雪風 ドロップ。 【アズールレーン】雪風の評価とスキル/おすすめ装備と編成例【アズレン】

【艦これ】4

雪風 ドロップ

「もっともっと早くなってもいいの?」 ドロップマップ・お奨めドロップマップ 海域 ドロップマップ 1. 鎮守府海域 2. 南西諸島海域 2-3、 2-4全域 3. 北方海域 3-2、3-3(ボスを除く)、3-4(ボスを除く) 4. 西方海域 4-1、 4-2、 4-3 5. 南方海域 5-1 6. (2-4の攻略中にドロップする方が結構いる様子) 2-4では全域でドロップが確認されていますが、 島風堀りをするなら特に 2-4-1(2-4の1戦目)に出撃・撤退を繰り返すのが一番効率が良いです。 2-4-1の島風ドロップ率は約1. そして2-4-1では敵空母・戦艦が出てこないので、2-4全体を周回したり他のマップに島風堀りに出かけるよりも中大破の危険性が少ない為、島風を狙うなら2-4-1が良いのです。 また、2-4-1では多数の重巡(羽黒・鳥海・足柄・摩耶etc…)や軽空母(祥鳳・龍驤・隼鷹)もドロップするので、それらを集めたい方は島風を狙うついでに多数ドロップも見込めます。 と、ここまでドロップについて書きましたが、急ぎで入手する必用のない方は島風については 建造で狙うほうが楽だったりもします。 このレシピをデイリー建造任務消化も兼ねて1日4回回せば、1ヶ月で約120回回せます。 島風について 島風は1941年に次世代の艦隊型駆逐艦として建造開始された、一等駆逐艦です。 Newer:• Older:.

