シティー ハンター 実写。 映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』公式サイト

シティーハンターが実写化?面白いの?ツイッターの評判や口コミを調査!|ドラマや映画の無料フル動画【横坂さんのConcerto】

シティー ハンター 実写

氏の不朽の名作漫画『シティーハンター』をフランスで実写映画化し、今年2月6日に公開されると、フランスだけで168万人を動員し社会現象になった『NICKY LARSON(ニッキー・ラーソン)』(原題)が、『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』の邦題で、11月に日本で公開されることが決定した。 日本版ティザービジュアル&特報映像が解禁。 特報は、の名曲「Get Wild」をバックに? と香の2人の姿が映り、最後の銃を放つシーンに期待膨らむ仕上がりになっている。 『シティーハンター』は、原作は1985年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載がスタート。 87年にテレビアニメの放送がスタートし、シリーズ全140話、スペシャル作品3作、劇場版3作が製作され、99年のテレビスペシャルから20年ぶりとなるアニメ映画『劇場版シティーハンター 』が、今年2月8日に公開されると、公開4日間で32万人以上を動員し、興収15億超えの大ヒットを記録した。 新たな世代を巻き込み、いまもなお人気を誇っている。 80年代に日本で大ヒットした原作コミックとアニメは、その後ヨーロッパに渡り、フランスでは『クラブ・ドロテ』(1987〜97年)というテレビエンタメ番組の中で『NICKY LARSON』のタイトルで放送され、大人気に。 フランス実写版の監督&主演を務めたフィリップ・ラショーは、1980年生まれの38歳。 小学生のときに、この番組を観て、『シティーハンター』と『ドラゴンボールZ』を大好きになったという。 ラショー監督は、企画書・プロットに直筆の手紙を添え、北条氏の事務所に送付、そのプロットを北条氏が気に入り、その後、脚本を携えラショー監督が来日、映画化の許諾を得た。 本作の製作発表ニュースが流れた際、「大丈夫…なのか!? 」とファンの間には不安の声が駆け巡った。 しかし、ポスタービジュアルや予告編が公開されはじめると、そのクオリティと"冴羽? 北条氏は、パリで開かれたコミコンで、公開前のトークイベントに参加、いち早く鑑賞した北条氏の「これぞシティーハンター!」との太鼓判に、さらに期待が膨らんでいた。 フランスで公開されると2週間で観客動員100万人を突破。 そのニュースは日本でも話題となり、日本公開を求める声が加速。 満を持して日本逆上陸の運びとなった。 日本での公開決定をラショー監督は「ようやく日本の権利元と連絡がつき、18ヶ月かけて書いた脚本を持って北条先生に会いに行き、その48時間後にOKがでたんだ。 北条先生から、脚本が原作に忠実で、このストーリーは原作にも入れたかったと言ってもらった。 最高の褒め言葉で、天にも昇る気持ちだったよ! その時のことを考えると、こんなにも早く日本の皆さんに観てもらえる日がやってくるなんて! お手柔らかに!」と日本の観客へコメントを送っている。 フランス実写版に「こういう手法で冴羽? 大変うれしく思います。 監督の愛が詰まった、ワクワク、ドキドキするアクションコメディー映画となっています。 『シティーハンター』を応援してくれる方にはぜひご覧いただきたいです」と公開を喜ぶコメントを寄せている。 ラショー監督は、コメディ映画『世界の果てまでヒャッハー!』(16年)が、フランスで超特大の大ヒット。 ホットな注目を集めているフランス・エンタメ界の新世代クリエーター。 ラショー監督は「まずは原作に極力忠実であること。 その上で、シティーハンターの世界観と自分のユーモアを融合させた、現代的なアクションコメディを作ることを心がけた」と語っている。

