山を張る 類語。 山を張る を 英語

張る(ハル)とは

山を張る 類語

出張の間は、ずっと 気を張っていたから、疲れがかなり溜まっていたと思うよ。 今日は、ゆっくり休んでね。 という感じで「気を張る」は使われたりしますが、他にもこういった使い方があります。 「気を張る」の例文1 「赤ちゃんが歩けるようになると、どこに行くか分からないからお母さんは、ずっと 気を張る必要がある。 」 小さいお子さんを育てているお母さんは、子供のことをずっと注意して見ていなければならないので、すごく気を張りますよね。 育児という仕事は、ある意味、どんな仕事よりも大変ですし、だからこそ、何人も子供を育てているお母さんは本当に尊敬に値すると思います。 「気を張る」の例文2 「上司と一緒にお酒を飲んでいると、 気を張っているせいか、全然酔わない。 」 これは、例文として使っていますが、実際にそのような体験をする人は結構いらっしゃいます。 実際は酔っているけれども、リラックスできないから、酔っていること感じていないだけなのではという話もあるそうですが・・・ やはり、お酒は気を張る必要がないところで飲みたいものですよね。 「気を張る」の例文3 「悲しいことがあった時こそ、 気を張ってがんばらないといけない。 」 辛いことや、悲しいことがあった時は、気持ちが落ち込んでしまって、何もする気がなくなってしまいがちですよね。 しかし、そういった時にこそ、気を張って、耐え忍びながら、一生懸命がんばる必要があるのだと思います。 「気を張る」の例文4 「平日は、仕事でずっと 気を張っていたが、週末は逆に気が緩んで、生活のリズムを崩し、風邪を引いてしまった。 」 仕事をしながら、気を張っている時は大丈夫なのですが、その状態から解放されると、たまっていた疲れが出たり、生活リズムが崩れてしまったりして、一気に体調を崩してしまう時ってありませんか? 私自身も、そうなってしまう時が多いので、休みの時も、ある程度の気持ちの張りは必要なのかなって考えてしまいます。

次の

ヤマを張るのヤマの語源や意味は?ヤマが当たるって技術いる?

山を張る 類語

[動ラ五(四)] 1 広がりのびる。 ふとる。 値段などが高くなる。 対抗する。 設ける。 整える。 見張る。 はたく。 27 はりぬきに作る。 [可能] はれる [下接句]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・.

次の

気を張るの意味・例文・類語・対義語・英語での表現を解説!

山を張る 類語

「枯れ木も山の賑わい」の意味とは 「枯れ木も山の賑わい」とは「ないよりはましなもの」 「枯れ木も山の賑わい(かれきもやまのにぎわい)」はことわざのひとつです。 意味は「つまらないものでも、ないよりはましなもの」です。 「枯れ木」を「つまらないもの・必要とは思えないもの」に例え、そんなものでもあれば山をそれなりに賑わせる、ないよりはましだろう、ということを言っています。 「枯れ木も山の賑わい」の誤用と間違いやすいことわざ 「枯れ木も山の賑わい」は誤用に注意 「枯れ木も山の賑わい」ということわざは、意味を誤認している人が多いと言われています。 誤った認識は「枯れ木も山の賑わい」を「人がたくさん集まることで場が盛り上がる」というものです。 これは「枯れ木(=人)が集まれば山(=その場所)が賑わう」という誤用の原因となっているようです。 そのため、何かの集まりに人を誘うときなどに「枯れ木も山の賑わいですから、ぜひお越しください」などと誤った使い方をしてしまいます。 「枯れ木」は「その人がつまらない人・いなくてもいい人」という意味なので、誤った使い方をして、相手の気を悪くさせないようにしましょう。 「枯れ木に花」は再びよみがえること 「枯れ木も山の賑わい」と似た響きを持つことわざに「枯れ木に花」があります。 しかし「枯れ木に花」と「枯れ木も山の賑わい」は意味がまったく違うので、間違って使わないようにしましょう。 「枯れ木に花」とは、「何かが蘇ること」「一度衰退したものが復活すること」という意味です。 一度枯れてしまった木には、もう花は咲きません。 しかし「一度枯れたにもかかわらず花が咲いた」という奇跡のような状況を「人の復活」になぞらえています。 「枯れ木も山の賑わい」の類義語・対義語 類語「蟻も軍勢」とは勢力の一端となること 「枯れ木も山の賑わい」と似た意味を持つことわざに「蟻も軍勢(ありもぐんぜい)」があります。 「蟻も軍勢」とは「いなくても良いような非力な者でも、いないよりはましである」という意味です。 「蟻」のように小さな虫でも、多くの軍勢となれば一つの力となる、という意味をことわざにしています。 「枯れ木も山の賑わい」の意味である「ないよりはましなもの」と似ていて、「いなくても良い人や、微力しかない物でもないよりはあった方が良い」という意味で使われます。 「あばたもえくぼ」は欠点が良く見える 「枯れ木も山の賑わい」の類語ではないか、と迷いやすいことわざが「あばたもえくぼ」です。 「あばたもえくぼ」には「その人の欠点ですら良く見える」という意味があります。 「あばた」とは皮膚に残った傷跡のことで、本来であれば欠点として認識されやすいものです。 しかし、その人に思い入れがあったり、あばた以外に良いところがたくさんある人であれば「あばたすらもえくぼのように感じられる」という心情をことわざにしています。 そのため「枯れ木も山の賑わい」と「あばたもえくぼ」は類語とは言えません。 「枯れ木も山の賑わい」の反対語は「無用の長物」 「枯れ木も山の賑わい」と反対の意味を持つことわざはたくさんあります。 その中でも使いやすいのは「無用の長物(むようのちょうぶつ)」です。 「無用の長物」とは「あっても役に立たない、むしろ邪魔になる」という意味のことわざです。 「無用」とは「用のないもの」、「長物」とは「長い物」のことです。 一般的には短いものより長いものの方が何かと役に立つ、と認識されていても、それ自体が無用なものであれば役に立たない、ということをことわざにしています。 「枯れ木も山の賑わい」が持つ「ないよりもまし」と比較すると、正反対の意味と言えるでしょう。 「枯れ木も山の賑わい」の使い方と例文 「枯れ木も山の賑わい」は謙遜に使う 「枯れ木も山の賑わい」ということわざは、人を「枯れ木」に例えるため、自分や自分の身内を謙遜する場合にしか使いません。 「お誘いいただきありがとうございます。 枯れ木も山の賑わいと思い、参加させていただくことにいたしました」• 「父は最初、渋っておりましたが、枯れ木も山の賑わいと言って同窓会に出掛けて行きました」• 「弊社部長は、枯れ木も山の賑わいと言いながらも、楽しそうに出席させていただいたようです」 「枯れ木も山の賑わい」は物事にも使える 「枯れ木も山の賑わい」は、本来は人についてしか使いません。 しかし、時代とともに人だけでなく、物やできごとについても使われるようになりました。 「先週購入した安物の絵ですが、枯れ木も山の賑わいかと思いリビングに飾っています」• 「better」は「~より良い」、「nothing」は「ない」という意味です。 まとめ 「枯れ木も山の賑わい」は誤用にさえ注意すれば、自分や自分の身内を謙遜する言葉として、とても品格のある表現として使うことができます。 自分がしゃしゃり出るのではなく、控えめに謙虚な姿勢で何かに参加することや、自前の作品などをお披露目するときなどにも使える表現ですので、ぜひこの機会に覚えておいてください。

次の