ソフトバンク 機種変更 解約金。 スマホの分割金が残っている状態で解約した場合、機種代金の残債分はどうなるのか?また、契約解除料について調べてみた。│ギークポスト(GeekPost)

【2020年】ソフトバンクで機種変更するタイミング|締め日は気にするべき?

ソフトバンク 機種変更 解約金

キャリアを解約時するときにかかる費用は? スマホや携帯電話を解約したいものの、解約にも結構な費用がかかるとなるとちょっとためらいますよね。 特に通信費を抑えるために格安SIMに乗り換えたいのに、解約にお金がかかるなら、このままでもいいかなと思ってしまうこともあるかもしれません。 そんな中、2019年9月にキャリア各社が新料金プランを発表!2年単位での契約における料金プランや解約金の見直しが行われました。 そこで今回は、キャリアを解約する際にかかる費用にはどういったものがあって、いくらかかるのか。 そしてまったく費用がかからない方法はあるのか、についての最新情報をご紹介します! 1.違約金(解約金) 今まで一般的だった2年縛りと違約金 今までキャリアでスマホや携帯電話を契約するときには、「2年縛り」と呼ばれる2年単位での契約を行うことが一般的でした。 2年単位での契約を行うことで、毎月の月額料金が割引され、おトクに利用することができるというメリットがあります。 一方で、契約更新月を含む前後3カ月以外で解約をすると、違約金として9,500円(税別)がかかる、というデメリットもあります。 この2年縛りは、2年ごとに自動更新されるため、気づいたら長年キャリアを利用し続けている、という方も多いのです。 2年縛りや違約金に関する変更点 2019年9月より、この2年契約と違約金が大幅に変更されることになりました。 各社での変更点は以下の通りです。 【2年契約】 あり。 【違約金】 2年定期契約満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約は1,000円。 auデータMAXプラン Netflixパック• 新auピタットプランN• auピタットプランN(s)• auフラットプラン7プラスN• auフラットプラン20N(シンプル)• auフラットプラン25 NetflixパックN(シンプル)• auデータMAXプランPro 【2年契約】 あり。 【違約金】 2年定期契約満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約は1,000円。 端末を分割で購入し、解約時にまだ端末代金の支払いが残っている場合は、引き続き分割で支払うか、もしくは残金を一括で支払うかのどちらかになります。 3.MNP転出手数料 今の電話番号そのままで、他のキャリアや格安SIMに乗り換えたい場合、MNP転出手数料がかかります。 これはドコモ、au、ソフトバンク共通で、基本的には3,000円となっています。 4.SIMロック解除手数料 キャリアで購入した端末を、乗り換え先のキャリアや格安SIMでも使いたい場合、SIMロックの解除が必要です。 SIMロックにかかる金額は、ドコモ、au、ソフトバンク共通で3,000円です。 ただしwebからSIMロック解除の手続きを行うと、無料です。 また機種によってSIMロック解除ができないものもあるため、詳細は必ずそれぞれのキャリアでご確認ください。 ちなみにドコモからドコモ回線を利用している格安SIMへ乗り換える、といった場合に、スマホを購入したキャリアと同じ回線のSIMを利用する場合は、SIMロック解除が不要で利用できる場合があります。 まとめ:キャリアの解約でお金がかからないケースとは? ここまで、キャリアを解約する際にかかるものとその費用についてご説明してきました。 今回ご紹介した解約にかかる費用について、最後に費用が発生しないケースをまとめました。 2年契約をしている場合、契約後24~26か月の間に解約手続きを行う• キャリアで契約する際に2年契約をしていない• 端末代金の支払いはすべて終了している• 今使っている電話番号を次のキャリア、格安SIMに引き継がない場合• SIMロック解除をwebで行う など 以上のポイントをしっかりおさえて、解約時にかかる費用を上手に抑えましょう!.

次の

【ソフトバンクの料金プラン変更時の違約金(契約解除料)を解説】違約金(契約解除料)を発生させない方法も紹介!

