知ら なく て いい こと 最終 回。 知らなくていいコト【最終回】ネタバレ感想!尾高とケイトの結末と世間の反応は!?

どうなるの?「知らなくていいコト」最終回予告、尾高さんの一言にファン悶絶

知ら なく て いい こと 最終 回

大石 静(おおいし しずか)・1951年9月15日生まれ。 ・東京都出身。 ・日本女子大学文学部国文科卒業。 ・脚本家、エッセイスト、作家、女優。 ・ノート所属。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 主題歌 flumpool「素晴らしき嘘」 A-Sketch) 1月9日0時より配信開始 あらすじ 第10話(最終回) 30年前、乃十阿(小林薫)が幼い息子をかばって罪をかぶった可能性を聞いたケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていた。 ケイトの暴走を知った尾高(柄本佑)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとするが……。 ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているような尾高に複雑な思いを抱く……。 そんな中、帰国したケイトを待っていた岩谷(佐々木蔵之介)は、再び事件の真相についての手記を書くようケイトに迫る。 乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイトだが、岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで30年前の事件の裏取りに動き出す! 自分抜きで進む事件の真相解明を複雑な思いで見るケイトだが……。 数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く……! その頃、会社を休み続けている野中(重岡大毅)は、孤独の中で、ある決断をしようとしていた。 記者として人として記事を書くことに揺れるケイトはその夜、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれる……。 先の見えない二人の関係に意外な結末が待っていた。 そして、乃十阿の事件の先にケイトが見つけたある答えとは……。 より引用 キャスト 真壁ケイト…吉高由里子 週刊誌「週刊イースト」の記者。 自信家だが人懐っこい性格。 亡くなる前の母親から父親に関する衝撃の事実を知ることになり、人生最大のスクープにぶつかる。 公式サイト 尾高由一郎…柄本 佑 動物カメラマン。 ケイトの元カレ。 報道カメラマンだったが、あるコトがきっかけで転身。 ケイトの元カレ。 現在は妻子持ち。 公式サイト 野中春樹…重岡大毅(ジャニーズWEST) ケイトの彼氏。 「週刊イースト」編集部の連載班に所属している。 わがままな作家の懐に飛び込むのが得意。 公式サイト 真壁杏南…秋吉久美子 映画評論家、字幕翻訳家。 ケイトの母。 女手一つでケイトを育て、亡くなる直前にケイトに意味深な言葉を残し、この世を去る。 公式サイト 岩谷 進…佐々木蔵之介 「週刊イースト」の編集長。 売上部数1位をキープする「週刊イースト」の顔として部下から厚い信頼を得ている。 公式サイト 乃十阿徹…小林 薫 謎の自転車屋。 ドラマの中盤から物語を大きく動かす男。 公式サイト ほか.

次の

知らなくていいコトの最終回結末をネタバレ!ラスト不倫の恋はどうなる?

