オートミール離乳食。 離乳食時期、オートミールはいつから?離乳食中期・後期で食べられるレシピをご紹介 [ママリ]

オートミールおすすめ15選|フードスタイリストが特徴や選び方も紹介!

オートミール離乳食

オートミールって何? オートミールとは オートミールとは、 「燕麦 えんばく 」という種類の穀物を脱穀して蒸し、そのあとに潰したものを指します。 グラノーラやコーンフレークに似ていることから、海外では昔から食べられている食品でしたが、日本ではグラノーラが流行り始めたときに、オートミールも知られるようになりました。 オートミールと同じ穀物で私たちに馴染みのあるものといえば、お米ですよね。 通常お米は、脱穀という行程を経て精米されてご家庭に届きます。 脱穀されていない状態のものを、 玄米といいます。 玄米は、胚芽などに含まれる栄養素が残ったままの状態なのですが、オートミールも玄米のようなものと考えると、わかりやすいのではないでしょうか。 オートミールの栄養素 オートミールは、タンパク質、鉄分、カリウム、マグネシウム、カルシウムといったミネラル類、ビタミンB群やビタミンEなどのビタミン類もたくさん入っています。 白米よりも多く入っており、食物繊維に関しては、 白米の約20倍も含まれているといわれています。 30g(1食)中の栄養成分は以下の通りです。 オートミールの効果 ではそんな栄養素たっぷりのオートミールですが、どのような効果が期待出来るのでしょうか。 ダイエット効果に期待あり!? オートミールは糖質量が半分以下に抑えられるということもあり、糖質オフダイエットにいいのではないかと期待されています。 さらに、オートミールには食物繊維が「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類が含まれており、便秘の予防にも効果が期待できるといわれています。 それぞれの食物繊維は、水分を吸収して排便を促したり、独特の粘りで排泄をスムーズにしてくれたり、2種類が合うことで効果がさらにアップするといわれているのです コレステロール対策に効果あり!? オートミールに含まれる食物繊維、特に水溶性のものは、コレステロールを排泄してくれる働きが期待されています。 人間の身体は無くなったコレステロールを補うため、血中のコレステロールを利用しようとします。 そうすることで、結果的にコレステロール量を減少させることが期待されているのです。 血糖値のコントロールに効果あり!? オートミールの場合、血糖値が緩やかに上昇するといわれています。 海外で朝食などによく食べられていることが納得できますね。 血糖値の上がり方を数値化したGI値は55に設定されています。 ごはんはGI値84なので、比較しても低いことが明らかですね。 赤ちゃんの離乳食への使い方 では、栄養素たっぷりで良い効果のあるオートミールを離乳食で使う場合は、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。 いつから食べられる? オートミールだけではありませんが、穀物は1日2食になる生後7〜8ヶ月頃に野菜や果物と一緒に組み合わせて食べると良いといわれています。 もちろん食べ始める時期は個人差がありますので、 離乳食が始まって1ヶ月頃を目安に考えると良いでしょう。 この時期は、離乳食にだんだん慣れてきて、色々な食べ物に興味を示す時期です。 お子さんが興味を示した時が、色々な離乳食を試すチャンスです!その時期を逃さないようにしていきたいですね。 どのぐらいの量食べていいの? 量は白米をあげる時と同じように少しずつ増やしていきましょう。 初めからたくさん用意しても、食べきることはできません。 スプーン1杯から始めることがおすすめです。 また、調理方法も白米と同様に、離乳食を始めたばかりの頃は液体状に近い滑らかなものを作りましょう。 