エア フロリダ 90。 航空事故の一覧 (1980年から1999年)

ポトマック川

エア フロリダ 90

Arabic Bulgarian Chinese Croatian Czech Danish Dutch English Estonian Finnish French German Greek Hebrew Hindi Hungarian Icelandic Indonesian Italian Japanese Korean Latvian Lithuanian Malagasy Norwegian Persian Polish Portuguese Romanian Russian Serbian Slovak Slovenian Spanish Swedish Thai Turkish Vietnamese 墜落したエアフロリダ90便の尾翼部分 エア・フロリダ 90便 概要 日付 原因 着氷・着雪に対する操縦士の認識不足 場所 ・ 死者 78 負傷者 5 航空機 機体 航空会社 機体記号 N62AF 乗客数 74 乗員数 5 生存者 5 表 ・ 話 ・ 編 ・ 歴 エア・フロリダ90便墜落事故とは、1982年1月13日16時1分(東部標準時)ごろ、ワシントン・ナショナル空港(当時、現在は改称して)を激しいのなか離陸した90便(-222、:N62AF)が、離陸直後に氷結したに架かる橋梁に激突・墜落したである。 乗員乗客79人の内74人、橋梁上の自動車の中にいた4人の合わせて78人が死亡した。 客室乗務員1人と乗客4人が救助された。 また、水没しなかった尾翼部分にしがみついた生存者の救助を多くの人々が見守る映像は大きな衝撃をあたえた。 なお、この事故をきっかけにエア・フロリダの経営は悪化し、2年後には倒産してしまっている。 事故の概要 記録的寒気 1982年の1月第2週は、米国東海岸地域に歴史的寒波が襲い、首都ワシントンでも数日にわたって低温が続き自動車が路上で立ち往生するなど日常生活にも支障をきたしていた。 もこの日正午の段階でようやく滑走路が使用可能となったが、再びいつ閉鎖になるかわからない状態だった。 当該機およびクルーは当日朝にフロリダを出発して午後1時45分にワシントンに到着し、折り返し経由行き90便となったが、降雪によりが一時閉鎖になり1時間45分遅れとなっていた。 除氷作業 駐機中に行われた、機体に降り積もった雪の除去は高圧温水と等の不凍液の混合物の噴射により行われたが、その混合比率は気温によって異なり、また、除氷を目的とする場合と、その後の着氷防止を目的とする場合でも混合比率が異なる。 途中で滑走路が一時的に閉鎖になったことにより除氷作業も中断があり、オペレータが交代した等で混乱し、また、噴射ノズルも非正規品が使用されていたため正しい混合比率の液体が使用されなかった可能性が高い。 パワー・バック から離れようとした際、タグ(牽引車)がスリップして動けなかったため、クルーはエンジンを始動してで後退しようとした(米国ではこのような逆噴射による後退は時と場合によっては許されている)。 しかし、30 - 90秒間にわたり逆噴射を行ったが結局機体は動かず、また、地上業務を代行していたではそのポリシーとして後退時に逆噴射を行うことを禁止していることをタグのオペレータに告げられ断念、最後はタグをタイヤチェーン付きのものに取り替えて後退することに成功した。 この逆噴射操作により雪や氷、水を巻き上げ機体のあちこちに付着させることになった。 チェックリスト エンジン始動時のチェックリスト読み上げに際して、アンチ・アイス(防氷装置)の項目を副操縦士が読み上げたが、機長は「OFF」と答えている。 副操縦士も何ら疑問を持った様子はなかった。 離陸待機 ボーディングブリッジを離れてから、他機とともに一列に並び順番待ちをしている間、クルーは直前機(ニューヨーク航空)との距離を故意に短くしてを行った。 前機のエンジン排気により着氷を溶かせるとの考えであったが、これは間違いだった。 機体製造者である社のマニュアルによれば再氷結の危険が高いので、低温下では標準より距離を大きめに取ることとされている。 04」であった。 スロットルレバーを押し込んだ際、いつもより EPR の上昇が早く、オーバーシュートしたのが異常の前兆だった。 さらに副操縦士は離陸滑走を開始した直後から異常を感じ、数度にわたり「これは違う(おかしい)」と呟いている。 規定どおりの EPR にセットしたわりに加速が悪く、エンジン排気温度や回転数その他のパラメータがいつもとは異なっていたためだが、これに対し機長は「今日は本当に寒い日だ」と答えた。 すなわち、気温が低いとエンジンの効率が上がるので、いつもと違っていてもおかしくはないというニュアンスを含んでいた。 