函館 バスロケ。 路面電車でのんびり函館旅!市電で巡る函館モデルコース

函館バス株式会社【時刻表やバス停地図検索】

函館 バスロケ

- 2019年 1月月1日午後6時56分PST 「五稜郭タワー前」バス停で降りると、目の前にタワーがあります。 すぐに向かいたいところですが、次の観光場所「トラピスチヌ修道院」方面の時刻を、バス停で確認してから観光をしましょう。 五稜郭タワーは函館のランドマーク的なタワーで、五稜郭築城100年を記念して昭和39年(1964年)に初代タワー(高さ60m)が建造されました。 平成18年(2006年)にオープンした新タワー(2代目)は高さ107mで、展望2階からは一番きれいに星形の城塞を眺めることができます。 展望1階には、強化ガラスの床で展望台の真下がそのまま見える「シースルーフロア」もあり、その上に立って、高さ86mで空中散歩の気分を味わうこともできます。 五稜郭タワーの展望台では、エレベータースタッフが、五稜郭や箱館戦争についてご案内してくれる「五稜郭歴史ガイドツアー」も開催されています。 展望料金に200円追加で、約30分の歴史ガイドを聞くことが出来人気のツアーとなってます。 人数:各回20名様まで 詳しくは現地にお問い合わせください。 札幌味噌ラーメン、旭川醤油ラーメンに並び、北海道三大ラーメンの1つが函館塩ラーメンです。 五稜郭タワー向かいのビル2階に、1930年創業、約90年もの歴史ある老舗の名店「麺厨房あじさい本店」があります。 道南産昆布をベースに、豚骨や鶏ガラ、煮干しなどの魚介も使用したスープが使用されています。 是非一度食べておきたいラーメンです。 【観光地・店舗】の基本情報 名称 五稜郭タワー 住所 函館市五稜郭町43-9 電話番号 0138-51-4785 アクセス JR函館駅から・函館バス 五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス「五稜郭タワー前」下車、徒歩30秒 営業期間・時間 4月21日〜10月20日8:00〜19:00 10月21日〜4月20日9:00〜18:00 五稜星の夢期間中(冬季)9:00〜19:00 1月1日(初日の出営業)6:00〜19:00 料金など 展望料金:大人900円・中高生680円・小学生450円 平均滞在時間 約30分~60分 関連サイト 4分位 3 五稜郭公園 五稜郭は箱館開港に伴い北方警備の拠点として設置された幕府の役所「箱館奉行所」を防衛するために造られた城塞です。 日本初の西洋式城塞で、国の特別史跡にも指定されています。 星形になった理由は、味方の視覚をなくし、敵の侵入を防ぐのに有利だったためと伝えられています。 面積は約25万㎡で、東京ドームの5倍の広さを誇り、2010年に復元された箱館奉行所が主な見どころになります。 春には約1600本もの桜が咲き誇る名所として、また冬は星形にライトアップされるイベント「五稜星の夢」が開催され、四季折々の風景を感じることが出来る場所です。 「トラピスチヌ前」バス停から正門までは目と鼻の先で、道路を渡ればすぐに入口です。 トラピスチヌ修道院は日本で最初の女子観想修道院として1898(明治31)年に創立され、現在の聖堂は1927年に再建されました。 修道院内は落ち着いた雰囲気で美しく整えられたお庭とレンガの建物がとても印象的です。 前庭や売店併設の資料室の見学が可能で、今も現役で使われているため、中に入ることはできません。 【観光地・店舗】の基本情報 名称 トラピスチヌ修道院 住所 函館市上湯川町346 電話番号 0138-57-3331 アクセス 「トラピスチヌ入口」バス停 下車徒歩1分 営業期間・時間 8:00~17:00(4月21日~10月31日)、8:00~16:30(11月1日~4月20日) 休館日:12月30日~1月2日を除いて、定期閉門日はなし。 工事などの場合、臨時閉門あり 料金など 無料 平均滞在時間 約30分 関連サイト 五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバスで函館駅まで約43分 函館駅から朝市徒歩1分 5 函館朝市 JR函館駅からすぐの函館朝市は3万㎡の敷地に鮮魚店や青果店、食事処などが集まる人気の朝市です。 連合会に加盟している店舗(約150店舗)と加盟していない店舗(約100店舗)の約250店舗が集まり、 加盟店では函館朝市の信用と秩序を保つ連合会推奨店看板(あさいっちゃんマーク)を掲げています。 函館朝市と言えばイメージするのは、活きのよいイカが泳ぐ水槽でイカ釣り体験だと思います。 釣った後はその場で調理してくれるので新鮮はイカを食べれる事で人気となってます。 価格は時価で1杯1,000~1,500円前後。 場所は「駅二(えきに)市場」の『元祖活いか釣堀』で、子供から大人まで賑やかに楽しんでいます。 また、新鮮な海鮮丼が食べられるお店が並ぶ「どんぶり横丁市場」でお気に入りのお店を探して、ランチにお手頃価格でおいしい海鮮丼を食べてみるのも朝市の楽しみ方のひとつ。 