信長 コンチェルト キャスト。 信長協奏曲(ノブナガコンツェルト) : 作品情報

「信長協奏曲」に藤木直人、濱田岳、夏帆、柳楽優弥ら 総勢11名の豪華キャスト発表!

信長 コンチェルト キャスト

126• 762• 111• 108• 128• 115• 113• 208• 162• 156 いつもご高覧賜りまして、深く御礼申し上げます。 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。 残念ながら当方の承諾を得ていない、記事の流用や成りすましサイト・動画などが見受けられ弁護士と対処を検討中です。 他サイトご利用の際にはご留意願います。

次の

信長協奏曲のキャストやあらすじ!ドラマのストーリーのまとめ。

信長 コンチェルト キャスト

信長協奏曲 ジャンル 漫画 作者 出版社 掲載誌 レーベル ゲッサン少年サンデーコミックス 発表号 創刊号 - 連載中 巻数 既刊19巻(2019年12月12日現在) アニメ 原作 石井あゆみ 監督 冨士川祐輔 脚本 音楽 製作 放送局 フジテレビ他 放送期間 7月12日 - 9月20日 話数 全10話 - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 信長協奏曲』(のぶながコンツェルト)は、によるの。 『』()創刊号()から連載中。 第57回少年向け部門を受賞。 「2012」、7位。 からは開局55周年プロジェクトとしてテレビアニメ・実写テレビドラマ・実写映画の3媒体を同時企画・随時展開する。 2014年7月よりテレビアニメが放送された。 (詳細はの節を参照)• 2014年10月期より実写テレビドラマ化された。 (詳細はの節を参照)• 2016年に、テレビドラマ版と同一キャスト・スタッフによる実写映画が公開された。 (詳細はの節を参照) 目次• ストーリー 勉強が苦手な高校生のサブローは、ひょんなことから、18年()にしてしまい、そこで出会った本物のに、瓜二つの容貌をしていたことから、病弱な自分の代わりに信長として生きてくれと頼まれ、信長として生きていくこととなる。 当初は、周囲から困惑され裏切りや暗殺されかかるも、偶然が重なり飄々と切り抜ける。 そうしたことから家中や領民に支持され、家臣の平手政秀の死をきっかけに本気で天下統一を志す。 室町幕府第13代将軍のとの謁見をはじめ、尾張、美濃を制覇し京に上洛後、敵対した足利将軍家・・・など隣国大名を打ち破っていく一方、・産業振興・などを推し進め、領地経営も成功し、を築城して、史実の通りに天下人へ駆け上がっていく。 勉強が苦手で、ふざけて遊んでいることが多い普通の高校生だったが、川沿いの道わくを歩いていたおりに、足を滑らせ川に落ちてしまい、何故か戦国時代にタイムスリップしてしまい、顔、声、体格などがそっくりであった本来の織田信長に出会い、その頼みで信長として生きていくはめになる。 歴史を変えてはいけないという認識は持っており、のを参考にするなどして、織田信長として天下を取らないといけないと思っている。 だが、飄々として物事にこだわりがない性格に加え、あまり歴史のことを理解していないため、自然体で生活している。 史実通りの歴史になった場合、自分がで死ぬことについても深刻に考えていないようである。 しかしながら、図らずも自身の振る舞いが史実通りになっているが、戦国時代に来てから30年近く経つと学校の勉強をしていなかったことを後悔する旨の発言をしている。 「俺、運動神経いいから」が口癖で、平然と危なっかしい真似をしたり、戦国時代に来て早々に経験のないはずの乗馬をこなすなど身体能力は高い。 に疎く、現代の言葉を使い周囲を困惑させることもあるが、独特な発想と高いカリスマ性や行動力を発揮させ、織田家拡大につれ武将としての風格を備えていく(に参内する際は、サブローが明智光秀の姿をして、光秀に信長として参内してもらっている)。 一方で、敵味方という意識が薄く、裏切り者である弟のにも手を差し伸べたり、にねだられれば物を買い与え、母親になっても信長を過剰に慕うには強く物を言えないなど、織田家の身内に甘い面を見せている他、基本的に戦うよりは仲良くするのを選ぶ。 本能寺の変で信長を殺すのは「あいださん」 だと覚え間違えている。 なお、本作では側室や子供は登場しておらず、史実における側室・は明智光秀の正妻となっている(光秀が織田家に仕える前に死去している)。 【ドラマ版での設定】 逃げ癖がある、強がりを言ってしまい後で落ち込む、死のうとしている相手に命の大切さを熱く語るなど、原作やアニメ版に比べて非常に人間臭い。 (あけち みつひで) 声 - 本物の 織田信長。 聡明だが病弱。 サブローからは「ミッチー」と呼ばれる。 織田家を出奔する際に出会った自分そっくりのサブローに、織田信長として生きていくことを託して尾張を去ってしまう。 各地を放浪する中、明智家の養子に迎えられ、明智光秀を名乗る。 その後、信長の噂を聞き、力になるため光秀としてサブローの前に現れる。 周囲の混乱を防ぐため普段は白いで頭を覆っており、必要に応じてサブローのとなる。 ただし、前述のとおり病弱であり、本人としては体調の良い時でも周囲からは「顔色が悪い」と心配されることが多い。 織田家中を纏める4人の軍団長のひとりに選ばれる。 攻めでたちを斬殺した折、その僧兵が信長への恨みを込めて称した「」を自らの異名とした。 サブローとは強い絆で結ばれており、松永久秀の発言から偶然にサブローの正体を知った時以来、彼のためだけに生きると決意しており、サブローからは利家などの家臣たちが「あつい」のに対し「重い」と評している。 本能寺の変で自分が死ぬ事を気にしていないサブローに対し、絶対に死なせないとも誓っている。 死別した前妻との間に息子が二人いる。 また、娘のが生まれていることも語っている。 【ドラマ版での設定】 原作やアニメ版とは異なり、サブローと入れ替わった理由は跡継ぎ争いから逃れるため。 また、秀吉の正体に気づきつつ共謀して暗躍するなど、野心家な性格となっている。 『天下布武理之帳』の「石井先生のこだわり所」によるとサブローと光秀の髪の毛や目の色は他の人より茶色いとあるが、アニメ版ではサブローは茶色いが、光秀は濃い紺色となっている。 織田家 信長の家族 (きちょう) 声 - 信長の正室。 斉藤道三の娘。 本来の信長とはうまくいっていなかったが、サブローにはベタ惚れする。 優しく穏やかな性格で誰からも慕われている。 サブローに深い愛情を抱くがゆえに、戦の際に所在不明となっていることを知らされた時は、食事も睡眠も取らずに弱っていった。 【ドラマ版での設定】 普段はおしとやかに振舞っているが、それは本来の信長に指示されたからで、実は気が強い性格。 そのため当初はサブローと口論になることが多い。 サブローが織田家中に馴染んだころには、本来の性格で振る舞うようになっている。 (おいち) 声 - 信長の妹。 幼いころからサブローによくなついている。 容姿は皆が認めるほど美しいが、お転婆で落ち着きがない。 