窓口 アクリル 板。 【注文1.5万超!高品質、飲食店カウンター用も新発売】飛沫感染防止アクリル板「安心ガード」!

アクリル対面パーテーション ss900 アクリル板 横幅サイズオーダー 衝立 受付 接客 窓口 飛沫対策 コロナ パーティション 90センチ×60センチ :sikiri

窓口 アクリル 板

「アクリル板ってコロナ対策になるの?」 「使ってみたいけどまとめて買うと結構高そう・・・」 コロナ対策としてアクリル板の設置を検討していると、こんな疑問が出てきますよね。 いろいろな場所でアクリル板を見かけるようになりましたが、「うちの会社(お店)にも必要なのかな?」とお悩みの方は多いでしょう。 そんな方のために、当ページでは アクリル板の効果、使い方、お得に購入する方法をご紹介します! 記事を読んでいただければ、アクリル板を買うかどうか決める時の参考にしていただけますよ。 また、 アクリル板を使う時によくある問題の解決策、アクリル板を自作する方法もご紹介していますので、ぜひご確認ください! アクリル板はコロナ対策に効果があるの? 厚生労働省の発表によると、新型コロナウィルスの感染経路は飛沫感染と接触感染のいずれかです。 飛沫の飛散をブロックするにはマスクの着用が基本ですが、アクリル板を人と人との間に仕切りとして置けば、さらに 飛沫をブロックできます。 以上の理由でアクリル板の導入が急速に進んでおり、特に至近距離での対面接客が必要な業種では必需品となっています。 接客業の場合、万が一マスクをしていないお客さんがいても「マスクを付けてください」とは言いにくいもの。 でも、アクリル板を置いておけばお客さんも働く人も安心です。 顔より低いアクリル板だと効果が小さい アクリル板は、銀行・役所・病院・薬局の窓口、スーパー・コンビニのレジ、オフィスのパーテーションなど、幅広いシーンで使われています。 出典: また、一般的なアクリル板はパネル部分の下に空間があるので、ネイルサロンでの導入も進んでいるようです。 当店では次亜塩素酸水での空間除菌 消毒用アルコールでの手指消毒などをさせて頂いておりますが、飛沫感染防止の為、お客様とネイリストの間に 【アクリル板】を設置しました! 安心安全に努めてまいります。 サイズを指定しての注文が可能なので、設置したい場所にピッタリの大きさにできる点も喜ばれているようです。 ここまではアクリル板の特徴や使い方について解説しました。 店まで買いに行く手間が不要• 在庫切れの心配がない• まとめて買うと安くなる ネットなら買いに行く手間と時間がいりませんし、買いに行ったのに売り切れている心配もありません。 また、まとめて買うと単価が安くなるので、会社やお店でアクリル板を買うならお得です! 今後はコロナと共存する社会になるため、感染予防対策をおろそかにしていると、お客さんが離れるリスクが高くなるでしょう。 アクリル板の導入は、今や 企業にとって当たり前になりつつあります。 この機会に、あなたの会社やお店でも導入を検討されてはいかがでしょうか? 「アクリル板を置くと声が聞こえにくい」の対処法.

