界へ行けるなんて、ご都合主義展開に思えます。 食用児たちも虫がよすぎるエマの話を、なかなか信じることができません。 もしもエマだけ犠牲になるような取引なら、みんなで鬼の世界に残る意思を見せます。 しかしエマは、いくら農園が廃止されて自由を手に入れたとはいえ、イザベラを殺した鬼のように食欲をおさえきれない鬼はいると語ります。 ムジカたちが王になっても、民の食欲は統治できません。 鬼がヒトを食べること自体は、悪でも毒でも何でもないからです。 食用児たちは、できる限り早く人間世界へ消えることが望まれます。 エマは、本当に犠牲になっていないのだと、何度も念押ししました。 人間世界は不穏?エマの語る困難と希望 エマが何度も「本当に大丈夫」と語るので、ほとんどの食用児たちは結局エマの話を信じて喜びました。 しかしレイとノーマンは、府に落ちない様子で何か裏があるのではないかと勘繰ります。 エマもそれは、考えていました。 もしかしたら、人間の世界が平穏ではないのかもしれません。 人間世界で受け入れてもらえるのか、ノーマン達の発作治療など、解決しなくてはならない問題はまだまだあります。 明るいだけの未来ではないからこそ、「ごほうびは何もなし」なのかもしれないと語るエマ。 でも家族全員で人間世界へ行けば、そんな不安も困難も乗り越えられると信じています。 きっとみんなで、明るい未来にしていける。 そう信じて、食用児たちは人間世界へ行く意思を固めます。 ついに人間世界へ! 瓶に水とグプナを入れて、エマとフィルは強く手をつなぎます。 エマの目の前には、あの方が現れ、人間世界へ行くことを問いかけます。 エマが返事をすると、金の水が荒く舞って、島の中心からいくつもの階段が飛び出してきました。 エマは、ムジカとソンジュに笑顔で別れを告げます。 ムジカはエマに会えて本当に良かったこと、違う世界に暮らしていても忘れないと心に思い浮かべます。 「ずっと友達」だと強く胸に思いながら、消えゆくエマに手を振るムジカ。 ほかの食用児たちも笑顔で手を振りながら、金の水の中へと消えていきました。 目覚めた先はアメリカ 食用児たちは、波打ち際に横たわっています。 辿りついた人間世界は、現代のような文明社会です。 自由の女神が、悠々とたたずんでいます。 エマとしっかり手を握っていたはずのフィルですが、傍にはエマの姿がありません。 レイやノーマンは、フィルの傍で倒れているように見えます。 エマは、本当に大丈夫なのでしょうか? フィルが目を覚ましそうになったところで、約束のネバーランド178話は幕を閉じました。 やっとみんなで自由を手にしたと喜んだのもつかの間、イザベラが犠牲になってしましました。 しかし子供たちと愛の溢れた最期を遂げることができ、イザベラの心は報われたのではないかと思っています。 とても悲しい別れとなってしまいましたが、エマたちはイザベラの魂も胸に人間世界を目指していくでしょう。 そのためにも、鬼世界の側で精算は必須です。 イザベラは子供たちにとって、今では世界の真実を見せてくれた大切な母親です。 突然の別れとなってしまい、なかなか気持ちに整理がつけられないでしょう。 ルーカスやユーゴが亡くなった時とは違い、今は追われることもありません。 子供たちは、十分気持ちに整理をつける時間があると考えます。 丁寧に埋葬してから、新しい道へ歩みを進めるのではないでしょうか。 アダムの治療薬は完成してる? 気持ちの整理をつけた子供たちは、今度こそ人間世界へ向けて本格的に動いていくと考えられます。 それを解決するためにも、アジトでは健康被害を受けていないアダムの身体からデータをとって治療薬を研究していました。 ピーターに囚われた子供たちとも合流できたことですし、治療薬の進捗状況が明らかになりそうです。 もしかするとすでに完成していて、ノーマン達が薬を手にできるかもしれませんね! ピーターの叔父の所在は? 人間世界へ行くためには、ピーターの叔父に会わなくてはならないと思いますが、どうやって会いに行くのでしょうか? ピーターの叔父がどこにいるのか、まずは所在を掴むところから行動していくと考えられます。 そのヒントを得るためにも、もう一度ソンジュやムジカのもとを訪れるかもしれませんね! 