渋りつつも織田家のために浅井長政に嫁ぎ、三姉妹を産む。 嫁ぎ先の浅井家が織田軍に滅ぼされる際に、織田家に身柄を移された。 夫の死後でも信長を慕う態度は変わらず、サブローを兄以上に思っている節が見られる。 このことからサブローからブラコンと評されている。 長政よりもサブローの方が好き。 サブローからは「おいっちゃん」と呼ばれる。 【ドラマ版での設定】 恒興とは幼馴染みの間柄。 (ちゃちゃ) 信長の姪。 お市の長女。 見た目も性格もお市にそっくりで、サブローも「ミニチュア版おいっちゃん」と言うほど似ている。 だが、眉は長政と同じく凛々しい。 (はつ) 信長の姪。 お市の次女。 茶々とは違い、いつも寝ている。 目が長政に似ている。 (ごう) 信長の姪。 お市の三女。 広いおでこが長政に似ている。 (おだ のぶひで) の大名。 信長、信行、長益、市たちの父親。 生来病弱だった信長を心配していたが、入れ替わったサブローの健康ぶりやおかしな言動を息子の成長として捉え、大いに喜んだ。 【ドラマ版での設定】 史実および原作(病死)とは違い、伝次郎(後の秀吉)に致命傷を負わされる。 死ぬ間際、信長(サブロー)を後継者に指名した。 (おだ のぶゆき) 声 - 信長の弟。 病弱であった兄の人望の厚さは認めていた。 信長がサブローに入れ替わり、と呼ばれるようになったことや、外部から兄への対抗意識を煽られたため、織田家を継ぐ存在として自分の方がふさわしいと考えるようになり、織田家の権力を狙うようになった。 しかしその企みはことごとく失敗し、最後は腹心であった柴田勝家にすら見限られ、サブローと手を結ぶことを拒み切腹した。 (おだ ながます) 信長の弟で、お市の同い年の兄。 風流を好む性格で文化人としての素養が高いが、欲しい物があると直にサブローにねだる。 発言の感じは悪いが、鋭い面も見せている。 織田家臣 (ひらて まさひで) 声 - 織田家筆頭宿老で信長の付宿老。 信長の目付役のような役割をしている。 仕官を希望した今川の間者・田原伝二郎(後の羽柴秀吉)の正体を見抜き不採用とするが、そのために暗殺されてしまう(彼の名誉を尊重したサブローの計らいで、諫死したことになった)。 この一件により、サブローは「織田信長」として天下を目指す決心を固める。 (いけだ つねおき) 声 - 織田家の家臣。 信長(光秀)の。 一度は信行側につきサブロー暗殺に荷担もしたが、サブローが時折話す断片的な史実を大望と勘違いして感銘を受け、以降は補佐に回るようになる。 サブローを諫める役にはあるものの、常識人なため振り回され、苦労が絶えない。 サブローからは「恒ちゃん」と呼ばれる。 【ドラマ版での設定】 信行が切腹した後、自らも裏切りを詫びて切腹しようとするがサブローに止められ、以後の忠勤を誓う。 (しばた かついえ) 声 - 元は織田家信行付宿老。 信行側の人間だったが、天下を狙うサブローと、兄の追い落としのみを狙う信行の器の違いを目の当たりにし、信行を見限って信長側についた。 恒興と同じくサブローに振り回され、苦労が絶えない。 4人の軍団長のひとりに選ばれる。 【ドラマ版での設定】 信行が切腹した際に、その潔さを讃えたのちを行った。 サブローからは「シバカツさん」と呼ばれる。 (にわ ながひで) 声 - 織田家の家臣。 無口・無表情で、秀吉も対応に困る人物。 4人の軍団長のひとり。 安土城普請総奉行を務めている。 (まえだ としいえ) 声 - 織田家の家臣。 幼名は 犬千代。 やんちゃ。 主君・サブローの事で徳川家家臣・本多忠勝と因縁がある。 槍の名手でもある。 立場ができるにつれ、荒々しい森長可を諌めるなど比較的落ち着いてきた。 【ドラマ版での設定】 原作およびアニメ版とは違い、勝家の前に突如現れてひれ伏し、仕官する。 後にゆきといい感じになるが、死別することとなる。 (さっさ なりまさ) 声 - 織田家の家臣。 利家とは反対に真面目で責任感が強く、いつも喧嘩になる。 主君・サブローのことで徳川家家臣・本多忠勝と因縁がある。 【ドラマ版での設定】 原作およびアニメ版とは違い、勝家の前に突如現れてひれ伏し、仕官する。 (たけなか しげはる) 声 - 織田家の家臣。 通称は 半兵衛。 頭脳明晰、沈着冷静な美青年。 元々は斉藤竜興に仕えていたが、諫言代わりにを一時期乗っ取る。 斉藤家滅亡後、サブローが要望した織田家への仕官を一度は断ったが、サブローの上洛後に弟である重矩を連れて仕官する。 秀吉の動向を怪しんでいる。 天正6年、勘のいい半兵衛はサブローの代理で正月の挨拶を受けていた光秀に探りを入れて(鎌をかけて)自ら名乗らせ、サブローと光秀が同じ顔であることを知る。 佐吉を通じて、秀吉と安国寺恵瓊の密談の件を知り、光秀に密書を届けるため自ら動くが、それを阻止に動いた秀長に暗殺される。 しかし、密書は偶然出会ったとき丸に託され、ゆきを通じて光秀とサブローに渡る。 を患っていたため、その死は秀吉から病死としてサブローに報告される。 【ドラマ版での設定】 斎藤家の間諜として、織田家へ偽りの降伏をするという形で登場。 森可成を抱き込んで織田軍の美濃侵攻を妨害するが、サブローが天下泰平というかつて自分も抱いていた目標を掲げていることに心を揺らされ、最終的には本心から織田家へ加入する。 秀吉の正体を知った直後にその旨を光秀に報告するが、実は秀吉と手を組んでいた彼に斬殺される。 (たけなか しげのり) 織田家の家臣。 半兵衛の弟。 姉川の戦いで浅井家の宿老遠藤直経を討ち、サブローを救う軍功を挙げる。 その後も馬廻り衆として務めていたが、半兵衛の死によって竹中軍大将として異動する。 長年サブローの側にいたためかフランクな性格になっており、正月には兵に炊き出した雑煮を自ら配っている。 【ドラマ版での設定】 半兵衛と共に織田軍の美濃侵攻を妨害していたが、最終的には彼に従って織田家へ加入する。 (ほり ひでまさ) 声 - 織田家の家臣。 通称は久太郎。 恒興や利家が巣立った後のサブローの側近。 織田家随一の美青年で、女性の扱いが上手である。 サブローの言動については、気にしないようにしている。 (ほそかわ ふじたか) 足利義昭を将軍に就かせた人物。 目的は達したが、その過程で義昭は将軍の器にないことが見抜けなかったのを後悔し、のちに義昭を見限って織田家に仕える。 側で仕えていたうちは立場上、義昭を諫めはするが、自身はかなり冷めた目で義昭を見ていた。 光秀とサブローがそっくりであることを知る人物の一人だが、2人の素性まで知らない。 森家 (もり よしなり) 声 - 織田家の家臣。 長可、蘭丸たち森兄弟の父。 サブローが家督相続した後に登用される。 長躯の豪傑で、サブローの信任が厚い。 のちに宇佐山城の守備を任されている。 宇佐山城防衛戦で朝倉軍や延暦寺の僧兵と戦い、戦死。 【ドラマ版での設定】 原作およびアニメ版とは違い、当初から織田家の重臣として登場する他、見るからに弱々しい風貌で泣き虫な人物になっている。 後に金策に苦しみ、斎藤家へ織田家中の情報を横流ししてしまう。 