食べれるものが増えてきたら、バナナと合わせたりお肉料理のつなぎとして入れたりするのもおすすめです。 注意点は? アレルギーに注意 健康に良い食品だから誰でも食べられる!というわけではなく、オートミールは穀物のため、アレルギーに注意しなければなりません。 小麦と同じグルテンが含まれています。 小麦ほど多いものではありませんが、離乳食を食べる時期は赤ちゃんにとっても敏感な時期です。 心配な場合は医師に相談するなど適切な処置を行ってください。 おすすめのオートミール3選 原材料情報 原材料原産国は、アメリカ、オーストラリア、カナダ、フィンランドから輸入されています。 また、オートミールの 原産国の異なる原料が混合される事はありません。 若干原料原産国が変わる事によって、味や食感が若干変わる事があるそうですが、栄養成分や品質については問題なくオートミールを楽しむことができます。 また、 最終加工地は日本なので、品質の面でも安心です。 アレルゲン、コンタミ情報としては、オートミール原料の輸送・貯蔵・製造設備は小麦、大豆、その他の雑穀にも使用しているため、アレルギーが敏感の方は気をつける必要があります。 また、最新の設備で夾雑物の除去をしていますが、ごくまれにオーツ麦の穀皮が含まれる場合があるので、離乳食などで 使用する前に必ず確認をしましょう。 また、現段階では、オーツ麦については遺伝子組み換えのものは流通いないため、遺伝子組み替えによる心配もありません。 こだわり 日本食品のオートミールは、日本人にあわせて加工されたえん麦(オーツ麦)を使用しているため、とても人気があります。 もちろん100%のオートミールで、保存料、着色料は一切使用していません。 また、毎日使うのに便利なチャック付きです。 お子さんの離乳食として使うのに安心な 「乳児用規格適用食品」でもあります。 品質 日本食品のオートミール製品は 全て無添加で、原材料はオーツ麦のみ。 とても安心できますね。 また、オートミールは「オーツ麦の全粒をうすで引き割り、それを水蒸気でむらしながらローラーで薄くして、焼釜でロースト」という過程のみ。 加工度が低いからこそ、悪い物質が入る危険性も少なく済みます。 一切の加工助剤を使用していないのも、日本食品の特徴。 香りを安定化する香料や味を整える調味料、色味を統一する着色料、栄養素を調整する栄養素などの添加物は一切使用しておりません。 ネットで大人気なのが、この日本食品『プレミアムピュア オートミール』です。 日本人向けに作られているということもあり、子どものお口に合いやすいのかもしれません。 お子さまの離乳食はもちろん、朝ごはんとしてママも一緒に食べるのも良いですね。 冷たい牛乳かヨーグルトをかけてシリアルとして食べたり、ケーキやクッキーなどのスイーツに使ったり、またハンバーグのつなぎとしても使用できます。 公式HPにレシピなども載っていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 ネット通販でも口コミの多いローカーのオートミール。 ローカーは、オーガニックやリサイクルを推進する活動で数々の賞を受賞する企業姿勢とともに、自然志向の国イギリスで高く評価されているメーカーです。 1983年という早い時期から環境保護につながるオーガニックにいち早く着目しており、信頼と実績のある企業です。 日本有機栽培認定食品 有機JAS としても認定されているので、安心して食べることが出来ます。 利用者の多いクエーカーのオートミール。 パッケージの男の人が印象に残る商品です。 ナチュラルの素材そのままのオートミールはもちろんですが、味が付いているものなど種類があるのも特徴の1つです。 癖がなく、オートミールデビューする人にもおすすめ。 粒は大きめで噛みごたえがあるので、離乳食に使用する場合はすりつぶしたり、こしたりすることを忘れずにので、安心して食べることが出来ます。 行いましょう。 オートミールで離乳食のレパートリーを増やそう オートミールを知らなかった方も、取り入れたくなったのではないでしょうか。 栄養素たっぷりのオートミールは、これからさらに注目が集まること間違いなし!栄養をたくさん与えたい離乳食期から利用していきたいですね。 白米を食べてくれなかったお子さんがオートミールだと食べる場合もあります。 レパートリーを増やして、短い離乳食期を楽しみましょう。

