トイレ トレーニング 進ま ない。 なかなか進まない?トイレトレーニングで座りたがらない時の対処法は?

なかなか進まない?トイレトレーニングで座りたがらない時の対処法は?

トイレ トレーニング 進ま ない

オシッコの間隔が短いときには? こんにちは、おむつはずし専門保育士の杉浦です。 寒い時期になってくると 「いつもより、おしっこの間隔が短かくなった」 というご相談が多くなります。 オシッコの間隔が短くなると、オシッコの「ため」ができなくなったのかな? トイレトレーニングには早いのかな? と心配に感じる親御さんもいます。 ある親御さんは、トイレで できるようになったのはいいけれど、何度も何度も「オシッコ!」になり、その度にトイレに連れて行かねばならず、「もう!いい加減にして。 」と叱ってしまったそうです。 食事の支度、掃除・洗濯、下のお子さんのお世話など、トイレの他にもしなくてはいけないことが沢山あるので、言ってはいけないと頭でわかってはいても「いい加減にして!」と言いたくなりますよね。 頻繁にオシッコ!となる 我が家でも、寒い時期には、下の子が頻繁に「おしっこ!」となることがありました。 お姉ちゃんを幼稚園に送る朝、ようやくお姉ちゃんの幼稚園の支度も終わり、下の子のおしっこタイムをすませて、コートを着せると 「チッチ・・・」 またコートを脱がせて、トイレへ。 コートを着ておんぶをして玄関に向かうと、 「チッチ」 「ほんとに出るの?」 「うん。 チッチー」 玄関とトイレを行き来して、外に出て歩いていると、後ろからささやくように 「チッチ・・・」 「えーちょっと勘弁してー」と、背中に向かって言ってしまったこともありました。 家にいる時も、「まだ大丈夫なんじゃないの?」と顔を見ると、必死の顔で、足を大股に広げて、体をゆすり、おまたの方に手をあて 「ちっちー」 飛び跳ねて、おしっこサインを出すのです。 何度も「よっこらしょ」と重い腰をあげたものでした。 安心感が排泄の安定をもたらすことも オシッコの間隔が短くなる原因は、気温・汗の量、体調、その時の水分摂取の状況など様々です。 その他、トイレを意識し始めの頃も、自身で意識するためにオシッコが短くなることもあります。 オシッコの間隔が短くなり、周りが心配してしまう事で、子どもも緊張感が強くなり過敏になることもあります。 そんな時は、 「またおしっこなの?」のようにではなく、 「行きたい時いつでもトイレ行ってすっきりして遊ぼうね」のような お気持でいてあげてくださいね。 「でたいでたいになったらいつでもトイレにいっていいんだよ。 」など、安心感が持てる言葉をかけてあげると子どもの気持ち和らぎます。 そして、安心できたことでオシッコの間隔も安定してくれることがあるのです。 オシッコの間隔が短くなったり、お漏らしとなると、子どもも緊張し、不安な気持ちを持つこともありますので、そんなときこそ、「いつもトイレですっきりできるから大丈夫だよ」のお気持ちでいてあげてください。 そして、トイレですっきりできたときは、「すっきりジャーして、よかったね。 すっきりしたね。 」のように、一緒に喜び合われてくださいね。 オシッコの間隔が短くなった時も、「おしっこはすっきりすること」と喜びに感じれることが大切です。 何度も「オシッコ!」となると大変と思いますがそのような時期も後から振り返れば一時のことです。 できるだけリラックスしてお過ごしくださいね。

次の

コレは納得!進まないトイレトレーニング中「ある言葉」でオムツが卒業できた!