次の

劇場版『シティーハンター』に対する海外の反応「Get Wildは反則」

シティー ハンター 実写

ついに公開が決定しました!! フランス映画の「シティーハンター実写版」、正式タイトルは『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』が日本で11月に公開されます。 上の動画は日本版の予告編です。 フランスに住んでいる私、実はすでにフランス語版の本作『NICKY LARSON et le parfum de Cupidon(ニッキー・ラーソン・エ・ルパルファン・ド・キュピドン)』を2019年の春に観ています。 本邦公開されると聞いてとても嬉しい! この作品、フランス映画だけにフランス人しか知らないニッチなネタもあります。 漫画の発表期間:1985年~1991年 アニメの公開期間:1987年4月6日 - 1988年3月28日 ヨーロッパのフランスでも「シティーハンター」のアニメは日本より少し遅れて放送されていたので 1980~90年代のフランスの子供たちに「シティーハンター」は大人気。 それから30年の時を経て、当時子供だった現在のフランス人俳優・兼監督フィリップ・ラショーが、 長年の夢をかなえてシティーハンターの実写版を制作したのです。 「シティーハンター実写版」のキャスト フィリップ・ラショー(Philippe Lacheau) フィリップ・ラショーはフランスのコメディ俳優・映画監督です。 「シティーハンター実写版」では、監督をしながら、主演の冴羽リョウ役(フランス語ではニッキー・ラーソン)を演じました。 Rdv le 31 juillet au cinoche 🐶 — PhilippeLacheau Fifi PhilippeLacheau• 生年月日:1967年7月1日生まれ(52歳)• 主な出演作品:テレビドラマ『ベイウォッチ』 もともとはPLAYBOY誌のプレイメイトで人気だったモデル。 1992年に始まったテレビドラマシリーズ『ベイウォッチ』で人気を博したブロンド女優です。 「シティーハンター実写版」あらすじ(ネタバレなし) 映画のテーマは「香り」 以下、ネタバレ含みません。 冴羽リョウは宿敵・海坊主と戦っていますが、まだ決着はつきません。 そんなある日、冴羽リョウのところに、あるクライアントが登場。 そのクライアントが持っていたのは「キューピッドの香水」という薬。 この香りをかいだ人間は、最初に見た人をとんでもなく好きになってしまう、という効き目があるといいます。 しかし、その薬を狙う者が現れ・・・。 という展開です。 ラショー本人はアクション俳優じゃないので、かなり頑張ったはず。 「Get Wild」「FOOT STEPS」など、おなじみの音楽たくさん シティーハンターファンなら絶対聞きたいアニメソングの名曲も、映画内で出てきます!• 『キャプテン翼』• 『アタッカーYOU』• 『聖闘士星矢』• 『ハイスクール奇面組』• 『北斗の拳』• 『ドラゴンボール』• 『らんま2分の1』 いま思い出せるだけでも、上記の漫画やアニメに関係する小ネタが散りばめられているので、 マンガ好きな人は飽きないと思いますよ~。 これは主演・監督のラショー本人が大の日本アニメ好きだから。 その情熱を自身の映画に盛り込んだのですね。 誰と観るのがおすすめ? やっぱりマンガやアニメ「シティーハンター」をリアルに知っている 30代・40代・50代ならシティーハンターの世界観に浸れて楽しく観れると思います! シティーハンターを全然知らない世代でも、それなりに面白いと思いますが、 裏の意味が分からなくてちょっともったいないかも。 あとは結構下ネタ系もちょこちょこ出てくるので、 お付き合いしていないカップルだと相手を選ぶかもしれません・・笑。 フランス独自のネタが分かるともっと面白い なぜ今更日本のアニメをフランスでリバイバル? 80年代から90年代にかけて、フランスの国営TV局「TF1」は、日本のアニメをたくさん買い取りました。 当時のフランスには日本のアニメ文化が存在しなかったので、子どもたちはたちまち魅了されました。 現在の40代、30代のフランス人はこのアニメ放送を観て育っているので、同時に日本文化も人気になってきているという背景があります。 もちろんこの 「シティーハンター実写版」はフランス本国で168万人の動員数となり、公開当時もすごく話題でした。 なぜパメラ・アンダーソン起用なのか 90年代に大ヒットしたアメリカのテレビドラマ『ベイウォッチ』。 スタイル抜群のパメラ・アンダーソンが水着姿で海辺を走り回るセクシーさで一躍人気になりました。 Baywatch: The Documentary is coming — featuring Pamela Anderson and The Hoff — Digital Spy digitalspy フランスでも90年代に『ベイウォッチ』が放送され、当時のフランスの子供やティーンエイジャーにとって セクシーなパメラ・アンダーソンは大人気で話題だったようです。 フランスで先に観た感想(ネタバレあり) 以下、 ネタバレ含みます。 ネタバレを知りたくない方は、まとめに飛んでくださいね。 面白い?がっかり? アラフォーの私(女性)はかなり面白く観れました! 以前、ドラゴンボールの実写版を観て相当がっかりしたんですが、このフィリップ・ラショーの映画は以前に2本も観ていてとっても面白かったので 期待していたらやっぱり大当たりという感じです。 ただ、ギャグがちょっとエグいので、好き嫌いは分かれるかもしれません。 下ネタ系はどうなの シティーハンターと言えば「もっこり」の表現がありますよね、 あれは映画で一体どう表現するんだろうと思っていましたが、 こちらはスルー。 全然そんなシーンはありませんでした。 なぜなら、フランス放送のアニメ版シティーハンターでは「もっこり」という表現は存在していなかったので、「もっこり」と聞いてもフランス人的にはハテナ?なんです。 でもその代わりに、「ミスターもっこり」氏という人が出てきます! 冒頭のシーンに冴羽リョウと海坊主の戦いがあるんですが、この中年男性「もっこり」氏の下半身があらわになるシーンがありまして。。 これ、30代の乙女にはかなり衝撃的な映像でした。 笑 フランス放映の映画では丸見えだったので、日本公開だと多分モザイク入ると思うんですが笑、果たしてどうなるんでしょうか。 まとめ(ネタバレなし) シティーハンターの漫画やアニメを見たことがある人なら絶対面白いと思えるはず。

次の

『シティーハンター』実写版が観客の絶賛を呼ぶ「3つ」の見どころ!