次の

【アズールレーン】ドロップ狙いおすすめ周回海域【アズレン】|ゲームエイト

雪風 ドロップ

図鑑データ 艦名 雪風 図鑑No 5 艦級 8番艦 艦種 CV 絵師 「陽炎型駆逐艦8番艦、雪風です!どうぞ、宜しくお願い致しますっ!」 概要、いつでも出撃できます! 日本軍史にその名を刻む伝説の駆逐艦「 」をモデルとした陽炎型の駆逐艦娘。 回避と運の数値が際立って高い娘。 史実の・雪風が終戦までほぼ無傷だったを踏まえ、回避は(と並び)全艦船中トップ。 その他のパラメータも島風同様駆逐艦の域を逸して高く、特にのパラメータは初期値ですら破格の 50、改にすると脅威の 60にまで達し、全艦娘中で(初期値55/改装後70)に次ぐ高い数値である。 も通常建造可能な駆逐艦の中では島風とともにトップ。 とはいえ、・はそもそも建造で入手できる艦のほうが少ない(大部分がドロップやイベント報酬のみ)ので、艦型全体でいうとむしろ適切なレシピで建造を繰り返せば入手可能な雪風は入手容易な部類に入る。 幸運の女神の容姿を感じちゃいます! ではあるがキャラデザインは他の陽炎型とは異なっており、は他の初期実装の陽炎型に共通する・・・スカート・・白いは身に着けていない。 最近実装されたや、、が同じ水兵服でスカートをはいている為、雪風に「の制服にスカートはいてない」疑惑が浮上している。 (絵師が異なるので断定はできないが) 2014年の夏イベントで実装されたが雪風と同じ服装なため、第一小隊の制服と考えることも出来る。 地味に注目すべきところは手に持っているモノで、他のが魚雷やら単装砲やらやらの武装を持っているのに対し、雪風だけはなぜかを手にしている。 雪風のを担当したしずまよしのり氏いわく「史実では60隻くらいの友軍艦のを見てきたと思われます。 これをもとに、 見ることしかできないとして、雪風に双眼鏡を持たせてみました」との事。 2014年夏には雪風がが実装されており、四コマではよろしくトラウマとなっていた。 雪風の双眼鏡はに濡れているのである。 艦これ第一期の最後のイベントであるの開催期間中は、完全新規と言うほど大きな変化ではないが決戦仕様として鉢巻きを巻いた差分グラフィックに変更された。 2019年7月18日のアップデートで実装された。 てーとく指定のスクール水着の上に白色のパーカーを着込んでいる。 右腕には「第十六駆逐隊 雪風」(右書き)と錨のワッペンがついており、左肩から双眼鏡が入ったバッグをかけている。 なお、魚雷はキーホルダーにぶら下がっている模様。 標準グラに比べ垢抜けた印象を受ける。 夏のお嬢さんmode で販売されたクリアファイルの描き下ろしイラストとして先行公開されていたグラフィックだが、2019年8月8日のアップデートで雪風 改に実装された。 未改造の雪風は前述の水着姿のままである。 清楚なに着替え、大きなを被っている。 両手首にはチュチュかリストバンドらしきものがある。 ワンピースの胸元のリボンには端に錨型の刺繍があしらわれており、麦わら帽子にはリボンとが飾られている。 左肩からは藤籠風のカバーに収められた主砲を掛け、スカート下には魚雷がのぞいている(ワンピースの下にどうやって吊っているのかは不明)。 水着modeよりさらに洗練された美少女となっており、前の限定グラフィックからの実装スパンの短さもあって提督たちを驚愕させた。 不沈艦の性能は、伊達じゃないのです! 基本性能はに多少劣る(雷装マイナス10。 それでも艦並の高水準)が、彼女の最大の特徴である「運」は時の発動率に大きく影響を与える事が判明しており、運60となる彼女の場合、なんと 八割方の確率で発動するとの報告が寄せられている。 この為、 夜戦においては第一・第二スロットに装備でのカットイン攻撃で非常に高いダメージを叩き出すことができ、夜戦でのダメージ期待値は本作でもトップクラスとされる。 素の雷装値も・に次ぎとの3位タイであり、その他の能力も前述した通り非常に高い。 ちなみに、島風とは異なり燃費的は他のと同じため、費用対効果的には雪風が優っているともいえる(とはいえ駆逐艦の燃費など誤差のようなものだが)。 また、の追加によって陸軍潜航艇の建造が可能になり、唯一運のパラメータを上げる事が可能なまるゆを使った近代化改修が解禁された。 これにより、ただでさえ高い雪風の運を 最大99まで高められ、回避とカットインのとなる。 ただし、大量の資源を使うので大型艦建造は余裕を持って行おう。 なお、改修後の運最大値が99以上になるのは、現状では雪風の他はと、前述ののみである。 今では雪風を超える性能に達する駆逐艦は多くなったものの、サービス開始から現在まで、 改二未実装でありながら駆逐艦屈指のエースアタッカーという、不動の地位を築いている。 2018年4月23日ににが実装されたことで、遠からず更なる改装が実装される可能性が出てきた。 余談だがの実装予告が「坊ノ岬からの帰還艦」であったために雪風も候補に挙がることとなったが、「初霜以上に幸運エピソードが多い」「現状でも改二相当だからコモン艦が優先される可能性が高い」といった状況から候補が却って絞られることとなった、という他艦では有り得ない状況が起こった。 余談「yaggy」 ちなみに雪風は駆逐艦の八番艦であり、そのため建造時間も他の陽炎型 ・・ と同じ24分となっている。 そのため雪風狙いでレア駆逐艦レシピを回して雪風以外の陽炎型が出てくるという悲劇が後を絶たず、彼女達はそのの頭文字をとって「」などと呼ばれていた。 もっとも最近はレア駆逐艦レシピでこの状況が起こる確率は非常に低いことが判明している。 2014年3月には海外艦である、が実装されたが、こちらも建造時間が24分であるため、雪風すらハズレ扱いされる YNB 雪風になるビーム こととなってしまった。 他に無改造で対空改修ができるのは・・と、雪風を含めて全員ホロレアの艦娘である。 新しい仲間との組み合わせが進水しました! 他の艦と並べて描かれる場合、 とにかく史実ネタが豊富なため、 カップリング相手が多いのが特徴である。 タグのある組み合わせだけでも(浜風)、(初霜)、(比叡)、(時雨)などが挙げられる。 その他にはとのカップリングのがあるが、これは絵師とゲーム中で規格外の性能を持つ両艦というゲームでのつながりから派生したカップリングであり、史実でのつながりはほぼ皆無である。 唯一、1944年4月にリンガ泊地へ向かう大和や摩耶を共に護衛している。 ) は各タグ記事を参照。 その幸運たるや、自らに直撃した魚雷や機雷、の不発にまで及んでおり、もはやじみている。 ならぬ異能生存艦とでも言いたくなるである。 事実、沈まずに生き延び続けた事で搭乗員の練度は極めて高い水準にあったようで、「雪風なら確実にデータを取って持ち帰ってくる」との信頼から最新鋭の技術が次々投入されている。 中の図鑑内でので 「奇跡じゃないですっ!」と主張しているのは、この辺りのエピソードが由来しているのかもしれない。 他の艦隊を遠征に送り出す時は 「絶対、大丈夫!」と激励してくれる。 