次の

コロナ対策アクリル板|オフィス・受付、ホテルや飲食店の新型コロナウイルス飛沫防止|店舗家具ショップ

窓口 アクリル 板

写真:オーダーメイド(主にグループミーティング、飲食用途) 飛沫対策アクリル透明パーティション、オーダーメイド&規格品 【 目次 】 規格品とオーダーメイド、製作販売いたします 当社はオーダーメイドで製作することが多く、過去には宝くじ売り場の窓口、刑務所の面会室のスクリーン、近年は病院の窓口などをご依頼いただいています。 飛沫対策としてはクリニック様、飲食店様、学習塾様、オフィス関係からのお問い合わせが多くなっています。 この度は長期的に使えるようにカウンターや建具に合わせて製作するオーダーメイドのご要望のお客様と、収束までの一時的な使用を想定した緊急性重視の規格品をご要望のお客様の両方にお応えいたします。 写真:規格品(主に対面受付、窓口用途) 材料について 透明プラスチックは4種類あり、それぞれに特徴があります。 (磨いた部分はアルコール消毒等でヒビ割れのおそれがあるため) 次に実際の100mm角のサンプルで透明度の比較を比較しました。 透明度の高さは、アクリル>PET>ポリカーボネート>塩ビの順です。 アクリルは割れやすいというデメリットがありますが、透明度が高いことからパーティションとして最もよく使われます。 割れやすさは材料の厚みを増やすことである程度はカバー出来ます。 数百枚、数千枚など数量が多い場合はアクリルやPETの生産が追いつかないことから、塩ビを使用される場合も増えております。 透明度で妥協できましたら価格や割れにくさ、耐溶剤性、耐燃焼性などアクリルよりメリットがあり、バランスのよい材料です。 外観よりも防犯や落下が想定される場所など強度を重視する場合はポリカーボネートが使われます。 アクリル以外は磨き加工をしてもほとんど艶が出ません。 規格品はアクリルとポリカーボネートのみ価格を設定してあります。 それ以外をご要望の場合はご相談下さい。 また、オーダーメイドの場合は全ての材料で対応可能です。 オーダーメイドの場合 簡易的な設置ではなく、既存のカウンターやデスクに合わせた形状で取り付けられる場合、規格にないサイズや材質の場合はオーダーメイドで製作いたします。 寸法や形状について、ご連絡くださいましたらお見積もりいたします。 例として次の形状がございます。 その他の形状も対応出来ます。 窓の形状や分割などオーダーメイドですので自由に設定出来ます。 オーダーメイドの場合のご注文について 個人事業者様を含む法人様のみのお取引になります。 お支払い方法についてはお見積もりの際にご連絡申し上げます。 価格について 価格を左右しやすい要素が3点あります。 分割式にするなど、構造を変更することで輸送中の破損の防止になりますのでコストを抑えることが出来ます。 また、ポリカーボネートは割れにくい材質のですので梱包コストを下げることが出来ます。 新規に作るとR曲げ治具費32,000~48,000円ほどになります。 図1の場合は半径150または300mmの場合のみ弊社手持ちのR曲げ治具を使用し、治具の改造費のみで済みますのでコストは減ります。 逆に規格サイズよりちょっと大きい場合はより大きい規格サイズを使用しますので材料コストが上がります。 透明パーティションは材料コストが金額の大部分を占めますので、もしサイズに変更が出来るのであれば調整することで金額を下げるコトが出来ます。 例えばアクリルの場合の規格サイズは主に次の3種類です。 オーダーメイドの金額を下げる方法をご提案できますのでご相談下さい。 納期について オーダーメイドの場合は受注後、製作開始しますが平日(稼働日)5~10日間ほどで出荷します。 数量が多い場合はさらに時間がかかる場合があります。 オーダーメイドのご注文方法について 下記フォームから住所、社名、ご担当者様等ご記入いただき、「お問い合わせ、お見積もり内容」にご依頼の内容をご記入下さい。 送り先が住所と違う場合は送り先を記入ください。 オーダーメイドまで必要ない場合は、この規格寸法からご選択ください。 また、寸法にないものも製作しますのでお気軽にご相談ください。 弊社は受注してから製作しているので規格と違う寸法だからといって割高になることはございません。 一般サイズ卓上型パーティション こちらは一般的な寸法の卓上に置いて使用するタイプです。 幅600mmから1200mm、高さ450mmから660mmほど一般的な対面用卓上型のパーティションです。 材質はアクリルとポリカーボネートの2種類の価格設定があります。 大型卓上タイプパーティション 受付窓口や学習塾など立っている人と座っている人との応対で高さが欲しい場合、横にも仕切りが欲しい場合などのご要望が多い大型の卓上タイプのパーティションです。 大型のため、強度のある厚み5mmを使用してあります。 運びやすくするため、しまいやすくするために組立式になっています。 幅1100mmから1800mm、高さ700mm~1100mmまで1mm単位で自由に指定できます。 大型等身大パーティション 講演や司会業など立ってお話される場合などに使われることが多い等身大の大型パーティションです。 幅900mm高さ1800mmサイズ、幅1000mm高さ2000mmサイズの2種類を設定してあります。 これ以外の寸法でも製作出来ますのでお気軽にご相談ください。 アクリルの厚みはしなりを抑えるために10mmを使用してあります。 スタンドは安定性と強度と視認性を確保するために透明素材ではなく木製です。 その他 その他、お手入れ方法やアクリル板の割れやすさの対策の説明です。 お時間ありましたらお読み下さい。

次の

【楽天市場】アクリルパーテーション 90センチ×60センチ 対面式 ss900 アクリル板 サイズオーダー 数量割引衝立 パーテーション 受付 接客 窓口 飛沫感染 パーティション 飛沫防止 デスク 仕切り 飛沫対策 オフィス カウンター コロナ インフルエンザ ウィルス対策(アクリル板・ケース とうめい館)

