竹田 恒 泰 ブログ。 利尻昆布ラーメン くろおび (芝公園) の口コミ27件

【公式】竹田恒泰チャンネル 2の最新動画|YouTubeランキング

竹田 恒 泰 ブログ

第76回竹田恒泰チャンネルにて君が代の解説が簡単にあったので皆さんに知ってもらいたく情報を共有します。 君が代=国家ですが皆さんは大人になって歌うことってないですが学生のころ歌ってましたか?? 自分は歌ってませんでした 笑 なぜなら君が代=国歌=戦争の歌 みたいに教育されていたからです。 今となっては恥ずかしい限りですが、多くの日本人はこんな考えじゃないですかね? まあ日本に対して誇りや愛国心がないとそんな気持ちにはなりませんよ。 だから日本の良さ、すばらしさを再認識しないといけないと思います。 まあそれはさておき 今回の教育基本法改定で音楽教科書に君が代が特別紙で記載されたそうです。 そこには『君が代は日本の国家です、日本が平和で栄えるようにとの願いが込められています。 』 しかし、竹田氏はこう述べます。 主語は日本ではない、いつまでも平和で栄えるようには正しいが 主語は日本ではなく。 天皇陛下が生きていらっしゃるこの御世がということらしいです。 君が代はもともと古今和歌集のお祝いのところにのっていた歌だそうで長寿を祝う和歌として色々な人が色々な人に歌っていたものらしいです。 それが明治時代に国歌となったのですが 君 とは 自分にとって尊い人、両親や先生など を意味します。 なのでここでの君は天皇陛下を示します。 天皇陛下が、いつまでも長生きできますように・・・という意味なんですよ なんで天皇陛下?関係ないよ~~~ とはなりません。 なぜなら君主を抱えた国、国王がいる国やイギリスなどの国歌では、君主の長寿を祝う歌であり、国際標準なんです。 天皇にとって国民全員は子供であり、天皇陛下は毎日国民のために祈りをささげているのです。 その天皇陛下を敬い、長寿を祝うための歌が 君が代 なのです。 まったく戦争と関係ないことがわかりますよね。 これも戦後教育がいかにダメダメだったかがわかります。 この教育基本法改革、第一次安倍内閣の時に決定してたやつで今になってやっと種が芽吹いたんですよ!ほんと良かったですね。 竹田研究会で本格的な君が代講座があるらしいのでいってみたいですね 笑.