速度を維持するために引いていた操縦桿を押し戻す等の試みはなされたが、推力を上げるためのスロットルレバー操作は最後まで行われず、高度が下がっていき、ついにはポトマック川橋梁をかすめて渋滞中の自動車数台を巻き込んだ末、氷の張った川面に墜落した。 墜落直前、機長は「飛んでくれ、500フィートでいいんだ・・・機体がほとんど上がらない・・・我々は失速している! 」と叫び、副操縦士が「落下しているぞ! 」と言ったのに対して「I know it! 分かっている! 」と答えた。 直後に響いた、橋に衝突した衝撃音がの最後の記録となった。 原因 で撮影された事故機 NTSB は直接の原因として下記の点を指摘した。 クルーはエンジン防氷装置 Anti-Ice を OFF にしていたこと。 これによりエンジン圧力比 EPR 測定のための圧縮機入り口センサー開口部が氷雪によって閉塞し、この結果コックピットに誤った EPR を表示(事故後の試験では実際の EPR は 1. 70 程度だったと推察されている)することになった。 翼に雪や氷が付着した状態で離陸を開始したこと。 除氷作業終了から管制塔の離陸許可までに時間を要し、この間に再び機体に雪が降り積もってしまった(離陸待機中の後続機の機長はそのクルーに対して、「見ろよ、あの飛行機、ごちゃごちゃ積んだまま行くぜ! 」と発言している)。 これに加えて、当該 737 型機は主翼前縁部に僅かでも氷雪付着があると離陸時に急激な機首上げを生じるという機種固有の既知の特性を持っていた。 離陸滑走の早い時期に異常に気付いたが、離陸を中止しなかったこと。 副操縦士はエンジン計器の指示に何度も異常を訴えたが、機長はそれを無視するか、または「問題なし」と応じた。 また、離陸直後にスティックシェーカーが作動した際に、エンジン出力を「全開」としていたなら、墜落は免れただろうと結論している。 事故機はにが導入したもので(ユナイテッド航空時代の機体記号はN9050U)、にエア・フロリダに売却されている。 生存者の救出 墜落現場となったArland D. Williams Jr. 記念橋 事故の衝撃があまりにもひどかったため生存者がいないと思われていたが、割れた氷の上に6名の生存者がしがみ付いていた。 しかし現場は同時刻に偶然発生した交通事故により緊急車両が近づけないほどの交通渋滞が発生していたため、レスキュー隊の到着が遅れていた。 事故から20分後に国立公園管理警察の救助ヘリコプターが駆けつけた時に、男性の乗客に命綱を渡したが、彼は2度にわたって近くにいた女性に譲った。 また2度目の救助の時に女性が命綱から手を離してしまい氷の上に取り残されていた時、群衆の中から2名の男性が飛び込み、そのうちの一人のアメリカ連邦議会予算委員会職員の男性が女性を救助したことが評判になった。 一方、女性に2度も命綱を譲った男性であるが、救助ヘリが3度目に戻ってきた時には、既に力尽き水面下に沈み二度と姿を見せなかった。 結果的に生存者の救助を映した映像(腕が映っている)が生前最期の映像となった。 この男性であるが後に引き上げられ事故で唯一の水死者(他の犠牲者は衝撃で死亡していた)であったと判明した。 男性は46歳の銀行監査官アーランド・ウィリアムス w:Arland D. Williams, Jr. であった。 彼はアメリカ政府から救助ヘリの乗員2人とともに自由勲章が授与され、その後、彼の偉業をたたえ事故現場となった橋が "Rochambeau Bridge" にちなんでいた から "Arland D. Williams Jr. Memorial Bridge" と改名された。 また、他にも彼を記念して命名された施設がいくつかあり、彼の郷里のにはに彼の名が付いた小学校が新設されたという。 外部リンク• Webmaster Solution Alexandria A windows pop-into of information full-content of Sensagent triggered by double-clicking any word on your webpage. Give contextual explanation and translation from your sites! Try or get the SensagentBox With a , visitors to your site can access reliable information on over 5 million pages provided by Sensagent. com. Choose the design that fits your site.

