ロシア 睡眠 実験。 都市伝説!恐怖のロシア睡眠実験!人間は30日間眠らなければどうなるか?

【都市伝説】恐怖の人体実験を撮影した画像は本物か?【睡眠実験】

ロシア 睡眠 実験

みなさんは毎日どのくらい睡眠時間を取っていますか? 4時間? 6時間? それとも、 8時間? みなさんは、ある程度規則的に睡眠時間を取っている人が多いのではないでしょうか? また、毎日の仕事で睡眠時間が取れないなどの人もいるとかと思います。 そもそも 何故睡眠をとらなけらばいけないのか? 人生は有限であり、限られた時間の中で過ごしています。 もしも睡眠時間がなけれな他の人より学ぶ時間や経験する時間など倍近くになる事でしょう。 しかし、 人は睡眠をしないと非常に危険な状況になります。 にしても歴史上の数々の偉人は睡眠時間が少ない事をご存じでしたでしょうか? 歴史上もっとも有名な ニコラ・テスラは 1日の睡眠時間は2時間だったとされています。 衝撃のロシアの睡眠実験 1940年に、ソ連の科学者たちが人間は長い時間寝ないでいると、何が起きるかの人体実験を行いました。 第2次世界大戦の敵国の犯罪者達の5人を実験台にして、もし 30日間起きていられたら釈放すると約束して開始されました。 実験内容は、密室の部屋にそれぞれ5人を入れます。 室内には起きていられるように、覚醒ガスを流し込みます。 その他に、ベットや1カ月分の食糧、話し声が聞こえるマイクとスピーカー、本などが用意されました。 科学者達はマジックミラーから中の様子を観測したそうです。 その後の被験者発達の様子が余りにも怖い衝撃的な結果になりました。 順をおってみていきましょう。 5日目までは、被験者達は少し感情的になるぐらいでした。 6日目から徐々に様子がおかしくなっていきます・・・。 被験者達が 妄想障害になったり、不満を言うようになったり、マイクに小さく囁くようになったりと。 9日目には、 被験者の1人が部屋の中を叫びながら走りだしたりしはじめました。 叫び続けた影響によって声帯が傷つくまでなりました。 他の被験者2人は、 本の紙切れに自分の排泄物をくっつけて、それをガラス窓に貼り付けだしました。 ・・・・。 なんと 14日目には、研究者たちが中の様子をみていたマジックミラーが、紙切れでうまり中の様子が見れない状況になりました。 部屋の中の酸素消費量が唯一生存確認できる方法でした。 15日目に科学者たちは、部屋の中を確認する事にしました。 ドアを開ける前に被験者達に、「 今からドアを開けるから、ドアから離れて床に伏せろ!さもなくば射殺するぞ。 」といいドアを開けました。 なんと支給された過去5日分の食糧を全く食べておらず、彼らの口の周りは血だらけでした。 そして身体がひどく傷ついており、鼻の肉と皮膚がさけていて臓器がなんと飛び出ていました。 ただ一人生き残っていた被験者の様子を確認すると。 指に肉の欠片が付着していた事から、自らの身体を爪でかっきて自分の身体を食べていた事が判明しました。 科学者達が、「 おまえは何者なんだ?」 この問いに対して・・・・。 被験者が言いました。 そんなに簡単に忘れてしまったんですか? 私達はあなたですよ! 私達はあなた達の中に眠る凶器です。 いつも自由になる事を望んでいる。 あなた達が光にいる時、私達はおとなしくしている。 ゲームのやりすぎにも気をつけましょうね! そして、過去に 長い時間睡眠をしない事に挑戦した 世界記録があります。 不眠記録の世界保持者 世界で最も長く起きているのは、とういう当時サン・ディエゴ在住の高校生です。 スタンフォード大学の 睡眠研究者ウィリアム博士が立ち会う事で、実験が行えました。 その記録は。 なんと! 約11日間 時間にして 264時間12分ずっと起き続けました。 睡眠しない時間と経過については下記のような状況になっています。 1日目 ・なんなく経過 2日目 ・急激な眠気と倦怠感を感じ目の焦点があわなくなる。 4日目 ・イライラしたり、落ち込んだり、自分が有名なプロスポーツ選手であると妄想し始めました。 6日目 ・ここで幻覚を見始めます。 かなり危険な状態となっています。 9日目 ・視力の低下や被害妄想だけでなく、まともに話ができなくなり指が震えだしました。 無表情になり、眼球が左右バラバラに動くようになりました。 11日目 ・ 極度の記憶障害などが生じとそうです。 そして実験は終了。 ランディ・ガードナーはその後、 12時間寝るとなんの変調もなく回復したそうです。 良かった良かった。 この実験で人生取り返せないような後遺症が起きていたらと思うとこの実験は人間にはしない方がよいでしょう!!.

