ひふみ プラス 掲示板。 ひふみ投信とレオスひふみプラスは今からまだ上がる?下落する?

つみたてNISAでひふみ投信とひふみプラスではどちらが良いか考えた

ひふみ プラス 掲示板

「ひふみプラス」は、国内外の株式を組み入れるため、株価変動の影響を大きく受けます。 一般に株式の価格は、個々の企業の活動や業績、国内および国外の経済・政治情勢などの影響を受け変動するため、株式の価格が下落した場合には基準価額は下落し、投資元本を割り込むことがあります(株価変動リスク)。 外貨建資産を組み入れた場合、当該通貨と円との為替変動の影響を受け、 損失が生じることがあります。 また、当該国・地域の政治・経済情勢や株式を発行している企業の業績、市場の需給等、さまざまな要因を反映して、「ひふみプラス」の基準価額が大きく変動するリスクがあります(為替変動リスクとカントリーリスク)。 したがって、お客様(受益者)の投資元本は保証されているものではなく、 基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。 この他には、流動性リスクや信用リスク等があります。 詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご覧ください。 00%(税抜)を上限として、販売会社が定める料率とします。 詳しくは販売会社にお問い合わせください。 「自動けいぞく投資コース」において、収益分配金を再投資する場合は無手数料です。 信託報酬とは、投資信託の運用・管理にかかる費用のことです。 日々計算されて、投資信託の基準価額に反映されます。 なお、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日および毎計算期末または信託終了のとき「ひふみプラス」の信託財産から支払われます。 また、ひふみプラスは、純資産総額が一定金額に達すると、一定金額を超えた部分に対して信託報酬が逓減される仕組みとなっています。 信託財産の純資産総額500億円まで 年0. 005%(税抜)の率を乗じて得た額 (なお、上限を年間80万円(税抜)とします。 当該上限金額は契約条件の見直しにより変更となる場合があります。 )日々計算されて、毎計算期末または信託終了のときに信託財産から支払われます。

次の

【2020年5月結果】ひふみプラス(投信)の値動きで考えたい事|あとうマネーブログ

ひふみ プラス 掲示板

メルマガではブログに関する事やお金に関する事を発信します ひふみプラスは急激に資金が膨らんだ為の失速 スポンサードリンク 2017年2月16日 木 に放送されたカンブリア宮殿から 一気に人気が火が付いたひふみ投資のひふみプラスですが 急激に資金が膨らんだので失速しました。 ひふみ投信のひふみプラスの強みは 投資する会社を一社ずつ周り判断する方法で 株式市場で中小型株は上下が激しいので儲かる時は 大きく儲かりますが大きく下がる時には下がります。 何故このような事が起こるかといえば ひふみ投信はプロの投資家なので数か月で結果を求められます。 金額が大きくなったので今まで通りではリターンが出ないので。 10憶で2億なら20%ですが100億で2億なら2%でしか ありませんので資金を投入してリターンを増やさないと 投資家に思いのほかリターンが出ないと 解約して資金が逃げてしまうので。 世界的な株価暴落が来るとひふみ投資のひふみプラスは大きな損失を出す恐れがある スポンサードリンク リーマンショックから10年経過しましたが 投資の世界では平均で10年周期で大暴落が来ると言われており 1987年 ブラックマンデー 2000年 ITバブルの崩壊 2008年 リーマンショック このような感じで世界的株価暴落が来てますので いつ世界的暴落が来てもおかしくないので その時にひふみ投資のひふみプラスは株式市場で中小型株で 構成がされているのでその影響を受けると言われています。 