ストレージ その他。 Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

Androidストレージのその他とは何?不要ファイルは削除して容量を増やそう

ストレージ その他

iPhoneの再起動を行う iPhone本体の再起動を行うだけで、手軽で「その他」を削除可能です。 iPhoneによって再起動の方法は少し異なりますので、自分の使用している機種のやり方を事前にチェックしておきましょう。 しかしこの方法では、「その他」が削除できないケースもあります。 手軽にできるものの、効果が高いわけではありませんので、別の方法も覚えておきましょう。 iPhone内のアプリを整理する アプリ内に溜まっているファイルも、「その他」に含まれています。 そのため、iPhoneで各アプリの使用量をチェックして整理を行えば、ストレージの「その他」を削除できるでしょう。 この方法も、それほど時間はかからず、手軽に削除可能です。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! 削除しても容量が足りない場合は 「削除してもiPhoneの容量が足りない」という場合の対処方法もあります。 それは、次の通りです。 おすすめに提示されているものを利用する• 使用していないアプリを削除する• キャッシュを削除する• クラウドサービスを利用する• 写真や動画を削除する• フォトストリームをオフに設定する• 写真のサイズを圧縮する• 外部ストレージを使用する こうした対処方法を知り、iPhoneを快適に使用できるようにしましょう。 そこに表示されている「使用」をタップするだけで、アプリを自動で取り除き、容量を節約できるでしょう。 この方法であれば、アプリ本体を削除するだけでユーザデータは残り、すぐに再ダウンロードすることも可能です。 使用していないアプリを削除する 使っていないアプリを手動で削除することも可能です。 「前回使用」で日付をチェックした後、タップしてアプリの詳細を開き、「Appを削除」を選択しましょう。 また「Appを取り除く」を選択した場合、アプリ本体だけを削除可能です。 キャッシュを削除する Safariのキャッシュやアプリごとのキャッシュを削除することで、蓄積したデータを減らせます。 アプリごとのキャッシュを削除する方法は、アプリによって異なります。 また、専用のクリーナーソフトを使用して、iPhone内のいらないデータを削除することも可能です。 「Googleマップ」などのアプリは、キャッシュやデータが蓄積されやすいので、よく利用する人は、キャッシュを削除しましょう。 その方法は、次の通りです。 Googleマップの左上にある3本の横線のボタンをクリック• 「設定」を選択• 「概要、利用規約、プライベートポリシー」を選択• 「アプリのデータを消去」を選択 この手順で、キャッシュデータを削除できます。 クラウドサービスを利用する オンライン上のサーバーにデータを保管できるクラウドサービスに、本体のデータをアップロードしておけば、ストレージの容量を増やせます。 できるだけデータを削除したくない人は、クラウドサービスを利用することをおすすめします。 主なクラウドサービスとその特徴は、次の通りです。 主なクラウドサービス 特徴 Dropbox• 無料プランの容量が2GB• 他のサービスとも連携可能• 安定した動作で使いやすい など OneDrive• Microsoftのクラウドサービス• 5GBまで無料• Windowsを利用していれば非常に使いやすい など Googleドライブ• Googleのクラウドサービス• 15GBまで無料• 他のGoogleのサービスとも相性がよい など iCloud Drive• Appleのクラウドサービス• 5GBまで無料• iPhoneのバックアップ先としても活用可能 など BOX• 無料プランの容量が10GB• セキュリティの厳重さに定評あり など Amazon Photos• Amazonの画像クラウドサービス• プライム会員であれば実質無料• 画像を圧縮することなく保存可能 など 有料プランを利用すれば、たくさんの容量に変更可能です。 写真や動画を削除する iPhone内にある、残す必要のない写真や動画のデータを削除することで、「iPhoneの容量が足りない」という問題を解決できます。 「iOS8」以降の場合、完全に削除されるまでに30日かかりますが、最近削除した項目のアルバムを選択し、再度削除すれば、すぐ完全に消去できます。 残す必要のない写真や動画を整理し、削除しておきましょう。 「マイフォトストリームにアップロード」を無効化しておけば、本体の容量を圧迫することが防げるでしょう。 オフに設定する方法は、右端にある白い丸を左にスライドするだけです。 写真のサイズを圧縮する iPhoneに保存されている写真のサイズを圧縮すれば、お気に入りの写真を削除することなく、ストレージを増やせます。 写真のサイズを圧縮する方法は様々ありますが、専用アプリを利用することをおすすめします。 様々なアプリがありますので、自分に合ったサービスを選びましょう。 また写真だけではなく、iPhoneに保存している動画を圧縮することもおすすめです。 外部ストレージを使用する USBメモリなどの外部ストレージを利用して、データを保存する方法もあります。 iPhone単体で使えるUSBメモリもありますので、PCを持っていない人でも外部ストレージを使用できるでしょう。 クラウドサービスの使い方がよくわからない人やパソコンを使用していない人などは、外部ストレージを使用し、容量を増やしましょう。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! ストレージのその他を削除してiPhoneの動作を快適に iPhoneストレージの「その他」には、音楽やビデオ、写真などの一時的に利用したキャッシュデータやその他使っていないデータ、過去の設定のログなどが含まれています。 「その他」が大きく、ストレージの容量が足りなくなってしまうと、OSのアップロードができないなど本体に影響が出る可能性があるため、削除して快適にiPhoneを利用しましょう。 「その他」の削除方法は、iTunesを利用してiPhoneを復元する、もしくは、iPhoneの再起動を行うだけです。 iPhone内のアプリを整理する方法もおすすめです。 削除しても容量が足りない場合、アプリやキャッシュ、写真や動画を削除しましょう。 クラウドサービスを利用したり、外部ストレージを使用したりすることもおすすめです。 iPhoneストレージの「その他」を削除して、今まで以上にiPhoneの動作を快適にしませんか。