事が露見した後は切腹しようとするがサブローに止められ、以後の忠勤を誓う。 サブローからは「もりりん」と呼ばれる他、子だくさんな様を「戦国」と称された。 (もり ながよし) 声 - 可成の次男。 元の名は勝蔵 といい、可成の戦死後にサブローから「長可」の名を。 は既に故人であり、家督を相続した。 豪勢で荒々しい気性の持ち主。 (もり らんまる) 声 - 可成の三男。 目元が父親と瓜二つ。 礼儀正しく真面目でとても口が回る苦労人。 父の死後は弟たちとともに小姓として織田家に入る。 覆面を取ったままで居眠りしていた明智光秀の素顔を偶然見てしまう。 そのため、光秀を警戒している。 その後、ゆきとともにサブロー、光秀の姿を披露される。 【映画版での設定】 サブローの家臣。 本能寺の変で死亡した。 (もり ぼうまる)、(もり りきまる) 声 - (坊丸)、(力丸) 「森ブラザーズ」の四男・五男。 兄・蘭丸とは違い活発な性格。 蘭丸と同じくサブローの小姓となる。 しかし仕事に関しては熱心とはいえず、遊んでばかりいる。 【ドラマ版での設定】 よく取り違えられる。 秀吉の一味 (はしば ひでよし) 声 - 今川義元の間者として登場。 農民から商人になった 木下藤吉郎を殺してその名と経歴を奪い、サブローの前に現れる。 木下藤吉郎を名乗る以前は「田原伝二郎」と名乗っていたが、これも本名ではない。 弟を自称する秀長からは初め「日吉」と呼ばれている。 織田家に馬番として潜り込みながら、密かに織田信行に謀反を勧めるなどする。 桶狭間前夜、織田家中の情報の混乱もあり、誤報をもたらした結果、今川軍を大敗させてしまう。 その後、自らが力をつけ信長を倒す決意をする。 表向きは愛想のよい有能な忠義者のふりをしているが、本性は腹黒く冷酷で、サブローへの復讐の機会を待っている。 では殿を買って出ておきながら隙を見て寝返るつもりが、半兵衛や光秀が加勢しつつ目を光らせていたため果たせずに終わる。 サブローにその有能さを認められて出世してゆき、4人の軍団長のひとりに選ばれると丹 羽・ 柴田・光 秀から各1字と藤 吉郎から1字を取って羽柴秀吉と名乗る。 のさなか、秀長の手引きで、敵方の安国寺恵瓊と密談し、それを知った半兵衛を秀長に暗殺させるが、密書が光秀やサブローに渡り、安土城に呼び出される。 弁解する秀吉に対し、サブローが、信長の死後に「秀吉」が天下を取る、といううろ覚えの史実を、秀吉がその「秀吉」かもわからないまま他人事のように話すが、真意を疑った秀吉は、で苛烈な兵糧攻めによりを陥落させ、サブローへの忠勤に励む姿を示さざるを得なくなる。 【ドラマ版での設定】 伝次郎が本名だということになっている。 信秀を暗殺したり、義竜を焚きつけて道三への反乱を起こさせたりした。 また幼少期に、自分の住む村が敵将を匿ったため信長(本物)の手勢に滅ぼされたことから、信長を憎んでいる。 サブローからは「サルくん」と呼ばれる。 (はしば ひでなが) 声 - 秀吉の前に突如現れた忍び。 秀吉と幼いころ別れた弟の「小竹」と名乗り、側で仕えることを希望する。 以後、「ブラコン」 を自称し、皮肉や挑発的な発言を繰り返しながらも秀吉をサポートする。 しかし時に、平然として秀吉の意に反した独断行動もとり、の前には無断で秀吉配下の兵を撤退させて、秀吉は総大将の柴田勝家と不和になった上に疑念を抱かれる羽目になっている。 安国寺恵瓊の手引きも無断で行っている。 茶々が遊んでいて草履を木の上に放ってしまった際に、わざわざ秀吉と引き会わせるなど、歴史を知っているかのような行動も取る。 上杉の忍びであるとき丸に気配も無く近付いたり、殺気だけで戦意喪失させるほどの実力の持ち主で、足利義昭と接触した際には「信長(サブロー)の暗殺も可能ではないか? 」と問われるも「それでは詰まらぬ」と言って断っている。 (はちすか ころく) 声 - 美濃の土豪。 美濃攻めの際、一夜城造りで木下藤吉郎に協力し、以降その配下となる。 (いしだ さきち) 秀吉の小姓。 美しいモノ好きで、美男子の竹中半兵衛に仕えたいと思っている。 親が仕えていたために仕えているが、秀吉に美しさを感じないので、本来は仕えたい気持ちはなかった。 秀吉と恵瓊の密談の件をはからずも半兵衛に知らせ、結果として半兵衛を死に追いやることになるが、その際に自身をとがめる秀吉の凄味に、認識を改める。 その他の配下 (やなだ まさつな) 声 - 第1話で登場する「村の子1」 で、当時の名前は「まさ」。 サブローから「リーダー」に任命され、桶狭間の戦いにおいて戦況報告や今川義元の居所などの情報収集を担う。 サブローはその功績を大きく評価し、一番手柄として「やなだ まさつな」の名と領地を与える。 の元選手で、登録名は「 ヤング」。 サブローと同時代のにおける試合中、落雷を受けタイムスリップしてきた。 人々から「鬼」と怖がられていたのを、森長可たちに鬼退治として捕らえられ、サブローの前に引き出される。 坊丸・力丸が「ヤング」と言いにくいことから「やすけ」と呼んでいたのをサブローが聞き、「弥助」と名付けられる。 当時の日本人を遥かに上回る体躯を持つが、気の弱い男で合戦に付き従うこともない。 松永久秀の死後、その言葉に感化されて修行の旅に出るが、その後フロイスたち宣教師が京で信長に謁見の際に召使として伴われて再会し、織田家に戻る。 ゆき 帰蝶の侍女。 正体は上杉謙信の女忍であり、越後に同じく女忍の姉がいる。 右目のななめ下にとき丸をかばった時の傷がある。 サブローの日本史の教科書を秘伝の兵法書と思って盗むが、誤って燃やしてしまう。 サブローと光秀が同じ顔であることや、光秀の正体が本当の信長であることを見知っている。 とき丸から信長暗殺を命令されるが、暗殺できずに国元へ帰る。 姉・うのに命の代わりに後ろ髪を切られて、「好きに生きろ」と言われる。 その後、織田家に戻り、命をかけて信長を守ると誓う。 以降はうのに切られてショートカットになった髪をサブローに褒められたこともあって短いままにしているが、この時代では還俗したばかりの尼僧でもない限りあり得ない長さであるため、他の者からは「珍妙な髪形」と評価され、とき丸はゆきが織田家でいじめられているのかと誤解した。 【ドラマ版での設定】 朝倉義景の間者として登場している。 金ヶ崎から撤退したサブローを火縄銃で狙撃するが、回復した彼から「いつもお世話になってるから」と着物をプレゼントされて心が揺れる。 徳川家 (とくがわ いえやす) 声 - 、(竹千代時代) の大名。 幼少時代、人質交換までの間、尾張でサブローとともに遊ぶ。 この時の名は 松平竹千代で、今川家の人質となったのちに 松平元康と改名する。 今川家が事実上三河の支配権を握っていたため、今川方の武将であったが、今川義元がサブローに滅ぼされたことによって織田家と同盟を結ぶようになり、徳川家康と名前を変える。 好色で、見るからに人のよさそうな外見をしている。 幼少時代にサブローから貰った「えろす」を家宝にしており、それにより女に目覚めた主旨の内容をサブロー相手に自ら語っている。 