中小型株は規模が小さいのになれば時価総額500億以下であり トヨタ自動車は時価総額は22兆円ある 時価総額500億以下なんてビルゲイツがその気なれば 余裕で買える額がありお金持ちなら買えてしまうので 非常に値動きをする。 世界的株価暴落すると投資家は売却に走るので 当たり前だが株価は急激に減ってしまう。 トヨタ自動車は時価総額は22兆円なので投資家が 大勢逃げても痛手で済むので逃げない投資家もいるが 時価総額500億以下は投資家が逃げると倒産する事もあるので 一刻でも早く資金を引き揚げる必要があるので 大勢の投資家が逃げて倒産もありえる。 ひふみプラスの構成は2019年7月では 東証一部 77. 明日でも世界的株価暴落が起きてもおかしくないのですが 2015年付近から色んな人が暴落が起きるぞと警告してますが 今の所は全員が外れています。 暴落が10年後に来たら10年間の機会損失です。 いつ暴落が来るかは誰にも分からないので 結局は株式を保有するしかありません。 中小型株は株価大暴落が起きると売却出来ない可能性が あるのが怖い所で 株式投資は買いたい人と売りたい人がいないと成立しないのですが 世界的株価暴落が起きると売りたい人が増加するので 売れない可能性が出てきます。 世界的な大企業のトヨタの自動車なら むしろ下がったらから買いたいと言う人はいても 倒産するかもしれない会社の株を買いたいと言う 奇特な人がいなければ売れないのです。 ひふみプラスは中間管理職のようなポジションにいると分かりやすい スポンサードリンク 上で言いましたが世界的株価暴落が明日でも起きても なんら不思議ではありませんので 本人や社員などは備えをしておきたくても 投資家や株主の方が立場が上なので買えと言われます。 さらに もっとリターンを出せと言われます。 リターンを求めれば求めるほど当然ですがリスクが高まります。 さらに昔のリターンが凄く良かったので 上から成績が落ちたぞと発破を掛けられてます。 ですが規模が変わったので昔と同じ方法が取れないので 新しい方法を模索するしかありませんので。 でも 昔と同じ結果を求められます。 仮にですが世界的な暴落が起きて大損すると ひふみプラスの責任だ。 無駄なリスクを取ったからだと非難されます。 さらに投資家は大損したので資金を回収して逃げて行きます。 分かりやすく言えばこんな感じです。 ひふみプラスが 危ないかと言えば危ないですが 危ないと言われたら危なくないです。 前のようなリターンが出せる出せないかも 分からないですし 世界的暴落は誰にも予測できないので。

次の

ひふみプラスを売却しました【つみたてNISA】

ひふみ プラス 掲示板

ようやく原本を使った見直しが、最後まで終わりました。 始めたのが2年前の9月でしたから、かなりの時間です。 でも全文原文長編の「荒れの巻」があったから、しょうがない。 「荒れの巻」で苦労したおかげで、解読力がレベルアップしたのは実感です。 ということは「荒れの巻」以前を、もう一度見直さなければならない、という宿題が出ましたが。 とりあえず完結の祝いです。 この辺で一番うまい、サイゼの生ジョッキで乾杯だー。 三典訳 月光の巻 第62帖 849 そなたは現実世界のことばかりより判らんから、現実のことばかり申して、一に一足す二だとのみ信じてゐるが、現実界ではその通りであるが、それが平面の見方、考へ方と申すもの、いくら極めても進歩も弥栄もないのぢゃ。 一に一たす一の世界、一に一たす無限の世界、超現実、霊の世界、立体の世界、立立体の世界のあることを体得せねばならんぞ。 そなたは心をもって居ろうがな。 心があれば心の属する世界のある道理は判るであろうが。 心で描いて、心で先づつくり出してから行為することも、その順序も判るであろうがな。 