次の

iPhoneのストレージを圧迫する「その他」って?―その正体と対処法

ストレージ その他

その他:Siri の音声、フォント、辞書などの削除できないモバイルアセット、削除できないログやキャッシュ、Spotlight のインデックス、キーチェーンや CloudKit データベースなどのシステムデータ。 キャッシュ済みのファイルがシステムによって削除されることはありません。 特に、音楽やビデオ、写真などを再生したり、表示したりする場合に、キャッシュデータが作成されます。 そこで、アイフォンを長く使うと、ストレージ内にある「その他」データがだんだん溜まってストレージの容量を圧迫します。 Part 2: iPhoneの「その他」を確認するには それでは、アイフォンストレージの「その他」のデータ容量を確認したい場合に、どうすればよいのでしょうか?iPhone本体とパソコンの両方から確認することができます。 iPhone本体での確認手順 「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」の順でタップして、グレイ色の項目は「その他」です。 iOSデバイスを再起動してその他を削除することは確かに手軽に操作できますが、削除できないや削除してから急に増加することもありますから、その場合に、次の方法2を試してください。 方法2: 不要ファイルが溜まっているiPhoneアプリを整理してその他を削除する 「その他」にはインストールされているアプリ内のキャッシュデータや不要ファイルもたくさんありますから、その他を削除したいなら、iPhoneアプリの使用容量を確認して整理する必要があります。 「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」の順でタップします。 アプリの使用状況をクリックして確認します。 使っていないアプリなら、状況によって「Appを取り除く」や「Appを削除」をタップしてiPhoneから削除します。 不自然に容量の多いアプリなら、削除して再インストールしてみてください。 「Appを取り除く」をタップしたらアプリ本体だけを削除します。 「Appを削除」をタップしたらアプリ本体以外、書類とデータなどすべてのデータを削除します。 すると、iPhone内のアプリデータを整理していらないデータやゴミファイルを削除できます。 しかし、もしお使いのiPhoneでアプリがいっぱいで、1つずつで確認するのは面倒ですから、「その他」を一括に消したいなら、次の方法3を参考にしてください。 具体的な操作方法は、次の部分でご紹介します。 iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続します。 iTunesを起動してデバイスアイコンをクリックします。 「iPhoneのバックアップを暗号化」をクリックしてパスワードを設定します。 「今すぐバックアップ」をクリックしてiPhoneを完全にバックアップします。 iTunesでもう一度確認 そうすると、iPhoneストレージの「その他」の大部分を削除することができます。 しかし、iTunesでデータを完全復元する場合に、「その他」の一部も復元しますので、ここで、バックアップからデータを選択して復元すできる方法をご紹介します。 iTunesバックアップからデータを選択して復元する方法 バックアップからデータを選択して復元したいなら、iOSデバイス向け専用のデータ管理ソフト — を利用する必要がありますから、まず、このソフトを一緒に見てみましょう! AnyTrans for iOSは万能なワンストップコンテンツマネージャーで、。 それでは、早速、iPhoneを初期化してから、データを選択復元して「その他」を徹底的に削除しましょう!.

次の

iPhoneストレージその他が半分に…減らす方法をappleに相談した結果

ストレージ その他

システムとプログラムのみで使用しているCドライブ(SSD245GB のストレージがいっぱいになり内容をチェックしたところ その他で140GB占有していますが、容量の大きい順に表示しても140MBのファイル desktop)が出てくるだけでその他のファイルの表示がありません。 PC、Cドライブで サイズ:巨大の検索をするとWindowsインストーラー修正プログラムファイルが2015年からのものが出てきました。 合計で4152MBとなっています。 現状のバージョンは1709でストップでそれ以後cドライブの容量一杯でインストールができなくなっている状態です。 このインストーラー修正プログラムはCドライブの容量回復のために削除しても良いのでしょうか? また他のHDに移してC:ドライブには残っていないはずのもののデータのファイルも表示されているのですが削除することができません。 どの様に削除し、容量回復したらよいのでしょうか? 現在、Windows 10バージョン1709をお使いということですね。 コルタナの検索窓に「ディスク クリーンアップ」を入力して表示されたデスクトップアプリを起動してみてください。 起動したら、[システム ファイルのクリーンアップ]を選択します。 「不要なWindows Updateのクリーンアップ」などで7~8GBぐらいは空くはずです。 それでも不足しているというのであれば、「その他のオプション」タブにある「プログラムと機能」と「システムの復元とシャドーコピー」の[クリーンアップ]を実行します。 ただし、 「システムの復元とシャドーコピー」の削除は前のバージョンに復元することが出来なくなりますから、自己責任でお願いします。 もし、貴方がiPhoneを利用して、iTunesでiPhoneのバックアップをしているのであれば、バックアップファイルが容量を使用しているか確認してください。 iPhoneのバックアップファイル容量は、Windows標準の容量一覧には含まれなかったと思います。 他の機器のバックアップもPcで取ってはいません。

次の