【観光地・店舗】の基本情報 名称 函館朝市 住所 函館市若松町9-19 電話番号 0138-22-7981 アクセス JR函館駅より徒歩 約1分 営業期間・時間 1月〜4月 6:00 〜 14:00過ぎ 5月〜12月 5:00 〜 14:00過ぎ(店舗毎に異なる) 定休日:年中無休(店舗毎に異なる) 平均滞在時間 60~90分 関連サイト 函館駅から循環バスで8分 6 はこだて明治館 - 2019年 5月月18日午後6時12分PDT 朝市を楽しんだ後は、駅に戻り函館駅前を起点にした循環バス「元町・ベイエリア周遊号」に乗り、「明治館前」バス停で下車します。 はこだて明治館がある場所は明治44年 1911年 に、北海道の玄関口だった函館に道内初の郵便局として建造された旧函館郵便局です。 函館郵便局はその後、移転し、名称を中央郵便局と変えました。 赤レンガが特徴とされる歴史的建造物「旧函館郵便局」は「はこだて明治館」としてショッピングモールに生まれ変わり、民芸品や硝子製品、オルゴールなどのお買い物、硝子製品やオルゴールの体験ゾーンがあり、由緒ある建物でショッピングを楽しめます。 【観光地・店舗】の基本情報 名称 はこだて明治館 住所 函館市豊川町11番17号 電話番号 0138-27-7070 アクセス 函館駅前よりバスで約8分 営業期間・時間 09:30~18:00(季節等により若干変更する場合がございます) 平均滞在時間 30~60分 関連サイト 3分 7 金森赤レンガ倉庫 - 2019年 5月月1日午前3時31分PDT 幕末に開港して、貿易港として栄えた函館のベイエリアでは、当時の倉庫群が現在ではショップやレストラン、カフェとして利用されています。 ベイエリアのランドマークとして函館港を見つめ続ける金森赤レンガ倉庫は、明治2年(1869年)にスタートします。 初代・渡邉熊四郎は明治2年(1869年)に洋品店を開業し、その後、さまざまな事業を展開し明治20年(1887年)に倉庫業を開始しました。 大火により一度は失われかけそして復活したその風景は、ちょうど一世紀の時を経て昭和63年(1988年)に函館ヒストリープラザとして現在のようなショッピングモールを兼ねた総合複合施設に生まれ変わりました。 函館山を左手に見てまっすぐ歩くと、教会群にたどり着きます。 カトリック元町教会 北日本最古の教会で、現在も信者が通う教会で、日曜日の午前にはミサも開かれています。 安政6年(1859)にフランス人宣教師が仮聖堂を建てたのがはじまりで、大聖堂にはおローマ法王より送られた豪華な祭壇と木彫りの14壁像が置かれています。 当初は5個の鐘を使って楽器のように鳴らしていたことから、この教会はガンガン寺という名前でも親しまれています。 また美しく鳴る鐘ということで、日本の音風景100選にも認定されています。 の鐘の音は、毎週土曜日午後5時の徹夜祷、日曜日午前の聖体礼儀など、1回あたり3~5分間にわたって函館山の麓一帯に響きます。 【観光地・店舗】の基本情報 名称 カトリック元町教会 住所 函館市元町15-30 電話番号 0138-22-6877 アクセス 「ロープウェイ前」バス停より徒歩5分 営業期間・時間 10:00~16:00(日曜日の午前中、礼拝時を除く) 休館日:年末年始12月30日~1月5日、聖堂使用時 平均滞在時間 10分 徒歩約2分 9 八幡坂 大正2年(1913)に建てられ、約20年にわたって領事館として使われていました。 白い壁にブルーの窓枠というビクトリア調の外観が特徴的で、館内にはかつての領事館の様子や、開港記念当時の函館の姿を伝える開港記念館として一般公開されています。 館内のカフェ「ヴィクトリアンローズ」で、美しい庭園を眺めながら本場英国の紅茶で伝統のアフタヌーンティーを楽しめます。 【観光地・店舗】の基本情報 名称 函館市旧イギリス領事館(開港記念館) 住所 函館市元町33-14 電話番号 0138-27-8159 営業期間・時間 営業時間 ・午前9:00~午後7:00(4月1日~10月31日) ・午前9:00~午後5:00(11月1日~3月31日) 休館日:年末年始 料金など 大人 300円 学生・生徒・児童150円 平均滞在時間 約30分 関連サイト 旧イギリス領事館からバス停まで徒歩2分 バスで函館駅へバスで15分 函館山登山バスに乗り換えて30分 11 函館山ロープウェイ 旧イギリス領事館下からバスに乗り、一度駅前バスターミナルへ戻ります。 駅に着いたら、「函館山登山バス」で函館山展望台へ向かいます。 始発の駅前から乗車するほうが、座れる確率が高くなります。 函館山への展望台へのアクセスは何通りかありますが、年間を通してのメインルートは、ロープウェイです。 山麓駅から山頂駅まで3分で、遠ざかる街並みと近づいてくる函館山をガラス越しに眺めることが出来ます。 自然保護や景観保全のために支柱のないシンプルな構造なので、視界もひらけパノラマビューを見る事が出来ます!空が濃紺にそまり一番綺麗に夜景を見れる時間は日没30分後と言われています。 日没時刻前後は、日によって混み合う場合もありますので、少し早めに行かれることをおすすめします。 函館山山頂展望台は標高334mの山頂にあり、霧越しにみる初夏の「霧夜景」や、雪と光が共演する「冬夜景」など、季節によってさまざまな景色を望むことができます。