次の

オートミールで作る離乳食の美味しいレシピまとめ

オートミール離乳食

オートミールとはどのような食べ物かご存知でしょうか?日本では、まだ馴染みの無い食品かもしれませんが、アメリカでは定番の朝食となっています。 その栄養素の高さから海外セレブやアスリート、ダンサーの方にも良く食べられており、オートミールはグルテンを含まないグルテンフリーの食べ物としても人気となっています。 オートミールとは何?という方もいらっしゃるかと思いますので、オートミールの栄養や効果効能はもちろん、オートミールの原料として混同されがちな大麦や押し麦との違いやグルテンについても解説いたします。 また、赤ちゃんの離乳食にもおすすめな食材ですので、オートミールを使った離乳食も紹介させていただきます。 そこで今回は、 『オートミールとは?大麦との違いやグルテンフリーなのか』、 『オートミールの栄養と効果効能』、 『オートミールの赤ちゃんの離乳食』についてご紹介します。 これで、オートミールとは何かわかっていただけるかと思いますので、明日から朝食はオートミールで決まりです! 目次• オートミールとは?大麦との違いは? 「オートミールとは何か?」と聞かれるとちょっと考えてしまいますよね。 外国映画でよく観かける朝食に食べている薄い茶色っぽいシリアルと言えばイメージできるでしょうか。 オートミールは、オーツ麦=燕麦 えんむぎ を蒸して、押し麦にして作られた食品です。 オートは「オーツ麦」、ミールは「食事」であり、オーツ麦を食べやすく、調理しやすく加工したものになります。 押し麦に見た目は似ていますが、押し麦はオーツ麦ではなく、大麦を押し潰して加工したものになります。 オートミールの原料がその見た目から押し麦=大麦と混同しやすいのですが、オートミールの原料はオーツ麦であり、大麦ではありません。 ちょっと甘味もあるのでヨーグルトを加えたり、お菓子がわりに食べる人も結構いるようです。 オートミールは、味付けされていない燕麦 えんむぎ だけで作られているのでそのまま食べるのではなく、ひと手間加えて食べるのが主流です。 甘味も加えていないため本当に主食というイメージですね。 海外では、基本は水や牛乳で煮込んでお粥のようにして食べたり、牛乳をかけて食べることが多いのですが、トッピングにお好みのナッツ類やドライフルーツを加えてもおいしく頂けます。 味付けやトッピングを加えるだけではなく、オートミールでお菓子を作ることもできます。 オートミール作ったクッキーはしっとりした歯ごたえで、いつもと違った食べ方を楽しめます。 オートミールはグルテンフリー? グルテンとは、小麦やライ麦などの穀物に含まれている「グリアジン」と「グルテニン」を水と一緒にこねるとできるたんぱく質の1種です。 このグルテンによりパンに弾力や粘りを作りだすので、パン作りには欠かせい成分になっています。 しかし、グルテンは、良いことばかりでなく、「セリアック病」という、グルテンに対する免疫反応が引き金なって起こる自己免疫疾患の患者が摂取すると小腸の炎症により、栄養が吸収できなくなってしまう病があります。 また、セリアック病だけでなく、グルテンが様々な問題を引き起こす原因となることがわかってきており、グルテンが含まれないグルテンフリーの食事の需要が高まってきています。 有名なスポーツ選手がグルテンフリーの食生活を取り入れているということでも話題になりました。 オートミールはグルテンフリーの食べ物として健康に良いとされる食べ物の一つとして人気です。 