心のうごきが先で、肉体がその後でうごくことも判って居ろうがな。 心の世界にないものは物質の世界にない道理も判って居ろうがな。 何故に迷ふのぢゃ。 霊界が主で現界が従であること、判って下されよ。 逆立してそなた自身で苦しんでゐること、早う得心して、うれしうれしで暮して下されよ。 三月三日。 髙城訳 月光の巻 第62帖 849 そなたは現実世界のことばかりより判らんから、現実のことばかり申して、一に一足す二だとのみ信じているが、現実界ではその通りであるが、それが平面の見方、考え方と申すもの、いくら極めても進歩も弥栄もないのぢゃ。 一に一足す一 ヒト~人 の世界、一 ひと~霊 に一 ヒト~人 たす無限の世界、超現実 の未来に 、霊の世界、立体 化身 の世界、立立体 神と化身 の世界 宇宙時代 のあることを、体得せねばならんぞ。 そなたは心をもって居ろうがな。 心があれば心の属する世界のある道理は判るであろうが。 心で描いて、心で先づ作り出してから行為することも、その順序も判るであろうがな。 心の動きが先で、肉体がその後で動くことも判って居ろうがな。 心の世界に無いものは物質の世界に無い道理も判って居ろうがな。 何故に迷うのぢゃ。 霊界が主で現界が従であること、判って下されよ。 逆立して 体主霊従 そなた自身で苦しんでいること、早う得心して、嬉し嬉しで暮して下されよ。 三月三日。 日月神示を読んで以来、ずっと気になっていた「この世始ってないことが出てくるのぢゃ、世界の片はし八まべからぞ」は、どこの浜辺か。 ようやく納得いく解釈に至りました。 これもアトラスラジオで聞いた、南極のレムリア人は終末期にUFOで人類を救うという話のおかげです。 三典訳 月光の巻 第54帖 841 頭を下げて見なされ、流れて来るぞ。 頭も下げず低くならんでゐては流れては来ないぞ。 神のめぐみは淡々とした水のようなものぞ。 そなたは頭が高いぞ。 天狗ぞ。 その鼻まげて自分のにほいをかいで見るがよい。 そなたは左に傾いてゐるぞ。 左を見なければならんが、片よって歩いてはならんぞ。 そなたは右を歩き乍ら、それを中道と思って御座るぞ。 そなたは平面上を行ってゐるから、中道のつもりで、他に中行く道はないと信じてゐるが、それでは足らんのう。 立体の道を早うさとりなされよ。 【正中の大道】あるのであるぞ。 左でもなく右でもなく、うれしうれしの道あるぞ。 左も右も上も下も相対の結果の世界ぢゃ。 原因の世界に入らねばならん。 平面より見れば相対あるなれど、立体に入り更に複立体、複々立体、立立体の世界を知らねばならんぞ。 相対では争ひぢゃ。 いくさぢゃ。 真の世界平和は今のやり方、考へ方では成就せんぞ。 三千世界和平から出発せねばならんぞ。 そなたは神示をよくよんでゐるが、それだけでは足らん。 神示を肚に入れねばならん。 つけ焼刃ではならん。 神示を血とし生活とすれば、何事も思ふ通りスラリスラリと面白い程栄えて来るぞ。 思ふように運ばなかったら省みよ。 己が己にだまされて、己のためのみに為してゐることに気づかんのか。 それが善であつても、己のためのみならば死し、善のための善ならば弥栄えるぞ。 善にも外道の善あるぞ。 心せよ。 神示見て居らぬとびつくりが出てくるぞ。 この世始ってないことが出てくるのぢゃ、世界の片はし八まべからぞ。 判りたか。 そなたは神体を偶像と申して御座るが、それはそなた自身が偶像なるが故であるぞ。 礼拝を忘れ、祈りをわすれることは神をわすれることぢゃ。 そなたの住む段階では、祈り畏こみ謹んで実践しなければならんぞ。 拝まんでも拝んでゐる境地はなかなかぢゃなあ。 そなたはわれが助かろうとするから助からんのぢゃ。 世界はこの世ばかりではないことを、よく得心して下されよ。 我をすてて素直になされよ。 三千年の秋が来てゐるのであるぞ。 