ああ ゴミカス。 「ゴミカス」とは?!解説

ス゛ー゛パ゛ー゛ウ゛ル゛ト゛ラ゛ハ゛イ゛パ゛ー゛ミ゛ラ゛ク゛ル゛ロ゛マ゛ン゛チ゛ッ゛ク゛ [ニコニコあっぷる]

ああ ゴミカス

卓上クリーナーとは? By: 卓上クリーナーとは、片手で簡単に扱える超小型のクリーナーのことです。 消しゴムのカスはもちろん、お菓子やパンの食べカス、ペットの毛、ソファーや車のシートの隙間を掃除する際に活躍します。 また、コンパクトで置き場所に困らず、軽いので体に負担をかけずにサッと掃除ができるのが魅力です。 卓上クリーナーの選び方 形で選ぶ 卓上クリーナーにはさまざまな形があるので、どこをメインに掃除したいのかをよく考えて最適な形を選ぶのがポイント。 ドーム型・掃除機型・ローラー型などを比較し、自分の掃除の悩みを解決できる1台を見つけ出しましょう。 ドーム型 By: ドーム型は、吸引部の面積が広いので机の上のゴミを一気に吸い取れるのが特徴です。 片手にすっぽり収まるサイズのモノが多く、デスクに置いても邪魔になりません。 ユニークでおしゃれなデザインのモノが多いのも魅力です。 なお、ドーム型は平面部分に取り付けられたファンとブラシでゴミを吸い取るため、凹凸がある場所やソファーの隙間などの狭い場所の掃除には不向き。 食卓や勉強机の掃除用として卓上クリーナーを探している方におすすめです。 掃除機型 By: 通常の掃除機と同じように細いノズルでゴミを吸い取る掃除機型。 パソコンのキーボードの隙間などを掃除するのに適しており、コードレスタイプの場合は電源がない場所や車のシートの掃除などもラクにできます。 また、掃除機型にはさまざまなアタッチメントを付属したモデルが多く、掃除場所に合わせてノズルを付け替えれば窓枠の上やテレビの裏なども掃除できます。 ノズルの先が細いので、面積が広い部分の掃除に多少時間がかかってしまうのが難点ですが、家の隅々までキレイに掃除にしたい方におすすめです。 ローラー型 By: ローラー型は、本体底部に付いたローラーを転がしてゴミを吸い取る仕様。 電源不要なのでどこでも使えるのがメリット。 コンパクトなモノを携帯すれば気づいたときに卓上を掃除できます。 しかし、ローラーを転がして掃除するので、平面部分でしか使えずゴミを取るパワーが弱いのがデメリット。 そのため、消しカスや小さな食べカスを掃除したい方におすすめです。 駆動方式で選ぶ 電池式 卓上クリーナーの駆動方式は、大きく分けて「電池式」と「充電式」の2種類。 電池式の卓上クリーナーはケーブルに繋げて充電をする必要がないため、充電場所などで悩まないのが特徴です。 また、電池が切れてしまっても、新しい電池を入れれば充電時間を待たずにすぐ使えるのが魅力。 ケーブルの煩わしさが苦手な方や、充電を待つ時間がもどかしいと感じる方は電池式の卓上クリーナーがおすすめです。 充電式 USBケーブルを使用する充電式の卓上クリーナーは、電池式のモデルと異なり電池交換の手間を省けるのがメリット。 家で使う方など、電源が確保されている場所で使う卓上クリーナーを探している場合も充電式を選ぶと便利です。 ぜひ使用場所やシチュエーションに応じて選んでみてください。 静音性で選ぶ 学校やオフィスで卓上クリーナーを使うときに気になるのが運転音。 あまりに音がうるさいと、周りの目が気になって使いづらくなってしまいます。 自分が安心して使えるとともに周囲にも迷惑にならないよう、静音設計のモデルを選ぶのがおすすめです。 デザインで選ぶ 卓上クリーナーはシンプルなデザインのモデルが多いですが、個性的なデザインのモデルも多く展開されています。 車の形をしたローラー型の卓上クリーナーや、キノコの形をしたドーム型の卓上クリーナーなど、デザインがユニークなモノを選べばインテリアとしても置いておけるので、ぜひ自分好みのモノを見つけてみてください。 卓上クリーナーのおすすめモデル ソニック SONiC 卓上そうじ機 リビガク スージー LV-1845-I 上に向かって排気の風が出る構造を採用しており、ゴミを撒き散らさずに吸い取れるドーム型の卓上クリーナー。 コンパクトかつ軽量なので、使用時に動かしやすいのはもちろん、収納時も場所を取らないのが特徴です。 単3乾電池2本で動作するため、ケーブルの煩わしさもありません。 電源遮断安全機構が採用されているので、子どもでも安心して使えるのがポイント。 カラーはアイボリーとイエローの2種類が用意されています。