お市に密かに想いを寄せており、お市が忠勝にちょっかいを出すのを苦々しく思っている。 サブローから「徳川家康は歴史上重要な人物」といわれたことを心に留めており、サブローのなす「新しい方法」を学び取っている。 【ドラマ版での設定】 サブローとは清洲同盟の際が初対面になっている。 サブローから貰ったエロ本を戦闘中だろうと肌身離さず持ち歩いている他、原作およびアニメ版とは違って敗走時に恐怖のあまり脱糞した件にも触れられ、これらの事から「脱糞おなご大名」と呼ばれている。 (ほんだ ただかつ) 徳川家家臣。 の1人。 徳川家を代表する猛将。 金ヶ崎撤退戦において徳川家も危機に陥ったことからサブローを毛嫌いしており、その件で前田利家や佐々成政と衝突しかける。 鬼瓦にも例えられる目つきの悪さをサブローやお市によくからかわれている。 (さかきばら やすまさ) 徳川家家臣。 徳川四天王の1人。 忠勝とは対照的にいつも冷静で、忠勝にもクールにツッコミを入れる。 三方ヶ原からの敗走時には、忠勝に憎まれ口を叩いて奮起させた。 (ほんだ ただざね) 徳川家家臣。 忠勝の叔父で育て親。 三方ヶ原の戦い敗走時に家康のを務めた忠勝を逃がすため、本多家の殿軍となり戦死する。 (なつめ よしのぶ) 徳川家家臣。 三方ヶ原からの敗走時に、身代わりとして家康の馬に乗って武田勢に突入し、戦死する。 (いい まんちよ) 後の直政。 徳川家家臣。 徳川四天王の1人である。 家康の小姓。 お市が忠勝を気に入ってることを家康が気に入らないことをまだ理解できず、康政から全体を見ろと注意される。 若いだけあって好奇心が強く、信長(サブロー)のノリにも比較的付いてきている。 元は警官で本名は 長井新一 であったが、に戦国時代へタイムスリップしてから30余年、経緯は不明ながら斉藤道三として生きることとなった。 帰蝶の父親であり、娘婿の信長(サブロー)と初めて会った際、のつもりでサブローがを着てきた ことによって、自分と同じく未来から来た人物と知り、自らも警官の制服を着て会見に応じる。 それ以降はサブローの後ろ盾となり力を貸すが、不仲の息子に追われ、息子との争いに敗れることを悟り、護身用に持っていた拳銃と、帰蝶と現代に残してきた、もう一人の娘への手紙をサブローに託して、戦死する。 【ドラマ版での設定】 タイムスリップした時期は。 サブローが持ってきたを分けあって食べ、その味を懐かしむ。 現代の娘の話は出ず、帰蝶を溺愛している。 帰蝶の行く末を案じて、後に天下を取るはずである秀吉・家康を探して託そうとしていたが果たせずに終わる。 教科書を信長に返すべく部下に託す直前、本能寺の変のくだりを破り捨てる。 (さいとう よしたつ) 声 - 道三の息子で帰蝶の兄。 父親を倒して領主となり、領地経営も成功させていたが、数年後に病死する。 (さいとう たつおき) 義竜の息子。 父の病没により若くして美濃の領主となったが、酒色に溺れ人望を失い、家来に裏切られ、サブローに美濃を奪われる。 足利将軍家 (あしかが よしてる) 声 - 13代将軍。 度量が広い剣の達人。 サブローを気に入り、太刀を与える。 後に松永久秀に殺害される。 (あしかが よしあき) 声 - 室町幕府15代将軍。 義輝の同母弟。 度量が狭い小心者。 当初は自身が将軍となる後ろ盾となったサブローに感謝をしていた。 しかし、サブローの狙いが天下を獲ることにあり、自分がそのための傀儡でしかないことに次第に不満を抱き、各地の大名に密書を送って信長討伐を促す。 最後は、器量の狭さから側近の藤孝に見限られ、後ろ盾のないまま織田家に対して挙兵をするも敗北し、京を追放され室町幕府は滅ぶ。 放浪の末、・に流れつき、毛利家に世話になりながら、各国大名に信長打倒の文を送り続ける。 その身分のためだけで保護されており、実権はないにもかかわらず信長(サブロー)に戦を仕掛けよとしつこく繰り返すため、恵瓊からも持て余されている。 浅井家 (あざい ながまさ) 声 - の大名。 お市の夫で信長の義弟。 サブロー曰く噂通りの男前。 父の勧めで織田家に反旗を翻す。 お市との仲は良好で、織田家との対立に前後して茶々と初と江を儲けた。 過剰に兄を慕うお市には寛容な姿勢を見せていたが、サブローに対して徐々に闘志を燃やしていく。 武田信玄の死後、織田家の攻撃対象の一つと据えられた浅井家は総攻撃に遭い、本拠小谷城防衛戦にて自害する。 蛇が苦手。 (あざい ひさまさ) 声 - 長政の父。 革新的なサブローをあまりよく思わず、義昭の密書をきっかけに、朝倉討伐中の信長を討つことを長政に勧める。 (えんどう なおつね) 声 - 浅井家の宿老。 姉川の戦いで、味方武将である三田村左衛門 のを自分の首級と謀り、サブローの命を狙うが、その顔を知る竹中重矩に斬殺される。 (いその かずまさ) 声 - 浅井家の宿老。 姉川の戦いで本陣から撤退する織田軍を追撃するが、あと一歩で取り逃がす。 上杉家 (うえすぎ けんしん) の大名。 ゆきの雇い主。 素顔は不明だが男前らしい。 サブローから贈られた南蛮製のビロードを気に入っている。 天正6年に急死し、2人の養子が後継を巡って争うことになる。 うの ゆきの姉で、同じく上杉謙信の女忍。 実は幼いころに拾われたゆきの育ての親。 謙信急死後の跡目争いから、上杉に見切りをつけて里を抜ける。 とき丸(ときまる) 上杉謙信の忍者。 忍びとしての腕は今ひとつだが、美男子で女を誑しこんでの情報収集が得意。 着物の商人として織田家に入り、ゆきに謙信の命令として信長暗殺を伝える。 謙信急死後の跡目争いから、上杉に見切りをつけて里を抜ける。 年間にをしていたが、戦国時代にタイムスリップしてから30年間、「主君殺し」「将軍殺し」で悪名をはせながら畿内の実力者までのし上がった。 サブローが上洛すると降伏するが、初対面の時でも背中のを見せて驚かそうとするなど態度が大きかった。 この時のリアクションから、信長の正体を知る。 学がないため歴史には疎いが、うだつの上がらなかった平成を嫌い、弱肉強食の戦国を気に入っている。 道三と同じく、拳銃を所持した状態で戦国時代に来ており、護身用に使用している。 金ヶ崎撤退戦ではサブローに力を貸しているが、道三とは違い、同じ未来から来た者同士とはいえサブローに常には肩入れせず、時に裏切りもする。 織田家のほとんどの家臣からは蛇蝎の如く嫌われているが、森長可からはある意味、理解されている。 石山本願寺に呼応してサブローに謀反を起こし、織田軍に城を囲まれ、降伏の使者・森長可に信長への餞別として拳銃を手渡し、城ごと爆死する。 【ドラマ版での設定】 タイムスリップした時期はと設定されている。 サブローから『』の放送が終了したことを聞いて驚く。 (くつき もとつな) の領主。 金ヶ崎撤退戦の折には、立場上は浅井方ながら、妹をサブローに助けられたことや松永久秀の説得もあり、退却する織田軍の領内通過を許可した。 (あさくら よしかげ) の大名。 浅井家と同盟し、織田・徳川軍と戦うが、の後、家臣のに裏切られ、自刃する。 後述のドラマ版では登場しているが、原作では名前と自害シーンのシルエットのみである。 (あさくら かげたけ) 声 - 姉川の戦いにおける朝倉軍総大将。 姉川では徳川軍と戦うも、惨敗を喫する。 その他の勢力 (いまがわ よしもと) の大名。 藤吉郎(秀吉)の雇い主。 藤吉郎の情報を元に織田領へ侵入するが、田楽狭間で織田軍の奇襲を受け戦死する。 後述のドラマ版では登場しているが、原作およびアニメ版では名前のみで姿も見せていない。 (たけだ しんげん) の大名。 織田家と対立し徳川軍を壊滅させるも、上洛を果たすことなく病死した。 登場はシルエットのみである。 (あんこくじ えけい) の外交僧。 都落ちした足利義昭が備後・鞆に流れ、毛利家に世話になっているので、悪態をつく義昭の愚痴を聞く立場にある。 その他の人々 (たくげん) 声 - 光秀(信長)が幼少時代から師と仰ぐ和尚。 光秀とサブローの秘密を知る人物の1人。 サブローに「天下布武」と「岐阜」を提案する。 ポルトガルの宣教師。 サブローの親切心からキリスト教の布教を許可される。 ドラマ版のみの登場人物 (おだ のぶきよ) 信長の遠戚に当たる武将。 織田宗家とは信秀の代からいざこざがあり、サブローが織田家を相続すると宣戦布告のために彼の元へやってくる。 しかし、逆にサブローから領地を与えられたため恩義を感じ、信行が謀反を起こした際にはサブローへの援軍として現れ彼らの危機を救った。 重平(じゅうへい) 織田軍に従う兵で、お守りとしてを携えている。 タイムスリップ直後のサブローに乗馬を教えたが、信行との合戦で戦死。 段蔵(だんぞう) 今川家に仕える男。 伝二郎(秀吉)と共に織田家の攪乱と間諜を命じられており、主に域外から伝二郎の補佐を担当する。 伝二郎が今川を見限って織田家中に潜伏しようとすると対立し、伝二郎に襲い掛かるが返り討ちに遭い死亡。 (ながや かげおき) 美濃の国人。 斎藤道三の懐柔策によって、幼いころの帰蝶を人質に受けとる。 しかし、方針を転換した斎藤軍によって攻め滅ぼされた。 お春(おはる) 尾張にある田楽村に住む若い娘。 今川軍の侵攻を受けて従属していた村の住民。 今川の大軍を恐れて逃亡していたサブローと出会う。 サブローが今川軍を刺激したためにサブローを捕らえるように意見する。 後にサブローが村民を庇う姿勢を見せたために考えを改め、村長に織田軍支援を進言する。 村長 田楽村の村長。 今川軍を刺激してしまい危機に陥った村を救うため、原因となったサブローを捕らえて首級を持参しようと画策する。 しかし、寸前になって織田軍が到着したために逆に殺されかけるが、村民の心情を解するサブローによって救われる。 その後はお春の意見を容れて、今川本陣の位置を織田軍に伝える役割を買って出る。 (もり せんまる) 「森ブラザーズ」の六男。 兵庫助(ひょうごのすけ) 朝倉義景の家臣である隻眼の男。 ゆきの上役に当たる人物で、義景への取次などを担当していた。 間者働きから逃れたゆきを始末しようとしたが、前田利家によって討たれた。 今井清忠(いまい きよただ) 浅井長政の家臣。 浅井家中における主戦派の一人。 息子を織田軍との合戦で失っており、長政が和睦論に傾くと和睦に反対して諫死したと伝えられた。 しかし実際には、赤尾義久によって謀殺されていた。 赤尾義久(あかお よしひさ) 浅井長政の家臣。 浅井家中における主戦派の一人。 秀吉と裏で共謀して今井清忠を謀殺し、和睦に傾いていた長政を翻意させた。 しかし間もなく、秀吉によって口封じのために殺害されている。 亜里沙(ありさ) 現代の女子高生。 サブローの同級生で、修学旅行で一緒にいた。 サブローから歴史村で告白されるが、断った。 その服装からと間違えられて捕らえられた。 本能寺に向かう途中の帰蝶と会い、信長の死んだ場所が本能寺であるということを伝えた。 サブローの死後は帰蝶に仕えた。 書誌情報• 発売 18年()(16歳) - 天文22年()閏1月13日ごろ(20歳) サブローと信長の出会いから平手政秀の死まで。 特別読切「吸血鬼タマクロー」(『ゲッサン』2009年6月号別冊付録1 掲載)収録。 発売 天文22年(1553年)(20歳) - 3年()5月19日(27歳) 斉藤道三との出会いからまで。 2010年発売 永禄3年(1560年)5月19日(27歳) - 永禄11年()(35歳)ごろ 桶狭間の戦いから明智光秀の出現(信長との再会)まで。 発売 永禄11年(1568年)(35歳)ごろ - 永禄12年()1月(36歳) 光秀の織田家仕官から築城まで。 2011年8月17日発売 永禄12年(1569年)(36歳) - 永禄13・元年()4月(37歳) 羽柴秀吉名乗りからまで。 2月15日発売 元亀元年(1570年)4月 - 同6月末(37歳) まで。 2012年発売 元亀元年(1570年)7月ごろ(37歳) - 元亀2年()1月(38歳)まで。 特別読切「エースの秘密」(『ゲッサン』2011年9月号 掲載)収録• 発売 元亀2年(1571年)2月ごろ(37歳) - 元亀3年()12月(39歳) 弥助登場から、まで。 2013年発売 元亀3年(1572年)12月(39歳) - 元亀4年・元年()9月(40歳) 三方ヶ原の戦いから滅亡、まで。 発売 天正元年(1573年)9月(40歳) - 天正4年()1月(43歳) お市の岐阜への帰郷から、築城計画まで。 発売 天正4年(1576年)秋ころ(43歳)- 天正5年()10月10日(44歳) 松永久秀討伐まで。 発売 天正5年(1577年)10月10日(44歳) - 天正6年()3月(45歳) 松永久秀爆死から上杉謙信の死まで。 2016年発売 天正6年(1578年)3月 - 同年11月ころ(45歳)まで。 4月12日発売 天正6年(1578年)11月(45歳)- 天正7年()(46歳) 安土城完成まで。 2017年発売 天正7年(1579年)- 天正8年()9月(47歳) まで。 2019年2月12日発売 天正9年(1581年)春 - 天正10年()正月(49歳) まで。 2019年12月12日発売 天正10年(1582年)正月 - 3月 まで。 ゲッサン公式ガイド• 天下布武之帳 乙嫁コンツェルト 『』()連載作品の作「」との企画。 『』にて開催された『ゲッサン』『』『Fellows! 』の合同サイン会が直接の契機となり 、両作品とも歴史に深く関わる作品であるということで出版社の垣根を越えて企画された。 なおこの企画は「信長協奏曲」読者が併読している漫画の中で1番多いものが「乙嫁語り」であることを知った『ゲッサン』編集長の市原武法が、『Fellows! 』編集者の大場渉へと提案して実現したという。 テレビアニメ 2014年7月から9月まで放送。 『』や『』同様にフジテレビの完全自社製作作品であるが、本作ではフジテレビがに外注せず 、局内のCG事業部で直接アニメ制作を行うという、日本のテレビアニメでは異例の制作体制を採用した。 なお前出の2作品はソフト化が一切されていないが、本作はDVD-BOXのみではあるもののソフト化が実現している。 ストーリーは第8巻・第41話「延暦寺攻め」までである。 