カッコつけの当て字は、言霊に反する。 髙城訳 月光の巻 第54帖 841 頭を下げて見なされ、流れて来るぞ。 頭も下げず低くならんでいては流れては来ないぞ。 神の恵みは淡々とした水のようなものぞ。 そなたは頭が高いぞ。 天狗ぞ。 その鼻まげて自分の臭いを嗅いで見るがよい。 そなたは左に傾いているぞ。 左を見なければならんが、偏って歩いてはならんぞ。 そなたは右を歩きながら、それを中道と思って御座るぞ。 そなたは平面上を行っているから、中道のつもりで、他に中行く道は無いと信じているが、それでは足らんのう。 立体の道を早う悟りなされよ。 左でもなく右でもなく、嬉し嬉しの道あるぞ。 左も右も上も下も、相対の結果の世界ぢゃ。 原因の世界に入らねばならん。 相対では争いぢゃ。 戦ぢゃ。 真の世界平和は今のやり方、考え方では成就せんぞ。 三千世界、和平から出発せねばならんぞ。 そなたは神示をよく読んでいるが、それだけでは足らん。 神示を肚に入れねばならん。 つけ焼刃ではならん。 神示を血とし生活とすれば、何事も思う通りスラリスラリと面白い程、栄えて来るぞ。 思うように運ばなかったら省みよ。 己が己に騙されて、己のためのみに為していることに気づかんのか。 それが善であつても、己のためのみならば死し、全のための善ならば弥栄えるぞ。 善にも外道の善あるぞ 偽善。 心せよ。 神示見て居らぬと、びっくりが出てくるぞ。 この世始まってないことが出てくるのぢゃ。 世界の片端 世界の両端は北極と南極。 その片方 八まべ ヤマベ~山部~朝廷直轄の山林の管理~山がある南極限定~南極の管理は山岳部の地下に住む古代文明の子孫~終末期に人類をUFOで助けてくれるという からぞ。 判りたか。 そなたは神体を偶像と申して御座るが、それはそなた自身が偶像なるが故であるぞ。 礼拝を忘れ、祈りを忘れることは、神を忘れることぢゃ。 そなたの住む段階 現世の地球レベルの神への知識 では、祈り畏こみ謹んで実践しなければならんぞ。 拝まんでも拝んでいる境地は、なかなかぢやなあ。 そなたは我が助かろうとするから、助からんのぢゃ。 世界はこの世ばかりではないことを、よく得心して下されよ。 我をすてて素直になされよ 現世は一時・霊は永遠。 三千年の時が来ているのであるぞ。 投稿者: ken 投稿日:2020年 6月24日 水 08時41分14秒 昨晩は布団に入って、酒は、つまみは、何処で何を買って、一日目は、二日目は、三日目は、と考えていたら、ワクワクしてしまい、寝れなくなってしまいました。 寝不足では思考力が出ず、今朝は3編しかクリアできませんでした。 今日の祝杯は、お預けです。 三典訳 月光の巻 第19帖 806 釈迦、キリスト、マホメット、其他世界の生命ある教祖及びその指導神を、み光の大神様とたたえまつれと申してあろが。 大神様の一つの現はれぞと申してあろうが。 何故にみ光の大神様として斎まつらんのぢや。 宗教せぬのぢや。 そこにひかり教会としての力が出ないのぢや。 人民のうきせになやむを救うのはオホカムツミの神であるぞ。 この能 ハタラキ の神名わすれてはならん。 このほうはオホカムツミの神とも現われるぞと知らしてあること忘れたのか。 髙城訳 月光の巻 第19帖 806 釈迦、キリスト、マホメット、その他、世界の生命ある教祖及びその指導神を、御光の大神様と称え奉れと申してあろが。 何故に御光の大神様として斎 いつき~神に謹んで仕える 祀らんのぢや。 宗教せぬのぢや。 そこにひかり教会としての力が出ないのぢや 日月一番で、世界の宗教を肯定しなかったのでは。 コーランくらい読んだのかな。 これを解読するのに精いっぱいな気がする。 霊界物語の数霊も知らないようだし。 人民の憂き瀬に悩むを救うのは、オホカムツミの神であるぞ。 この働きの神名わすれてはならん。 このほうはオホカムツミの神とも現われるぞと知らしてあること忘れたのか。 