王になった男 ヨジング あらすじ。 ヨジング主演韓国ドラマ「絶対彼氏。」あらすじ感想レビュー *ネタバレなし │ おもろいドラマBLOG♡

「王になった男」ヨ・ジング主演韓国ドラマ 視聴感想|ドラマほびっと

王になった男 ヨジング あらすじ

王になった男 第7話視聴感想(あらすじ含む) まずは視聴率から。 王になった男第7話は8. 375%と、着実に上昇。 月曜日の自己記録を更新しています。 これまでは平和な時が流れていたものの、本物の王イ・ホンが王宮に戻ってきたことで、これまでのことが全てちゃぶ台返しとなりましたね。 王になった男 第7話あらすじ 市場通で出くわすことはなかった本物と偽物。 兄と似た イ・ホンを目にしたことで声を取り戻す タルレ。 タルレは兄を閉じ込めていたのがあの僧侶だと カプスに告げます。 テジクッパプ(豚のクッパ)を食べる ハソンと ソウン。 ソウンは意外にもその歯ごたえを楽しむ。 また、振り向けば互いが見える小さな家に住んでみたいとも。 その後、道を失わないようにと、ハソンに小さな羅針盤を贈るソウン。 ハソンが大殿へ戻ると・・・ 龍袍(ヨンポ:용포)を着た イ・ホンが待ち構えていた。 まさに逆鱗に触れるとはこのことだ。 チャン武官もまた、真偽を見分けられなかったことで殺されそうになる。 必死で庇うハソン。 都承旨(トスンジ:도승지) イ・ギュもイ・ホンの前に連れて行かれる。 ソウンの以前とは全く違う様子も、イ・ホンの怒りを増長させる。 イ・ギュが欲心を持って大同法を再び為そうとしたと指摘するイ・ホン。 そして、その欲心はハソンが王のふりをしたことで起きたと転嫁し、イ・ギュにハソンを殺せと命じる。 殺すまでは行かず、左腕を切ったところで止めるイ・ホン。 けれど、ハソンをトラの餌にするようにと ムヨンに命ずる。 キム尚宮はイ・ホンの耳を見て何かに気づいた様子。 うっかりハソンを殿下と言い続け、イ・ギュに本当の殿下が居るので危険だとの指摘を受ける チョ内官。 尚膳の2階級した正3品堂下です。 トラの餌として、穴に突き落とされるハソン。 合房(ハッパン:합방)単子がタルレの元に運ばれる。 しかも今夜だと。 大妃(テビ:대비)殿と チンピョン君が王を毒殺しようとした心象はあるも確かな証拠がないと、イ・ホンに話すイ・ギュ。 それだけで十分だと、大妃殿に乗り込むハソン。 そこにはチンピョン君もいた。 不孝や不忠という言葉は自分には関係ないと、本当の母でもないのに母親面する大妃に迫るイ・ホン。 シン・チスを復権させ、大同法の扱いも任せると、イ・ホン。 もちろん、シン・チスは大同法など廃止したい。 都承旨を辞すると、イ・ギュ。 必ず戻ってくることになるぞと、イ・ホン。 イ・ホンは ウンシムたちを捉えることで、その予言を現実にする。 何が嬉しさで何が幸せなのだ!私はまだ中殿になにもやってない、なので私がやったことのない嬉しさや幸せごときは今すぐ消しなさい・・・私ははっきりと教えてやる、中殿が本当に誰の女なのかと、イ・ホン。 そして、ソウンのチョゴリの紐を解く。 ハソンが死んだのか確認して証拠に首をもってこいとムヨンに告げていたイ・ホン。 ムヨンが確認しに行くと、ハソンは穴から這い上がり、ムヨンの腕を掴む! 文責:韓国ドラマあらすじ団.