ただし、厳密にいうと、オートミールは全くのグルテンフリーではありません。 これは、オートミールの原料であるオーツ麦に含まれるグルテリン系のタンパク質(小麦の場合グルテニン)やプロラミン系タンパク質のアベニン(小麦の場合グリアジン)が含まれる為です。 これらは、小麦に含まれるグルテンと似た働きをします。 一般の方は特に神経質になって注意する必要は無いと思いますが、オートミールは、グルテンフリーとはいえ、セリアック病の人は注意が必要です。 なお、CODEX委員会やFDA 米国食品医薬品庁 の規定した規則では、グルテンの含有量がゼロでなくも「グルテンフリー」の表示が可能となっています。 また、日本ではグルテンフリーの表示について規則はありません。 【スポンサーリンク】 オートミールの栄養と効果効能 オートミールのカロリーは100gあたり約380kcal。 糖質は100gあたり約59. 7gになります。 白米と比べると、白米は100gあたりのカロリーが約356kcal、糖質が約36. 7gとなりますので、オートミールのカロリーと糖質は、高いことがわかります。 オートミールに含まれている主な栄養素は次の通りです。 不溶性食物繊維• ビタミンB6• 亜鉛 これらの栄養素により、以下のような効果効能が期待されています。 便秘予防と腸内環境改善• ダイエット効果• 基礎代謝アップ それぞれの効果効能について、詳しくみてみましょう。 【便秘予防と腸内環境改善】 オートミールには食物繊維が豊富に含まれています。 これらの食物繊維は効果効能が違います。 オートミールに含まれている 不溶性食物繊維は、水分を吸収して便を膨らませ排便を促したり、老廃物などを排泄しやすくするデトックスの効果があります。 水溶性食物繊維は水に溶けやすい性質を持っています。 水に溶けるとゲル状なり、善玉菌を増やし腸内環境を正常に保つ働きをします。 どちらも便秘予防や腸内環境の改善に大切な栄養成分です。 便秘の人の中には不溶性食物繊維でなくては便秘が改善されない人や、水溶性食物繊維でなくては便秘が改善されない人もいますので、オートミールはどのタイプの人でも便秘改善効果が期待できる食品です。 【ダイエット効果】 オートミールはGI値が低い栄養バランスのとれた食品です。 GI値とはグリセミック指数といって、この指数が高いと食後の血糖値が急激に上がり、太りやすくなります。 逆にこの指数が低いと食後の血糖値が緩やかに上がるので、肥満を防ぐのに有効です。 オートミールの原料はオーツ麦で出来ています。 オーツ麦は穀物で炭水化物が含まれており、同時に糖質も含まれています。 最近では、糖質制限ダイエット法や炭水化物ダイエット法も話題になっているため、炭水化物や糖質が含まれているオートミールはダイエットに不向きな気がしますが、 オートミールのGI値は55と白米など他の穀物に比べて数値が低いので、炭水化物ダイエット法や糖質ダイエット法に挑戦中の人でも、安心して食べることの出来る穀物です。 ただ、オートミールには炭水化物だけではなくたんぱく質も含まれています。 炭水化物を食べ過ぎるとダイエットに逆効果になったり、たんぱく質を摂り過ぎると腎臓に負担をかける恐れがあります。 ダイエットと健康のためにも食べ過ぎには注意が必要です。 【基礎代謝アップ】 オートミールには筋肉を作るのに必要な栄養成分、 ビタミンB6と 亜鉛が含まれています。 ビタミンB6は筋肉や血液を作る働きをしており、体の免疫機能にも関わっている栄養成分です。 亜鉛は筋肉などが傷ついたときに修復してくれたり、代謝を上げる働きもしてくれる栄養成分です。 運動をすると少なからず筋肉は傷つくのですが、それを亜鉛が修復してくれる働きをします。 ビタミンB6と亜鉛はセットで摂りたい栄養素です。 筋肉は運動以外にも心臓や血管を正常に動かしたり、立ったり座ったり、同じ姿勢を保ったりと日常生活を送るのに必要な組織です。 