舌 の 付け根 に 口内炎。 舌の裏に口内炎ができる原因はこの3つ!!

口内炎が舌の付け根に!誰でもわかる原因と対策とは!

舌 の 付け根 に 口内炎

口内炎の原因はさまざまです。 ストレスや栄養不足などによる免疫力低下や、口の中を噛んでしまうなどの物理的刺激、ウイルスなどによる感染が考えられるほか、原因不明な場合もあります。 他の病気の一症状として口内炎が起こる場合もあるので、注意が必要です。 もっとも多い「アフタ性口内炎」 一般的にもっとも多くみられるのが「アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)」です。 原因ははっきりわかっていませんが、ストレスや疲れによる免疫力の低下、睡眠不足、栄養不足(ビタミンB 2が欠乏すると口内炎ができます)などが考えられています。 アフタ性口内炎にかかると、赤く縁取られた2~10mm程度の丸くて白い潰瘍が、ほお・唇の内側・舌・歯ぐきなどに発生します。 小さなものが2~3個群がって発生することもあります。 普通は10日~2週間ほどで自然に消滅してあとは残りません。 なかなか治らないとき、範囲が広いとき、何度も再発するときは、ベーチェット病などほかの病気の一症状であったり、くすりが原因の場合もあるので、すぐに病院へ行きましょう。 物理的刺激によって起こる「カタル性口内炎」 「カタル性口内炎」は、入れ歯や矯正器具が接触したり、ほおの内側を噛んでしまったりしたときの細菌の繁殖、熱湯や薬品の刺激などが原因で起こる口内炎です。 口の粘膜が赤く腫れたり水疱ができたりします。 アフタ性とは異なり、境界が不明瞭で、唾液の量が増えて口臭が発生したり、口の中が熱く感じたりすることもあります。 また、味覚がわかりにくくなることもあります。 ウイルスや細菌の増殖が原因の「ウイルス性口内炎」 ウイルスが原因で起こる口内炎もあります。 単純ヘルペスウイルスの感染が原因の「ヘルペス性口内炎(口唇へルペス)」は、主に唾液などの接触感染や飛沫感染によって感染します。 ほかにも梅毒・淋病・クラミジアなど、性感染症(STD)による口内炎が知られています。 またカビ(真菌)の一種であるカンジダ菌は、もともと口の中に存在する常在菌のひとつですが、免疫力が低下したりすると増殖し、「カンジダ性口内炎」を発症することがあります。 ウイルス性口内炎に多くみられる多発性の口内炎は、口の粘膜に多くの小水疱が形成され、破れてびらんを生じることがあり、発熱や強い痛みが伴うことがあります。 その他の口内炎 特定の食べ物や薬物、金属が刺激となってアレルギー反応を起こす「アレルギー性口内炎」、喫煙の習慣により口の中が長期間熱にさらされることにより起こる「ニコチン性口内炎」などもあります。 ニコチン性口内炎の場合は、口の中の粘膜や舌に白斑ができ、がんに変化するおそれもあります。 口内炎の特徴と原因 名称 症状の特徴 原因 アフタ性口内炎 円形または楕円形の白っぽい潰瘍。 何度も繰り返してできる場合は再発性アフタ性口内炎と呼ばれる。 ・免疫力の低下 ・ストレスや栄養不足 ・口腔粘膜の損傷 ・ベーチェット病などの全身性疾患の症状 など カタル性口内炎 一般的に水疱はすぐにつぶれて、潰瘍になる。 潰瘍が良性でも、十分に治癒するまで痛み続ける。 ・虫歯、入れ歯の不具合 ・口腔粘膜の損傷 ・やけど ・薬品の刺激 など ウイルス性口内炎 (ヘルペス性口内炎・カンジダ性口内炎など) 赤くただれ、びらんを生じる。 カンジダ性口内炎の場合は、口の中に白いこけ状の斑点ができる。 ・単純ヘルペスウイルス ・水痘帯状ヘルペスウイルス ・コクサッキーウイルス A群 など アレルギー性口内炎 アレルギー反応を起こし、口の中の粘膜の炎症が起こる。 ・特定の食物 ・薬品 ・金属 など ニコチン性口内炎 口の中の粘膜や舌に白斑ができる。 ・喫煙の習慣 口内炎は口の中のさまざまな部分に起こります。 歯ぐきにできたものは「歯肉炎」、舌にできたものは「舌炎」、唇の裏などにできたものは「口唇炎」、口角にできたものは「口角炎」と呼ばれます。 患部は潰瘍(粘膜がえぐれてできる穴)になったり水疱になったりします。 口内炎が悪化するしくみ• 粘膜を正常に保つためのビタミンの不足や、疲労、ストレス、ウイルス感染、外的刺激などにより、タンパク質分解酵素の一種プラスミンが発生します。 増え続けたプラスミンによって、炎症のもと(ヒスタミン)や痛みのもと(プロスタグランジン・ブラジキニン)が出て、血管を拡張します。 炎症を起こすと血管からこれらの物質が漏れ出やすくなり、むくみが起こり、痛みが発生します。 炎症が続くと、粘膜の表面がただれてびらん様になります。 さらに、ただれた部分がえぐられ、口内炎ができます。