個人的には、ピーターの叔父は鬼側の世界にいると考えています。 子供たちはピーターの叔父へ暗号を告げることで、人間世界へ行けるようになるのではないかと考えているからです。 ちょうどエマたちの元には、鬼を捕えた王兵がいるので、ソンジュやムジカの元へ案内してもらえるのではないでしょうか。 ソンジュやムジカと最後の別れ? 王となったムジカは、鬼の世界の情報をなんでも知れる立場にあると考えます。 エマたちがピーターの叔父の所在を尋ねれば、きっと力になってくれるでしょう。 もしかすると、ピーターの叔父の所在は、すぐに分かるかもしれません。 そうなれば、今度こそ本当に最後の別れとなります。 互いに二度と逢えなくなる覚悟を決めて、ちゃんとお別れするのではないでしょうか? レグラヴァリマを倒した時に感謝を告げたエマですが、あれがソンジュやムジカたちとの最後の別れになるのは、寂しいと個人的に感じています。 コード Solidの意味が明かされる? 約束のネバーランド178話で、コードSolidの意味まで明かされることはないと考えますが、近いうちに明らかになるでしょう。 個人的にSolidは、人間世界への一本道を指示する言葉であると解釈しています。 すでに人間世界へは、エレベーターが通じていることが明らかになっていますね。 ピーターの叔父へコードを伝えることで、人間世界へ通じるエレベーターが使えるようになるのではないでしょうか。 イザベラの名前を知ってるどころか、飼育監に徹してたイザベラの葛藤を察してたのに農園業に葛藤なく従事して、最後には農園業への執着捨てられずにイザベラ殺すのだから、なんというか、心まで鬼だな。 — ノマエマに生かされる、その女の名は、しば漬け yakishioyou やはりみなさん、イザベラの死について悲しんでいましたね…。 読者の中には、母の日にあわせた連載を予定していたと気付いた人がいて、よりイザベラへの想いが深くなりました。 イザベラを殺した鬼の正体についても考察している人がおり、みなさんの感想を読んでいてとても楽しかったです。 スポンサーリンク 約束のネバーランド178話ネタバレ最新話確定まとめ The Promised Neverland Chapter 177 Spoilers….

次の

【約束のネバーランド】最新話「第173話」ネタバレと感想【prisoners】

約束のネバーランド ピーター

スポンサードリンク 約束のネバーランド167話ネタバレ展開考察:イザベラはどちらの味方!? 現在イザベラは真の自由を報酬として、ピーターと手を組んでいます。 しかし本心では、 子供たちを出荷し続ける生活に疲れていました。 本当はもうこんな因果は断ち切りたいと願っていたのです。 わざわざ人間らしいイザベラの姿を描いたということは、 彼女がエマたちを救う場面が今後用意されていると考えられますね。 彼女の心はまだ完全に鬼にはなりきれていません。 人間として、母として。 最後の最後でエマたちを庇ってくれると信じたいものです。 最悪の場合、イザベラがエマたちを救うために命を差し出す可能性もあると思います。 しかし イザベラも共に生還ルートをいってくれるのが一番嬉しい終わり方ですね。 スポンサードリンク 約束のネバーランド167話ネタバレ展開考察:エマたちはどうやって占拠するつもりなのか!? エマたちは今、 在庫保管室に立てこもっています。 この状態から、どうやってグレイスフィールドを占拠するのでしょうか!? ある一点に立てこもり続けるのは、現実的ではありません。 必ず食糧などが尽きる時が来るからです。 また、ピーターたちも何とかしてエマたちを捕まえようとしてくるでしょう。 入り口には頑丈な鍵がかかっていることだと思うので、すぐには突破されないでしょう。 それでも、 ずっと一か所に留まることはできません。 エマたちにとって、立てこもる利点とは何でしょうか。 まずは、 人質の安全ですね。 一箇所に立てこもっている限り、出荷は避けられるでしょう。 そして、 外部からの手助けの可能性です。 ただ、ソンジュやムジカは処刑の危機に陥っています。 助けを期待はできませんし、不確定な助けはエマたちも初めから計画には入れないのではないでしょうか。 