窓口 アクリル 板

世界的流行となっているコロナウィルスの飛沫感染予防として、アクリル板の導入が拡大しております。 オフィス内や会議室、飲食店や銀行・病院・郵便局などの受付窓口に工事不要で簡単に設置できるアクリル板を販売しております。 サイズはオーダーメイドで対応しており、開口カスタマイズやコの字型などの形状カスタマイズも可能です。 注文は、1枚から受け付けております。 お見積りと納期をすぐにご連絡いたします。 足には差し込むのためのスリットが入っています• お気軽にご相談下さい。 ビニールフィルムから変更したいといったお声もいただいております。 A サイズ及び枚数によって納期は異なります。 納期が知りたい方は上記の見積依頼書をご記入の上、お送りください。 担当よりご回答いたします。 Q 支払い方法はどうなりますか。 A 商品に同梱しております請求書にて振り込みをお願いしております。 申し訳ございませんが、クレジットカード支払い等にはご対応しておりません。 Q アクリルの厚みは何㎜ですか。 A 3㎜の透明アクリルを使用しております。 Q 窓有りと窓無しでお値段が変わりますか。 A はい。 大量発注にもご対応できる生産体制がございます。 また、1枚からのご注文も承っておりますのでお気軽にご注文ください。 デスク専用アクリルパーテーション• 車両専用アクリルパーテーション• 6枚セットでお求めやすく!アクリルパーテーション 6枚セット販売• クリニック• 人材紹介会社• 歯科医院• 広島県 府中市役所• 広島県 府中市役所• 税理士事務所• 来客用テーブル• 整形外科• 農産物直売所• 歯科医院• 眼科クリニック• 府中市の看板製作会社「タテイシ広美社」は、特殊な機械を使って材料を裁断している技術を応用して、先月からアクリル板の加工を始めました。 アクリル板は、窓口で物を受け渡すため一部が切り取られているものや、レジで使うため天井からつるすものなど、使う場所や用途に合わせて大きさや形を調整しています。 今月に入って全国の医療機関や自治体などからあわせて1万6000個余りの注文があったということで、従業員30人の態勢で対応していて、より早く届けようと急ピッチで作業にあたっていました。 「タテイシ広美社」の立石良典社長は「マスクが不足するなか、飛まつ感染を防ぐためにもさまざまなところで活用してほしい」と話していました。 【産業栽培メディア コロンブス】 コロンブス 6月号掲載記事 ㈱タテイシ広美社 「飛沫感染予防アクリル板」を開発 オーダーメイドにも迅速対応 新型コロナウイルス感染拡大を背景に、緊急事態宣言が7都道府県を対象に出されたのが、4月7日 4月16日には対象地域を全国へ拡大。 と同時に、政府は国民に不要不急の外出の自粛を要請し、3密 密集・密接・密閉 を避け、ソーシャルディスタンス 2メートル以上の間隔を空ける を保つように呼びかけた。 こうした状況下にあって、よく見かけるようになったのが、感染予防対策として店舗、銀行、郵便局、医療施設などの受付窓口にある透明のパーティションやビニールのカーテン仕切りだ。 広島県の看板製作会社の㈱タテイシ広美社は「コロナウイルス飛沫感染予防アクリル板」をいちはやく開発・商品化し、見事にコロナショックの窮地を乗り切っている。 同社の創業は1977年、2代目の立石良典社長によると、当初は町の手描き看板屋だったという。 そして、「近年は看板製作のデジタル化を推進し、屋外内の広告、大型看板、LED電工掲示板サインボードなどを手掛けるようになり、全国のスポーツ競技場やイベント会場、高速道路などにも納品している。 今の仕事は看板屋プラス情報伝達業といった感じだ」と話す。 ところが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、大型国際競技大会などの延期・中止が相つぎ、製造ラインと原料に余裕が生じるようになってしまった。 そこで、立石社長は「このままでは売り上げが激減してしまう」と一念発起、3月半ばからアクリル製の仕切り板の開発に着手し、板の形、サイズ、窓の大きさなどに改良を加え、3月末にはコロナウイルス感染予防アクリルを完成させた。 「圧迫感のない高い透明度と置くだけで簡単に設置できること、物の受け渡しスペース 窓 があることなどにこだわった。 また、アクリル板を立てる付属のスタンドには滑り止めがついているため安全性も高いし、サイズや形状 受け渡しスペースの有無など は環境に合わせてオーダーメイド対応している」と胸を張る。 その評判は、上々で、口コミやマスメディアで話題となり、販売開始からほどなくして全国の医療機関や自治体などからの注文が殺到。 4月に入って2万件近い受注があり、現在もフル稼働で対応している」という。 