ソフトバンク 機種変更 解約金

サービス・契約・料金 2020. 21 スマホサポートライン編集部 よくある勘違い!機種変更は、2年以内でも違約金はかからない!? スマホを購入してから2年経っていないけれど、新しい機種が発売したから機種変更したくなった。 でも、2年契約になっているはずだし、違約金がかかると思っている方もいるのではないでしょうか? 違約金が発生するケース、しないケースと、手続きパターンにより異なりますが、機種変更をするだけでは、発生しないのがほとんどです。 機種変更を考えている方は、内容をよく理解した上で手続きをするようにしましょう。 それでは本記事では、2年以内の機種変更で違約金が発生するのか、機種変更する場合の注意点について解説していきます。 機種変更を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。 違約金は機種変更で発生するのか? 今の機種を使い始めてから2年経っていないから違約金がかかるので、機種変更できないと考えられている方がよくいらっしゃいます。 割引や機種代金の分割の関係で、2年間使ってから機種変更した方が良いというケースはありますが、そうとも限りません。 基本的には、2年契約をしたから機種変更すると違約金が発生するというわけではありません。 定期契約と違約金 2年契約などの一定期間を利用する事を条件とした、定期契約には違約金が発生しない期間が設けられています。 俗にいう「2年契約(2年縛り)」が該当するのですが、これは現在契約しているキャリア(ドコモ、auなど)を解約すると、解約料(違約金)が発生するというものです。 つまり、他社へ乗り換えたり、現在契約しているキャリアを解約した時に発生します。 なので、 2年以内に現在契約しているキャリアで機種変更したからと言って、 2年契約に対する違約金は発生しません。 ちなみに、2020年5月現在、ドコモやauで2年契約をしても違約金は1000円の契約が提供されています。 また、ソフトバンクや楽天モバイルは2年契約なしのプランが提供されています。 過去に契約した分については違約金として9500円などが発生する場合があります 注意点:定期契約の他に特別な契約をしている場合 注意しておきたいのは、2年契約以外に特別な条件で現在の機種を購入している場合です。 例えば、機種代金の割引などを行う代わりに、一定期間は現在の機種を使うという事が条件となっている場合があります。 言い換えれば「機種を安くするけれど、1年間は使ってね。 1年以内に機種変更や解約をすると違約金がかかるよ」というものです。 通常、携帯ショップで機種変更するとなると、店舗スタッフから違約金がかかる場合、事前に案内してもらえるので突然かかるといったことはありません。 オンラインショップで手続きする場合や気になる場合は、念のため、コールセンターや携帯ショップに来店して確認しておくことをおすすめします。 2019年11月現在、電気通信事業法の改正により、機種代金の大幅な割引が制限されました。 端末を割引する以前のような大幅な割引サービスはなくなっています。 2年以内に機種変更する時に知っておきたい事 2年以内に機種変更するにあたって、違約金がかからない事がわかってすぐ機種変更してしまうと、損してしまう事があります。 分割代金が2台分になる 機種を分割購入している場合です。 2年以内に機種変更すると、分割代金の支払いが終了していない状態で、次の機種も分割を組むと、当然ですが2台分の支払いが必要になります。 そうなると、1か月あたりの支払い額は上がります。 とは言え、元々払う必要のあるお金(2年使ったとしても支払う)です。 分割代が終わってから機種変更するかしないかの違いなので損得には影響しません。 もちろん、機種を長く使えば節約には繋がります。 割引サービスが終了するかも 重要なのは、現在の機種を使用していることで適用されている割引サービスです。 機種を変えると割引が消滅するサービスがある場合、割引額によっては、かなり損してしまう可能性があります。 今、どのような割引が適用されているかは、契約内容によって違いますので、携帯ショップやお客様センターで確認してもらうことをおすすめします。 2019年11月現在、月々サポートなどの端末購入割引の提供は終了しましたが、過去に多くの方が適用していた割引で機種変更すると消えるものには、月々サポート(ドコモ)、毎月割(au)、月月割(ソフトバンク)などがありました。 2020年5月現在、適用中の方もいます。 割引を消滅させない方法 2年以内に機種変更すると、割引が消滅し数万円分の割引がなくなってしまう。 という場合は、SIMフリー版の新しい端末を購入して、SIMカードを差し替えて使用するという方法もあります。 例えば、今auでiPhone8を契約しているが、iPhone Xが欲しくなった。 機種変更すると、毎月割が消えてしまう。 Apple StoreでSIMフリー版のiPhone Xを購入し、現在iPhone8に入れているSIMカードをiPhone Xに差し替えれば、iPhone8に適用されている割引をそのまま継続され、iPhone Xを使うことができる。 一例ですのでご参考程度にして頂ければ幸いです。 必ずこの方法が良いというわけではありません。 機種変更を早くしたい、安く買い替えたい場合に 短期間で機種変更すると、余分にお金がかかってしまいます。 機種変更前の機種が不要であれば、下取りプログラムを使用して、少しでも次の機種代金にあてるのもおすすめです。 少しでも高く売りたい場合は、キャリアよりもYahooオークションなどに出品するのが良いと思います。 また、機種を頻繁に変えたい場合は、キャリアで機種変更するだけでなく、中古販売店で購入したり、ヤフオクで落札したり、他社に乗り換えたり、と購入する方法も検討して見て下さい。 お得に購入する方法が見つかるかもしれません。

