チャーハン パラパラ に する。 チャーハンをパラパラにする方法!ちょっとしたひと手間でお店の味に…♡|しゅふのわ.com

冷凍食品のチャーハンをパラパラにしたい!美味しい作り方のコツは?

チャーハン パラパラ に する

「兆徳」の玉子チャーハン 650円(スープ付き) 中華料理の王道であるチャーハンだが、米の種類や具材の組み合わせ、炒め方でまったく違った味わいになる。 まずは、3代目古今亭志ん朝もチャーハンや餃子を食べに足繁く通った街中華の繁盛店「兆徳」(本駒込)だ。 塩味の「玉子チャーハン」(650円/スープ付き)は、卵、ネギ、ご飯だけのシンプルを極めた名物メニュー。 白絞油を熱した中華鍋に青森県産の良質な卵2個を割り入れ、ネギ、ご飯を強火で50秒ほど炒めて完成する。 卵と油でコーティングされた黄金色の米粒は、舌触りがパラパラと心地よく、噛むと富山県産コシヒカリの旨味もしっかり味わえる。 ご飯は350gとボリュームがあり、舌も胃袋も満足する一皿だ。 餡がジューシーな「焼き餃子」(6個、450円)をお供にする客も多い。 『赤坂離宮』赤坂本店の「干し海老と卵白のチャーハン」1944円 次に紹介するのは、本格的な広東料理を供する人気有名店の「赤坂璃宮 赤坂本店」だ。 本場・香港などでポピュラーな「干し貝柱と卵白のチャーハン」(1944円)は、食材の持ち味を生かして繊細な味わいを引き出す広東料理の真髄を感じられる一品。 最初にご飯を中火でゆっくり温めながらほぐしていくのが、パラパラにするコツという。 ホタテの干し貝柱は一晩水に浸けた後、2時間蒸して使う。 身だけでなく、貝柱の蒸し汁も入れて炒めるご飯は、一粒一粒が貝柱の旨味をまとって滋味深い。 カリッと揚げた黄金色の貝柱と、淡雪のような卵白、緑鮮やかなアスパラガスのコントラストも美しい。 口に入れるとはらりと散り、米の旨味の余韻が残るのも見事だ。

次の

冷凍食品のチャーハンをパラパラにしたい!美味しい作り方のコツは?

チャーハン パラパラ に する

たまごはご飯と混ぜておく? チャーハンを作るとき、生の溶きたまごをご飯と絡めてから入れるという方法があります。 これはご飯をたまごでコーティングすることで、ご飯をくっつきにくくするため。 ですが、こうするとたまごの水分をご飯が吸ってしまったり、たまごが具材としての存在感を失ったりしてしまいます。 生のたまごはご飯と絡めず、一度先に焼いて後から混ぜ合わせるのがおすすめです。 チャーハンを作るときフライパンを振るのはなぜ? お店のチャーハンは、作るときに大きな中華鍋を振っているイメージがありますよね。 ただ、それをイメージしておうちで作ると、ご飯がこぼれてしまったり、うまく振れなくて失敗してしまうことも。 実はお店の火力は家庭の何倍も強くて焦げやすいため、フライパンを振る必要があるのです。 家庭で作るときは火力がお店よりも弱くなるので、振らなくても大丈夫!そうは言えども、ご飯がべちゃっと仕上がったり、たまごが固くなってしまったり、失敗しやすい点が多いチャーハンの作り方。 コツ[1] たまごは先に焼いて取り出す たまごは生の状態でご飯と絡めるのではなく、先に炒めておきましょう。 ただしたまごを炒めたところにご飯を加えると、たまごが固くなってしまう場合があります。 ふわふわのたまごに仕上げるには、一度取り出すのが失敗しないポイントです。 またご飯を焦らずにしっかり炒められるので、パラパラに仕上がります。 コツ[2] 熱々のご飯は使わない 冷やご飯または粗熱の取れたご飯を使いましょう。 熱々だとべちゃっとした仕上がりになってしまいます。 コツ[3] フライパンは振らない ご飯は中火でじっくり炒めましょう。 コツ[4] 具材の大きさは細かく揃えて 具材の大きさが違うと、火の通り加減が変わってきます。 細かく揃えると手早く炒めやすいですよ。 これできっとパラパラチャーハンの達人に。 ぜひチャレンジしてみてくださいね。

次の

志ん朝も愛した店他、「パラパラチャーハン」の東京名店3選|NEWSポストセブン

チャーハン パラパラ に する

家でパラパラチャーハンを作る秘訣 従来のチャーハンの作り方を見直す、目からウロコの調理のポイントをご紹介。 以下のポイントを押さえて作ってみましょう。 温める際は、ご飯の水分を飛ばすためあえてラップはせずそのままで。 フライパンを強火にかけて、少し煙が出てきたら炒めはじめのサインです。 しっかり炒めて水分を飛ばしましょう。 焦がさないように注意が必要。 ご飯の水分を飛ばす方法として上記にあげた4つのポイント。 この4つを守ればご飯がパラパラになるようです。 卵や具を炒めるタイミングは人それぞれなので、ママの慣れた手順で行うとよさそう。 これで家でもパラパラのおいしいチャーハンができるはず! いつもとはひと味違うチャーハンを作って家族を驚かしてみてはいかが? (文・山本健太郎/考務店) フライパン、新しくしませんか?.

次の