次の

エア・フロリダ90便墜落事故 : definition of エア・フロリダ90便墜落事故 and synonyms of エア・フロリダ90便墜落事故 (Japanese)

エア フロリダ 90

ボーイング737-200 この小さな航空会社の転機となったのは、にカーター政権によって行われたディレギュレーションであった。 エア・フロリダはその年の12月には初の州外路線であるマイアミ-間の路線を開設。 エア・フロリダを率いた元のエドワード・C・アッカーは新規路線や新機材の投入を積極的に行い、わずかの間に全米へ路線網を拡大した。 さらに、には初の国際線となるマイアミ-線をを使って開設。 同じ年にはやへ定期便を就航したほか、欧州各地へチャーター便を運航するなど急成長を遂げていった。 行き詰まり [ ] わずか数年で急成長を遂げたエア・フロリダだったが、そんな急成長にも陰りが見えるようになってきた。 アッカーは古巣ブラニフ航空の南米路線を買収し、さらには西ベルリンを拠点にしていたにも資本参加し、買収を狙ったが失敗してしまった。 さらに、そのアッカー自身がライバルである名門大手の(パンナム)へ移り、社長になってしまった。 アッカーの後のエア・フロリダの経営陣は短い間に交代して安定せず、一方パンナムに移籍したアッカーは、今度はエア・フロリダに対して値下げ攻勢を行うようになった。 こうして、エア・フロリダの行く手には暗雲が漂い始めた。 破局 [ ] そんな中の、を離陸した行きの90便がに墜落、乗客乗員74人と地上で巻き込まれた4人の計78人が死亡するという大事故()を起こしてしまった。 この事故によって利用客は激減し、エア・フロリダは定期国際線からの撤退を余儀なくされた。 こうして、急成長を遂げたエア・フロリダも、事故後は坂を転がり落ちるように衰退、路線も縮小していき、1984年には倒産。 その年のには全ての運航を停止し、消滅してしまった。 所有していた機材 [ ].

次の

エア・フロリダ90便墜落事故 : definition of エア・フロリダ90便墜落事故 and synonyms of エア・フロリダ90便墜落事故 (Japanese)

エア フロリダ 90

概要 [ ] 「ポトマック」の名前の由来は、の一部でかつて東部に住んでいた、の一部族ポーワタンPowhatanの読みが風に訛ったものであるとされている。 また、その他には、「ここで人々を取引する場所」や「貢物に(人が)なる場所」という意味が由来であるという説もある。 (45年)3月に、当時のの夫人が、のをアメリカ合衆国ののポトマック河畔に植えたいと考えている ということを知った当時のが、日米親善記念 、及びの際に、アメリカ合衆国が日本に対して好意的だった事への謝意もこめて 、の桜並木の桜を穂木とした苗木を米国に贈り、その桜がポトマック川の入り江のの付近に植えられた縁 から、とは姉妹川の関係にある。 また、に荒川堤の桜が枯れてしまったときに、ポトマック川の桜をワシントンD. がへ贈呈し、それを荒川堤に植えたという事もあった。 尚、日本でも有名な、この川沿いの桜は、毎年3月中旬に頃を迎える。 その頃には、タイダルベイスンでが開催されており、毎年、遠方からも多くの観光客が訪れる。 地理 [ ] 北東部に源を発し南東へ向かう。 の中心部を流れに注ぐ。 中下流域はとの境界を形成している。 ポトマック川の上流部では、北ポトマック川と南ポトマック川の2つの大きな河川に分かれており、北ポトマック川 North Branch Potomac River の水源は、ウェストバージニア州のグラント、タッカー、プレストンの3郡の境界に位置するフェアファクスストーンである。 一方南ポトマック川 South Branch Potomac River の水源は、バージニア州の北部付近にある。 南北両ポトマック川は、ウェストバージニア州グリーンスプリングの東で合流する。 またさらに下流のバージニア州及びメリーランド州との州境近くのでとも合流している。 支流 [ ]• ワシントンD. 付近(と) 脚注、出典 [ ]• Geological Survey. National Hydrography Dataset high-resolution flowline data. 2012年10月07日閲覧• Ojibwe: Baadimaag-ziibi, from biidimaw "bring something to somebody" Freelang Ojibwe 辞典• (ホームページ 2012年11月03日閲覧 )• (ホームページ 2012年11月03日閲覧 )• (ホームページ 2012年11月03日閲覧 )• 『Mc-Graw-Hill』 Reading Laboratory Rose 3a Rate builder 制作• 『 BOOK 2~アメリカへの旅』著 社• 『Mc-Graw-Hill』 Reading Laboratory Rose 3a Rate builder 制作• 『Mc-Graw-Hill』 Reading Laboratory Rose 3a Rate builder 制作 関連項目 [ ]• - にポトマック川に墜落した航空機事故。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の