次の

【相談】ソフトバンクの「4年縛り(トクするサポート)」を解約する方法を教えてほしい。|iLaboo

ソフトバンク 機種変更 解約金

機種変更では違約金はかからない 2年縛りの契約は、ソフトバンクのサービスを契約更新月よりも前に解約すると違約金や解約金が発生するというものです。 そのため、機種変更をしてもソフトバンクのサービスを継続するなら、解約金がかかることはありません。 ただし、利用している割引プランによっては、機種変更のタイミングが悪いと損をしてしまうことはありますし、お得に機種変更ができるタイミングもあります。 ソフトバンクで機種変更をするタイミング ソフトバンクでは、定期的にお得なキャンペーンが行われている他、機種変更の際に利用できるお得なプログラムやサポート制度が完備されています。 こうしたサポート制度を上手く利用することによって、機種変更の際にかかる費用を最小限に抑えることができます。 端末購入価格が半額になる「半額サポート」 機種変更の際にぜひ利用したいのが、「」というキャンペーンです。 もともとはiPhoneのみが対象だったキャンペーンでしたが、現在ではAndroid OSのスマホにも対象機種を広げています。 販売価格が高額な端末が対象となりますが、半額で購入できるのでとてもお得です。 このキャンペーンは終了しています。 最短1年で機種変更できる「機種変更先取りプログラム」 いつも最新の端末を使いたいという人におすすめなのが、ソフトバンクの「」です。 これは、端末を24回の分割払いにすると、最大で7か月分の支払いが免除されるというお得なプログラムです。 最終的に端末をソフトバンクに返却するという条件がついているものの、機種変更を少しでもお得にしたい人にとっては、おすすめです。 半額サポートを利用している場合の機種変更のタイミング ソフトバンクの半額サポートを利用する場合、機種変更のベストなタイミングは、 25ヶ月目以降となります。 機種変更をするまで分割払いの支払いは続くため、25ヶ月以降はできるだけ早めのタイミングで機種を変更したほうが、総合的にはお得度が高くなります。 半額サポートを受けられる条件とは ソフトバンクの半額サポートを受けるためには、端末購入の際に 48回の分割払いにすることが条件となります。 12回払いとか24回払いを選択してしまうと、半額サポートを受けることができないので注意してください。 また、半額サポートを受ける際には、機種変更をする際に既存の端末をソフトバンクに返却することも条件です。 返却しない場合には、機種変更後の返済が免除になりません。 対象になる機種がある 半額サポートは、すべてのスマホや携帯電話が対象になるわけではありません。 ソフトバンクでは対象となる機種をリストアップしているため、このサービスを利用したいと考えている人は、事前にどの機種ならOKなのか目星をつけておくと良いでしょう。 例えばiPhoneの場合には、iPhone 6シリーズからiPhone XSシリーズまでが対象となりますし、Android OSのスマホだと、XperiaのXZモデルやAQUOSのXx3シリーズ以降のモデルなどが対象となります。 対象となる加入プラン 半額サポートを受けるためには、 対象となる機種を選ぶことに加えて、加入プランも対象となるプランを選ぶことが条件です。 対象となるのは、データ定額プラン各種とパケットし放題フラットプランです。 スポンサーリンク うっかり別のプランを契約してしまうと、半額プランを受けられなくなってしまうので注意しましょう。 また、機種変更後にも、再び半額サポートに加入することが条件となるため、加入プランを変更する際にも対象となるプランの中から選ばなければいけません。 機種変更後には古い端末を返却すること 半額サポートの特典をうけるためには、機種変更をした後には 古い端末をソフトバンクに返却することが条件となります。 古い端末の返却は、機種変更を行った月の翌月までに完了しなければいけないので注意しましょう。 もしも返却するタイミングが遅くなってしまったり、故障などで返却しても使い物にならない状態だった場合には、 違約金として2万円がかかることになります。 旧機種を回収してもらえないことがある? ソフトバンクの半額サポートを利用して、機種変更の際に旧機種を返却することになります。 しかし、端末の状態によっては回収してもらえない場合があるので注意しましょう。 電源が入らない 端末を購入してから24ヶ月程度しかたっていないのに、電源が入らないというのは、普通の使い方をしている場合には起こることがありません。 もしも電源が入らない場合には、故障が考えられます。 