次の

竹内睦泰

竹田 恒 泰 ブログ

活動 [ ] にMBC(武蔵ベストカレッジ)最優秀講師賞を受賞。 歴史観においては者ののを評価している。 度は外務省所管財団法人(民間団体)付属研究所の上級研究員として、同僚で友人の・とともに「和音の書」シリーズの講師を務めた。 度からは自分未来塾講師として人材育成プログラムに関わる。 経歴 [ ]• ・・・・・・・・などで日本史講師を歴任• 代ゼミを退職した後、創造的グループWAY校で講師職に復帰• 代表兼講師(日本史)• 大学受験「」校長兼講師(日本史・・・を担当)• - 講師(校・西校)• -(JCIA)理事長、 講師 著作 [ ] 学習参考書 [ ]• 『竹内流・無敵の日本史戦略』(、1993年)• 『竹内流・超速合格講義 日本史の流れ』(KKロングセラーズ、1994年) [1]• 『竹内流・超速日本史講義 近現代の流れ』(KKロングセラーズ、1995年) [2]• 『竹内流・超速日本史講義 文化史の流れ』(KKロングセラーズ、1996年) [3]• 『竹内流・超速日本史講義 テーマ史の流れ』(KKロングセラーズ、1997年)• 『竹内の日本史 早大日本史サクセス80 紺碧の空』(、2000年)• 『竹内の日本史 日本史アクセス217』(愛育社、2000年)• 『竹内の日本史 超戦略 はじめての論述アプローチ』(、1996年)• 『竹内の日本史 超速効 これだけ! 史料問題集』(代々木ライブラリー、1997年)• 『竹内の日本史 超図解 最強最速テーマ史で勝つ!! 』(代々木ライブラリー、2000年)• 『超解! 『超速! 最新日本史の流れ』(ブックマン社、2000年) [1]の改題・増補版• 『超速! 最新日本史の流れ』(ブックマン社、2005年) 増補改訂版• 『超速! 最新日本近現代史の流れ』(ブックマン社、2000年) [2]の改題・増補版• 『超速! 最新日本近現代史の流れ』(ブックマン社、2005年) 増補改訂版• 『超速! 最新日本文化史の流れ』(ブックマン社、2000年) [3]の改題・増補版• 『超速! 最新日本文化史の流れ』(ブックマン社、2005年) 増補改訂版• 『超速! 日本政治外交史の流れ』(ブックマン社、2005年)• 『〈基礎から動画で〉竹内の日本史書いて覚える戦略図解ボード』(タイレル出版、2015年)ISBN:9784434205026 一般書 [ ]• 『一冊まるごと 八代の本(ムックセレクト)』(KKロングセラーズ、1995年)• 『これだけは知っておきたい ・・のと問題点80』(ブックマン社、2005年)• 『これだけは知っておきたい ・・のと問題点80』(ブックマン社、2010年)新装改訂版 ISBN:9784893087423• 『これだけは知っておきたい 世界の 知識と謎80』(ブックマン社、2006年4月)• 『劇的! ニッポン! 《30秒で読める号外ニュース》』監修(青山出版社、古田靖著、2009年10月)ISBN:9784899981015• 『正統竹内文書の日本史「超」アンダーグラウンド1』(ヒカルランド、2012年4月、、布施泰和との共著)ISBN:9784864710091• 『『正統竹内文書の日本史「超」アンダーグラウンド1』(ヒカルランド、2018年7月、、布施泰和との共著)新装版 ISBN:9784864715836• 『正統竹内文書の日本史「超」アンダーグラウンド2』(ヒカルランド、2012年8月、、布施泰和との共著)ISBN:9784864710480• 『正統竹内文書の日本史「超」アンダーグラウンド2』(ヒカルランド、2018年7月、、布施泰和との共著)新装版 ISBN:9784864715843• 『正統竹内文書の日本史「超」アンダーグラウンド3』(ヒカルランド、2012年12月、、布施泰和との共著)ISBN:9784864710817• 『正統竹内文書の日本史「超」アンダーグラウンド3』(ヒカルランド、2018年7月、、布施泰和との共著)新装版 ISBN:9784864716765• 『なぜ、日本人が世界を変えていくのか? : 未来をひらく働き方と生き方:北極流シリーズ1』(ヒカルランド、2014年11月、小田真嘉、羽賀ヒカルとの共著)ISBN: 9784864712286• 『歴史問題をぶった切る : 最終解明版 : 占領支配者が謀った《国魂占領》の罠』(ヒカルランド、2015年3月、、との共著)ISBN:9784864712651• 『正統竹内文書口伝の『秘儀・伝承』をついに大公開! : 竹内家長老からの禁則を破って』(ヒカルランド、2015年7月、、布施泰和との共著)ISBN: 9784864712910• 『正統竹内文書口伝の《秘儀・伝承》をついに大公開! : これが日本精神《心底》の秘密』(ヒカルランド、2018年9月、、布施泰和との共著)新装版 ISBN:9784864715850• 『古事記の宇宙 : 古神道的考察』(、2016年11月)ISBN:9784792605704• 『古事記の邪馬台国 : 正統竹内文書より』(、2017年4月)ISBN:9784792605858• 『古事記の暗号 : 古史古伝「竹内文書」を継承する第73世・武内宿禰が神々の秘密を明かす!! 』(、2017年8月)ISBN:9784054065734• 『天皇の秘儀と秘史 : 「正統竹内文書」伝承者、第73世武内宿禰が明かす神々の祭礼の真実』(学研プラス、2019年2月)ISBN:9784054066908 論文 [ ] 日本史 [ ]• 「日本史教育の理論と実際」代々木ゼミナール情報誌『Alpha』に連載• 「大東亜戦争を再考察する」『教育科学 教育』()• 「代々木ゼミ日本史講師は訴える『偏向』した大学入試問題に人気講師はどう対応しているか。 受験最前線からのレポート」『』(、1997年4月号、pp. 160-168. 「日本の歴史教科書はデタラメであると言われたら」『諸君! 』(文藝春秋、2006年4月号、pp. 140-142. ) 神道 [ ]• 「もう一つの竹内文書〜神道における秘授口伝の一形態」『別冊特別増刊14:古史古伝論争』(、1993年)• 「古神道の玉が秘める霊的パワー」『別冊歴史読本特別増刊32:石の神秘力』(新人物往来社、1994年)• 「古神道の秘儀〜現代への応用と神道地政学〜」『別冊歴史読本特別増刊53:古神道・神道の謎』(新人物往来社、1996年)• 「この世の寿老人・武内宿禰」『別冊歴史読本特別増刊66:不老不死の超古代史』(新人物往来社、1998年)• 「古事記の宇宙と古神道」『33号』(、2016年10月、p. 76-81)• 「古事記の世界 第1回 神武天皇をめぐる人々 : と」『34号』(青林堂、2016年12月、p. 110-113)• 「古事記の世界 第2回 神武東征の強敵たち」『35号』(青林堂、2017年2月、p. 116-119)• 「古事記の世界 第3回 古事記の邪馬台国」『36号』(青林堂、2017年4月、p. 118-120) エッセイ [ ]• 「ウルトラマンにおける神道社会学的一考察」『別冊歴史読本特別増刊号53:古神道・神道の謎』(新人物往来社、1996年)• 「入試はクイズだ! 「竹内睦泰の超速!日本史の流れ」全26巻• 「竹内睦泰の超速!日本史の流れII:時代を変えた女達編」全3巻• 「大人の為の超速日本史の流れ」6巻+「日本酒の流れ」1巻 全7巻• 「竹内睦泰の超速!日本テーマ史の流れ」全8巻• 「竹内睦泰の超速!続日本テーマ史の流れ」全6巻• 「竹内睦泰の超速!日本文化史の流れ」全6巻• 「竹内流!誇りの持てる日本史」全24巻• 「竹内睦泰の日本史トークライブ」全16巻• 「イージス現代文<構造と分析>リニューアル版(入門編)」全3巻• 「まったり!古文 入門編」全3巻• 「古事記の暗号」全15巻• 「古神道の秘儀」1理論編・2実践編• 「修験道と古神道にみる日本の山岳信仰と火山」平成26年10月18日講演• 「系図と紋章~自分の原点を探す」平成26年11月15日講演• 「戦国時代の宗教、神道、仏教、キリスト教」平成27年2月7日講演• 「明治維新と宗教~神道、仏教、キリスト教」平成27年3月15日講演• 「神代文字と世界同祖論他」平成29年8月20日講演 脚注 [ ].

