ヤツデ。 ヤツデの育て方

カミヤツデ

ヤツデ

縁起のいい植物 ヤツデは八つ手と書きますが、実際には八つに裂けていることは少なく、大抵は7か9、少なくて5という奇数です。 八つというのは「たくさん」という意味かもしれませんが、八は末広がりで縁起が良いこととヤツデが人を招くイメージから、昔から「千客万来」の縁起のいい植物として門に飾ったり、植え込んだりする植物です。 に植えて、あとはほったらかし 強い日ざしが苦手で、ジメジメした場所を好みます。 一般的に樹木が育たないような場所でも育てられるので、庭木によく見かけます。 毒性があり 葉っぱと茎、根に毒があり、口にすると体調不良を起こします。 犬などの動物も口にすると体調不良を起こします。 ただし、実際に問題が発生したという事例はありません。 普通にしていれば問題は発生しないかと思われます。 強い日差しには葉やけします 強い日差しを嫌い、年間を通して半日陰か明るい日陰で育つ植物です。 日陰を好むといっても一日中、日が当たらないようであれば、枯れないまでも徒長(ヒョロ長に成長すること)して、下葉が黄色くなって落ちてしまいます。 寒風・強風や乾燥が苦手 もともと森の中の高い木の根本に生える植物で、ジメジメした環境を好みます。 また強風に晒されたり、乾燥することも苦手です。 冬の寒風が苦手ですので、強い風が通る場所は避けてください。 夏もあまりに乾燥するようであれば枯れてしまいます。 とはいえ便利な植物 日光を好む植物が多い中で、日陰でも育つヤツデは昔から庭木として利用されてきました。 今でもよく見かけます。 花が少ない時期に真っ白い花を咲かせます。 葉っぱが大きすぎるなぁ ヤツデの特徴である葉っぱの大きいところも、植えた場所によっては邪魔になります。 まだ成長途中のヤツデを成長点(新芽)付近の葉っぱを三枚か四枚残して落とします。 葉っぱを落とすと光合成する力が落ちて株全体の力を抑制して、結果、生えてくる葉っぱが小ぶりになります。 これはヤツデの力を削ぐことでになるので、頻繁に行うと枯れてしまいます。 目安は二年か三年に一回です。 古い枝・幹を更新する ヤツデもやのようにヤゴ(シュート)が生えてきます。 これを全て落とすのではなく、いくつかは残しておきます。 ヤツデの幹は徐々に硬くなり、年数を経て幹がガチガチに硬くなってくると・をしても脇芽が出なくなります。 そうなったら、古い幹は切ってしまいます。 いつも次の候補を残して3本から5本の幹を生やすようにしましょう。 5つか7つか9つに裂けた葉っぱを持つ常緑の木。 関東以西で庭木に使われることがおおい。 葉っぱは8つに分かれていない。 葉っぱも個性的ですが、花も目立つ花で、庭に植えるととにかく目立つ。 花が少ない時期に花を咲かせること、日陰でも育つことから、庭植えに重宝します。 ヤツデの花 一見すると大きなフワフワした花の塊にも見えますが、全体が小さな花の集合体。 しかし、もっと細かく見るとヤツデの花が一塊の中で多種な状態になっているのが分かると思います。 つぼみ、花が咲いているもの、が出来始めているもの。 どうしてこんなことをするのか?というと、自家受粉を避けるためです。 ヤツデの花は冬に咲きます。 この時期は虫が少ないのですが、他の花も咲かず、虫達を独占できます。 その代わり、かなり濃い蜜を用意しています。 鳥達もこの蜜を目当てにやってきます。 個人的には同様に鳥がメインじゃないかと思うのです。 雄性先熟 植物にとって自家受粉は最終手段。 出来るならば他の遺伝子を取り込んで種子を残したいと考えています。 そこで、一つの花の中に雄しべとメシベがあるタイプであっても、出来るだけその中で受粉しないように、成熟期をずらします。 まず雄しべが花粉を出しますが、そのとき雌しべはまだ成熟しておらず受粉する能力がありません。 関係記事・人気記事 オカメヅタ ヘデラ属 ヘデラ キヅタ属 ツピタンサス シェフレラ属 ブラッサイア シェフレラ属.