筋肉を作ることで基礎代謝が上がりエネルギーが燃焼される効果もあります。 もちろん筋肉を作るのは食事だけではなく適度な運動も必要です。 適度な運動と栄養バランスの良い食事を摂ることで基礎代謝アップの効果が期待できます。 オートミールは赤ちゃんの離乳食にしても大丈夫? 栄養バランスに優れているオートミールは、少量で栄養が摂れて血圧、糖質、貧血、体重増加などを気をつけなくてはいけない妊婦さんにおすすめです。 また、妊婦さんは妊娠中に便秘になることが多いので、食物繊維を含んでいるオートミールは便秘予防にぴったりの食品です。 オートミールは妊婦さんだけではなく、赤ちゃんの離乳食にもおすすめで、利用している人も多いようです。 離乳食初期ならよくすり潰した状態でお粥にして、離乳食中期なら野菜スープにしたり、離乳食後期なら柔らかくしたオートミールをホットケーキに混ぜて焼いたり、手づかみ食べの練習に茹でたかぼちゃを混ぜたおやきとレシピのアレンジも色々です。 離乳食を作りすぎてしまったら密閉袋か密閉容器に入れて冷凍保存します。 解凍はレンジでチンすれば食べられますが、離乳食なので長期保存せずに早めに使い切るようにしてください。 オートミールはアレルギーになりにくい食品ですが、始めて与えるときは発疹やかゆみ下痢や嘔吐に気をつけて、気になったらかかりつけ医に相談してみてください。 筋トレに!オートミールの効果的な食べ方やいつ食べるのがいい? 綺麗な体づくりや健康の為に、女性の方で筋トレをされる方が増えていますが、オートミールは穀物なので主に炭水化物、タンパク質、脂質でできています。 筋トレ中の人には、筋肉を動かすエネルギー源の「炭水化物」と筋肉を作るのに大切な「タンパク質」は無くてはならない成分なので、筋トレ効果のアップにおすすめです。 また、脂質も悪者にされがちですが、脂質は食事への満足感を与えてくれます。 炭水化物を摂るタイミングは筋トレ前でも筋トレ後でも筋肉を育てるのにピッタリの食品なのですが、おすすめの食べ方としては、1度に食べる量は約30gのオートミールにプロテインを加えると効果的です。

次の

【離乳食】Gerber(ガーバー社)のオートミール使用レビュー!ライスシリアルの次はこれ

オートミール離乳食

オートミールとはどのような食べ物かご存知でしょうか?日本では、まだ馴染みの無い食品かもしれませんが、アメリカでは定番の朝食となっています。 その栄養素の高さから海外セレブやアスリート、ダンサーの方にも良く食べられており、オートミールはグルテンを含まないグルテンフリーの食べ物としても人気となっています。 オートミールとは何?という方もいらっしゃるかと思いますので、オートミールの栄養や効果効能はもちろん、オートミールの原料として混同されがちな大麦や押し麦との違いやグルテンについても解説いたします。 また、赤ちゃんの離乳食にもおすすめな食材ですので、オートミールを使った離乳食も紹介させていただきます。 そこで今回は、 『オートミールとは?大麦との違いやグルテンフリーなのか』、 『オートミールの栄養と効果効能』、 『オートミールの赤ちゃんの離乳食』についてご紹介します。 これで、オートミールとは何かわかっていただけるかと思いますので、明日から朝食はオートミールで決まりです! 目次• オートミールとは?大麦との違いは? 「オートミールとは何か?」と聞かれるとちょっと考えてしまいますよね。 外国映画でよく観かける朝食に食べている薄い茶色っぽいシリアルと言えばイメージできるでしょうか。 オートミールは、オーツ麦=燕麦 えんむぎ を蒸して、押し麦にして作られた食品です。 オートは「オーツ麦」、ミールは「食事」であり、オーツ麦を食べやすく、調理しやすく加工したものになります。 押し麦に見た目は似ていますが、押し麦はオーツ麦ではなく、大麦を押し潰して加工したものになります。 