次の

実際に行われていた10の恐ろしい人体実験・手術 : カラパイア

ロシア 睡眠 実験

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年2月) ナチス・ドイツの人体実験(ナチス・ドイツのじんたいじっけん)は、中、によりで行われた、一連の医学的なである。 収容者は実験に参加することが強要され、自発的な参加はなく、実験に関する(事前説明)はされていなかった。 通常、被験者は死亡するか、醜悪な外観が残るか、あるいはその後一生涯にわたる障害が残った。 では、医務長であった ()の指示により、選別された収容者に対して、その成果が、戦闘状態にあるドイツ軍人を助けたり、新兵器を開発したり、負傷した兵士の回復を助けたり、あるいはに後押しされた合理的なを推進すると考えられていたため、様々な危険な実験が施された。 また、は、において、同様の実験を行った。 ()は、者に対して、その治療を試みたことで知られている。 戦後、これらのは、として知られている裁判によって裁かれ、この残虐行為に対する憎悪や嫌悪感が、に関するの発展へと繋がった。 「」も参照 における起訴状によると、人体実験には以下のような実験が含まれていた。 実際には、ナチス・ドイツによってさらに多くの人体実験が行われたと考えられている。 双子への実験 [ ] 強制収容所にいた双子の子供に対して行われた実験の目的は、人体を人為的に操作できるかどうかを観察するのと同様に、双子の遺伝子の類似性と相違性を示すためであった。 実験の中心的なリーダーはであり、彼はからにかけて、アウシュヴィッツに収容されていた双子1,500人に対して実験を行った。 わずか100人の被験者のみが生き残った。 彼はで、ややに重点を置いたを学ぶ間に、「(という)簡潔な政治概念が、遂には私の人生において決定的な要素となった」と述べたと言われている。 メンゲレは、「簡潔な政治的概念」に新たな関心を示し、医学と政治の融合が、彼のキャリアの選択において大きな要素となった。 メンゲレは、「4種の人種グループを対象とした下顎部分の人種的形態学的研究 Racial Morphological Research on the Lower Jaw Section of Four Racial Groups 」というタイトルの論文により PhD を取得した。 この論文は人種は顎の形によって識別が可能であることを提起していた。 ナチスによって彼は研究の才能を見出され、、彼は占領下のに位置するアウシュヴィッツ強制収容所に異動となった。 彼は、一般的に考えられているところとは異なり、アウシュヴィッツで唯一の医者であったわけではなく、高い地位にいたわけでもない(のであったエドゥアルト・ヴィルツが、アウシュヴィッツにおける医師の責任者であった)。 メンゲレは、双子に対する的実験を組織した。 双子は年齢と性別によって分けられ、実験の合間はバラックに収容されており、異なる薬品が双子の目から注入され、色の変化があるかどうかを確認され、双子を文字通り縫い合わせてを作ることが試された。 骨、筋肉、神経の移植 [ ] 1942年9月より1943年12月頃まで、の利便向上のため、において行われ、骨、筋肉、神経の再生に関する研究と、骨の移植が行われた。 被験者は無しで、骨、筋肉、神経を部分的に除去された。 この結果、多くの被験者は、激しい痛みや切断、そして一生涯にわたる身体的不自由に苦しむこととなった。 低温実験 [ ] 、は、の予防と治療の手段を発見する目的で、凍結実験を行った。 1つの実験で、被験者はタンク1杯分の氷水で、最大5時間、耐えることを強いられた。 寒冷暴露の肉体的影響を調査する以外に、生存者を復温する方法も評価された。 冷凍・低体温症実験は、において、ドイツ軍が寒冷地の気候に対する準備不足により苦戦していたため、ナチスの最高司令部が、その気候条件をシミュレーションするように命令を下して行われた。 ロシア人捕虜に対して多くの実験が行われており、ナチスは、ロシア人の遺伝子がその耐寒力を、ドイツ人よりも強いものにしていたかどうか疑問に思っていた。 実験の行われた主な場所は、とアウシュヴィッツ強制収容所であった。 ダッハウ収容所におけるの医者であった博士は、に結果を直接報告し、1942年の医学会議において、「海と冬から生じる医学的問題 Medical Problems Arising from Sea and Winter 」の題名で、結果を公表した。 約100名が、これらの実験により命を落としたと報告されている。 マラリア実験 [ ] 1942年2月からの4月くらいまで、治療に関する免疫調査のために、ダッハウ強制収容所においてマラリア実験が行われた。 この実験は博士の指揮下で行われ、健康な収容者が蚊によって直接、あるいはメスの蚊のからの抽出物を注射され、マラリアに感染させられた。 マラリア感染後、被験者には薬剤の相対的な効力をテストするため、様々な薬物が投与された。 1,000人以上がこれらの実験に動員され、その半数以上が死亡した。 マスタードガス実験 [ ] 9月と1945年4月の間、やなどで、による負傷者の最も効果的な治療を調査するために、数多くの実験が行われた。 被験者は、酷い を引き起こす物質であるマスタードガスやなどのに意図的に暴露された後、マスタードガスによる火傷の最も効果的な治療法を見出すために、実験が施された。 スルフォンアミド(サルファ剤)の実験 [ ] 7月頃から9月頃まで、人工のである、の有効性を調査するための実験が、にて行われていた。 被験者は、負わされた傷口に、や の原因物質 やの原因菌である破傷風菌などのバクテリアを感染させられた。 戦場における負傷時と似通った条件を作り出すために、傷の両端の血管がされて、血流が阻害させられた。 木を削ることや、ガラスを傷口の中に入れることを強いられたりして、感染状態は悪化した。 有効性を決定するために、スルフォンアミドや他の薬品で、処置された。 海水実験 [ ] 7月頃より1944年9月頃まで、海水を飲むことを可能にするための様々な方法を調査するために、ダッハウ強制収容所にて実験が行われた。 一つには、約90人ののグループが、 ()博士によって、食べ物を奪われて海水だけを飲まされた。 被験者は博士により重度な傷を負った状態となった。 被験者は、ひどいになり、飲み水を得ようと、バケツの中の水を飲んだり、新しくモップがけされた床を舐めるところが目撃された。