ちなみに、このアクリル製の仕切り板づくりは同社のお家芸、「国内最大級のレーザー加工機を持っていたから対応できた」と話す。 非常事態宣言は5月14日の時点で東京など8都道府県を残して39の県で解除されたが、これから先も感染拡大対策は必要になる。 それだけにコロナウイルス飛沫感染予防アクリル板のニーズはまだまだ拡大していきそうだ。 発注から最短2日で発送する。 大手チェーンストアや金融機関、関東の都市部の病院などからの注文が相次いでいるという。 同社はアクリル板を使った表示灯や案内看板などを手掛けており、11年に導入した大型アクリルレーザー加工機で、受注に合わせ様々なオンデマンド対応も行ってきた。 現在新型コロナウィルス感染症対策として、飛沫感染を防ぐためにマスクをするよう呼びかけられているが、品薄で入手しにくかったり、息苦しくて話しづらかったり、互いの顔が見えにくくて不安になったりと、マスクに変わる予防アイテムが求められている。 そうした需要に応えようと、同商品を開発した。 透明のアクリル板(厚さ3㎜)を使用。 サイズは他にもあり、自由にカスタマイズすることもできる(大きさに合わせて別途料金)。 板の下部に窓を開けるなどの特注も対応できる。 常タイプは自立スタンドをつけるが、耐震ジェルや転倒防止ワイヤーなどの設置もオプションで請負う。 立石社長(42)の話「飛沫感染防止に役立ち、互いの安心感にもつながる商品です。 社内や飲食店内でも様々な場所に簡単に置けますので、お気軽にご用命下さい」 【中国新聞】 中国新聞 2020年4月21日掲載記事 飛沫感染防ぐ透明アクリル板 府中の看板製作会社発売 納期短くオーダーメイド 看板製作などのタテイシ広美社(府中市)が、せきやくしゃみなどの飛沫による新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ透明アクリル板を売り出した。 看板づくりの技術を生かし、受付や会議用に開発。 想定を大きく上回る1万6千個の注文が全国から届いている。 アクリル板は、平板と3面を覆うタイプの2種類で計6サイズ。 大型レーザーを使い、アクリル板をサインボードや間仕切りに加工していた技術を応用した。 高さや幅、形状は注文にも応じる。 スタンド付きで取り付け工事は不要。 3月中旬、取引先から依頼を受けて開発。 納期が比較的短く、オーダーメイドのため口コミで広がり、全国の金融機関や医療機関、自治体、飲食店などから注文が舞い込んだ。 立石良典社長(42)は「マスク不足の中、休むわけにはいかない事業者も多いと聞く。 感染防止と事業継続を支えるため、できるだけ早く広くいき渡らせたい」と話す。 価格は4950円(高さ55センチ、幅60センチ)から。 同社は広告看板やパーテーション用のアクリル板を切断する大型のレーザー加工機を保有。 新型コロナウイルスの感染拡大で余裕が生まれた製造ラインを使い、得意先からの要望に応えて仕切り板を製作したところ、口コミで評判が広まった。 仕切り板は厚さ3mm、1枚板で自立スタンド付きの通常型と、側面も保護できるコの字型の2種類。 いずれも簡単に設置できる。 幅60㎝の通常型は4500円、幅45㎝で奥行き35㎝のコの字型は1万円 いずれも高さ55㎝。 価格は税抜き、送料別。 大きさや形状は要望に応じて変更できる。 文字や図案を配置したり、小窓を取り付けたりといった加工にも対応する。 同社の立石良典代表取締役社長は「需要は新型コロナウイルス感染対策が引き金となったが、飲食店などにはデザイン性のあるパーテーションのニーズがある。 地元企業として、感染予防に貢献できれば」と話している。 【読売新聞】 アクリル板 飛沫感染防ぐ 読売新聞 2020年4月9日掲載記事 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、看板などを製作している「タテイシ広美社」 本社・府中市 が、人の間に置いて飛沫感染を防ぐアクリル板の販売を始めた。 企業や病院の受付担当者から飛沫感染の不安が出ているといい、3月下旬に取引先から「ついたてのようなものを作れないか」と相談があった。 同社はアクリル看板も数多く手がけており、ノウハウを生かして完成させた。 受付や会議のほか、飲食店の接客などでの使用を想定。 大きさや形はオーダーできる。 平面の通常型とコの字形の2種類で、企業のロゴやメッセージ、飾りなどを付けて柔らかい印象に仕上げることもできる。 参考価格は、幅60センチ、高さ55センチの通常型で4500円、コの字形で1万3000円 いずれも税抜き など。 立石良典社長は「感染拡大で厳しい状況の中、安全な職務環境づくりを通して地域貢献ができれば」と話している。

次の