次の

君が代の意味知ってますか??

竹田 恒 泰 ブログ

元号のルールがある。 このルールによって絞られます。 かつて使われた元号が使われない。 かつて中国、 ベトナム、朝鮮とかで使われたものも使われない。 悪い意味、発音しにくい、悪い意味の言葉と音がかぶるものは、外される。 近年でいえば、「平成」は 「H」であり、「明治」の「M」、「大正」の「T」、「昭和」の「S」の頭文字は、おそらく外される。 元号は、中国の古典文学に詳しい人が、中国の古典籍の中から持ってきて、最初に十数個集めて、それを 議論して、六個くらいに絞って最後に難陳、それぞれの人が持ち寄ったものをこれは良いね。 悪いね。 と お互いに批難し合う。 そして議論した結果、これだと絞って一個になる。 元号の歴史は長いですけれど、645年の大化の改新で付けられた「大化」が最初なので、千何百年に 元号が、二百何十と使われているが、何が候補に挙がって、何に決まったかとほぼ記録が残っている。 元号と 言うのは、一発で決まることは稀である。 オリンピックみたいに。 東京オリンピックも2回目で決まりましたね。 大体3回くらいで決まるのが普通 なんです。 一発で決まる方が希なんです。 元号も2回、3回、4回かかって、その時には却下されても5、6回目に採用されるというのが多くの パターンです。 「平成」というのもかつて、数回候補に挙がった事がある。 一番最後に「平成」が候補に挙がったのが、 幕末の「元治」の時、「文久」の後に何にするかという時に「元治」の対案として「平成」が挙がっていた。 その前にも「平成」は候補に挙がっていた事がある。 「明治」も「大正」も江戸期に何度も候補に挙がっている。 「昭和」だけは、一度も候補に挙がった事が 無く、一発で決まった例である。 一発で決まる例は、わかりませんが、七、八割がたは、かつて候補に挙がった もの中から決まるハズである。 六〇〇年遡って、かつて候補に挙がっていて、まだ採用されていないものをリストアップしたものが手元に ある。 おそらくこの中で決まる可能性が、80%である。 【リストアップした11個】 「 安延(あんえん)」 ・・・ 安泰が続く。 「 永明(えいめい)」 「 安化(あんか)」 ・・・ 激動の時代が安定する。 「 永光(えいこう)」 ・・・ 輝かしいものがずーと続く。 「 建和(けんわ)」 ・・・ 建は、何かを成し遂げる 「 建安(けんあん)」 ・・・ 安定的なものを作りあげる。 「 弘栄(こうえい)」 ・・・ 広く栄える 「 文承(ぶんしょう)」・・・ 豊かな暮らしを引継いでいく。 「 安長(あんちょう)」・・・ 安定したものが長く続く。 「 弘徳(こうとく)」 「 文弘(ぶんこう)」 この11個が、何度か候補に挙がっているが選ばれていない。 かつてこの元号だった時に良い事あった からこの一文字を使ったら継承されるのではないかとかという難陳をする。 これは良い、悪い、良い、悪い と議論して最終的にみんなでこれが良いと決めてその時の当代の天皇がそれを お示しになる。 そういう形で元号が決まる。 画数の多い元号は、近現代は嫌われている。 沢山候補がある中の画数の多い ものは省いている。 (後略).

次の