次の

【都市伝説】ロシアの睡眠実験

ロシア 睡眠 実験

パリス・ヒルトンのTシャツの文字 この写真のパリス・ヒルトンは、"貧乏人なんてやめよう"(Stop Being Poor と書かれたタンクトップを着ている。 彼女は誰もが知る大富豪の娘で、働かなくても食べていける境遇だ。 この写真が投稿されると、貧困者の窮状に対してあまりにも無神経だとしてたちまち炎上した。 だが本当は、彼女はこんな不愉快な言葉が書かれたTシャツは着ていない。 実際にTシャツに書かれていた言葉は"絶望するのはやめよう" Stop Being Desperate)であり、若者たちを励ます言葉だったのだ。 うちのクモがそんなにデカいわけがない こちらはフェイスブック上を駆け巡った写真。 この写真にはこんなコメントがついていた。 今朝、家の外の壁を何かがよじ登っているような音が聞こえたんだ。 最初は業者が修理工事をしている音かと思ったんだけど、外に出てみたらこんな巨大クモが! このハワイアンケーンスパイダーはめったにお目にかかれない珍しいクモで、2メートルくらいまで成長することがあるらしいけど無害だという。 とはいってもめっちゃコワいわ。 実際には、家のそばで一般的に見られるコモリグモを、とんでもない大きさに加工したもの。 確かに巨大なクモは存在するし、オーストラリアならもしや?と思うかもしれないが、こんな普通の場所では見つからないだろう。 ロシアでの睡眠実験と題された写真 このぞっとするような写真は、"ロシアでの睡眠実験が失敗して最悪の結果になった例"という不穏な裏話がついて、ネットでたちまち広まったものだ。 数人の戦争捕虜にガスを吸わせて15日間眠らせないようにしたという実験で、期間中に実験が失敗し、捕虜が恐ろしく変わりはててしまったという。 この写真はその捕虜のひとりらしいが、実際にはただのハロウィン用の不気味な人形である。 右と左の写真を比べてみると、不気味なセッティングと白黒フィルターによって、左のほうがいかにももっともらしく見える。 これは、不気味で恐ろしい話をシェアするサイト、「Creepypasta」からの引用だが、掲載されているものはほとんどがフェイク、あるいは実話に尾ひれがついたものだ。 YOUTUBEでも配信されており260万回以上再生された。 "The Russian Sleep Experiment" IReadCreepyPastas 4. 『モンスターズ・インク』に隠された不適切な壁の絵? ディズニー映画「モンスターズ・インク」の一場面である。 さてここで問題だ。 上の写真と下の写真、主人公の寝室の壁に貼ってある子どもの絵が違うのだが、どちらがフェイクだろう? まあわかるよね。 フェイクは上の画像だ。 ロジャーおじさんとママがアレしてるもの。 だが、ディズニー映画はクリエーターが遊び心でなんかを仕込んでいたりするもんだから、本気にしちゃった人は結構いたみたい。 マリリン・モンローとケネディの密会シーン? ジョン・F・ケネディが妻に隠れてマリリン・モンローと熱く燃え上がっていたという噂は彼の大統領就任以来ずっとあった。 モンローは売り出し中のセクシー美人スターで、単なる友人以上の仕草で大統領にハッピーバースデーを歌ったことでも知られている。 ふたりの仲は相当怪しいと思われていたが、決定的な証拠はなかった。 そこで出てきたのがこの写真だ。 多くの人がこれが大統領執務室で抱き合うふたりの決定的な写真だと信じて疑わなかった。 だが、これは完全なでっちあげ写真。 空想を再現しようとしたひとりのカメラマンによって、大統領とモンローに不気味なほどそっくりなふたりの俳優を使って撮影されたものだ。 憑りつかれた修道女の首? 悪魔に憑りつかれた修道女の首として出回った写真だが、実はこれ工芸品である。 怖い系アートを作るのが好きなあるアーティストの作品だ。 