次の

ヤツデ(八手)

ヤツデ

あなたに伝えたいこと• ヤツデの特徴は?どんな木なの? ヤツデ(八手、八つ手)は、ウコギ科ヤツデ属の常緑低木 じょうりょくていぼく・一年中緑の葉をつける高さ約3m以内の木 です。 日当たりの悪い場所でも育つので、庭の中でも家の陰になっている所などで見かけることが多い樹木です。 葉が大型で独特の形をしています。 その理由のひとつは、葉の形が人の手に似ていることで、「お客さんを招く」「お金を招く」とされ、玄関先やお店の入り口に鉢植えが飾られています。 (ホントでしょうか?、私は、それならばと、方位磁針を見ながら頑張って、真西に植え・・・たりはしてないですw) 風水では、ヤツデのような葉っぱの大きい植物は、邪気が入るのを防いでくれるので、魔除けになるのだそうです。 ヤツデを漢字で書くと「八手」、「八つ手」ですが、実際にはヤツデの葉は8つに分かれていることはまずなく、7つや9つの奇数に分かれています。 では、なぜ「八手」となったのでしょう? 日本では、八は、数が多いことを表す数字であり、末広がりの縁起が良い数字だったためと考えられています。 ヤツデは天狗の木! 天狗は、古くから日本に伝わる、神や妖怪ともいわれる伝説上の生き物で、顔が赤くて鼻が高く、神通力を持ち、空を飛び、深い山に住んでいるといわれています。 人間を魔の道に引きずり込む魔物であるなどとされ、怖いイメージですが、地域によっては神格化されていることもあります。 伝説上では、特に格の高い天狗が、奇数の羽でできた団扇(うちわ)を持っているとのこと。 団扇自体に強い妖力があり、山火事や、嵐を起こすことも、瞬間移動もでき、人の心も操れるなど、妖怪が持つ物の中でも最強で、魔物を退治する力もあるとされています。 これが、形の似たヤツデの葉にも魔除けの効果があるといわれる由来のひとつです。 (驕り高ぶった、役者や芸者といった人々が、鼻高々に自慢話に興じる様子を、天狗が覗き見てあきれているという世相を風刺した浮世絵) ヤツデは、葉が天狗の持っている団扇に似ていることから別名「テングノハウチワ(天狗の羽団扇)」とも呼ばれています。 ヤツデの葉には毒性がある!? ヤツデの葉、根、茎には、少量の毒性(ヤツデサポニンという物質)が含まれるため、大量に食べると腹痛や嘔吐などを起こしてしまいます。 昔はこの毒性を利用して、汲み取り式トイレの蛆虫用殺虫剤を作っていたとのことで、現在でも古い駅の一角などに植えられているのを見かけることがあります。 ヤツデの葉には、ベータアファトシン、サポニン、アルファアファトシンという薬用成分も含まれており、「八角金盤」という名前の生薬として使用されることもあります。 (去痰には、乾燥させた葉を煎じて飲むほか、リウマチの痛みなどに、乾燥した葉ふたつかみ程を風呂に入れて使うと良いとのことですが、 有毒成分を含むため、医師などの指導無しで内服してはいけません) ヤツデの葉は、20cm以上もある大きな葉で、ツヤがあり、厚手です。 (8つに裂けることも稀にあるようです) 殺虫剤にも、薬にも使われてきた葉っぱなので、古くから日本人の生活に根付き、親しまれてきたのでしょう。 ヤツデの花言葉を紹介! ヤツデの花言葉は「親しみ」「健康」「分別」です。 「親しみ」は、葉が、大きな手で招いてくれているように見え、お客様を「親しみ」を込めて迎える気持ちに繋がることから。 「健康」は、葉が濃い緑で光沢があり、厚いので健康的に見えること、「八つ手」の八は末広がりであること、害虫駆除に使われてきたこと、また、葉そのものが丈夫なことからつけられたそうです。 「分別」の由来は花にあるそうなんです、花のどんなところから?知りたくなりますよね?! ヤツデの花の特徴や開花時期は? ヤツデの花期は晩秋で、花茎(かけい・花だけをつける茎)も花も黄白色でよく目立ちます。 ヤツデの花は、自家受粉を避けられるような仕組みを持っています。 