トイレ トレーニング 進ま ない

3歳半のお子さんのママさんから、トイレトレーニングに関するご相談がママスタBBSに寄せられました。 『一昨日からやっとトイレトレーニングを始めました。 2歳半ごろから始めようとしたのですが、トイレに対する恐怖心が強くて……。 もう3歳半だしそろそろマズいのでは? という思いで、親子で頑張っていますが思うようにいかず。 ここ3日ほど、そこら中を拭きまくり、洗濯機フル回転で心が折れそうです……』 焦り、悩み、ヘトヘト……疲れますよね。 でも一人で悩まなくても大丈夫! いろいろ試して乗り越えた、ママスタの先輩ママさんたちの体験談をご紹介します。 焦りは禁物ですよー。 『私も最初はそこらじゅう拭き回って、パンツもズボンも洗いまくっていたよ。 しかも総カーペットの賃貸だから、ホント毎日こっちが泣いてた(笑)。 夏だったこともあってノーパンで過ごさせたら、すんなりオマルでしてくれるようになった。 子どもは「オシッコ!」って教えてくれる? 親が頻繁に連れて行ってない? 大体2時間を目安に声掛けしてみては? うちもまだウンチはオマルにしかしてくれないから、トイレトレーニングは完了してないです。 一緒に頑張りましょう!』 『うちも同じ! 3歳3ヶ月でトイトレしてる。 お互い頑張ろうね。 うちは毎日頑張ってるけどトイレでできないし、トイレを怖がっちゃう。 それに義母が、漏らすのをバカにしたり3歳過ぎてるのにってグチグチ言ってくるからイライラしちゃう』 『大丈夫、大丈夫。 初めはそんなもんです。 たまたま運良く出たときに沢山褒めてあげて、少しずつ自信を持たせてあげればOKです』 『早い子も居れば遅い子もいる! 子どもはそんなものさ! 親が焦らずゆっくり子どものペースに付き合ってあげてね。 うちの子もうんちは頑なにしなくて苦労したけど、今じゃ笑い話だよ! まだまだ大丈夫!』 トイレトレーニングのアドバイスとアイディア トイレの雰囲気づくり、お気に入りのトレーニングパンツ、絵本やシールなど便利なアイテム、そして声掛け。 現在悩んでるママさんは、先輩ママたちのアイディアを活用してみてくださいね。 『うちは2歳の誕生日に補助便座を買ってあげて、トイレには置かないで部屋でおもちゃとして遊ばせて慣れさせた。 トイレの壁に当時好きだったアンパンマンの絵を大量に貼ったり、できたらシールも使った。 トイトレで有効って聞いたほとんどのこと試した。 けど結局、終了は3歳手前だった。 膀胱の発達は個人差があるし、どう頑張っても時期が来たら終わる。 そんな感じなんだと思う。 早く始めたら早く終わるもんでもないし、その逆も然り』 『足はついてますか? 足がつかないと不安定で出ないらしいですよ。 きばれないらしい。 なので、おまるとかで足を床につけて練習するのだとか。 まれにトイレでスタートしてすぐ出来る子もいるみたいですが…。 まだコツが掴めていない間は、足がつくように台を置いてみてもいいかもしれません。 うちは大の時は、足がつくようにするとすんなりできました! お試しあれ、です』 『他の子がトイレに行ってる所を子どもに見せたことありますか? 児童館とか、お店とか、預かり保育とか……。 自分より小さい子や同じくらいの子がトイレでできるのを見せると、子どもも「自分にもできるかも!」って思わせることができるようですよ』 『うちは女の子なので「お姉さんパンツ可愛いー」と褒めまくり、トイレットペーパーも一緒に買いに行って、いい匂いの物やジバニャンの柄が入った物など試しましたよ。 ご褒美シールもトイレの壁に貼り付けましたし、旦那にもうんち付パンツを洗わせたりしました 笑。 夜はお姉さんパンツにパッドを付けてを履かせました。 濡れてしまった時に取り替えが楽です。 ゆっくり頑張ってくださいね』 『トイレの絵本は? 「」という小さめで可愛らしい絵本を使ったら、うちの息子はトイレに行きだしたよ! あとベビー用品コーナーに、おしっこをかけると絵がでてくる流せるシートが売ってるよ』 『寝起きにトイレに連れて行ったりしてみると出やすいですよ』 『家ではすっぽんぽん、外出は綿パンにする。 2~3日はおもらし状態だけど絶対叱らない。 漏らして気持ち悪いってのがわかれば、トイレでしようって気になり始める。 親はお漏らしの後処理に徹するだけ。 頑張れ!』 どんな人でも、赤ちゃんの時はおむつをして大きくなります。 そして大きくなれば、おもらしやおねしょをたまにしても、ちゃんとトイレを使えるようになるものです。 これがきっかけで、親子のきずなも強くなりますように。 文・編集部 イラスト・ゆずぽん.

