コロッケ レシピ プロ。 コロッケレシピ人気17選【つくれぽ1000超の1位は?】殿堂&簡単!揚げない作り方も♪

【めざましTV】みきママの「揚げないコロッケ」の作り方~プロのおうちレシピ(5月12日)

コロッケ レシピ プロ

洋食の定番!かにクリームコロッケ かにクリームコロッケといえば洋食屋さんで定番メニューのひとつですよね。 サクサクの衣の中から、たっぷりのかにととろ〜りあふれるホワイトソース。 この味がおうちでも作れたらうれしいですよね。 難しく思われがちなクリームコロッケですが、ポイントさえおさえれば失敗知らず! なめらかなホワイトソースの作り方や成形のコツ、揚げるときのポイントなど、お店のように形もきれいで美味しいかにクリームコロッケの作り方をご紹介します。 また、手作りでしか味わえないクリームコロッケのアレンジレシピも必見ですよ。 透き通ってきたらかにを加えてさっと炒め、白ワインも加えて水分が飛ぶまでよく炒めます。 白ワインを加えることでかにの臭みが抑えられ、風味の良いかにクリームコロッケに仕上がりますよ。 2.次にホワイトソースを作ります。 クリームコロッケで重要なのがこのホワイトソース。 火加減に気をつけて、かに風味のなめらかなホワイトソースを作っていきましょう。 鍋にバターを溶かしたら、一旦火を止めて強力粉を加え、よく混ぜ合わせます。 再度火にかけ、中弱火で焦がさないようにゴムベラでときどき混ぜながら5分程度加熱します。 はじめはドロッとしていたものが、さらりとなめらかな液体に変わり、クッキーの焼けるような甘い香りがしてきます。 この状態が牛乳を加えるサイン! 粉にしっかり火を入れることで、ダマのないなめらかなホワイトソースが作れます。 ここに牛乳とかにの汁を合わせたものを加えたら少し火を強め、焦げないように泡立て器で混ぜ続けます。 とろみがついてからもうひと息火を入れ、ツヤが出たら火を止めてくださいね。 3.炒めた具材とピザ用チーズをホワイトソースに加え、混ぜ合わせて塩で調味します。 混ぜたものはバットに広げておきます。 冷めたらラップをして冷蔵庫で1時間以上冷やしてくださいね。 4.冷やし固めたタネを成型していきます。 クリームコロッケで難しいのが成形。 タネは手の熱でもすぐにやわらかくなってしまいます。 そこでおすすめなのがカード(スケッパー)です。 タネにカードで12等分に線を入れたら、そのひと区画をすくい、半分に折りたたみます。 これで成形は完了! これなら手も汚さず、簡単に形を作ることができますよ。 成形したら冷凍庫へ。 冷凍庫でしっかりと冷やし固めることで、形が崩れることなく簡単に衣付けができます! 5.タネに衣をつけて揚げていきます。 揚げ物の衣づけといえば卵、小麦粉、パン粉の順につけるのが一般的ですよね。 クリームコロッケの場合は、形が崩れる前に手早くかつまんべんなく衣をつけることが大切! そのために卵と小麦粉を合わせたバッター液にしっかりとくぐらせてパン粉をまぶします。 また、バッター液に酢を加えることで、卵の凝固が早まり、コロッケの破裂も防ぐことができますよ。 パン粉をつけているうちに、冷やし固めたコロッケの表面は少しずつやわらかくなるので、同時に形も整えます。 あとは170~180度の油できつね色になるまで揚げれば完成です。 ただし揚げ油が170度未満だと衣が固まるのが遅くなって破裂の原因になるので、油をしっかりと熱してから揚げてくださいね。 記念日やおもてなし料理にぴったりです! 多めに作ってサンドイッチにするのもおすすめですよ。 お弁当のおかずにもぴったりです。 揚げたてぜいたくなあつあつサクサクのコロッケをぜひご家庭で楽しんでみてくださいね。 このコラムを書いたNadia Artist happyうちごはん tomoko キーワード.

次の

プロのレシピ!コロッケが爆発しない裏技!じゃがいもの選び方!

コロッケ レシピ プロ

全体備考 《プロのコツ1》 じゃがいもはゆでずに、皮付きのまま蒸す。 じゃがいもはゆでないで、皮の付いたまま丸ごと蒸すことによって、水っぽくならない。 《プロのコツ2》 じゃがいもは粗くほぐす。 じゃがいもをほぐすとき、塊を残すようにすると、食べたときにホロッとしたよい食感になる。 《プロのコツ3》 たまねぎはじっくり炒める。 たまねぎはあまり細かくしないで食感を残し、じっくり炒めることで甘みを引き出す。 《プロのコツ4》 タネはサックリと混ぜる。 練らずにサックリと混ぜる。 練りすぎるとホクホクに仕上がらない。 《プロのコツ5》 溶き卵をこす。 衣に使う溶き卵は、こして塊をなくしておくと、パン粉がむらなくついてきれいに仕上がる。

次の

コロッケレシピ人気17選【つくれぽ1000超の1位は?】殿堂&簡単!揚げない作り方も♪

コロッケ レシピ プロ

全体備考 《プロのコツ1》 じゃがいもはゆでずに、皮付きのまま蒸す。 じゃがいもはゆでないで、皮の付いたまま丸ごと蒸すことによって、水っぽくならない。 《プロのコツ2》 じゃがいもは粗くほぐす。 じゃがいもをほぐすとき、塊を残すようにすると、食べたときにホロッとしたよい食感になる。 《プロのコツ3》 たまねぎはじっくり炒める。 たまねぎはあまり細かくしないで食感を残し、じっくり炒めることで甘みを引き出す。 《プロのコツ4》 タネはサックリと混ぜる。 練らずにサックリと混ぜる。 練りすぎるとホクホクに仕上がらない。 《プロのコツ5》 溶き卵をこす。 衣に使う溶き卵は、こして塊をなくしておくと、パン粉がむらなくついてきれいに仕上がる。

次の