雄しべが先に育ち、枯れ落ちた後、雌しべが成熟するという珍しいものです。 つまり、1つの花に、雄性期と雌性期があり、初めは花弁(かべん・はなびら)と雄しべがある雄性期、花弁と雄しべが落ちると、柱頭が伸びて雌性期になります。 たくさんの落ち葉ならぬ落ち雄しべで庭掃除がたいへんだという人もいるほどです。 この雌しべにつける花粉は?というと、ヤツデは花期が長いので、他の花に雄性期のものがあり、その花粉を昆虫に運んでもらうというわけです。 丈夫で賢いヤツデですが、実も賢いようですよ、いったいどんなことをするんでしょう? ヤツデはどこに分布しているの? ヤツデは、日本原産で、関東以西の、主に海岸近くの森林周辺に自生しています、日当たりの悪い森林の中にも自生しているのがよく見られるとのこと。 庭木として、また公園にもよく植えられています。 日当たりがあまり良くない庭の隅に、何か植えたい、という時には最適な樹木ですね。 全くの日陰がよいわけではなく、一日中日が当たらない場所では、下葉が落ち、ひょろ長くなってしまいます。 フクリンヤツデ(覆輪八つ手):斑入り品種で、葉の縁が白い。 2 : 乾燥と冷たい風に気をつけよう! ヤツデは、夏にしばらく雨が降らないと土の表面が乾いていなくても、水分不足になってしまうようです、なので、水やりが必要な時もあります。 始めから水はけが良い所には植えないこと(植えたい場所の水はけが良すぎる場合は腐葉土と堆肥を混ぜたものを使うと保水力が高くなります)、 夏場は暑くて湿度が高くても、雨の降らない日が続いたら水やりをしましょう。 冬に気をつけることはあまりないのですが、自生している場合は、高さも位置も、周りの木に囲まれいて、木枯らしが吹く日でも風に当たっていないんです、 植え付ける時に冬の風にさらされないような場所を選ぶこと、適切な場所がなかったら、冬場だけ、周りをほかの鉢植えや簡易フェンスなどで囲ってあげてもよいでしょう。 「強い日差し」「水分不足」「冬の冷たい風」この3つから守ってあげれば、すくすくと丈夫に育ってくれるので、庭木を育てるのが初めてという人にも向いています。 鉢植えで育てて、ベランダや室内に置いても楽しめます。 3 : お水はあまり必要ない! 地植えの場合は、普段、水やりの必要がありません、(これは、毎日の水やりが面倒で… という人には嬉しいですよね、また、毎日、朝と夕方、植え木に水やりをしないと気が済まないタイプの人は、必要ないけれども、水やりしてあげて大丈夫です) 鉢植えの場合も特別な手間はかかりません、土が乾いてきたら水をたっぷりあげるようにしましょう。 4 : 肥料はあげなくても大丈夫! 特に肥料をあげなくても枯れることはありません、大きく育てたい場合は、ゆっくり効くタイプの肥料を根元に撒いてあげると効果的です。 肥料をあげる時期は、花が終わってからの2月頃が適しています。 5 : ペットが葉を食べないように気をつけよう! 害虫も付きにくい樹木です(葉、茎、根に毒性があるため)、 人間、動物にとっても毒となりますので、ペットが食べないよう、気をつけてあげましょう。 乾燥させてしまうとカイガラムシがつくことがありますので、その面でも乾燥には注意したいですね。 6 : 植え替えや植え付けは4月〜5月に! ヤツデの植え替え・植え付けに適しているのは4月〜5月です。 大きな葉がついたままだと、エネルギーや水分を消費してしまいますので、植え付ける前に取った方がよいでしょう。 鉢植えにしている場合は、2年に1度植え替えして、鉢の中で根が張っているところの通気を良くしてあげます。 植え替えをする際は、根鉢(ねばち・土と根が固まりとなったもの)を3分の1くらい崩すと良いそうです。 剪定の方法は、 古い幹を間引きする、伸び過ぎた枝の先端を切り戻す、大きすぎる葉を取る、の3つが重点で、簡単ですが、これを覚えておくときれいに樹形を整えることができます。 (葉は下に引っ張ると簡単に取れます) 古い幹の間引きについては、3年に1回程度が目安です、毎年切ってしまうと株全体が元気のないものになってしまいます。 剪定には、3月と、10月〜12月が適しています。 8 : ヤツデは挿し木と種まき、取り木で増やせる! ヤツデの増やし方は、挿し木、種まき、取り木です。 挿し木の場合は、7月〜8月頃に葉がついている若い枝を切り取り、大きな葉を取って赤土玉に挿しておきます。 (十分に発根するまで土を乾燥させないように管理しましょう) 種まきの場合は秋に果実をとって、果肉から種子を取り出し、乾燥させないように少し湿った川砂などを混ぜてビニールに入れ、冷蔵庫で保管しておきます。 (種も乾燥が苦手なんでしょうか?) 3月~4月頃が種まきの適期なので、セルトレイ(育苗パネル)や育苗ポットに土をいれて、種をまきます、発芽して十分に根が生えるまで、土を乾燥させないようにして、日陰に置いておきます。 ヤツデは取り木(枝の周りの皮を剥いだ部分に発根させ、苗木を作る方法)でも簡単に増やせます、7月〜8月に根を出させたい部分の枝の固い芯だけを残して、皮を3cm~4cmくらいぐるりと剥ぎます。 4月~5月が地植えの適期となります、育てた苗の中から、できるだけ根のしっかり張った株を選び、大きな葉は取ってから植え付けましょう。 まとめ この記事ではヤツデについて解説していきました! まず特徴などについては ・ウコギ科ヤツデ属の常緑低木で、葉が大型で独特の形をしている ・昔から縁起の良い木と言われ、庭などに植えられている ・葉が天狗の持っている団扇に似ていることから別名「テングノハウチワ(天狗の羽団扇)」とも呼ばれる でしたね! そして、葉の特徴などについても解説していきました! ・葉、根、茎には、少量の毒性が含まれるので、食べないこと ・葉には、薬用成分も含まれており、「八角金盤」という名前の生薬として使用されるが、医師などの指導無しで内服しないこと ・葉は、20cm以上と大きく、ツヤがあり、厚手。 でした! 花言葉、花、実の特徴などについては ・花言葉は「親しみ」「健康」「分別」 ・花期は晩秋、黄白色でよく目立つ ・小さい花が、球形に集まって咲き、さらにふさのようになる ・1つの花に、雄性期と雌性期がある ・冬から春にかけて若い実がつき、翌年の5月頃に熟す ・果実は球形で、最初は緑色、熟すと黒くなる ・果実を鳥が食べて種子を散布する でしたね! 最後に分布と育てる時の8つのポイントについて解説していきました! ・日本原産で、関東以西の、主に海岸近くの森林周辺に自生している ・庭や公園などにもよく植えられている ・(1)半日陰で湿り気のある環境を好むので、強い日差しを当てないように気をつける ・(2)夏場は乾燥に、冬は冷たい風に当てないように気をつける ・(3)地植えの場合は、普段、水やりの必要がない ・(4)肥料をあげなくても枯れることはない ・(5)葉、茎、根に毒性があるため、害虫はつきにくいが、ペットが食べないように気をつける ・(6)植え替え・植え付けに適しているのは4月〜5月 ・(7)剪定には3月と、10月〜12月が適している ・(8)挿し木、種まき、取り木で増やせる でした! ヤツデって、縁起の良い樹木だったんですね、(知らなかった~・・・w)。 私が最初に覚えた樹木の名前はヤツデでした(多分ですけど… w)、小さい頃、祖母宅に向かう道沿いにある人家の庭の、道よりも低い所にありました。 すぐ近くに手押し式の井戸があり(昭和レトロ~?)、濾過用に付けられた布袋から水がぽたぽた垂れているような地面でしたから、ヤツデ好みの場所だったと思います、インパクトの強い葉で、そして今でも日陰と湿気のイメージなんです。 縁起が良いとのことで、苗を買って植える人も多いようですね、育てる時は、特徴をよく知って苦手なものから遠ざけてあげたら、ヤツデも気分良く育って魔除けや金運アップに貢献してくれるかも知れませんよ?!.