となると、他に何か狙いがあるのかもしれませんね。 エマたちにしかわからない、秘密の通路があるのかもしれません。 そこでぜひ、地の利を活かして戦ってほしいですね! スポンサードリンク 約束のネバーランド167話ネタバレ展開考察:ソンジュとムジカはどうなる!? 一方で、 ソンジュとムジカは処刑されるべく捕らえられてしまいました。 この二人、特にムジカの方はかなりのキーパーソンです。 このまま死ぬことはまずないでしょう。 この二人が助かる方法は二つ。 自力で脱出するか、外部の助けが入るかです。 自力で脱出できるかどうかは、今彼らが置かれている状況が不明のため、なんとも言えません。 二人は精神的にもまいっていそうなので、 まずは気持ちを立て直すことからでしょうか。 外部の助けとしては、 あの二人の王兵たちが何か動きを起こしてくれる可能性が少なからずありますね。 ただ、子供たちを守ることを優先していそうなので、危険な場に自ら行くことは難しいのかもしれませんが。 また、一人逃げることに成功した大僧正様も気になります。 彼の存在により、これまでの体制に違和感を持つものが増えたとしたら。 大勢の民衆による抗議により、何か変わる可能性がありますね。 どちらにせよ、 ソンジュとムジカの生存は重要事項です。 こちらの様子が描かれるのを待ちましょう! スポンサードリンク 約束のネバーランド167話ネタバレ展開考察:ピーターの誤算 ! ピーターはまさか農園を占拠しようと考えるとは思いませんでした。 しかし、そんなことをしても時間の無駄であるとピーターは思います。 これから鬼達を集め、在庫保管室の扉を壊し始めようとするピーター。 じりじりと命が狙われる恐怖を味わうがいい!とピーターは高笑いをするのでした。 しかし、それこそがエマ達の思っていた行動だったのです。 閉じこもったエマ達は占拠するフリをして、脱出することを考えていました。 仲間の半分が部屋の外に残っており、油断したピーター達を出し抜いて、農園の外に出る隙を狙っているのです。 約束のネバーランド167話ネタバレ展開考察:昔の思い出 ! イザベラは在庫保管室にいるエマ達に話しかけます。 昔の楽しい思い出をしましょう…とイザベラは話始めました。 エマ達はもうママには騙されないから!と冷たい言葉で言い放ちます。 すると、ノーマンが小声で準備できたよとエマに伝えました。 もうママのいい子には戻れない…とエマが言うと、イザベラはそんな事はないわ!今からでも遅くないから出てきなさいと返します。 すると、一斉にエマ達が扉から飛び出してきて、鬼達は捕まえようとします。 しかし、エマ達が仕掛けたトラップにかかり、イザベラごと動かなくしたのです。 — テンプラー星人 alientempura ネバーランド、むむ、イザベラ焦らすなぁ…どっちに転んでも鍵すぎるぜ…展開は籠城か…籠城とは古来より援軍を期待しての作戦だがムジカたちはアカンしな…室内ゲリラ戦か?もしくは「約束」が発動するのか? — ひまじん@s sight6himajin 【約束のネバーランド】 久しぶりの再会だね!次もエマ達が勝つのかな? — 来嶋涼介 CmYBIQbbCVEw3Oa スポンサードリンク 約束のネバーランド167話ネタバレ:エマたちの狙いとは!? エマたちは在庫保管室に立て篭もりました。 続いて外橋が崩落したと、鬼たちに報告が入ります。 立て篭もってどうするつもりなのか、とピーターは考えます。 本部内の鬼、人全員を殺したとしても、 外には数多くの王兵がいるのです。 グレイスフィールドを乗っ取って、誰にどんな請求をするつもりなのか。 それともまだ他に逃げる算段はあるのか。 ピーターは考え込みました。 鬼たちは人質の確保と隔離が目的だと考えます。 彼らはまず自分たちを殺し、農園を奪うために動く。 ますは侵入者全員を見つけて殺すこと、と指示が出されました。 立て篭もったエマたちの狙いとは!? 鬼たちと人間の駆け引きが始まりました。 スポンサードリンク 約束のネバーランド167話ネタバレ:鬼ごっこ開始! 鬼ごっこ開始だ! エマのその掛け声で、子供たちは飛び出しました。 エマたちが鬼の弱点を知っているという情報は共有されています。 