オートミールの原料がその見た目から押し麦=大麦と混同しやすいのですが、オートミールの原料はオーツ麦であり、大麦ではありません。 ちょっと甘味もあるのでヨーグルトを加えたり、お菓子がわりに食べる人も結構いるようです。 オートミールは、味付けされていない燕麦 えんむぎ だけで作られているのでそのまま食べるのではなく、ひと手間加えて食べるのが主流です。 甘味も加えていないため本当に主食というイメージですね。 海外では、基本は水や牛乳で煮込んでお粥のようにして食べたり、牛乳をかけて食べることが多いのですが、トッピングにお好みのナッツ類やドライフルーツを加えてもおいしく頂けます。 味付けやトッピングを加えるだけではなく、オートミールでお菓子を作ることもできます。 オートミール作ったクッキーはしっとりした歯ごたえで、いつもと違った食べ方を楽しめます。 オートミールはグルテンフリー? グルテンとは、小麦やライ麦などの穀物に含まれている「グリアジン」と「グルテニン」を水と一緒にこねるとできるたんぱく質の1種です。 このグルテンによりパンに弾力や粘りを作りだすので、パン作りには欠かせい成分になっています。 しかし、グルテンは、良いことばかりでなく、「セリアック病」という、グルテンに対する免疫反応が引き金なって起こる自己免疫疾患の患者が摂取すると小腸の炎症により、栄養が吸収できなくなってしまう病があります。 また、セリアック病だけでなく、グルテンが様々な問題を引き起こす原因となることがわかってきており、グルテンが含まれないグルテンフリーの食事の需要が高まってきています。 有名なスポーツ選手がグルテンフリーの食生活を取り入れているということでも話題になりました。 オートミールはグルテンフリーの食べ物として健康に良いとされる食べ物の一つとして人気です。 ただし、厳密にいうと、オートミールは全くのグルテンフリーではありません。 これは、オートミールの原料であるオーツ麦に含まれるグルテリン系のタンパク質(小麦の場合グルテニン)やプロラミン系タンパク質のアベニン(小麦の場合グリアジン)が含まれる為です。 これらは、小麦に含まれるグルテンと似た働きをします。 一般の方は特に神経質になって注意する必要は無いと思いますが、オートミールは、グルテンフリーとはいえ、セリアック病の人は注意が必要です。 なお、CODEX委員会やFDA 米国食品医薬品庁 の規定した規則では、グルテンの含有量がゼロでなくも「グルテンフリー」の表示が可能となっています。 また、日本ではグルテンフリーの表示について規則はありません。 【スポンサーリンク】 オートミールの栄養と効果効能 オートミールのカロリーは100gあたり約380kcal。 糖質は100gあたり約59. 7gになります。 白米と比べると、白米は100gあたりのカロリーが約356kcal、糖質が約36. 7gとなりますので、オートミールのカロリーと糖質は、高いことがわかります。 オートミールに含まれている主な栄養素は次の通りです。 不溶性食物繊維• ビタミンB6• 亜鉛 これらの栄養素により、以下のような効果効能が期待されています。 便秘予防と腸内環境改善• ダイエット効果• 基礎代謝アップ それぞれの効果効能について、詳しくみてみましょう。 【便秘予防と腸内環境改善】 オートミールには食物繊維が豊富に含まれています。 これらの食物繊維は効果効能が違います。 オートミールに含まれている 不溶性食物繊維は、水分を吸収して便を膨らませ排便を促したり、老廃物などを排泄しやすくするデトックスの効果があります。 水溶性食物繊維は水に溶けやすい性質を持っています。 水に溶けるとゲル状なり、善玉菌を増やし腸内環境を正常に保つ働きをします。 どちらも便秘予防や腸内環境の改善に大切な栄養成分です。 便秘の人の中には不溶性食物繊維でなくては便秘が改善されない人や、水溶性食物繊維でなくては便秘が改善されない人もいますので、オートミールはどのタイプの人でも便秘改善効果が期待できる食品です。 