次の

ヨ・ジング主演「王になった男」LaLa TVで7/20よりノーカット&SP番組も放送!あらすじと予告動画

王になった男 ヨジング あらすじ

2020. 9%を記録した時代劇。 暴君イ・ホンと道化師ハソンの1人2役を演じるのはヨ・ジング。 そして、王妃ユ・ソウンを演じるのはイ・セヨン。 ホンとハソンの間を行き来するイ・ギュにユン・ジョンソクが演じる。 王になった男 あらすじ 王であるイ・ホンは前の王で父に疎まれていた。 だが、先王が亡くなり、王になり弟であるユルを殺害した。 しかし、ホンはたばこを好み、狂っていっていた。 ホンはギュに本当に狂う前に方法を見つけるように指示を出した。 ギュはハソンと出会い、ホンに言われたことを現実にした。 そして、ハソンはホンの代役として王になり、ホンは宮殿を出た。 だが、ホンは全く変わらなかった。 代役となったハソンは一度は宮殿を抜け出した。 しかし、妹ダルレがチスの息子イギョムに乱暴されたと知り、 チスの所に乗り込んだ。 ハソンはチスに犬の料金と同じ2両を渡され怒った。 ハソンはダルレの事があり、復讐のために宮殿へ戻った。 「 王になった男-各話あらすじ」はこちらから ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。 見どころポイント このドラマは、イ・ビョンホンが主演映画の「王になった男」のドラマ版。 映画は1千万人と好評であり、ドラマの方も期待が大きい。 ヨ・ジングは王とその代役の1人2役を演じる。 王であるホンの時と、ハソンの時とでは、声の高低まで違いました。 ホンの時は低く、ハソンの時は高く。 まずはこの違いを見てほしい。 次に王妃ユ・ソウン。 ソウンは王であるホンと代役であるハソンの両方から愛される王妃。 だけど、ホンは元々聖君だったが、途中から変わってしまい、心を痛めた。 だが、ハソンに代わり、 ホンではないことに気付かないままハソンを愛してしまう。 そして、ホンではないハソンに気付いた時のソウンの気持ちをしっかりと見てほしいと思います。 どうしたらよいかと悩むソウンだが、自分の気持ちはもう固まっているという演技を すごく上手に表しています。 あとは、周りにいるチョ内官役チャン・グァンや大妃役のチャン・ヨンナム、シン・チス役のクォン・ヘヒョなどの 演技は本当にすごみがあります。 王になった男 評価・レビュー 韓国ドラマ「王になった男」の評価レビュー&感想です。 ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。 映画の方も見ましたが、ドラマの方も大変良かったです。 ヨ・ジングが演じる、王であるイ・ホンと芸人でその日暮らしのハソン。 1人2役という難しい役どころだったとは思いますが、 見事に分けていました。 王であっても弟を殺してしまったホンは、声が低く、気に入らなければ 殺してしまおうという、精神不安定さが目に見えた。 そして、芸人だったけど、ギュによって王の代わりをするようになったハソン。 ハソンは少年のような声を出していて、それでいて、 自分が賤人だったため、ないがしろにされてはダメだと、 民を思いやる王になっていくハソン。 この2人の正反対が本当によかった。 そして、ホンとハソンの両方を支えたイ・ギュ。 最期は志半ばで亡くなってしまうのがおしい人でした。 忘れてはいけないのがチャン武官。 ホンを守っていたのに途中からハソンに代わったことで 自身の心も変わって行ったのだ。 という葛藤もあったけど、 それも乗り越えて、ハソンを王として認めて最期まで 自身の信念を貫いた。 喜怒哀楽がキチンと描かれた時代劇でした。 そして、映画のリメイクドラマだけど、映画にもまけないドラマでした。 王になった男・登場人物 韓国ドラマ「王になった男」のキャスト&主な登場人物一覧です。 主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。 主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。 イ・ホン=ハソン役(ヨ・ジング) 弟を殺害してしまったという罪悪感に苛まれて、精神状態が不安定な王イ・ホン。 ホンにそっくりな芸人ハソン。 ホンはギュに命じてハソンを宮殿へ連れてきた。 ハソンはホンの代わりに王に成り代わる。 イ・ギュ役(キム・サンギョン) 都承旨。 ハソンを見つけホンの為に宮殿へ連れてくる。 自身がしようとしていたことを実現するためにホンを殺害し、 ハソンを王として認める。 ユ・ソウン役(イ・セヨン) ホンの妻で王妃。 ホンが東宮時代に婚姻した。 しかし、王になってからホンとは夫婦関係はうまくいっていなかった。 そして、ハソンが偽物の王だと気付いたが、 ハソンの事を愛した。 シン・チス役(クァン・ヘヒョ) ホンを王とするときに大妃の父親を殺害した。 その後、功臣となり、コソン府院君となる。 チョ内官役(チャン・グァン) ホンに仕える内官だったが、ハソンが来たことによって、 ハソンを本当の王として仕え始める。 チャン・ムヨン武官役(ユン・ジョンソク) ホンを守る護衛武士。 途中まで守っていた王がハソンだとは気づかなかった。 ホンに言われ、ハソンを殺害しようとするが、 ハソンに惹かれていた自分に気づき、ハソンを守るようになる。 王になった男 基本情報 放送局:tvN 韓国放送開始日:2019年1月 話数:全16話 平均視聴率:10.