毎回番組の最後には「NOBUNAGA NEWS」と題し、後述のテレビドラマ版の情報コーナーが設けられていた。 出演は(フジテレビ)。 スタッフ• 原作 -• プロデューサー - 尾崎紀子• アニメーションプロデューサー - 高橋美香• 協力プロデューサー -• 監督 - 冨士川祐輔• 脚本 -• 美術監督 - 熊本彩加• アクション監督 -• 編集 - 熊倉春陽、門馬英行、生駒良太• サウンドデザイン - 近藤隆史• 音響効果 - 大塚智子• 音響制作 - サウンド・ウィング、デルファイサウンド• 音楽 -• 音楽プロデューサー - 池田貴博• ナレーション -• 制作著作 - 主題歌 「不可逆リプレイス」 作詞・作曲・歌 - 各話リスト 話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 第1話 サブロー信長 冨士川祐輔 第2話 諌死 森田と純平 第3話 美濃のマムシ 松田圭太 第4話 桶狭間の戦い 冨士川祐輔 第5話 らぶれたぁ 森田と純平 第6話 明智光秀 松田圭太 第7話 信長を討て! 冨士川祐輔 第8話 まさかの裏切り 森田と純平 第9話 イバラの道 松田圭太 第10話 二人の信長 冨士川祐輔 放送局 放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考 - 土曜 1:50 - 2:20 (金曜深夜) 制作局 『』枠 日本全域 土曜 フジ放送終了後に更新 有料配信 2014年 - 木曜 12:00 更新 2014年 - 土曜 2:00 - 2:30 (金曜深夜) フジテレビ系列 2014年 - 月曜 2:25 - 2:55 (日曜深夜) 2014年 - 火曜 1:35 - 2:05 (月曜深夜) 火曜 2:00 - 2:30 (月曜深夜) 2014年 - 水曜 1:40 - 2:10 (火曜深夜) 水曜 1:45 - 2:15 (火曜深夜) 2014年 - 木曜 1:40 - 2:10 (水曜深夜) 2014年 - 土曜 2:15 - 2:45 (金曜深夜) 2014年 - 日曜 1:55 - 2:25 (土曜深夜) 2014年 - 9月27日 土曜 1:20 - 2:20 (金曜深夜) 2話連続放送 休止の週あり 2014年9月25日 木曜 2:28 - 3:57 (水曜深夜) 第1話 - 第3話 2014年 金曜 2:27 - 3:27 (木曜深夜) 第4話・第5話 2014年10月2日 木曜 2:18 - 3:57 (水曜深夜) 第6話 - 第8話 2014年 金曜 2:18 - 3:18 (木曜深夜) 第9話・第10話 2014年9月26日 金曜 1:20 - 2:20 (木曜深夜) 第1話・第2話 2014年10月3日 金曜 1:10 - 2:40 (木曜深夜) 第3話 - 第5話 2014年 - 金曜 1:50 - 2:20 (木曜深夜) 第6話以降 (1話ずつ放送) 2014年 - 月曜 2:05 - 2:35 (日曜深夜) 2014年 - 火曜 1:05 - 1:35 (月曜深夜) 2014年 - 水曜 1:40 - 2:10 (火曜深夜) 2014年 - 火曜 1:35 - 2:05 (月曜深夜) DVD-BOX 2015年1月21日に発売 PCBC-61735。 全10話に加え、特典映像、サウンドトラックを収録。 なお、単体でのソフト化の予定は現時点では無い(を含めて)。 テレビドラマ 信長協奏曲 ジャンル 原作 石井あゆみ 『信長協奏曲』 脚本 岡田道尚 演出 松山博昭 金井紘 品田俊介 出演者 () () エンディング 「」 時代設定 2014年および 製作 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜21:00 - 21:54 放送枠 フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 11 特記事項: ・初回は30分拡大(21:00 - 22:24)のうえ、20:59 - 21:00に前座枠『いよいよ信長協奏曲はじまる! 』も別途放送。 ・第2話・最終話は15分拡大(21:00 - 22:09)。 からまで毎週月曜日21時 - 21時54分に、系の「」枠で放送された。 主演はで、月9初の作品である。 キャスト 人物説明は・を参照。 登場人物の設定が原作から一部変更されている。 シリーズ構成 -• 脚本 - 西田征史、岡田道尚、、• fm)• 主題歌 - 「」()• 元々は「ノブナガ」の題で「」が主題歌として製作されていたが 、この曲は新しく作曲されたものである。 2016年公開の劇場版の主題歌にも起用される。 演出 - 松山博昭、金井紘、、品田俊介• 脚本協力 - 宇山佳佑、岡田道尚• 監督補 - 宮村敏正• 演出補 - 西岡健太郎、木村洋• 撮影 -• 照明 - 杉本崇• 音声 - 塩瀬昌彦• 編集 - 平川正治、小泉義明、福岡典子、山本清香• 衣装監修 - 福田明• 衣裳デザイン(サブロー) - 澤田石和寛• 床山 - 荒井孝治• 技髪 - 泉水貴光• 結髪 - 島田紗妃• タイトルバック - 三塚篤• VFXプロデュース - 冨士川祐輔• 技術プロデュース - 友部節子• スタントコーディネート -• 殺陣 - 高槻祐士• 男性所作指導 - 江澤大樹• 女性所作指導 - 橘芳慧• 踊り指導 - 中谷水嶺• フードコーディネート - 住川啓子• 台本監修 -• 広報 - 瀬田裕幸• 広告宣伝 - 鈴木文太郎、鈴木良子• ホームページ - 丸谷利一• プロデュース - 、• プロデュース補 - 女川実青• 制作著作 - 放送日程 各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率 第1話 10月13日 高校生が戦国へ!? スニーカーで生き延びろ!! 戦国で見つける青春、友情、どきどき、恋 西田征史 松山博昭 15. 奇跡の出会いが運命を変える!! サブロー版桶狭間戦記! 岡田道尚 金井紘 12. サルの一夜城大作戦 宇山佳佑 林徹 14. 全国指名手配の書状 宇山佳佑 松山博昭 11. 撃たれた痛みは心の痛み… 徳永友一 宇山佳佑 林徹 10. サルに秘密がバレるとき 徳永友一 金井紘 11. 殿のために死んでいった者たちへ 岡田道尚 宇山佳佑 林徹 11. 500年後の未来のために… 松山博昭 10. 信長協奏曲 DVD BOX 発売日ほか同上。 サウンドトラック 信長協奏曲 オリジナル・サウンドトラック 音楽:。 2014年12月10日発売。 系 前番組 番組名 次番組• 映画 信長協奏曲 NOBUNAGA CONCERTO 監督 松山博昭 脚本 岡田道尚 原作 『信長協奏曲』 製作 村瀬健 古郡真也 出演者 () 音楽 主題歌 「」 配給 公開 上映時間 126分 製作国 言語 興行収入 46億1000万円 上記テレビドラマ版と同一プロジェクトにてに公開された。 