ミスター ハンバーガー。 ミスタードーナツ × モスバーガー

archive.islamicvoice.com(HIBIYA FOOD HALL)

ミスター ハンバーガー

3連休を利用して、秋田県に行った。 秋田駅から男鹿線に乗って1駅。 隣駅の 「土崎駅」。 土崎には 「道の駅あきた」や、展望台を備える 「秋田ポートタワー セリオン」がある。 ついでだから、地図にメモしていた 「レトロ自販機」にも寄り道。 昭和の遺物、古き良きハードウェア。 駅から歩くこと、15分。 住宅街の真ん中に、その自販機はあった。 正面から眺めてみる。 どうどうたる面構えの、ハンバーガー自販機である。 ハンバーガー、チーズバーガー、テリヤキバーガー。 値段は150円。 ずいぶん安いな。 チーズバーガーのボタンを押すと、 「加熱中」の赤いランプがゆっくりと点滅。 暖め時間は、50秒。 自販機の前で、佇んで待つ。 そのうち、ガタンっと音を立ててハンバーガーの箱が落ちてきた。 このハンバーガー。。。 「BIGバーガー」という名前らしい。 箱を開けて、包み紙を広げる。 サイズはこぶりながら、妙に ズッシリと重みのあるハンバーガーが出てきた。 具材は、ハンバーグとチーズのみ。 ハンバーグは、なかなかボリューミーだ。 隣の自販機で 缶コーヒーを買い、準備万端。 いざ、ハンバーガーにかぶりつく。 すると・・・。 ンまい!! いい意味で、「思ってたのと違う」。 パンはもちもち、がっつり噛み応えがある。 これは、なんというか・・・もしかして手作りパン? ハンバーグは、自分が大好きな「」風。 色んな肉を寄せ集めて固めた、どこか懐かしい、あのタマラン肉塊。 これはウマイぞ。 めっちゃ美味い。 なんだ、コレは。 しかも150円・・・。 なんなんだ? 不思議に思い、改めて自販機をしげしげと眺める。 貼り紙があった。 東北大震災のあと、パンを手造りにしたらしい。 ふーむ。 気になったので、東京に戻ってきてから製造者シールの名前を元に検索してみる。 製造者は 「森林純一」という方で、 秋田で初めてスケートの国体優勝を果たした、秋田レジェンドということであった。 47歳の引退まで、7回も国体優勝。 森林氏を特集した番組動画もあった。 ハンバーガー自販機との関わりが、短くまとまっている。 氏はスケート選手をしながら、で指導者も務めた。 そして「スケートから離れたくない」という思いで、 スケート場内にある売店を運営する会社に就職。 現在は、売店の管理業務もしているらしい。 その売店の管理で、 ハンバーガー自販機もスケート場内に設置。 スケートの練習後、腹を空かせた子供達がかぶりつく姿が目に浮かぶ。 BIGバーガー、美味いからなぁ・・・。 そのハンバーガー自販機、メーカーはとっくに製造を中止。 そして震災の影響で、 自販機専用のパンを入手することもできなくなった。 パンを作っていた工場も、震災の被害にあったのであろうか。。。 しかし森林氏は、子供達に好評だったハンバーガーを何とか継続しようと、 周囲の知恵を借りながらパンを手造り。 現在にいたる。 「機械が動くうちは、作り続けたい」 インタビューに答える森林氏の、朴訥とした語り口がシブい。 秋田で生きる男の歴史と、後進育成するスケート愛を感じるぜ。。。 当方、秋田やスケートとは縁もゆかりもない。 しかし、BIGバーガーは美味かった。 心に残る、実にいいハンバーガーだった。 なお、最初は15台あったハンバーガー自販機も、 現在は2台しか残っていないらしい。 県立スケート場と、今回自分が訪問した秋田ポートタワー・セリオンの近くの住宅街。 住宅街にある自販機の裏は 駐車場になっており、自販機利用者は無料で利用できるとのこと。 買ったハンバーガーを車内で食べることができる。 セリオンリスタ内には、行列ができる有名なレトロ自販機 「うどん・そば自販機」 佐原商店から移転 もある。 合わせて訪問するのがいいかもしれない。 手造りパンのBIGバーガー、オススメです。 そんな感じ。