余談だがこの台詞、魔法少女ネタとして考えると、 ある意味よりもと言えるかも・・・ 同じく艦隊全滅レベルの戦闘から生き延び続けた幸運の駆逐艦とは、「」と並び称されたが、残念ながら時雨は終戦を目前にして撃沈されてしまった。 終戦後は復員輸送艦として、多くの人々を母国へと復員させた。 その中には、かの有名なもいたという。 また、 一説には雪風の除籍日は11月30日とされる それ故か水木先生のイラストの中には、雪風があの世へ送り届ける役を担ったイラストも見受けられる。 1947年7月3日、(の)に賠償艦として引き渡され、(タンヤン)と名を改められ、中華民国軍旗艦として最後の最後までその任を全うし、解体処分となった。 謂れなき風評 が壊滅的損害を受けようとも雪風だけは無傷で帰ってくる事から、他の艦の運を吸い取ると呼ばれ、他艦から同行を嫌がられる事さえあったと言われるが、 これはフィクションである。 戦時中の記録資料や研究家の調査結果から、 雪風だけが無傷で帰ってきた戦いは一度もなく、むしろ雪風とともに行動した場合、仲間の被害は少なかった事が判っている。 概要はでも確認できるが、艦これ提督有志によって、太平洋戦争中の雪風の行動記録を時間刻みで纏めた なるものまで作成されており、雪風の本来の歴史に触れることができる。 雪風と言えば「太平洋戦争中の主要な十数回の戦闘に参加し…」と言う紹介が定番だが、十数回というのは雪風が参加した中で特に有名な海戦に限った数である。 太平洋戦争中の駆逐艦は車引き、奴隷船と船員が自嘲するほどこき使われ、雪風も80回以上、100回前後の作戦任務で出撃したが、その中で同伴した仲間に被害が出たのは1割程度に過ぎなかった。 何故実際の経歴とかけ離れた悪評が広まったのか? ある雪風の元乗組員が戦後に受けたインタビューの中に「幸運艦の噂が大きくなると厄神とか鬼神とか逆の噂を流す連中も出てきたらしいです」と言う推理がある。 先ず死神と呼ぶ目的ありきで理由は後からこじつけた形跡は、しずまよしのり氏の発言にもある、「史実では60隻くらいの友軍艦の最期を見てきた」と言う一節からも伺う事ができる。 この60隻という数の根拠として確認できるのは由来のである(リンク先、下部の一覧参照)。 太平洋戦争について真面目に調べた事がある人なら、で沈んだたち四空母やで沈んだたち三空母の名前が含まれているのを見て頭を抱えるだろう。 「同じ作戦に参加していた」という理由で、雪風が参加した戦いで沈んだ船であれば、艦隊編制が違かろうと、作戦海域が遠く離れていようと、一切合切お構いなしに雪風の幸運不運の関係者にしている。 長生きした船であるため仲間を彼方に見送ったのは確かだが、かなり誇張しているのだ。 まさか、当時の兵隊が「遠い海域で違う船を護衛していた雪風が赤城の運を吸いとった」と考えたとでも言いたいのだろうか…? 、、、、、と言った、雪風が参加していない海戦で沈んだ艦まで加えて水増ししているのは、最早何をか言わんやである。 雪風の側にいた艦や護衛対象は必ず沈んで雪風だけ生き残った、という風評に史実的な根拠はない。 と言うネタのため、戦争を生き残った幸運艦である雪風に目をつけ、死神と呼ぶための理由をでっち上げたのが本当のところだろう。 損傷が少ない故に休むことなく出撃した雪風は、戦争の終わりまでに多くの仲間の最後に立ち会ったが、それより遥かに多くの作戦を仲間たちと成し遂げた功労艦である。 フィクションの中で経歴を脚色するのはプロもやっていることだが、 それを事実であると広めるのは悪意がなくとも欺瞞であり当事者には中傷であることを忘れてはいけない。 メディアミックス 主役のノベライズ「」において冒頭のとの交戦に参加。 雪風と同じく終戦まで生き延びたのとの絡みが多く、事実上のである彼女を「響さん」と呼んでいる。 他のはの・と、の・と正に艦隊の主力メンバーであり、途中撤退こそしたもののそうした面子の中に混ぜられる雪風(と響)の存在感の大きさが分かるだろう。 四コマ「」では駆逐艦随一の史実ネタの豊富さから登場頻度が高い。 ネタも多いが同時に凄惨な史実の積み重ねでもあるため、吹雪曰く「雪風ちゃんはその手の思い出が多い」。 同室だった初風が夜ごと雪風の(「雪風は沈みません」)を聞かされてうなされるため、同室を嫌がられていた(隣室になった後もうなされていたが)。 その後同室となった島風のみ寝つきが良いおかげでうなされずに済んだ模様。 余談…「新たな姿」と「来世」 武功艦としてその名を轟かせた彼女には、戦後の「新たな姿」と、その名を受け継いだ「来世」というべき艦が存在する。 終戦まで無事に生き残った彼女は復員船として従事したのち、戦時賠償艦としてへ引き渡され、 中華民国海軍旗艦「(タンヤン)」と改名される事となった。 側へと引き渡された際には乗組員達は最後の最後まで入念に整備を行い、連合国側から「敗戦国の軍艦でもかくも見事に整備された艦を見た事が無い。 まさに驚異である」と感嘆されたという。 かのが乗艦し、また更に幾つもの実戦を乗り越えるなど異国の地でも平穏な日常とは言い難い日々を沈むことなく過ごすも、機関部の老朽化によって訓練艦へと変更され、最終的には暴風雨に巻き込まれた事で艦底を破損。 日本の旧雪風乗員が中心となった「雪風永久保存期成会」によってへの返還交渉が実現一歩手前まで進んだと言われるが、艦底の破損が致命傷となり、返還輸送に耐えられないと判断された為か、故国に戻ることなく解体処分となった事が1970年に日本側へと伝えられる。 解体されたのち操舵輪など船体の一部は返還され、それらを受け取った旧雪風乗員達は「あの雪風がこれだけになってしまった」と男泣きしたという。 「奇跡の駆逐艦」は最後まで戦闘で沈む事なく、天寿を全うして逝ったのであった。 ちなみに、丹陽時代、いきなり敵の艦と遭遇してしまったのだが、それまで出力が低下していた機関がいきなり息を吹き返し、往時に匹敵する出力を引き出し、逃走することに成功するなど、幸運は尋常ではない。 台湾においては現在でも、丹陽は日本でいうところの戦艦三笠、長門、大和といったようなポジションの、象徴的な艦として人気が高いそうである。 そしてもう一つ。 1956年、一隻の「」がのへと配属されている。 終戦から十数年が経過し、敗戦時から復興を果たしつつある日本に再び軍艦の建造が認められる事となる。 それが新たに発足した海上自衛隊にとって極めて重要な意味を持つ戦後日本最初の国産護衛艦、だった。 1961年には第2代自衛隊旗艦を務め、1963年にはそのものズバリな映画「駆逐艦雪風」に 先代の駆逐艦「雪風」役で出演するなどという出来事も。 その後も実用試験のために数度の改装を受け、1985年に除籍している。 なお、はるかぜ型護衛艦の設計ベースとなったのはであり、の設計も反映されている。 解釈によっては、戦後に生まれた彼女たちの妹とも言えるだろう。 護衛艦「ゆきかぜ」の名が発表された際、旧海軍の関係者や復員船となった雪風のおかげで祖国に帰る事ができた人達は、皆、同じをもって迎え入れたそうである。 関連イラストは沈みませんっ!.