主演の小栗ほか、主要キャストは実写ドラマ版と同じ役者たちが演じた。 ストーリー面ではドラマ版の直接的な続編として「本能寺」に至るサブロー(信長)の物語に一つの区切りを付ける「最終章」となる。 原作 - 『信長協奏曲』(小学館「」)• プロデューサー - 、、古郡真也• 監督 - 松山博昭• 脚本 - 西田征史、岡田道尚、宇山佳佑• 音楽 - ()• 撮影 - 、大据恵太• 照明 - 杉本崇• 録音 - 武進、渡辺真司• 美術 -• 装飾 - 秋田谷宣博• 小道具 - 酒井譲、松永一太• 衣裳 - 大塚満• メイク - 佐々木精一、大坂ひとみ• 床山 - 泉水貴光、石塚俊美• 編集 - 平川正治• VFXスーパーバイザー -• VFXプロデューサー - 赤羽智史• 選曲 - 泉清二• 音響効果 - 壁谷貴弘• 音響効果助手 - 福島佳那実• 記録 - 中田秀子• 監督補 - 杉山泰一、宮村敏正• 助監督 - 三橋利行• 制作担当 - 佐藤龍春• 製作 - 、、• エグゼクティブ・プロデューサー -• アソシエイトプロデューサー - 大坪加奈• 特殊効果 - 坂本佐幸、中條勝美、岩田安司• 制作主任 - 野口聖太朗、木村恵理子、高塚映里香• 制作進行 - 矢羽田真央、嶋崎彩乃、岩瀬渉、長谷川琢真• 配給 -• 制作プロダクション -• 製作 - (、、東宝、) 撮影地 湖南アルプス 作品の評価(映画) 興行収入 全国325スクリーンで公開され、2016年1月23日・24日の初日2日間の全国映画動員ランキング(発表)では、動員は約49万人、興行収入は約6億1,600万円を記録。 また、の調査による初日満足度ランキングでは第1位となっている。 公開9日目で、動員は150万人、興行収入は17億円を突破した。 公開12日目に、今年最速で興行収入20億円を突破した。 公開4週目には、興行収入32億円を突破した。 最終的には興行収入46. 1億円を突破し、2016年の邦画実写では『』に次いで年間第2位となる大ヒットを記録した。 受賞(映画)• (2017年)• 10月16日(月曜21時 - 23時43分) にもフジテレビで放送。 脚注 [] 注釈• サブロー(三郎)は史実の織田信長の通称である。 授業で問われた時に、思いつきで答えた。 原作では元服して「長可」の名を賜るまで「お兄ちゃん」と呼ばれるが、「勝蔵」の名は語られていない。 ゲッサン公式ガイド『天下布武之帳』の「石井先生のこだわり所」より。 アニメ版ではゆきが登場しないので、藤吉郎が盗み出しに焼べた。 史実では「斎藤」であるが、作品の中では「斉藤」で統一されている。 ドラマ版では史実通りに「斎藤」である。 長井は史実の斎藤道三の元の姓である。 本来の礼服はちゃんと風呂敷に入れて成政が運んでいたが、道中で利家と取りあいになった挙句、近くの田んぼに落としてしまった。 後で回収したかどうかは不明。 帰蝶によると、道三はこの制服を命より大切にしていたらしいが、会見の後でサブローに託した。 深手を負ったため、直経が自らとどめを刺した。 ゲッサン公式ガイド『天下布武之帳』の「石井先生のこだわり所」によると顔出しはしないとのことである。 武家の対外交渉の任を務めた禅僧。 描写はないが、史実ではこの巻の年月の間の、3年()に嫡男が、次男、三男が永禄元年()に生まれている。 その他、長庶子が天文23年()に、3 - 4巻ごろ、四男が永禄11年()に生まれている。 アニメ版になかった「修学旅行IN京都」編。 ゲッサン2014年10月号には「浅井家滅亡編」のドラマCDが特別付録として付いている。 『Fellows! 』volume21および単行本『森薫拾遺集』への投げ込みチラシより。 『ツヨシしっかりしなさい』と『クマのプー太郎』の実制作はそれぞれ、が行っている。 ただし、に時代劇(『』〜『』第2シリーズ)が放送されているので、月曜21時台としての時代劇放送そのものは初めてではない。 また地方では、が『』を月曜21時枠で遅れネットしていた時期がある。 当初、この日にスタートする予定だった『』が選挙のシーンがあるという理由で10月23日にスタートが延期されたことに伴って急遽編成。 このため、『もしズレ!40分拡大SP』、『AI-TV』の放送開始日も延期。 野球で30分繰り下げ。 フジテレビジョン. 2014年5月8日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年5月8日閲覧。 コミックナタリー. 2014年5月8日閲覧。 元はサブローがお市を評して口にしていた言葉。 2012年1月30日. 2012年3月5日閲覧。 fellowsmanga -. 2012年1月23日. 2012年3月5日閲覧。 アニメ! 2014年12月1日、同31日閲覧。 2014年9月5日. 2014年9月4日閲覧。 CinemaCafe. net 2014年9月11日. 2014年9月19日閲覧。 CinemaCafe. net 2014年9月19日. 2014年9月19日閲覧。 CinemaCafe. net 2014年9月16日. 2014年9月19日閲覧。 CinemaCafe. net 2014年9月21日. 2014年9月21日閲覧。 SANSPO. COM 2014年9月29日. 2014年9月30日閲覧。 モデルプレス 2014年10月12日. 2014年10月14日閲覧。 2014年10月3日閲覧。 cinemacafe. net 2014年10月17日. 2014年10月17日閲覧。 cinemacafe. net 2014年10月24日. 2014年11月4日閲覧。 毎日新聞デジタル 2014年11月16日. 2014年11月18日閲覧。 Musicman-NET 2014年10月3日. 2014年10月4日閲覧。 Childrenのアルバム『』ライナーノーツより。 2015年11月14日閲覧。 スポニチアネックス 2014年10月14日. 2014年10月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年10月14日閲覧。 2016年7月25日. 2016年9月11日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年8月6日. 2015年8月6日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年1月26日. 2016年1月27日閲覧。 ぴあ映画生活. 2016年1月25日. 2016年2月21日閲覧。 ぴあ映画生活. 2016年1月25日. 2016年2月21日閲覧。 com 2016年2月1日. 2016年2月21日閲覧。 Cinema cafe 2016年2月4日. 2016年2月21日閲覧。 Cinema cafe 2016年2月16日. 2016年2月21日閲覧。 『』 、関東版2017年2号 62頁。 外部リンク• nobuconofficial -.