知ら なく て いい こと 最終 回

吉高由里子が週刊誌のスクープ記者を演じた日本テレビ系ドラマ「知らなくていいコト」(写真・日本テレビのホームページより)の最終回が11日(2020年3月)に放送された。 ドラマでは、週刊イースト編集部記者・真壁ケイト(吉高由里子)と、幼い赤ちゃんと妻がいるカメラマン尾高由一郎(柄本佑)との不倫の恋の行方も注目された。 なぜならケイトは、「文春砲」ならぬ「イースト砲」と称して、他人の不倫を暴く仕事を得意としてきたからだ。 尾高は離婚を妻に伝えており、あとは子供の親権を決めるだけという。 しかし、ケイトは「私も尾高さんが死ぬほど好き。 だけど私たちが一緒になったら尾高さんが子供を思う気持ちを捨てないといけないでしょ。 そんな尾高さんはイヤなの」と、プロポーズを断る。 「赤ちゃん置き去りにショックを受けた」 数年後、昇進したケイトはさらに仕事に生きがいを見出す。 一方、尾高は幼児と連れて父親らしい姿で街を歩いていた。 この不倫の恋の「落としどころ」にネット民は「なにコレ?知らなくてもいいドラマだった」と怒りまくる声が大半だ。 「途中まではお洒落なスタジオを持つ雰囲気のいい元カレが身近に... という設定を楽しんいました。 が、赤ちゃんが出てくると、冷静に視聴できなくなりました。 その赤ちゃんを置き去りって復讐? 後味が悪すぎる! 実は尾高さんの妻も不倫していました、という伏線があったほうが救われます」 「置き去りはどうかと思うが、尾高の奥さんは今後の復縁にかけて子供の親権を譲ったんじゃないかなと考えました。 自分が子供を連れていけば、旦那と不倫相手は何の障害もなくくっつけるわけで、子供も自分も忘れられてしまう。 しかし、旦那に子供を任せればいつか根を上げて自分の元に戻ってくるだろう。 戻らなくても不倫相手と上手くいかなくなるに違いないと考えたのだ」 「ケイトが『子供を捨てる尾高さんは好きじゃない』と言って、尾高の渾身のプロポーズを速攻で振りながら、3年経ってから、『 大変そうだね 一緒に育てる?』と他人事みたいに言う。 誰のために尾高は離婚したのよ。 魔性の女ケイトが嫌いです。 このドラマのコトはもう忘れよっと」 「妻の子ども置き去りはショックだった。 子どもは妻が引き取る前提で離婚しようとする尾高に『あなたの子どもですよ』ということを強調するための表現描写だと思ったけど......。 尾高の不倫で子どもは母親を失った。 子どもが犠牲になる姿はキツイ」 「魔性の女ケイトに狂わされた尾高のキャラ崩壊が凄い」 「奥さんは尾高が刺された時に、呆れてサッサと別居している設定が良かったな。 ケイトと尾高はわかっていても愛を口にせずにいて、最終回で初めて結婚しようと告げてフラレるのがロマンチックだったのに。 なーんて妄想しました」 「魔性の女ケイトに狂わされた尾高のキャラ崩壊が凄かった。 『俺は命削って真実に突き進んでいくケイトが好き』とか『結婚しよう。 俺はケイトがいないと辛い』とか。 こんな陳腐なセリフ尾高が吐いてしまうのか?尾高がケイトの唇を奪うシーンは思わず目を背けたくなった。 尾高は常に冷静で優しさに溢れ、一歩引いた感じの大人だったのに。 それに比べ、ケイトは結局図太く強い女だった。 デリカシーの欠如が感じられ、私は最後までケイトを好きになれなかった」 非常に少数派だが、この終わり方を擁護する意見もあった。 「絶対的不倫反対派で、不倫と聞くだけで吐き気がするほど嫌いですが、尾高の離婚協議後の告白を見て、その覚悟に、これはもはや批判出来る者はいないと、許容の面持ちで見ていたところ、それでもなお結ばせずに辛い結末を用意していた脚本に喝采を贈りたい。 片方の不倫故に傷つく人が一人でもいる限り、不倫に正義はないとのメッセージと受け取りました。 赤ちゃん一人残して出て行った奥さんの既に異常と表現して差し支えないであろう心境を思うと辛いです。 絶対的不倫反対派として納得のいく良い結末でした」(テレビウォッチ編集部).