ホの言霊は、透逸卓出の意である。 カの言霊は、神霊活気凛々の意である。 ムの言霊は、組織親睦国家の意である。 ツの言霊は、永遠無窮に連続の意である。 ミの言霊は、瑞の身魂善美の意である。 之を一言に約むる時は、霊徳発揚神威活躍平和統一高照祥光瑞霊神剣発動の神といふことであります。 即ち惟神の大道を天下に宣伝する至誠至忠の聖団にして、忠良なる柱石神なりとの御賞詞であります。 アヽ現代の世態に対し、神の大命を奉じて日本神国のために身心を捧げ、麻柱の大道を実行する大神津見命は、今何処に活躍するぞ。 天下の濁流を清め妖雲を一掃し、災禍を滅し、世界万有を安息せしむる神人は、今や何処に出現せむとする乎。 実に現代は黄泉比良坂の、善悪正邪治乱興廃の別るる大峠の上り口であります。 坂本なる桃の実一二三(ひふみ)取りて待ち受け給ひしかば、ことごとに逃げ給ひき。 ここに伊邪那岐命 桃の実に宣り給はく、汝(みまし)吾助けし如 吾を助けしが如く 、あらゆる青人草の苦瀬(うきせ)になやむことあらば、助けてよと宣り給ひて、また葦原の中津国にあらゆる、うつしき青人草の苦瀬に落ちて苦しまん時に助けてよとのり給ひて、おほかむつみの命、 意富加牟豆美命 オオカムツミノ命と名付け給ひき。 投稿者: ken 投稿日:2020年 6月23日 火 18時16分52秒 〇の中に、「ヤユイエヨワイエオ」が入った特殊文字。 〇の中に、「一二三四五六七八九」が入った特殊文字。 明日か明後日には、終わりそうです。 終わったら、直会代わりに生飲んで、3日間飲みまくるぞーと、今からワクワク。 三典訳 月光の巻 第16帖 803 五十九柱と申してあるが、その中の九柱は隠れた柱ぢや。 この九柱は ぞ。 心得なされよ。 現われの五十柱のかげの、かくれた九柱、心して大切申せよ。 真直ぐに真上に神をいただくと申すことは、上ばかりではないぞ。 真下にも横にも前後にも立体三六〇度に真直ぐに神を頂かねばならんと云うことぞ。 神人交流の第一歩。 髙城訳 月光の巻 第16帖 803 五十九柱と申してあるが、その中の九柱は隠れた柱ぢや。 ヤミ邪見・イミ忌見・ユミ遊魅・エミ穢身・ヨミ代身・ワミ悪見・イミ威身・エミ歪見・オミ汚身 ぞ。 霊ひ霊が始め・レイ力霊の力・ミレイ身霊・レイヨ霊の世・レイイヅ霊が出づ・レイム霊に萌える・レイナナ霊が成る・レイヤ霊に弥・レイキュウ霊に尽くす ぞ。 この九柱は 〇 ミ~身 ぞ。 心得なされよ。 現われの五十柱の陰の、隠れた九柱、心して大切申せよ 以下の悪を、抱き参らせた結果が、 以下の善。 真直ぐに真上に神をいただくと申すことは、上ばかりではないぞ。 真下にも横にも前後にも立体三六〇度に 八百万神 、真直ぐに神を頂かねばならんと言うことぞ。 神と人の交流の第一歩。 投稿者: ken 投稿日:2020年 6月23日 火 09時06分59秒 神話のまんまのコピーだけが出現。 考えろということだよね。 神話まで考え、解釈し、変更しろとは御無体な。 三典訳 月光の巻 第06帖 793 あまてらすおほかみは、たかあまのはらをしらすべし。 また、たかあまのはらをしらすべし、また、たかあまはらをしらすべし、つきよみのおほかみは、あまてらすおほかみとともに、あめのことをしらすべし。 また、あほうなはらしほのやほへをしらすべし。 また、よるのおすくにをしらすべし。 すさなおのおほかみは、あほうなのはらをしらすべし、また、あほうなはらをしらすべし。 また、あまがしたをしらすべし。 髙城訳 月光の巻 第06帖 793 伊邪那岐大神の命令で 天照大神は、高天原を知らす お治めになる べし。 また 又~再び 、高天原を知らすべし、また 亦~おおいに 、高天原を知らすべし。 月読の大神は、天照大神と共に、天の事を知らすべし。 また、滄海原 あおうなばら~あおあおとした広い海 潮の八百重 しおのやおえ~多くの潮流があちこちから集まること を知らすべし。 