故障している端末は、残念ながらソフトバンクで引き取ってもらうことはできないため、違約金を払うことになります。 初期化されていない 多くのユーザーが経験するトラブルに、端末を初期化していないというものがあります。 返却の際には、必ず初期化した状態で返却することが条件となります。 もしも初期化していないことが原因で回収を拒否された場合でも、しっかり初期化をして再返却すれば問題ありません。 しかし、旧機種の返却期限までに手続きを終了しないと違約金が発生するので注意しましょう。 製造番号が確認できない 携帯の使い方が悪かったり傷がつくなどして、端末に記載されている製造番号(IMEIなど)をソフトバンク側で確認できない場合には、残念ながら回収してもらうことはできません。 保証対象外になっている 携帯電話端末の保証は、メーカーが販売している状態のままで使うことが条件です。 もしも改造してしまうと、その時点でメーカーの保証から外れてしまいます。 メーカーの保証から外れている端末は、残念ながらソフトバンクで引き取ってもらうことはできません。 この場合にも、半額サポートの条件を満たさないということで違約金が発生します。 「1年買い替えオプション」なら25ヶ月前でも機種変更可能 ソフトバンクの半額サポートでは、48回の分割払いでも25ヶ月目以降に機種変更をすれば、残りの分割払いの返済が免除されるという特典がついています。 そのため、違約金を払わないためには、25ヶ月間はその端末を使い続けなければいけません。 しかし、「」を付けることによって、半額サポートを利用している場合でも25ヶ月目が来るのを待たずに違約金なしで機種変更ができます。 1年買い替えオプションとは? 1年買い替えオプションとは、契約してから13ヶ月目以降なら、機種変更の際に分割払いの前倒しができるというオプションです。 支払いが免除されるわけではありませんが、支払いが必要な残債を一括で返済できるため、早めに機種変更をしたい人にとっては人気のオプションとなっています。 いくら支払えばよいの? 半額サポートに「1年買い替えオプション」を付けている場合には、13ヶ月目以降に、半額サポートの特典を受ける条件となる25か月目までの分割払い分を支払うと、25ヶ月まで待たずに機種変更ができます。 スポンサーリンク 48回の分割払いでも、半額サポートの特典として25か月目以降の支払いは免除になるため、1年買い替えオプションで支払わなければいけない金額は、24回目までの分割払いの合計ということになります。 機種変更先取りプログラムを利用している場合 ソフトバンクの機種変更先取りプログラムは、最短1年で機種変更ができるというキャンペーンです。 端末購入の際に新スーパーボーナスという24回の分割払いにしなければいけないという利用条件は付いているものの、12回の支払いを終了した後なら違約金なしで機種変更ができます。 さらに、残った分割払いの残債が最大7か月分まで無料となるので、お得です。 対象となる端末機種 機種変更先取りプログラムでは、対象となる機種が限定されています。 例えばiPhoneならiPhone SEからiPhone XSシリーズまで、Android OSのスマホなら、XperiaやAQUOS、DINGOやHUAWEIなどが対象となります。 モデルや容量によって対象となるかどうかが変わるので、事前にきちんとチェックすることをおすすめします。 対象となるプラン ソフトバンクの機種変更先取りプログラムは、すべてのプランが対象となるわけではありません。 データ定額シリーズの各種プラン、そしてパケットし放題フラット4G・4G LTEプランが対象となります。 そして、今回の機種変更だけではなく、次の機種変更においても対象となるプランに加入することが特典を利用するための条件となっています。 機種変更にベストなタイミングはいつ? 機種変更先取りプログラムを利用している人にとってベストとなる機種変更のタイミングは、 契約してから19か月目から25か月目です。 このプログラムでは、契約から13ヶ月すれば機種変更することが認められていますが、残債免除は最大7ヶ月なので、勇み足で機種変更してしまうと、旧機種の残債分の支払いが残ってしまいます。 そうすると、新機種と旧機種の両方の分割払いを支払わなければいけないため、経済的な負担が大きくなってしまうでしょう。 機種変更に手数料がかかることも 機種変更先取りプログラムの特典では、13ヶ月目から機種変更が可能です。 しかし、残債の支払いが免除となる19か月目よりも前、つまり契約してから13か月目から18か月目の間に機種変更をすると、前倒し手数料として2,000円がかかります。 19か月目以降に機種変更する場合には、手数料がかからないので、少しでもお得に機種変更したい人は、19ヶ月目まで待ってから変更の手続きをすると良いでしょう。 