次の

信長協奏曲(コンツェルト)のあらすじとネタバレ!評価と感想は?

信長 コンチェルト キャスト

ドラマ・高校生のサブローは自分そっくりの織田信長からその座を託される。 最初はただのイベントだと思っていたがすぐにタイムスリップしたのだと気付きやがて「戦のない時代」を目指し徐々に臣下たちの心を掴んでいった。 本物の織田信長は明智光秀としてサブローを支えながらも織田家が大きくなった時に天下統一を狙っていた。 また一方で織田信長の命を狙い身分を乗っ取りながら秀吉となった者は明智光秀が本物の織田信長だと見抜く。 映画・偽物だと気付かれ去ろうとしたサブローだが家臣の心を掴んでいた事から信長に戻るよう言われ互いに手を組んで戦のない時代を目指していました。 本物の信長は横やりして天下統一を狙うもののサブローの人柄に惹かれ変化が生じる。 一方、本物の信長を狙う秀吉は序でにサブローも始末し天下を狙っていた。 帰蝶との愛の行方は?サブローの想い(戦のない時代)は届くのか? 信長協奏曲 (映画) 高校生がタイムスリップしてきて安土城を完成させるまでにいたり、尋ねてきた松永弾正久秀は感動します。 「もうすぐ死ぬから家族、家臣のために城を完成させたんだろ?」 何の事だか分からないサブロー 偽物の織田信長 は手渡された教科書をしっかり読み、もうすぐ死ぬ運命だと知ります。 タイムスリップしてきた段階で歴史は変わっていると思っていたがサブローがやってきた事はすべて歴史通りでした。 お市から「姉上と結婚しないのか」と聞かれたサブローだが死ぬと分かっているので戦があるから今はそれどころではないとそっけない態度を取ります。 帰蝶が城に残ると言い始めたのでサブローは「もうすぐ死ぬんだ」と打ち明け、未来からタイムスリップして来たから先が分かるのだと説明するとそばで池田恒興も聞いていました。 秀吉の誤算 本願寺が挙兵し上杉と手を組もうとしていました。 「本願寺討伐は畿内を担当をしている明智光秀 織田信長 がいい」と進言する羽柴秀吉の意見にサブローは賛成します。 明智光秀が家臣たちから慕われ帰蝶の心まで掴み嫉妬していたため秀吉はそれを利用し光秀にサブローを殺らせようとしたのです。 また過去に光秀 本物の織田信長 に焼き討ちに遭い恨みがあったためサブローを殺らせた後に仇打ちをし天下を狙おうと企てます。 松永の密告により持ち場を離れた光秀軍が1万8千の兵に囲まれます。 西にいた秀吉が驚く中、サブローはたった三千の兵を率いて光秀を助けに向かいます。 サブローが、先陣を切って助けにきたと報せを受けた光秀軍の士気が上がり、恒興だけでなく柴田勝家や秀吉も駆け付け見事に窮地を切り抜けます。 秀吉は兵を率いて計画を台無しにした松永を討ちに行きました。 未来を知る帰蝶 俺は絶対に死なない!そう決心したサブローは帰蝶に結婚しようと告げます。 「俺と一緒に生きてください」 「しわしわになるまで生きると約束するなら一緒に生きてやっても構わぬぞ」 京都の本能寺で結婚式を挙げる事に決め、サブローは朝廷に用事があるため先に出ます。 大阪で捕らえた者がサブローと同じようにタイムスリップして来たと聞き帰蝶は会い行き訊ねました。 「織田信長を知っておるか?」 「本能寺で光秀に裏切られ殺されます」 帰蝶は驚いて本能寺に向かいます。 織田信長の変化 サブローを殺して天下を横取りしようとしていた光秀(織田信長)だったが命懸けで助けに来てくれた事、そしてサブローを慕う家臣たちを見てサブローの夢である戦のない世の中作りに家臣として協力しようと決意します。 しかし、秀吉に「サブローを殺さなければ帰蝶やお市を殺す」と脅迫され、光秀は本能寺にいる信長は影武者であり自分が本物だと率いる兵に姿を見せ向かいます。 また、一気に2人とも始末し天下を狙おうとしていた秀吉は率いる兵に叫びます。 「敵は本能寺にあり!!!」 光秀が謀反を起こしたと報告を受けたサブローは慌てて外に出ると本能寺が燃えており矢が突き刺さります。 教科書通り光秀にやられるのかと思ったが「逃げて織田信長としての天命を成し遂げろ」と逃がされます。 光秀は「この命を持ってすべてを終わらせてほしい」と秀吉に頭を下げます。 土下座する本物の織田信長だが焼き討ちに遭った恨みは深く秀吉は「おまえが大事なものをすべて奪う」と言い刀を振り落とし何回も突き刺しました。 結末 秀吉は反逆罪としてサブローを明智光秀だと仕立て上げます。 家臣が光秀討伐に動き出すが真実を知る池田恒興だけは止めさせようと動きます。 サブローは帰蝶の手を取り逃げ出すがやはり歴史は変わらずこれが信長の天命なんだと受け入れます。 「例え歴史は変わらなくても想いは未来に繋がるはず、帰蝶とこの時代に出会えて良かった」 受け入れた帰蝶は最後の妻の務めを果たすためサブローを送り出します。 恒興はサブローから前もって頼まれ預かっていた結婚指輪を帰蝶に手渡しました。 サブローは最後まで立ち向かうが秀吉に捕らえられます。 跪いたサブローは戦のない世の中を秀吉、そして家臣たちに託したいと発したあと首を刎ねられました。 ~ 農家の人に「なにやってんだ?」と声をかけられサブローは目を覚ますと野原で寝転んでおり現代に戻ったのだと気付きます。 時は経ち、サブローと同じようにタイムスリップした者が現代に戻ってきて帰蝶から頼まれた動画を届けてくれました。 サブローが残した想いはみんなに伝わり、秀吉が天下を取りそのあと家康が継いで平和が訪れた事を知ります。 時代は離れていても指輪があれば繋がっている。 同じ時代を共に生きて出会ってくれてありがとう。 サブローは帰蝶の動画を繰り返し再生し涙しました。 終 めちゃめちゃ面白かったですね。 ドラマのラストで「映画に続く」と出たときは「嘘でしょ」と思ったが満足です。 ダラダラ感もないし常に展開していて何より時代を変えていないところがすごい。

次の