次の

王になった男キャストや相関図★あらすじをご紹介/韓国ドラマ|韓国ドラマmania

王になった男 ヨジング あらすじ

【チョ内官役役】チャン・グァン 王に付き従う内官。 ハソンの見張り役。 【チャン・ムヨン役】ユン・ジョンソク 王の護衛武士。 【シン・チス役】クォン・へヒョ 左議政 チャウィジョン。 更なる権力を得るために王を陥れようとする画策している。 2012年イ・ビョンホン主演により観客動員数1,200万人超えの大ヒットとなった映画「王になった男」をテレビドラマ化! 平均点視聴率8. 主演は、子役時代から活躍し今や主演俳優として引っ張りだこのヨ・ジングさんと、同じく子役出身で近年はヒット作に多数出演しているイ・セヨンさん。 お互いに子役時代から多数の時代劇への出演経験があり高い演技力を披露しているのですが、本作でのヨ・ジングさんは心を病んだ暴君と正義感の強い道化師の二役を演じていて、自身が選んだ影武者に嫉妬してしまう王という複雑な役柄を見事に演じ、俳優としての更なる進化を見せてくれています。 助演陣にも演技派が多く、最初はハソンを利用し監視していたイ・ギュとチョ内官役のキム・サンギョンさんとチャン・グァンさんをはじめ、根っからの悪役は初めてというクォン・ヘヒョさんに、もう一人の悪役である大妃役のチャン・ヨンナムさんなど。 この他にも、キム・ヒウォン監督との縁でチャン・ヒョクさんが王の父親役で特別出演していたりと豪華なキャスティングとなっています。 この他にもソン・シギョン、オ・ヨンジュン、アン・イェウンなどのアーティストが参加しています。 スポンサーリンク 王になった男【韓国ドラマ】あらすじ 生まれると同時に母を亡くし、王である父からも愛されずに育ってきたイ・ホン(ヨジング)は、若くして王位に就くと反対勢力を制圧し暴君として君臨していました。 しかし、自身が暗殺されてしまうのではないかという不安から人間不信に陥り心を病んでいきます。 そんな中で王の側近であるイ・ギュ(キムサンギョン)は、王の身を守るために見た目が王とそっくりな道化師のハソンを影武者にし、政敵である左議政シン・チス(クォンヘヒョ)や大妃らから王を守ることを思い付きます。 影武者として王宮で暮らすことになったハソン(ヨジング)でしたが、身の危険を感じ一度は王宮から逃げ出してしまいます。 しかし、ハソンの妹ダルレ(シンスヨン)を傷付けた者への復讐心から王宮へ残る道を選ぶのでした。 一方、王妃ユ・ソウン(イセヨン)は王の突然の変化に驚き、ハソンと入れ替わったこととは露知らず次第に惹かれていくのですが・・・。 若くして王位に就いたものの誰も信じられず狂気へと走ってしまった王と、ひょんなことから王の身代わりとなり善政をしく道化師。 王の変化に喜ぶものもいれば、あまりの変わりようにあやしむ者がいたり、影武者に据えた者や本来の王が警戒し出すようになったりと、二人が入れ替わったことで様々なドラマを引き起こすことになります。 王という立場にいる人間が王に相応しくなっていくのか、それとも王に相応しい人間が王になるべきなのか、影武者であるハソンが王らしい行いをすることで周りも巻き込み、そして信頼を勝ち得ていきます。 