そのため、 視神経を狙った攻撃は防がれてしまいました。 ドンとギルダは一瞬怯むも、撃ちまくれというレイの言葉に銃を構えました。 そのまま子どもたちは左右に分かれて走り去ります。 ここで全階から兵が集められた上で、地下二階が封鎖されました。 そのまま次々と通路が封鎖されていきます。 行き止まりだ、と声をかけた鬼の兵。 それに対し、 それはどうかな?とノーマンは笑顔を返しました。 その瞬間、 ヴィンセントたちが敵制御室の乗っ取りに成功します。 次々と狙った扉を開放していきます。 さらに敵の位置情報をカメラより得て、ノーマンに情報が集められます。 ノーマンは脳内でそれぞれの動きをまとめます。 そしてバラバラに動く仲間たちへ、それぞれ最適な指示を出しました。 その時、 ギルダが足を滑らせて転んでしまいました。 鬼が襲いかかるも、駆けつけたアイシェが助けてくれました。 本来なら圧倒的に強いはずの鬼たちですが、子どもたちに翻弄されています。 そして ノーマンの的確な指示。 どうやら何か狙いがあるようですね。 スポンサードリンク 約束のネバーランド167話ネタバレ:鬼ごっこの狙いとは!? 鬼たちは何故子どもたちを捕まえることができないのか、と焦っていました。 そんな中、 鬼たちの通信も妨害されてしまいます。 ここでピーターの居場所が明らかになりました。 ピーターは今、地下一階応接室にいます。 それを聞いたみんなは、ノーマン、エマ、レイに行けと叫びました。 三人は恩に着る、と走り出します。 そして鬼ごっこが終着点に到達したようです。 それぞれバラバラに逃げる子どもたちを追っていたはずなのに。 気づくと何故か、鬼たちは全員が同じ部屋に辿りついていたのです。 この鬼ごっこの目的とは、鬼たちを殺すことではありませんでした。 見張りの鬼たちを一箇所に集め、閉じ込めようとしていたのです。 狙うべき大将は、初めからピーターでした。 閉じ込められた鬼たちに、ガスの噴出する缶が投げられました。 次々と倒れる鬼たち。 これにて誘導は完了です。 他の仲間たちも次の目的地へ急ぎました。 この鬼ごっこは、子どもたちの勝利でしたね! まんまと罠にハマってくれてよかったです。 いよいよ次回はピーターのところへ向かうようです。 スポンサードリンク 約束のネバーランド167話ネタバレの感想考察 今回の子どもたちの活躍は、お見事でしたね! まるでグレイスフィールドから脱出した時のような気持ちになりました。 あの時と違うのは、 ノーマンもいるということです。 エマ、レイ、そしてノーマンの三人が揃った。 それだけでとても心強いものとなりましたね。 さらに 今回は戦闘面でも頼れる仲間たちが増えました。 ドンやギルダも頑張っていますしね。 ギルダのピンチにアイシェが駆けつけてくれたのは、熱い展開でした。 以前ドンとギルダがアイシェとの親密度を上げていたおかげで起こったイベント、といったところでしょうか。 そしてピーターですが、今のところは子どもたちにいいようにされています。 ただ、 今の状況に対して指示を出していたのは鬼側です。 ピーターはずっと考え込んでいましたね。 この沈黙が不気味です。 さらに、イザベラが今回は描かれていません。 このグレイスフィールドの中で、 一番手強いのはイザベラと言っても過言ではないでしょう。 イザベラがラスボス的存在となり、再び子どもたちの前に立ち塞がるのか。 それとも今度はママとして、子どもたちを守ってくれるのか。 イザベラの出方が今後の鍵となっているような気がしますね。 スポンサードリンク 約束のネバーランド167話ネタバレまとめ グレイスフィールドにエマたちが到着しました。 ピーターは彼らが人質の元へ向かうことを予想しており、鬼たちを配置していました。 そこへ奇襲がかけられ、人質たちは部屋の外へ出ます。 エマたちは残りの人質の元へ向かいました。 そこで イザベラと再会します。 ピーターは多くの王兵を使い、退路を断ちます。 しかしエマたちの本当の目的とは脱出ではありませんでした。 エマたちはグレイスフィールドを占拠しようとしていたのです! エマたちはどうやってグレイスフィールドを占拠していくのでしょうか!? また、イザベラはどう動くのか!? 次回のを楽しみに待ちましょう!.

次の