次の

函館バス、「ロケーションシステム」一新 到着時間の精度向上

函館 バスロケ

- 2019年 1月月1日午後6時56分PST 「五稜郭タワー前」バス停で降りると、目の前にタワーがあります。 すぐに向かいたいところですが、次の観光場所「トラピスチヌ修道院」方面の時刻を、バス停で確認してから観光をしましょう。 五稜郭タワーは函館のランドマーク的なタワーで、五稜郭築城100年を記念して昭和39年(1964年)に初代タワー(高さ60m)が建造されました。 平成18年(2006年)にオープンした新タワー(2代目)は高さ107mで、展望2階からは一番きれいに星形の城塞を眺めることができます。 展望1階には、強化ガラスの床で展望台の真下がそのまま見える「シースルーフロア」もあり、その上に立って、高さ86mで空中散歩の気分を味わうこともできます。 五稜郭タワーの展望台では、エレベータースタッフが、五稜郭や箱館戦争についてご案内してくれる「五稜郭歴史ガイドツアー」も開催されています。 展望料金に200円追加で、約30分の歴史ガイドを聞くことが出来人気のツアーとなってます。 人数:各回20名様まで 詳しくは現地にお問い合わせください。 札幌味噌ラーメン、旭川醤油ラーメンに並び、北海道三大ラーメンの1つが函館塩ラーメンです。 五稜郭タワー向かいのビル2階に、1930年創業、約90年もの歴史ある老舗の名店「麺厨房あじさい本店」があります。 道南産昆布をベースに、豚骨や鶏ガラ、煮干しなどの魚介も使用したスープが使用されています。 是非一度食べておきたいラーメンです。 【観光地・店舗】の基本情報 名称 五稜郭タワー 住所 函館市五稜郭町43-9 電話番号 0138-51-4785 アクセス JR函館駅から・函館バス 五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス「五稜郭タワー前」下車、徒歩30秒 営業期間・時間 4月21日〜10月20日8:00〜19:00 10月21日〜4月20日9:00〜18:00 五稜星の夢期間中(冬季)9:00〜19:00 1月1日(初日の出営業)6:00〜19:00 料金など 展望料金:大人900円・中高生680円・小学生450円 平均滞在時間 約30分~60分 関連サイト 4分位 3 五稜郭公園 五稜郭は箱館開港に伴い北方警備の拠点として設置された幕府の役所「箱館奉行所」を防衛するために造られた城塞です。 日本初の西洋式城塞で、国の特別史跡にも指定されています。 星形になった理由は、味方の視覚をなくし、敵の侵入を防ぐのに有利だったためと伝えられています。 面積は約25万㎡で、東京ドームの5倍の広さを誇り、2010年に復元された箱館奉行所が主な見どころになります。 春には約1600本もの桜が咲き誇る名所として、また冬は星形にライトアップされるイベント「五稜星の夢」が開催され、四季折々の風景を感じることが出来る場所です。 「トラピスチヌ前」バス停から正門までは目と鼻の先で、道路を渡ればすぐに入口です。 トラピスチヌ修道院は日本で最初の女子観想修道院として1898(明治31)年に創立され、現在の聖堂は1927年に再建されました。 修道院内は落ち着いた雰囲気で美しく整えられたお庭とレンガの建物がとても印象的です。 前庭や売店併設の資料室の見学が可能で、今も現役で使われているため、中に入ることはできません。 【観光地・店舗】の基本情報 名称 トラピスチヌ修道院 住所 函館市上湯川町346 電話番号 0138-57-3331 アクセス 「トラピスチヌ入口」バス停 下車徒歩1分 営業期間・時間 8:00~17:00(4月21日~10月31日)、8:00~16:30(11月1日~4月20日) 休館日:12月30日~1月2日を除いて、定期閉門日はなし。 