また、夜の食国 よるのおすくに を知らすべし。 素佐鳴の大神は、滄海原 あおうなばら を知らすべし、また 再び 、滄海原 あおうなばら を知らすべし。 また、天が下を知らすべし。 違いは月読は「天上」、素佐鳴は「天下」担当なのだが、滄海原が「地球」なので、月読は矛盾する。 そこで「塩~シオ」を「ジオ~磁帯」とし、八百重「あちこちから集まる」なら、地球の磁力線が無数の方向から集結するところはコアであり、地球の心臓ともいえるコアの管理は、「天上」に含まれるだろう。 月読はかぐや姫の印象もあり、女神と思っていましたが、男神でした。 冬の巻が終了したので、次を見たら五十黙示録でした。 まだ下巻の半分も残っているよーと苦しんでいたのですが、五十黙示録はひふみと別なので飛ばすことができ、残りは月光の巻のみとなります。 でも本文より解釈の方がなげーよ。 三典訳 月光の巻 第04帖 791 あめのみなかぬしのかみのそのまへに、あめゆづる日あめのさぎりのみこと。 くにゆづる月、地のさぎりのみことあるぞ。 の の であるぞ。 その前に あることわするるなよ。 くにゆづる月、地のさぎりのみこと」と、読点・句点で3分割するのは間違い。 原文はたぶん「くに」のはずだが、何度か使用例のある「地」と書いて「くに」と読ます、当て字を使うことも間違い。 髙城訳 月光の巻 第04帖 791 天御中主の神のその前に、あめゆずるひあまのさぎりくにゆずるつきくにさぎりのみこと 天譲日天狭霧尊国禅月国狭霧尊 あるぞ。 カミ~化身~天御中主の神 の モト~本~おおもと の カミ~神 であるぞ。 その前に テン~天~天神 あること忘れるなよ。 そこでは天の御中主と可美葦牙彦舅尊の2神が、天神1代になっている。 古事記は、渡来して日本を支配したユダヤ10部族が改竄したと思われ、ユダヤ王は神話相応の歴代天皇名になっていて、歴史を乗っ取っている。 ユダヤの開祖の2神なら「天の御中主と可美葦牙彦舅尊」は、「アダムとイブ」だろう。 その上に立つ天譲日天狭霧尊国禅月国狭霧尊なら、アダムとイブの生みの親となるヤハウェ。 名前からすると月国から来ていたのかな。 人類を遺伝子操作で生み出した宇宙人ヤハウェの上なら、宇宙創造の大神たる大国常立ち大神と豊受大神。 本来の日本神話では、天の御中主大神は、最初に現れた一人神。 投稿者: ken 投稿日:2020年 6月19日 金 14時54分24秒 雨休みなので、冬の巻クリアしました。 ひふみの食べ方が出ていたので掲載。 忘れたけど、中矢氏とはちがうような・・・。 神の命により、時が来るまで、公表できないという。 公表されている2帖からして、みな長文なんだろうな。 これさえ公表されれば、「残り一厘が判明する」という意見もあるが、この2帖を見た限り、冬の巻のテーマは「お寒い霊と体」のようだ。 「・ 」を「気と喜」に解読でない時点で、公表しても無駄だろうし、神の心を真逆に受け取る可能があるためではないか。 長文の荒れの巻のように。 三典訳 冬の巻 補帖 787 病、ひらくくことも、運、ひらくことも、皆己からぢや。 と申してあろう。 誰でも、何でもよくなるのが神の道、神の御心ぢや。 親心ぢや。 悪くなると云ふことないのぢや。 迷ひが迷ひ生むぞ。 もともと病ひも不運もない弥栄のみ、喜びのみぢや。 神がよろこびぢやから、その生んだもの皆よろこびであるぞ。 この道理よくわきまえよ。 毎日々々、太陽と共に、太陽について起き上がれよ。 その日の仕事、与へられるぞ。 仕事いのちと仕へまつれよ。 朝寝するからチグハグとなるのぢや。 不運となるのぢや、仕事なくなるのぢや。 神について行くことが祈りであるぞ。 よろこびであるぞ。 食物、食べ過ぎるから病になるのぢや。 不運となるのぢや。 口から出るもの、入るもの気つけよ。 いくさ起るのぢや。 