じゃがいもガレット カロリー。 じゃがいものレシピ

【実はカロリーが低い!? 】じゃがいもの女性に嬉しい3つの「栄養素など」

じゃがいもガレット カロリー

じゃがいもはでんぷん質を多く含む野菜であり、フライドポテトなどのイメージも強いので、高カロリーだと思っている方も多いのでは。 ご飯は100gで【168kcal】。 それに対して、同じ分量のじゃがいも 蒸し は【84kcal】と約半分なんです。 ちなみに、さつまいも 蒸し)は、【134kcal】です。 じゃがいもはお腹が満たされるのに、カロリーは比較的低めなんですね。 糖質を脂肪に変えて体に蓄積されるのを防ぐには、ビタミンB群が必要です。 じゃがいもには代謝を助けるビタミンB1、B2も含まれているので、効率よくエネルギーになれば、脂肪の蓄積を抑えることが期待できます。 ただし、じゃがいもは油やバターとの相性がよく美味しいので、カロリーなどを気にしている場合、調理方法には注意が必要です。 「新じゃが」は春先から初夏までによく出回りますが、品種名ではありません。 通常じゃがいもは収穫されてから大部分が貯蔵されますが、貯蔵されないですぐに出荷されるじゃがいもが品種を問わず「新じゃが」です。 春には九州産のものが多く出回ります。 新じゃがは小ぶりで皮が薄く、水分量が多くてみずみずしいのが特徴です。 そのため加熱するとねっとりとした食感になります。 皮が薄くやわらかいので、皮ごとフライにしたり、煮物にするのに向いています。 新じゃがはビタミンCが豊富なので、皮ごとぜひいただきましょう。 一方、貯蔵されたじゃがいもは、貯蔵されている間に、皮が厚くなり、でんぷんが増えることで、調理した際にホクホクとした食感になります。

次の

新じゃがいものガレット 作り方・レシピ

じゃがいもガレット カロリー

ガレットの糖質は 1枚約23gです。 ガレットの糖質量が約23gに対して、クレープの糖質量が約38gなので、ガレットの方が糖質を抑えられます。 糖質は大切なエネルギー源ですが、接収量が大切です。 糖質は接収量を抑えてしまうと、不整脈やイライラの原因になります。 糖質量を多く摂りすぎると肌や骨の老化を加速させたり、動脈硬化や糖尿病を発症し大病につながったりします。 運動をあまりしない人の1日の糖質摂取量目安は、成人女性で約270g、成人男性で約330gです。 間食しない場合は、1食あたり約90~110gになります。 特にダイエットを考えている方は糖質を抑えてしまう傾向があるので、1日に必要最低限の100gを摂取してください。 1日3食中1食をガレットに置き換えるだけで糖質量は抑えられます。 GI値(グリセミック・インデックス)とは、食べ物が体内で分解されて、糖に代わるまでのスピードを数値化したものです。 いわゆる、血糖値の上昇スピードを表したものです。 クレープのGI値60に対して、 ガレットのGI値は50ですので、ガレットの方が血糖値の上昇スピードが抑えられています。 GI値が高いと血糖値が急激に上がるため、インスリンの働きで急激に血糖値が下がります。 そのため、すぐにお腹が空いてしまう状況になり、間食が増えて太ってしまう原因になります。 それに対して、GI値が低いと糖質の吸収が穏やかなため、血糖値が急激に上がるのを抑えてくれます。 そのため、糖質を含んだ食事でも、GI値が低い食材で食事をすれば、空腹になりにくく、ダイエット効果が期待できます。 そば粉のガレットはカロリーが高くてもGI値が低いので、ダイエットに向いています。 乾麺蕎麦の場合は、そば粉が30%以上入っている事という定義があるので、小麦粉の量が多い場合もあります。 蕎麦を食べるよりガレットを食べるほうが、そば粉を多く含まれていることがわかります。 蕎麦はそば粉の他に小麦粉を使っているので、ガレット生地の方がカロリーは少なく、GI値も抑えられます。 ガレットのそば粉には栄養素も多く含まれています。 血管を丈夫にしてくれるルチンや疲労回復効果のあるビタミンB群、胃腸の調子を整えてくれる食物繊維が代表的なものです。 特にルチンはポリフェノールの一種で、穀物ではそば粉のみといわれています。 ルチンは、強い抗酸化作用があるため、抗炎症効果や血流改善効果があり、高血圧や脳卒中などの生活習慣予防になります。 そして、ビタミンCの吸収を助ける役目があるので、野菜類と同時摂取はおすすめです。 ガレットの具材のチーズや卵もGI値が低く、ダイエット中の体をサポートしてくれるため、バランスが良い食事の一つだといえます。 また、サラダをトッピングすると、消化を助ける水溶性の食物繊維を多く補充できるので、便秘解消にも役立ちます。 【材料】• 卵1個• チーズ適量• バター適量 【作り方】• 生地に気泡がポツポツとでて、周りが少しパリパリに固まってきたら、卵を生地の真ん中に落とし、蓋をします。 卵が白っぽく固まってきたら生地の四隅を折りたたみ、四角形になるようにします。 チーズをふりかけ、とろけてきたら完成です。 一般的なガレットのレシピです。 生地と半熟卵の黄身が絡みあい、濃厚な卵とそば粉の香りがマッチして満足できる一品です。 フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、香りが出るまで炒めます。 両面が焼けたら、お皿に広げます。 フライパンでハムエッグを焼いて、チーズをのせます。 焼いたガレットにハムエッグをのせ、四隅を折りたたみます。 炒めたキノコをガレットの上に盛り付けます。 そば粉も食物繊維が豊富ですが、キノコを加えることにより沢山の食物繊維を摂取できるので、腸の健康がよくなります。 腸内の健康は代謝を活発化してくれるため、ダイエット効果が高まります。

次の

じゃがいものレシピ!チーズ入りガレットが簡単に作れる!

じゃがいもガレット カロリー

作り方• 新じゃがいもはきれいに洗い、皮付きのまま薄切りにしてさらに細切りにします。 水にさらしません。 1をボウルに入れ、薄力粉、塩こしょうを加えて和えます。 小さめのフライパンにオリーブオイル大さじ1を中火で温め、2の半分を加えて広げます。 3の上にピザ用チーズを散らします。 4の上に1の残りを広げ、フライ返しなどで上からしっかり押し固めます。 5〜6分焼いたところでフライパンを揺すってみて、全体が塊としてまとまってきたら裏返します。 オリーブオイル大さじ1を鍋肌から注ぎ、逆の面もしっかり5〜6分焼いたらできあがりです。 食べやすくカットして盛り付け、お好みでトマトケチャップを添えてください。

次の