次の

【アズールレーン】雪風の評価とスキル/おすすめ装備と編成例【アズレン】

雪風 ドロップ

【簡易解説】推奨Lv. 建造でZ46を入手出来ていない方は、この海域を周回することをおすすめします。 初心者の方や、少ない燃料で周回したい方は、 入手できていないキャラを目当てにA4,B4を周回することをおすすめします。 敵レベルが低いため周回難度が低く、試行回数を増やせることが大きなメリットです。 キャラのレベルに余裕のある方は、アドミラル・ヒッパーを入手したあとは、D4海域を周回することをおすすめします。 目ぼしい装備設計図のドロップもD1以外無く、またイベント限定キャラも、アドミラル・ヒッパー、ドイッチュラント、低レアのZ駆逐艦以外はドロップ以外の入手方法が存在しています。 アドミラル・ヒッパーを入手し終えた方は、D4で残りのキャラドロップを狙いつつ、Pt素子を集めるといいでしょう。 【簡易解説】推奨Lv. 建造で江風を入手出来ていない方は、この海域を周回することをおすすめします。 初心者の方や、少ない燃料で周回したい方は、 入手できていないキャラを目当てにA4,B1,B2を周回することをおすすめします。 敵レベルが低いため周回難度が低く、試行回数を増やせることが大きなメリットです。 また、油圧カタパルトT3の設計図を入手できる初めての海域となっています。 限定キャラ・油圧カタパルトが欲しい方はぜひこちらの海域を周回しましょう。 目ぼしい装備設計図のドロップD2以外無く、またイベント限定キャラもドロップ以外の入手方法が存在しています。 キャラを入手し終えた方は、D2で油圧カタパルトを狙いながら桜の御守りを集めると良いでしょう。

次の