すべて人為的に作られたものなのだが、写真だけが独り歩きし、信じてしまった人も多いようだ。 女性が初めてショートパンツをはいたせいで事故発生? この写真は何度か出回って消えてはまた出回るを繰り返しており、最近も出回っていたという。 そのエピソードはこうだ。 後ろ姿の二人は、世界で初めてショートパンツをはいた女性である。 彼女たちのむき出しの脚がまわりの人々が驚かせ、車を運転していた男性が見とれていて衝突事故を起こした もちろん嘘である。 歴史のある時点で、女性のショートパンツ姿がいろいろ議論になったのは確かだが、この写真が本物の衝突事故である証拠はない。 車はまったく壊れていないようだし、運転席の窓からのぞいている男性はいかにも俳優のようだ。 「Horse」という文字が体に浮き出た馬? 体に馬(horse)という文字が浮き出ている馬だというのだが、実はこの写真はフォトショップコンテストのための作品だった。 多種多様な模様の動物は確かに存在するので、この写真は本物として何度も投稿された。 かつて存在した巨大バッタ? 1900年代半ば頃に出回った巨大バッタ写真。 なんと、仕留めるのにショットガンが必要だという。 当時はコラ画像を作るのも大変な時代だった為もあり、多くの人々が信じた。 だがもし本物なら、この1枚の写真だけではなく、もっと証拠の写真がたくさんあるはずだ。 更に現代の我々は当時の画像加工技術水準をなめてかかっているので、時代を経て更にまた騙されてしまうのだ。 結婚式に出席したカルト集団 写真自体は本物で、フォトショで加工したものではない。 結婚式を行っている会場の後ろをよく見ると、黒いマントを着た集団が、ひっそりとビルからそれを見つめている。 多くの人は、新郎か新婦が実は不気味なカルト集団に所属しており、メンバーたちは秘密裏に結婚式に参列したと信じていた。 だがこれらはビルの別の場所に設置されていたアート作品であり人ではない。 Amazonにあったホラーすぎるイヌが赤子に化けるコスチューム MommyMaker製 実物そっくりのイヌ用ベビーコスチューム 価格:39ドル99セント ・小児科医の30%をだませます。 ・イヌの赤ちゃんを産む妊娠中のお腹は別売り。 ・本物の赤ちゃんの髪の毛を75%使っています。 ・吠え声から赤ちゃんの泣き声まで、モデュレーター内臓。 ・チワワからマスチフまで、サイズは5種類。 なんでもそろうamazonだもの、あってもおかしくないと信じてしまうだろう。 犬好きで奇妙好きな人ならポチりそうだしね。 だもんだから、かなりの注目を集めて、さまざまなSNSで何度もシェアされた。 広告は細かいところまでこっていて、商品の詳細だけでなく、口こみや星評価までついている。 実際にはまったくのフェイクで、こんな商品は存在しない。 元になった広告はわからないままだが、アメリカのアニメネットワーク、アダルトスイムが作り上げたものではないかと言われている。 アラン・リックマンが生前に残した言葉 アラン・リックマンはたぐいまれな才能をもつ俳優だったが、非常に残念なことに去年亡くなった。 さまざまな役を演じていたが、中でも最高の役柄はハリーポッターシリーズのスネイプ先生だろう。 そんな彼が生前こんな言葉を残したとしてネット上に出回った。 わたしは80歳になっても、揺り椅子に座ってハリーポッターを読むだろう。 そして家族はわたしにこう言うだろう。 "今さら読んでるの?" そしてわたしはこう答える。 "ずっと読んでたんだ" ーーアラン・リックマン リックマンがこのシリーズを心から永遠に愛しているように思えるもっともらしい言葉だが、リックマンは実際にはこんなことは言っていない。 どんなインタビューにもそんな記録は残っていないし、実生活の中で誰かに話したこともない。 現実には、実は原作は読まないと彼は言っている。

次の