次の

舌が痛い!口内炎の5つの原因。病院の治療とおすすめ市販薬

舌 の 付け根 に 口内炎

[目次]• 会話や唾を飲み込むだけでも痛みが起こる 基本的に他の部位にできる口内炎と症状や原因は同じです。 しかし、食事や会話など生活するにあたり、舌はとても重要な役割を担っています。 舌は動かすことが多いため、強い痛みが起こりやすく、治りにくいことがあります。 症状 口内炎にもいくつか種類がありますが、一般的によくみられる口内炎は「アフタ性口内炎」といわれるものです。 白くくぼんだような病変が特徴です。 口の中のどの部位にも発症し、頬・唇の内側・歯茎に多くみられます。 舌の裏にできてしまった場合、他の部位に比べ、痛みを頻繁に感じることがあります。 その痛みから食欲の低下や嚥下困難といった症状があらわれることがあります。 だいたい、1~2週間で完治することがほとんどです。 原因 口内炎は、口の中にできた傷や刺激、栄養の偏り、生活習慣の乱れなどが発症のリスクとなるといわれています。 このことから、舌裏にできた傷が炎症を起こしたり、免疫力が低下したときに、口の中で細菌が増殖したりすることなどが原因と考えられます。 硬い食べ物や刺激の強い食べ物、虫歯などによる歯の変形には気をつける必要があります。 舌の裏にできた口内炎を早く治すためには 2週間ほどで自然に完治が期待できる口内炎ですが、舌裏の口内炎は少々治りにくいといわれています。 できるだけ早く治すために考えられる改善方法は以下になります。 生活習慣の改善 睡眠不足や過労、過度のストレスも口内炎の発症リスクのため、これらの改善を試みましょう。 生活リズムを整え、睡眠や休養は十分にとることが大切です。 ストレスはためないように、原因をなるべく解決し、解消に努めましょう。 ビタミン類の摂取 口内炎に効果があるとされている栄養素はビタミン類です。 とくにビタミンB2がよいとされています。 ビタミンB2には粘膜を守り再生を促す働きがあるため、積極的に摂るようにしましょう。 ビタミンB2はレバー・うなぎ・納豆に豊富に含まれており、乳製品や卵類からも摂取できます。 また、ビタミンB2だけでなく、ビタミンAやビタミンCなどできるだけ多くの栄養素を一緒に摂ることが理想です。 ビタミン剤やサプリメントを利用して補うのもよいでしょう。 市販薬の利用 痛みが激しい場合には、市販薬を利用することで症状の軽減が期待できます。 しかし、舌は動かすことが多く、唾液により、塗り薬や貼り薬では十分な効果が発揮できにくいといえます。 舌裏の口内炎にはスプレータイプの薬をおすすめします。 できるだけこまめにスプレーするようにしましょう。 口腔内を清潔に保つ 歯磨きが困難で十分にできないと細菌が増殖してしまい、治りにくくなることがあります。 うがい薬やマウスウォッシュを使用して口の中を清潔に保つことも大事です。 一日数回行い、常に清潔にして細菌の増殖を防ぐように心がけましょう。 2週間以上治らず違和感があるときは病院へ 口内炎は、一般的に2週間もあれば完治することが期待できます。 しかし、2週間以上治らない、何度も再発するといったことがあれば、別の病気の可能性が疑われます。 口内炎とよく似ている症状に舌癌があげられます。 口内炎と勘違いしたまま放置していると、進行する可能性があるため、違和感があればすみやかに病院を受診しましょう。 口内炎の受診は、一般的に耳鼻咽喉科で受けることができます。 その他、歯科や口腔外科、皮膚科などでも診てもらうことができます。 事前に電話などで口内炎に対応しているか確認すると安心できるでしょう。

次の

舌にできる口内炎の原因〜注意の必要な症状とは?〜

舌 の 付け根 に 口内炎

舌の機能と口内炎の種類 舌には味覚を判断する機能だけでなく、食物を喉の奥に運ぶ役割や唾液と食物を混ざり合わせる働きがあります。 舌の 五大味覚反応として、甘味や苦味、塩味、酸味、そして旨味を判断する機能があるといわれており、とてもデリケートであり傷付きやすいです。 舌の奥のほうにできた口内炎は舌を軽く動かすだけでも嫌な痛みを感じるし、気になってお食事も楽しめません。 また、舌の奥に出来た口内炎はアフタ性口内炎の可能性が高く、また噛んでしまったり、奥歯が触れてこすれたりとなかなか治りにくいものです。 アフタ性では白く大きな膜のようになりますが、舌に白くブツブツができてしまう場合はカンジダ性口内炎を疑う必要があります。 カンジダ性口内炎は白いコケのようなブツブツがはがれると赤く腫れ上がり、悪いと出血する場合があるのです。 カンジダとはいわゆるカビの一種で口腔内で徐々に増えていく症状がカンジダ性口内炎です。 カンジダは人体に元からある菌で、外的要因よりもむしろ睡眠不足等で抵抗力が弱っていたり、糖尿病などの病気を患っている方が発症しやすいようです。 舌にできる原因と対策は? 舌炎や舌の付け根にできる口内炎の原因は主に ビタミン不足が考えられます。 ビタミンCとビタミンB2の不足で炎症、回復が遅くなってしまうとされます。 ビタミンCを多く含む食品は果物が有名ですが、実は赤ピーマンや黄ピーマンなど野菜からも摂取できます。 ビタミンが足りているのに舌の付け根に口内炎が出来る場合は噛んでしまう、歯の変形や銀歯などのかぶせものが当たっている可能性が高いです。 毎回 同じ場所にできるようであれば周辺の歯を確認してみましょう。 治療法としては歯医者さんに診てもらうのが一番ですね。 ビタミン不足や歯の問題以外に考えられるのは別の病気、舌がんが疑われます。 素人目には違いがわかりませんので、症状が長引くようであれば必ず病院で検査してもらいましょう。 [ad co-1] まとめ.

次の