ソフトバンクの機種変更でかかる費用 ソフトバンクで機種変更をすると、事務手数料が3,000円と端末購入の際の頭金がかかります。 必要な頭金の金額は、端末の購入価格によって異なりますが、目安としては3,000円~1万円と考えると良いでしょう。 こうした初期費用は、ソフトバンク系列のショップで統一されているため、このショップだと安いとか、このショップでは無料ということはありません。 事務手数料をゼロにする方法 ソフトバンクの機種変更でかかる事務手数料を、無料にする方法があります。 それは、ソフトバンクの正規販売代理店である「」というオンラインのショップで機種変更をする場合です。 このショップを利用すると、機種変更にかかる事務手数料が無料になるだけでなく、端末購入の際にかかる頭金も必要ありません。 つまり、初期費用がゼロ円になるのです。 これはビッグなお得感でしょう。 他社のキャリアからソフトバンクへ乗り換える場合 現在、NTT Docomoやauを携帯キャリアを利用していて、ソフトバンクに乗り換えることを検討している人は、乗り換えと同時に機種変更することもできます。 スポンサーリンク 乗り換えと機種変更を同時に行う際には、まず電話番号をキープするために乗り換え前のキャリアからMNP番号を発行してもらい、それを持ってソフトバンクで新規契約および機種変更の手続きをするという順序となります。 お得度が最大な「スマホ乗り換え. com」 他キャリアからソフトバンクへ乗り換えると同時に機種変更もする際には、ソフトバンクの公式サイトやソフトバンクの店舗で手続きをするよりもお得な方法があります。 それは、ソフトバンクの公式代理店でもある「 」を利用する方法です。 キャッシュバックがある スマホ乗り換え. comでは、店頭で乗り換えと機種変更の手続きをしても、ネットで手続きをしても、キャッシュバックがついています。 しかも、店頭で手続きをすれば、その場でキャッシュバックを受け取ることができるという特典付き。 ネットで手続きをした場合でも、7営業日以内にキャッシュバックを振り込んでもらえます。 ソフトバンク公式のキャンペーンと併用できる ソフトバンクの正規販売代理店の中には、お得なキャンペーンが複数あっても併用できないケースが少なくありません。 しかしスマホ乗り換え. comでは、 ソフトバンクが公式に行っているキャンペーンを併用することができるので、お得な割引を最大限に享受できます。 機種変更でも1万円のキャッシュバック!「ソフトバンク乗り換えキャッシュバック. com」 他キャリアからソフトバンクに乗り換える際に機種変更をする事でキャッシュバックを受け取ることができるサービスは、「」もおすすめです。 他社からの乗り換えでは2万円のキャッシュバック、機種変更だけでも5,000円のキャッシュバックを受け取ることができるので、お得度がビッグです。 旧機種の下取りが最大58,000円 ソフトバンク乗り換えキャッシュバック. comでは、旧機種の下取りも行っています。 機種によって下取り価格は異なりますが、最大で58,000円とビッグ。 ソフトバンクの買取価格よりも高く買い取ってもらえる場合もあるため、機種変更の際にはその辺も比較した上で決めると良いでしょう。 乗り換えキャンペーンの注意点 ソフトバンクヘ乗り換える際に機種変更をする人はたくさんいます。 その際、正規販売代理店を利用する以外に、ソフトバンクの店舗およびホームページを利用して機種変更をしたいという人もいるでしょう。 ソフトバンクでは随時たくさんのキャンペーンや割引プログラムをラインナップしているのでお得に乗り換えやすくなっているのですが、その際には注意したい点もあります。 キャンペーンの利用条件を確認する 乗り換えと機種変更を同時にする場合、キャンペーンを利用することによって端末の購入価格を大幅に割り引いてもらうことが可能です。 しかし、キャンペーンにはそれぞれ条件があり、該当しないとお得な割引を受けることができません。 例えば、電話番号を持ち込むMNPのみがキャンペーン対象となっている場合などがあるので、しっかり条件を確認した上で手続きを始めることをおすすめします。 MNPの方法は簡単 ソフトバンクへ乗り換えようかなと考えている人の中には、既存のキャリアを解約してからソフトバンクで新規申し込みをしようという人もいるでしょう。 しかし、場合によってはMNPで番号を持ち込んだほうが大きな割引を受けられる可能性があります。 MNPは難しいものではないので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

次の