次の

日テレドラマ「知らなくていいコト」最終回に非難殺到!ケイトの不倫の結末に「魔性の女!」「身勝手!」「後味悪すぎ!」: J

知ら なく て いい こと 最終 回

Contents• 野中は相変わらず仕事を休んでいるようだ。 そしてなぜかケイトは珍しく病欠をとっているようだが・・。 ケイトはなぜかドイツへ・・!? ケイトがいたのはドイツのローテンブルグ。 尾高も知らず、電話でその事実を知ったようだ。 実は乃十阿の弁護士の話には続きがあった。 ケイトは乃十阿の別れた奥さんと息子がむかし住んでいた住所を聞いていたのだ。 そこから息子の現在をわりだしたところ、その息子はピアニストとしてドイツに住んでいることがわかった。 すると偶然その息子を発見することに。 現在 息子は結婚しており、3歳くらいの子供がいるようだ・・。 ケイトはその姿を見て何を思ったのか・・。 ケイトと編集長の岩谷が対立!? ケイトは結局なにもせずにドイツから帰ってきた・・。 週刊イーストに戻り、編集長の岩谷に呼び出されたケイトは乃十阿の事件に関してわかった情報をすべて伝えた。 すると岩谷は 「面白いじゃないか、記事にしよう」 しかしケイトは乃十阿の息子を窮地に陥れることになるため、引け目を感じていた。 これまで様々な人のプライベートに踏み込み、記事を書いていたにもかかわらず・・。 岩谷はそんなケイトを一度担当から外し、 編集部のみんなに乃十阿の事件に関して洗いざらい調べさせることにした・・。 乃十阿事件の真相は明確になった・・!• 乃十阿の奥さんは現在再婚しており、何不自由なく過ごしているそうだ。 事件当時、乃十阿の奥さんは乃十阿の不倫のせいで精神的に参り、子供にもあたるほどだった・・。 乃十阿の不倫相手とは真壁杏南でお腹にはケイトがいた。 乃十阿の奥さんは関係を修復するためにキャンプを開いたが、そこで事件が発生してしまった・・。 同じキャンプに参加していた知り合いが持っていた写真の中に、3歳の息子が毒のある葉を入れている瞬間がはっきりと写っていた・・。 これで記事にするための証拠はすべてそろった。 岩谷はケイトを呼び出した。 「俺が記事を書くのか?ケイトが記事を書くのか!?」 尾高とケイトの関係に遂に決着が・・ 尾高はケイトを呼び出した。 話したいことがあるようだ・・。 尾高は岩谷からすべて話を聞いていた。 「俺が動物カメラマンになった時と同じだな・・」 尾高がニュースカメラマンを辞めたのは人のプライベートにつっこんだ記事を書けないと悟ったからだ・・。 今のケイトは過去の自分の状況と同じだった・・。 「ケイトは俺と違うよ。 ケイトには誰にもかけない記事を書いてほしい・・!岩谷さんが書くんじゃだめだ・・。 命削って真実を書け・・!!」 とまどうケイトに対し言葉を続ける・・。 「俺は命削って真実を書くケイトが好きなんだ・・!結婚しよう・・!」 そう言ってケイトを抱きしめた。 すでに離婚は奥さんに伝えているようだ。 あとは子供の親権を決めるだけ・・。 「私も尾高さんが好き・・死ぬほど好き・・。 だけど・・」 ケイトは尾高が子供を思う気持ちを見抜いていた。 それは乃十阿が人生を犠牲にして息子をかばった気持と同じように・・。 「好きだけど・・私たちが一緒になったら尾高さんが子供を思う気持ちを捨てないといけないでしょ・・?そんな尾高さんはイヤなの・・。 」 ケイトは涙ながらにプロポーズを断った・・。 そして尾高はまたケイトを抱きしめた。 「俺のことを2回もふるなよ・・!」 声は震えていた・・。 ケイトはその日の夜、涙を流しながらデスクに向かっていた・・。 事件の記事を完成させるために・・。 意外な結末に!? 岩谷は記事を受け取り掲載に向けて動き出したが・・なんと 社長から掲載は却下されてしまった。 3年前の乃十阿出所の記事を載せたときの バッシングが尾を引いているようだ。 結局岩谷はすぐに気持ちを切り替え、ケイトも少しショックを受けたがいつも通り仕事に向かった。 後日、ケイトは家に戻っていた乃十阿に事件についてまとめた記事を渡しに行った。 ただ乃十阿は何も語ることはなかった・・。 尾高と野中の結末は? 尾高はケイトに振られたあと家に帰ると、泣き叫ぶ子供だけが残されていた・・。 親権は尾高に書き換えられた離婚届とともに・・。 野中は自分がケイトの父親が乃十阿だとリークしたことを編集部のみんなに明かし、辞表を提出した。 ただそこで乃十阿は殺人犯ではないことを初めて知らされ、野中はあっけに取られていた・・。 数年後、野中は今回の出来事を本にしたところ、ベストセラー作家になっていた・・。 以上最終回のネタバレでした! 知らなくていいコト【最終回】感想! 尾高がケイトに告白するシーンは最終回で最も感動するシーンでしたね・・。 結局尾高さんはケイトに振られてしまったのですが、ネット上でもケイトと尾高さん関係に関するツイートが多くみられました。 また何かのきっかけでケイトと尾高さんくっついて幸せになって欲しいな…….。 ほんとに切ない…….。 そして尾高さんの奥さん子供置いてっちゃったのが結構怖かったというか、なんというか、驚いた。 — だれか。 奥さんが 吉高由里子に負けない位 魅力的な人だという描写でもあれば、不倫するなんて許されない!という反応が多くなっていたと思う。 もし動画で見てない方はチェックしてほしいですね! また 野中誰よりも出世してて面白すぎる笑 — とぅるーり Pmd1SqlLVfrgF1K 結末は完全に予想外でしたが、野中が最後まで笑わせてくれたのはよかったですw とにかく毎回ツイッター上でも話題になり「知らなくていいコト」は最高のドラマでしたね!!ありがとうございました!.

次の