次の

ミスタードーナツとモスバーガー、コラボショップ「MOSDO」を関西国際空港に11月16日オープン

ミスター ハンバーガー

「手作り、できたて」を大切にしてきたミスタードーナツとモスバーガー。 それぞれの商品を同時に注文できる店舗が、関西国際空港に誕生 2008年2月に、ミスタードーナツとモスバーガーが資本・業務提携を実施。 2008年は「ホットチキン」という共通の食材をテーマに、ミスタードーナツは「ホットチキンパイ」、モスバーガーは「ホットチキンバーガー」というオリジナルメニューを発売した。 つづく2009年には「ドーナツバーガー」というコンセプトで、ミスタードーナツでハンバーガーの形のドーナツを、モスバーガーでパテをドーナツ型にしたものを。 さらに2014年にはお互いの看板商品をトレードし、ミスタードーナツでライスバーガーを、モスバーガーでフレンチクルーラーを使用したオリジナル商品を展開した。 2015年には、ミスタードーナツとモスバーガーがともに大切にしてきたコンセプトである、「手づくり、できたて」を改めて宣言。 2017年には、モスドの食材や食べることの大切さを学べるというコンセプトをもとに、オリジナルのおもちゃセットを発売。 ミスタードーナツでは絵合わせカードゲーム、モスバーガーではシールブックが販売されている。 2010年4月23日に、イオンモール広島府中にオープンした共同店舗の1号店は、日本初のハンバーガーとドーナツ両方の注文が可能な店舗だ。 その後、京都と恵比寿で2店舗を開店し、それぞれ通常のメニューとは別に、オリジナルメニューも販売。 後にこの2店舗は閉店したが、2015年に関西国際空港ショップが1号店のコンセプトを継承して開店。 「手づくり!できたて!」というコンセプトを表現するため、ハンバーガーやドーナツを作るキッチンはガラス張りになっているのが特徴だ。 モスドのイオンモール広島府中店および関西国際空港店では、セットメニューとしてハンバーガーとドーナツ、飲み物が組み合わせられる。 公式HP、youtubeにて「手づくり!できたて!」のハンバーガーやドーナツの製作工程動画の視聴が可能。

次の

ハンバーガー

ミスター ハンバーガー

「手作り、できたて」を大切にしてきたミスタードーナツとモスバーガー。 それぞれの商品を同時に注文できる店舗が、関西国際空港に誕生 2008年2月に、ミスタードーナツとモスバーガーが資本・業務提携を実施。 2008年は「ホットチキン」という共通の食材をテーマに、ミスタードーナツは「ホットチキンパイ」、モスバーガーは「ホットチキンバーガー」というオリジナルメニューを発売した。 つづく2009年には「ドーナツバーガー」というコンセプトで、ミスタードーナツでハンバーガーの形のドーナツを、モスバーガーでパテをドーナツ型にしたものを。 さらに2014年にはお互いの看板商品をトレードし、ミスタードーナツでライスバーガーを、モスバーガーでフレンチクルーラーを使用したオリジナル商品を展開した。 2015年には、ミスタードーナツとモスバーガーがともに大切にしてきたコンセプトである、「手づくり、できたて」を改めて宣言。 2017年には、モスドの食材や食べることの大切さを学べるというコンセプトをもとに、オリジナルのおもちゃセットを発売。 ミスタードーナツでは絵合わせカードゲーム、モスバーガーではシールブックが販売されている。 2010年4月23日に、イオンモール広島府中にオープンした共同店舗の1号店は、日本初のハンバーガーとドーナツ両方の注文が可能な店舗だ。 その後、京都と恵比寿で2店舗を開店し、それぞれ通常のメニューとは別に、オリジナルメニューも販売。 後にこの2店舗は閉店したが、2015年に関西国際空港ショップが1号店のコンセプトを継承して開店。 「手づくり!できたて!」というコンセプトを表現するため、ハンバーガーやドーナツを作るキッチンはガラス張りになっているのが特徴だ。 モスドのイオンモール広島府中店および関西国際空港店では、セットメニューとしてハンバーガーとドーナツ、飲み物が組み合わせられる。 公式HP、youtubeにて「手づくり!できたて!」のハンバーガーやドーナツの製作工程動画の視聴が可能。

次の