次の

縁起がいい!ヤツデの育て方!剪定や鉢植え、挿し木の方法をご紹介!

ヤツデ

おおきな手のひらのような葉っぱ ヤツデ 科名:ウコギ科 学名:Fatsia japonica 別名:テングノハウチワ 原産地:日本 樹高:1. 5m-3m 開花期:11月~12月 栽培難易度: (そだてやすい) ヤツデとは 花 斑入り種 日本原産の常緑低木で、本州の福島より南~沖縄まで広く分布します。 日本では古くからごくふつうに親しまれており、庭園や公園にもよく植えられています。 ヨーロッパには1838年に入ってきたという記録が残っており、今では世界で広く栽培されています。 厚みのある葉は深い緑色で通常7~9、多くて11くらいに裂けます。 裂ける数はたいがい奇数です。 表面には光沢があり葉の縁は細かいギザギザになっています。 その特徴的な葉姿から、テングノハウチワの別名があります。 冬も落葉せずに大きな葉が茂っているので目隠し用の庭木として利用される他、大きな手のような葉が人を招くという「千客万来」の縁起を担いで玄関先や門の脇に植えられることもあります。 また、大きな葉っぱが魔物を追い払うとも言われています。 日陰でも元気に育つので、あまり日当たりの良くない場所にも植えることができます。 冬、球状にまとまった白っぽい花がたくさん咲き果実が付きます。 果実は翌年5月頃に黒く熟します。 品種・その他の仲間 〔〕内は学名 F. はFatsiaの略 青葉の他に葉のフチに白い斑のはいる「フクリンヤツデ」、不揃いに黄色い斑のはいる「キモンヤツデ」、葉脈に沿って黄色い斑のはいる「キアミガタヤツデ」などの斑入り品種があります。 南西諸島に分布する、全体的に線の細いものはリュウキュウヤツデ〔var. liukiuensis〕と呼ばれ、変種として扱います。 近い仲間に、台湾に分布するタイワンヤツデ〔F. polycarpa〕、小笠原諸島のムニンヤツデ〔F. oligocarpella〕があります。 由来 ヤツデの名前は葉が複数に大きく切れ込むところに由来し、漢字で書くと「八つ手」です。 ちなみに「八つ」は数を表しているのではなく「多い」という意味のようです。 また、日本で古来より「八」は末広がりで縁起の良い数字でもあります。 属名のファスティア Fastia は八手を音読みした「はっしゅ」もしくは、八手の「八 はち 」に由来するとされていますが、はっきりわかりません。 種小名のヤポニカ japonica は「日本産の」と言う意味です。 関連するページ ・ ・ ・ ヤサシイエンゲイ 京都けえ園芸企画舎 すくーでりあY・A・E 2010 お問い合わせ.

次の