次の

ゴミ カス クズ 語源

ああ ゴミカス

卓上クリーナーとは? By: 卓上クリーナーとは、片手で簡単に扱える超小型のクリーナーのことです。 消しゴムのカスはもちろん、お菓子やパンの食べカス、ペットの毛、ソファーや車のシートの隙間を掃除する際に活躍します。 また、コンパクトで置き場所に困らず、軽いので体に負担をかけずにサッと掃除ができるのが魅力です。 卓上クリーナーの選び方 形で選ぶ 卓上クリーナーにはさまざまな形があるので、どこをメインに掃除したいのかをよく考えて最適な形を選ぶのがポイント。 ドーム型・掃除機型・ローラー型などを比較し、自分の掃除の悩みを解決できる1台を見つけ出しましょう。 ドーム型 By: ドーム型は、吸引部の面積が広いので机の上のゴミを一気に吸い取れるのが特徴です。 片手にすっぽり収まるサイズのモノが多く、デスクに置いても邪魔になりません。 ユニークでおしゃれなデザインのモノが多いのも魅力です。 なお、ドーム型は平面部分に取り付けられたファンとブラシでゴミを吸い取るため、凹凸がある場所やソファーの隙間などの狭い場所の掃除には不向き。 食卓や勉強机の掃除用として卓上クリーナーを探している方におすすめです。 掃除機型 By: 通常の掃除機と同じように細いノズルでゴミを吸い取る掃除機型。 パソコンのキーボードの隙間などを掃除するのに適しており、コードレスタイプの場合は電源がない場所や車のシートの掃除などもラクにできます。 また、掃除機型にはさまざまなアタッチメントを付属したモデルが多く、掃除場所に合わせてノズルを付け替えれば窓枠の上やテレビの裏なども掃除できます。 ノズルの先が細いので、面積が広い部分の掃除に多少時間がかかってしまうのが難点ですが、家の隅々までキレイに掃除にしたい方におすすめです。 ローラー型 By: ローラー型は、本体底部に付いたローラーを転がしてゴミを吸い取る仕様。 電源不要なのでどこでも使えるのがメリット。 コンパクトなモノを携帯すれば気づいたときに卓上を掃除できます。 しかし、ローラーを転がして掃除するので、平面部分でしか使えずゴミを取るパワーが弱いのがデメリット。 そのため、消しカスや小さな食べカスを掃除したい方におすすめです。 駆動方式で選ぶ 電池式 卓上クリーナーの駆動方式は、大きく分けて「電池式」と「充電式」の2種類。 電池式の卓上クリーナーはケーブルに繋げて充電をする必要がないため、充電場所などで悩まないのが特徴です。 また、電池が切れてしまっても、新しい電池を入れれば充電時間を待たずにすぐ使えるのが魅力。 ケーブルの煩わしさが苦手な方や、充電を待つ時間がもどかしいと感じる方は電池式の卓上クリーナーがおすすめです。 充電式 USBケーブルを使用する充電式の卓上クリーナーは、電池式のモデルと異なり電池交換の手間を省けるのがメリット。 家で使う方など、電源が確保されている場所で使う卓上クリーナーを探している場合も充電式を選ぶと便利です。 ぜひ使用場所やシチュエーションに応じて選んでみてください。 静音性で選ぶ 学校やオフィスで卓上クリーナーを使うときに気になるのが運転音。 あまりに音がうるさいと、周りの目が気になって使いづらくなってしまいます。 自分が安心して使えるとともに周囲にも迷惑にならないよう、静音設計のモデルを選ぶのがおすすめです。 デザインで選ぶ 卓上クリーナーはシンプルなデザインのモデルが多いですが、個性的なデザインのモデルも多く展開されています。 車の形をしたローラー型の卓上クリーナーや、キノコの形をしたドーム型の卓上クリーナーなど、デザインがユニークなモノを選べばインテリアとしても置いておけるので、ぜひ自分好みのモノを見つけてみてください。 卓上クリーナーのおすすめモデル ソニック SONiC 卓上そうじ機 リビガク スージー LV-1845-I 上に向かって排気の風が出る構造を採用しており、ゴミを撒き散らさずに吸い取れるドーム型の卓上クリーナー。 コンパクトかつ軽量なので、使用時に動かしやすいのはもちろん、収納時も場所を取らないのが特徴です。 単3乾電池2本で動作するため、ケーブルの煩わしさもありません。 電源遮断安全機構が採用されているので、子どもでも安心して使えるのがポイント。 カラーはアイボリーとイエローの2種類が用意されています。

次の

卓上クリーナーのおすすめ10選。消しゴムのカスもキレイに掃除

ああ ゴミカス

「ゴミ、カス、クズ」 言われると傷つく言葉である。 たまに、「護美箱」と書かれたゴミ箱を見ないだろうか。 美を護る箱。 なるほどである。 友人と歩いていたら、そんな護美箱があって、 「ゴミってああいう漢字書くの?」 という話になった。 まぁ、当て字だろうなとは思ったが、帰って語源を調べた。 もともとは松葉の意味らしい。 松葉は落ちて散らばる。 さらにどぶに詰まる。 そこから転じて不要なものという意味になったらしい。 でも、ゴミなんて人類発祥と同時に発生しそうなものだが……その答えはクズで。 カスは簡単で「濾す」が語源。 濾したあとに残るもの。 白米は栄養がない。 白米と書いて粕と言う。 などともっともらしく言われているが、米で酒を絞ったあとだから、粕なのだろう。 クズはクズレル、クズル、が語源。 崩れて用をなさなくなったもの。 大鋸屑、鉋屑、紙くず、など。 わたしの考えでは、ゴミよりもクズの方が古い言葉ではないかと考える。 もともとはクズしか存在しなかった。 しかし、文明が発達して、物が飽和してくると、まだ使えるけれども要らないもの、というのが生まれて、クズの他にゴミという言葉ができたのではなかろうか。

次の