本作は、オリジナルである映画の本筋を活かしつつも、そこに細かなエピソードや追加のキャラクターなどが盛り込まれていて全体的なストーリーは大きく変わっています。 映画だと15日間だけ影武者となるところ、ドラマだとそうではないというのも大きな違いですね。 基本は王宮内での政治ドラマであったり、王の影武者となった男がどうにかして世の中を良くしようと奮闘するものなんですが、そこに妹を傷付けた者への復讐といったものや、影武者に嫉妬する王や、王を陥れようとする権力者との対立なども描かれていて、映画版以上の広がりを見せています。 更には影武者に惹かれる王妃との恋愛模様や、王妃に嫉妬する側室の存在などもあり、ラブロマンスとしても楽しむことが出来ます。 映画版を見ていないと疑問や違和感が残ることがあるので、映画版を先に見てドラマを視聴することをおすすめします! スポンサーリンク 王になった男【韓国ドラマ】感想・評価 正直に言うと、シンプルで言いたいことがストレートに伝わってくる映画版の方が好みではありましたが、このドラマ版はまた別物として楽しむことが出来ました。 特に主人公がかなり若返っているのでその分若者でも取っつきやすくなっていますし、まったくタイプの違う二人のキャラクターを一人で演じたヨ・ジングさんの演技力も素晴らしいものでした。 映画とは違いドラマでは架空の人物と時代設定にしているので、登場人物の結末が予想出来ず楽しめるというのもポイントでしたね。 歴史上の人物だと最後にどうなるのかを知っているという意味で。 そういうこともあり、王と影武者の入れ替わりや多少の設定が活かされている他は全てドラマオリジナルとなっているので、当初は映画と見比べるところがあるものの、それ以降は新鮮な気持ちで見ることが出来ました。 変にオリジナルに寄せると、それはそれで違いが気になったり変えないで欲しかったというクレームなども出ると思うので、名作を思い切って変えてきたというのは正解ですね! しかし、話が長くなっている分ストーリーも複雑になっていて、映画と較べると分かりにくいところもあります。 ただ、その分キャラクターが増え映画版よりも人間ドラマとしての広がりを堪能することが出来ました。 本作のみどころの一つである騙し騙されの反転劇はそれはそれで楽しいのですが、そういった作品が多くなってきた今ではあまり驚きがなく、この後何かあるだろうなぁと予想がついてしまうというのは考えもの。 最終回は? 最終回についても賛否両論あったようで、ここまで散々二転三転してきたんだから、最後くらいは分かりやすく締め括って欲しかったですね。 まとめ:映画版を見てからの方が理解度が深まりますが、展開や結末も違うので別物として楽しむべき作品!反転劇に期待して見るのか、それともやり過ぎだとして見るのかで評価が割れると思います。 最後に 「仮面の王イ・ソン」や「100日の朗君様」など、近年ヒットした時代劇は若手俳優が主演で、子役出身俳優が多く出演している点も共通しています。 これらには、昔ながらの韓国時代劇要素もありながら、若者視聴者向けのラブロマンスがあるのも共通していて、本作もそれらと同タイプの作品だと言えます。 なので、これらの作品が好きな人は本作も同様に楽しめると思うんですが、悪く言うなら似た設定や展開が多い斬新さを欠いた作品とも言えますね。

次の