【ダイエット効果】 オートミールはGI値が低い栄養バランスのとれた食品です。 GI値とはグリセミック指数といって、この指数が高いと食後の血糖値が急激に上がり、太りやすくなります。 逆にこの指数が低いと食後の血糖値が緩やかに上がるので、肥満を防ぐのに有効です。 オートミールの原料はオーツ麦で出来ています。 オーツ麦は穀物で炭水化物が含まれており、同時に糖質も含まれています。 最近では、糖質制限ダイエット法や炭水化物ダイエット法も話題になっているため、炭水化物や糖質が含まれているオートミールはダイエットに不向きな気がしますが、 オートミールのGI値は55と白米など他の穀物に比べて数値が低いので、炭水化物ダイエット法や糖質ダイエット法に挑戦中の人でも、安心して食べることの出来る穀物です。 ただ、オートミールには炭水化物だけではなくたんぱく質も含まれています。 炭水化物を食べ過ぎるとダイエットに逆効果になったり、たんぱく質を摂り過ぎると腎臓に負担をかける恐れがあります。 ダイエットと健康のためにも食べ過ぎには注意が必要です。 【基礎代謝アップ】 オートミールには筋肉を作るのに必要な栄養成分、 ビタミンB6と 亜鉛が含まれています。 ビタミンB6は筋肉や血液を作る働きをしており、体の免疫機能にも関わっている栄養成分です。 亜鉛は筋肉などが傷ついたときに修復してくれたり、代謝を上げる働きもしてくれる栄養成分です。 運動をすると少なからず筋肉は傷つくのですが、それを亜鉛が修復してくれる働きをします。 ビタミンB6と亜鉛はセットで摂りたい栄養素です。 筋肉は運動以外にも心臓や血管を正常に動かしたり、立ったり座ったり、同じ姿勢を保ったりと日常生活を送るのに必要な組織です。 筋肉を作ることで基礎代謝が上がりエネルギーが燃焼される効果もあります。 もちろん筋肉を作るのは食事だけではなく適度な運動も必要です。 適度な運動と栄養バランスの良い食事を摂ることで基礎代謝アップの効果が期待できます。 オートミールは赤ちゃんの離乳食にしても大丈夫? 栄養バランスに優れているオートミールは、少量で栄養が摂れて血圧、糖質、貧血、体重増加などを気をつけなくてはいけない妊婦さんにおすすめです。 また、妊婦さんは妊娠中に便秘になることが多いので、食物繊維を含んでいるオートミールは便秘予防にぴったりの食品です。 オートミールは妊婦さんだけではなく、赤ちゃんの離乳食にもおすすめで、利用している人も多いようです。 離乳食初期ならよくすり潰した状態でお粥にして、離乳食中期なら野菜スープにしたり、離乳食後期なら柔らかくしたオートミールをホットケーキに混ぜて焼いたり、手づかみ食べの練習に茹でたかぼちゃを混ぜたおやきとレシピのアレンジも色々です。 離乳食を作りすぎてしまったら密閉袋か密閉容器に入れて冷凍保存します。 解凍はレンジでチンすれば食べられますが、離乳食なので長期保存せずに早めに使い切るようにしてください。 オートミールはアレルギーになりにくい食品ですが、始めて与えるときは発疹やかゆみ下痢や嘔吐に気をつけて、気になったらかかりつけ医に相談してみてください。 筋トレに!オートミールの効果的な食べ方やいつ食べるのがいい? 綺麗な体づくりや健康の為に、女性の方で筋トレをされる方が増えていますが、オートミールは穀物なので主に炭水化物、タンパク質、脂質でできています。 筋トレ中の人には、筋肉を動かすエネルギー源の「炭水化物」と筋肉を作るのに大切な「タンパク質」は無くてはならない成分なので、筋トレ効果のアップにおすすめです。 また、脂質も悪者にされがちですが、脂質は食事への満足感を与えてくれます。 炭水化物を摂るタイミングは筋トレ前でも筋トレ後でも筋肉を育てるのにピッタリの食品なのですが、おすすめの食べ方としては、1度に食べる量は約30gのオートミールにプロテインを加えると効果的です。

次の