人間の病や、いくさばかりでない、国は国の、世界は世界の、山も川も海も、みな病となり、不運となつてくるぞ。 食べないで死ぬことないぞ。 食べるから死ぬのぢやぞ。 一椀をとつて先づ神に供へよ。 親にささげよ。 子にささげよ。 腹八分の二分はささげよ。 食物こそは神から、親から与へられたものであるぞ。 神にささげずにむさぶるからメグリつむのぢや。 メグリが不運となり、病となるのぢやぞ。 運ひらくのも食物つつしめばよい。 言つつしめばよい。 腹十分食べてはこぼれる。 運はつまつてひらけん。 この判りきつたこと、何故に判らんのぢや。 ささげるからこそ頂けるのぢや。 頂けたらささげると今の人民申してゐるが、それがウラハラと申すもの。 衣類も家も土地も、みな神から頂いたのでないぞ。 あづけられてゐるのであるぞ。 人民に与へられてゐるものは食物だけぢや。 日のめぐみ、月のめぐみ、地のめぐみだけぢやぞ。 その食物節してこそ、ささげてこそ、運ひらけるのぢや。 病治るのぢや。 人民ひぼしにはならん。 心配無用。 食物、今の半分で足りると申してあらうが。 遠くて近いものヒフミの食べ方して見なされよ。 運ひらけ、病治つてうれしうれしと輝くぞ。 そんなこと位で、病治つたり、運ひらける位なら、人民はこんなに苦しまんと申すが、それが理屈と申すもの。 理屈悪と申してあるもの。 低い学に囚われたメクラ、ツンボと申すものぞ。 理屈すてよ。 すててやつて見なされ。 みなみな気つかん理 ミチ 、気つかん病になつてゐるぞ。 ツキモノがたらふく食べてゐることに気づかんのか。 食物節すればツキモノ改心するぞ。 先づ百日を目当てに、百日過ぎたら一年を、三年つづけたら開運間違ひなし。 病もなくなつてうれしうれしとなるぞ。 三年目、五年目、七年目ぞ、めでたいナア、めでたいナア。 六月九日、ひつくの神。 髙城訳 冬の巻 補帖 787 病を開くことも、運を開くことも、みな己からぢやと申してあろう。 誰でも何でも、良くなるのが神の道、神の御心ぢや。 親心ぢや。 悪くなるということないのぢや。 迷いが迷い生むぞ。 もともと病も不運もない、弥栄のみ、喜びのみぢや。 神が歓びぢやから、その生んだもの みな喜びであるぞ。 この道理よくわきまえよ。 毎日々々、太陽と共に、太陽について起き上がれよ。 その日の仕事、与えられるぞ。 仕事いのちと仕え奉れよ。 朝寝するからチグハグとなるのぢや。 不運となるのぢや、仕事なくなるのぢや。 神に付いて行くことが祈りであるぞ。 歓びであるぞ。 食物、食べ過ぎるから病になるのぢや。 不運となるのぢや。 口から出るもの 言 、入るもの 食品 気つけよ。 いくさ起るのぢや。 人間の病や、いくさばかりでない、国は国の、世界は世界の、山も川も海も、みな病となり、不運となつてくるぞ。 食べないで死ぬことないぞ。 飽食するまで 食べるから死ぬのぢやぞ 食欲に負けるのは、幽の副守護神のせい。 一椀をとつて先づ神に供えよ。 親に奉げよ。 子に奉げよ。 腹八分の二分は奉げよ。 食物こそは神から、親から与えられたものであるぞ。 神に奉げずにむさぶる むさぼる~貪る~欲深く望む から、メグリつむのぢや。 廻りが不運となり、病となるのぢやぞ。 運ひらくのも、食物つつしめば良い。 言つつしめば良い。 腹十分食べてはこぼれる 溢れる~余って漏れ出る。 運は詰まつて すきまもなく入って、いっぱいになる 開けん。 この判りきつたこと、何故に判らんのぢや。 奉げるからこそ、頂けるのぢや。 頂けたら奉げると今の人民申しているが、それが裏腹と申すもの。 衣類も家も土地も、みな神から頂いたのでないぞ。 預けられているのであるぞ。 人民に与えられているものは、食物だけぢや。 日の恵み、月の恵み、地の恵みだけぢやぞ。 その食物節してこそ、奉げてこそ、運ひらけるのぢや。 病治るのぢや。 人民日干しにはならん。 心配無用。 