工事などの場合、臨時閉門あり 料金など 無料 平均滞在時間 約30分 関連サイト 五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバスで函館駅まで約43分 函館駅から朝市徒歩1分 5 函館朝市 JR函館駅からすぐの函館朝市は3万㎡の敷地に鮮魚店や青果店、食事処などが集まる人気の朝市です。 連合会に加盟している店舗(約150店舗)と加盟していない店舗(約100店舗)の約250店舗が集まり、 加盟店では函館朝市の信用と秩序を保つ連合会推奨店看板(あさいっちゃんマーク)を掲げています。 函館朝市と言えばイメージするのは、活きのよいイカが泳ぐ水槽でイカ釣り体験だと思います。 釣った後はその場で調理してくれるので新鮮はイカを食べれる事で人気となってます。 価格は時価で1杯1,000~1,500円前後。 場所は「駅二(えきに)市場」の『元祖活いか釣堀』で、子供から大人まで賑やかに楽しんでいます。 また、新鮮な海鮮丼が食べられるお店が並ぶ「どんぶり横丁市場」でお気に入りのお店を探して、ランチにお手頃価格でおいしい海鮮丼を食べてみるのも朝市の楽しみ方のひとつ。 【観光地・店舗】の基本情報 名称 函館朝市 住所 函館市若松町9-19 電話番号 0138-22-7981 アクセス JR函館駅より徒歩 約1分 営業期間・時間 1月〜4月 6:00 〜 14:00過ぎ 5月〜12月 5:00 〜 14:00過ぎ(店舗毎に異なる) 定休日:年中無休(店舗毎に異なる) 平均滞在時間 60~90分 関連サイト 函館駅から循環バスで8分 6 はこだて明治館 - 2019年 5月月18日午後6時12分PDT 朝市を楽しんだ後は、駅に戻り函館駅前を起点にした循環バス「元町・ベイエリア周遊号」に乗り、「明治館前」バス停で下車します。 はこだて明治館がある場所は明治44年 1911年 に、北海道の玄関口だった函館に道内初の郵便局として建造された旧函館郵便局です。 函館郵便局はその後、移転し、名称を中央郵便局と変えました。 赤レンガが特徴とされる歴史的建造物「旧函館郵便局」は「はこだて明治館」としてショッピングモールに生まれ変わり、民芸品や硝子製品、オルゴールなどのお買い物、硝子製品やオルゴールの体験ゾーンがあり、由緒ある建物でショッピングを楽しめます。 【観光地・店舗】の基本情報 名称 はこだて明治館 住所 函館市豊川町11番17号 電話番号 0138-27-7070 アクセス 函館駅前よりバスで約8分 営業期間・時間 09:30~18:00(季節等により若干変更する場合がございます) 平均滞在時間 30~60分 関連サイト 3分 7 金森赤レンガ倉庫 - 2019年 5月月1日午前3時31分PDT 幕末に開港して、貿易港として栄えた函館のベイエリアでは、当時の倉庫群が現在ではショップやレストラン、カフェとして利用されています。 ベイエリアのランドマークとして函館港を見つめ続ける金森赤レンガ倉庫は、明治2年(1869年)にスタートします。 初代・渡邉熊四郎は明治2年(1869年)に洋品店を開業し、その後、さまざまな事業を展開し明治20年(1887年)に倉庫業を開始しました。 大火により一度は失われかけそして復活したその風景は、ちょうど一世紀の時を経て昭和63年(1988年)に函館ヒストリープラザとして現在のようなショッピングモールを兼ねた総合複合施設に生まれ変わりました。 函館山を左手に見てまっすぐ歩くと、教会群にたどり着きます。 カトリック元町教会 北日本最古の教会で、現在も信者が通う教会で、日曜日の午前にはミサも開かれています。 