次の

オシッコの間隔が短いときには?

トイレ トレーニング 進ま ない

息子は今2歳8ヵ月ですが、おむつをして生活しています。 トイレトレーニングをしていましたが、なかなか進みませんでした。 トイレトレーニングは子供も大変ですが、親もすごく大変ですよね。 トイレトレーニングの期間が長くならないように、私の失敗談を参考にしてみてください。 トイレトレーニングを始めた時期 息子のトイレトレーニングを始めたのは、1歳2ヵ月のころです。 この時は トイレに慣れる練習という感じでした。 あまり進まないまま冬になり、寒くなってしまったので中断してしまいました。 そして、息子が2歳1ヵ月のころに本格的にトイレトレーニングを再開します。 この時に目標にしていた2019年の内に 『おむつ卒業』はできずに、また冬になってしまい、お風呂に入る前にトイレでおしっこをする習慣だけついていました。 私の失敗談 そして2020年4月、暖かくなり外出自粛が続いている今、 「トイレトレーニングをやらないでいつするんだ!」 と思い、また本格的にトイレトレーニングを始めることにしました。 しかし、私のこの気合いがトイレトレーニングの失敗に繋がります、、、 なぜ、失敗してしまったのか? 考えられる理由は、• 自分が焦っていた• 「おしっこ出る?」「うんち出る?」と聞きすぎた• 息子が嫌がっても頻繁にトイレに連れて行ってた この3つが考えられます。 自分が焦っていた 1歳2ヵ月ころからゆるく始めたトイレトレーニング。 中断したり、ダラダラと今までトイレトレーニングをしていたので、「そろそろおむつを外さないと!」と私が焦ってました。 なので、息子にはきちんと説明もせずに急に始めてしまいました。 その焦りは息子にも伝わり、トイレトレーニングが嫌になってしまったのかもしれません。 「おしっこ出る?」「うんち出る?」と聞きすぎていた とにかく早くおむつを外したかった私は、 『すぐにおむつが外れる』と聞く、 『おむつなし育児』を試しました。 汚されるのは覚悟していましたが、なるべくなら汚されたくない。 その気持ちが強すぎて、頻繁に声掛けをしていました。 頻繁に聞かれたら、大人でも嫌になります。 息子もそれで嫌になったのかもしれません。 嫌がっても頻繁にトイレに連れて行ってた 頻繁に声掛けをして、出ないと言われても2時間くらいの間隔でトイレに連れて行き、息子が嫌がってもなんとか気を逸らせながらトイレに連れて行くこともありました。 2、3日こんなことを続けていたら、息子がトイレに近づくだけで泣きながら抵抗するようになりました。 これらのことが、トイレトレーニング失敗の大きな原因だと私は考えています。 子供の気持ちを尊重してみる トイレトレーニングにはいろいろなやり方があると思います。 しかし、どの子供にもピッタリなやり方はありません。 そのことに気づかず、 『おむつを外したい!』という気持ちだけで、息子には合わないやり方をしていたと反省しました。 おむつなしで生活していた時はうんちがなかなか出ず、おむつをしても4日うんちが出ませんでした。 息子はうんちがしたくておしりを押さえながら「うんち、うんち」と言っていましたが、おむつをしていない時に我慢していたせいか、上手くうんちが出せなくなり可哀想なことをしてしまったと思っています。 今度はきちんと息子にトイレトレーニングを始めることを説明して再開するつもりです。 まとめ 「ずっとおむつしてる子はいないから」と私の母はよく言ってましたが、確かにその通りです。 親が焦って頑張っても、子供が嫌がってたら全く意味のないことなんだと実感しました。 この失敗談は息子と私の話なので、一概に『このやり方は失敗する!』と言っているわけではありません。 ただ、こんな失敗談もあるんだと参考にしてもらえたら嬉しいです。

次の