食物、今の半分で足りると申してあらうが。 遠くて近いもの 野菜は遠く・肉は近く ヒフミの食べ方して見なされよ。 運ひらけ、病治つて嬉し嬉しと輝くぞ。 そんなこと位で、病治つたり、運ひらける位なら、人民はこんなに苦しまんと申すが、それが理屈と申すもの。 理屈悪と申してあるもの。 低い学に囚われたメクラ、ツンボと申すものぞ。 人の食事は動植物の霊を食べ、その「霊を継いで体~ヒフミ」になっている。 食事を残す・飽食など、動植物の霊に対する侮蔑や屈辱。 だから病気や運なし。 物はみな、他の者に喜ばれる「喜」のためにある。 草は食べられるのが喜・肉は近いので共食いに。 牛は出荷されるとき、涙を流すのだから、喜とは言えないと思う。 リブステーキ好きだけど。 理屈すてよ。 捨ててやつて見なされ。 みなみな気つかんミチ 三だろう~喜の反対のサン~惨~心がひどくいたみ悲しむ~霊は悲しんでいるから 、気つかん病になつているぞ。 憑き物 幽の副守護神 がたらふく食べていることに気づかんのか。 食物節すれば憑き物改心する キツネ憑きは大食い・餓鬼も ぞ。 先づ百日を目当てに、百日過ぎたら一年を、三年つづけたら開運間違いなし。 病も無くなつて嬉し嬉しとなるぞ。 三 ミチ~途 年目、五 いずる 年目、七 成る 年目ぞ、めでたいナア、めでたいナア。 六月九日、ひつくの神。 投稿者: ken 投稿日:2020年 6月18日 木 06時57分41秒 秋の巻、クリアしました。 先に「気」がひふみの精髄なのに、何も分かっちゃいないの話をしましたが、その続き。 なにげに読み飛ばす預言ですので、クドウ繰り返される。 三典訳では、「霊」のポジションを、「中」と「内」、二通りの書き方をしているので、内容を把握していないと思います。 秋の巻 第26帖 767 中は無、外は有であるぞ。 中になる程無の無となるのぢや。 同じことくり返すと、人民申すであろうが、得心して居らんから、かんじんのことぢやから、クドう申してゐるのぢや。 人民それぞれのミタマによつて役目違ふのであるぞ。 手は手、足は足と申してあろう。 何も彼もマゼコゼにやるから結びつかんのぢや。 秋の巻 第26帖 767 中 霊 は無、外 体 は有であるぞ。 中になるほど無の無 気 となるのぢや。 同じことくり返すと、人民申すであろうが、得心して居らんから、肝心のことぢやから、クドう申しているのぢや。 人民それぞれの身霊によつて役目違うのであるぞ。 手は手、足は足と申してあろう。 何も彼も混ぜこぜにやるから、 霊と体が 結びつかんのぢや。 投稿者: ken 投稿日:2020年 6月17日 水 06時35分29秒 また年代に関する預言がありましたので掲載。 「とり」年が、「泣面せねばならん」年で、とり年といえば、やはり「かのととり」の2041年。 辛酉は60年に一度であり、前回は1981年。 「100年ウソはつけない」みたいな預言もあったので、2041年確定だね。 三典訳 秋の巻 第23帖 764 神が主であり人民が従であると申してあろう。 これを逆にしたから世が乱れてゐるのぞ。 結果あつて原因あるのでないぞ。 今の人民、結構すぎて天地の御恩と申すこと忘れてゐるぞ。 いよいよとなつて泣面せねばならんこと判りているから、くどう気付けてゐるのぢや。 マコトの事はトリの年。 髙城訳 秋の巻 第23帖 764 神が主であり、人民が従であると申してあろう 5円の御賽銭で、お金持ちになれますよう神に願うなど。 これを逆にしたから、世が乱れているのぞ。 結果あつて、原因あるのでないぞ 順序が逆の例え。 今の人民、結構すぎて天地の御恩と申すこと忘れているぞ。 天変地異で いよいよとなつて泣面せねばならんこと判りているから、くどう気付けているのぢや。 泣面せねばならん 誠 言が成る の事はトリの年 2005・2017・2029・2041 辛酉 ・2053年。

次の