安政6年(1859)にフランス人宣教師が仮聖堂を建てたのがはじまりで、大聖堂にはおローマ法王より送られた豪華な祭壇と木彫りの14壁像が置かれています。 当初は5個の鐘を使って楽器のように鳴らしていたことから、この教会はガンガン寺という名前でも親しまれています。 また美しく鳴る鐘ということで、日本の音風景100選にも認定されています。 の鐘の音は、毎週土曜日午後5時の徹夜祷、日曜日午前の聖体礼儀など、1回あたり3~5分間にわたって函館山の麓一帯に響きます。 【観光地・店舗】の基本情報 名称 カトリック元町教会 住所 函館市元町15-30 電話番号 0138-22-6877 アクセス 「ロープウェイ前」バス停より徒歩5分 営業期間・時間 10:00~16:00(日曜日の午前中、礼拝時を除く) 休館日:年末年始12月30日~1月5日、聖堂使用時 平均滞在時間 10分 徒歩約2分 9 八幡坂 大正2年(1913)に建てられ、約20年にわたって領事館として使われていました。 白い壁にブルーの窓枠というビクトリア調の外観が特徴的で、館内にはかつての領事館の様子や、開港記念当時の函館の姿を伝える開港記念館として一般公開されています。 館内のカフェ「ヴィクトリアンローズ」で、美しい庭園を眺めながら本場英国の紅茶で伝統のアフタヌーンティーを楽しめます。 【観光地・店舗】の基本情報 名称 函館市旧イギリス領事館(開港記念館) 住所 函館市元町33-14 電話番号 0138-27-8159 営業期間・時間 営業時間 ・午前9:00~午後7:00(4月1日~10月31日) ・午前9:00~午後5:00(11月1日~3月31日) 休館日:年末年始 料金など 大人 300円 学生・生徒・児童150円 平均滞在時間 約30分 関連サイト 旧イギリス領事館からバス停まで徒歩2分 バスで函館駅へバスで15分 函館山登山バスに乗り換えて30分 11 函館山ロープウェイ 旧イギリス領事館下からバスに乗り、一度駅前バスターミナルへ戻ります。 駅に着いたら、「函館山登山バス」で函館山展望台へ向かいます。 始発の駅前から乗車するほうが、座れる確率が高くなります。 函館山への展望台へのアクセスは何通りかありますが、年間を通してのメインルートは、ロープウェイです。 山麓駅から山頂駅まで3分で、遠ざかる街並みと近づいてくる函館山をガラス越しに眺めることが出来ます。 自然保護や景観保全のために支柱のないシンプルな構造なので、視界もひらけパノラマビューを見る事が出来ます!空が濃紺にそまり一番綺麗に夜景を見れる時間は日没30分後と言われています。 日没時刻前後は、日によって混み合う場合もありますので、少し早めに行かれることをおすすめします。 函館山山頂展望台は標高334mの山頂にあり、霧越しにみる初夏の「霧夜景」や、雪と光が共演する「冬夜景」など、季節によってさまざまな景色を望むことができます。

次の

函館バス株式会社【時刻表やバス停地図検索】

函館 バスロケ

地図に 現在地を表示します。 登録されている路線を選択することにより、地図上に その路線が経由するバス停を表示することができます。 地図に函館バスの バス停を全て表示します。 (初期画面では全てのバス停が表示されています。 バス停の場所を検索し地図に表示することができます。 時刻表についてはをご確認ください。 乗り継ぎが可能なバス停です。 バス停名が同じでも 複数の乗り場があるバス停です。 各路線ボタンをクリックすると地図上に その路線が経由するバス停を表示することができます。 また、 路線名と 料金表ボタンが表示されます。 のりば 時刻表 系統名 経由 行き先.

次の