シティー ハンター 実写

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 日本では同年に劇場公開された。 原作はの。 キャッチコピーは「 この手があったか!冴羽獠、最大の危機! by北条司」。 概要 [ ] の漫画『』を、の監督・脚本・主演によって映画化した作品。 フィリップは小学生の頃から『シティーハンター』の大ファンであり、権利元である北条の事務所へ実写版の企画書・プロットを直筆の手紙と共に送ったところ、それが気に入られたことから、今度は18か月をかけて書いた脚本を携えて来日し、映画化を快諾されたという。 また、フィリップは同じくファンである『』の実写化映画『』の辛辣な評価を見て、ファンを失望させないよう「原作に可能な限り忠実であること」を目指したという(ただし、一部の漫画独特な表現は抑えられている)。 大変うれしく思います。 監督の愛が詰まった、ワクワク、ドキドキするアクションコメディ映画となっています。 シティーハンターを応援してくれる方には是非ご覧いただきたいです」とコメントしている。 『シティーハンター』の劇場作品としては、先述の劇場アニメ版に次ぐもので、1年に『シティーハンター』の映画が2本公開されるのはベイシティーウォーズ、百万ドルの陰謀の2本立てがあった1990年以来29年ぶりとなる。 フランスでは公開から2週間で観客動員100万人を突破した。 また、日本では公開前から主要キャラクターの忠実な再現度などが話題になっている。 日本語吹き替え版でのとについては、アニメ版で担当したとから、とに変更されている。 これは、神谷が「今回は実写作品の獠である」という理由で辞退し 、その代わりとしてテレビアニメ版のレギュラー として出演経験がある山寺に獠役のオファーが来たことによるもので、山寺は当初固辞したものの、神谷からの後押しと「他の誰かがやるなら」という思いから決意したという経緯がある。 これに合わせる形で神谷と伊倉の後押しにより、沢城が香役に選ばれることになった。 神谷と伊倉は、スペシャルゲストとして別役で出演する ほか、海坊主は、槇村秀幸は、野上冴子はとオリジナルキャストがそのまま起用されている。 日本人ファンに向けてのオマージュ・リスペクト満載の当作品だが、本国フランス向けのサービスとして、フランスでのアニメ放映時に冴羽獠(ニッキー・ラーソン)の吹き替えを演じた声優(Vincent Ropion)がジャーナリスト役でカメオ出演している。 なお、日本向けの特報にはテレビアニメ版のエンディングテーマ「」が使用されている。 ストーリー [ ] は、探偵、ボディーガード、殺しを請け負う(掃除屋)、通称「」として相棒のと共に法では解決することのできない様々な依頼を受けている。 しかし、裏社会ナンバーワンの腕をもつ獠には無類の女好きという欠点を抱えていた。 特に、美人にはめっぽう弱く、しばしば香に「天誅」を加えられる。 ある日、獠はその香りを嗅いだ者を魅了する「キューピッドの香水」を警護する依頼を受ける。 しかし、何者かに一瞬のすきをつかれ香水の入った鞄が奪われてしまった。 香水の効果を試していた獠と香は、香水の効果が永遠に消えなくなる48時間後までに香水の奪還を強いられることになる。 (ニッキー・ラルソン) - ()• (ローラ・マルコーニ) - ()• (マンモス) - カメル・ゴンフー()• (トニー・マルコーニ) - ()• (エレーヌ・ランベルティ) - ソフィー・モーゼル()• パンチョ - ()()• ジルベール・スキッピー - ()()• ドミニク・ルテリエ - ()()• ジェシカ・フォックス - () スタッフ [ ]• 監督 -• 製作 - ()、 ()• 原作 - 『』• 脚本 - フィリップ・ラショー、ピエール・ラショー、 ()、ピエール・デュダン• 撮影 - ヴァンサン・リシャール• 美術 - サミュエル・テッセール• 衣装 - クレア・ラカズ• 編集 - アントワーヌ・ヴァレイユ• 音楽 - マキシム・デプレ、ミカエル・トルディマン 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2019年9月19日. 2019年9月19日閲覧。 2019年8月19日閲覧。 2019年8月19日閲覧。 2019年8月19日閲覧。 2019年8月19日閲覧。 2019年9月20日閲覧。 2019年8月19日閲覧。 ふきカエル大作戦!! 2019年11月18日. 2019年11月18日閲覧。 外部リンク [ ]• (日本語)• - (英語)• - (フランス語).

次の