乳腺 炎 しこり 取れ ない。 授乳中にしこりが痛い!なかなか取れない時の対処方法は?

おっぱいのしこりが取れない

乳腺 炎 しこり 取れ ない

しこりをそのまま放置しておくと、本格的な乳腺炎に発展する恐れもあるので、早めに対処したいものですね。 母乳の通り道である「乳管」が途中で詰まってしまうと、その部分にしこりが出来ます。 しこりのできた乳管からは母乳が排出できなくなり、乳房が赤く腫れたり、パンパンに張ってしまいます。 乳房の奥の乳腺で作られた母乳は、細い管を通って乳頭まで運ばれてくるのですが、そのどこか途中で乳栓(石灰のような脂肪のかたまり)が母乳の出る道をふさいでしまうことがあります。 突然、乳房の一部分にしこりのような張りを感じます。 時間とともにこのしこりは、これ以上ふくらますことができない風船のようになって、パンパンにはれて痛むようになります。 詰まったのはたった1本の乳管だけなのに、詰まっていない排乳口からも、母乳の出は悪くなります。 乳頭の先端に詰まらせている白い小さなかたまりが見える場合もあります。 引用:「桶谷式 母乳で育てる本」桶谷式乳房管理法研鑽会(主婦の友社)p. 120-121 乳腺炎の前触れで出来るしこりは、痛みや熱をともなうことが多いのですが、「しこりはあるけど痛くない」という場合もあります。 しこりが痛くない場合もそのまま放置せず、早めに手当するようにしましょう。 また、なかなか取れないしこりが赤くなったり、ジンジンと痛みだしたり、熱をおびた感じがする際は要注意。 一気に乳腺炎が悪化する恐れもあるので、早めに母乳外来や婦人科の受診を。 乳腺炎が落ち着いても、乳房にゴロゴロとしたしこりが残ることもあります。 乳腺炎の痛いしこりは、どのような取り方をすればいいのでしょうか。 なかなか取れないしこりの治し方のヒント5つをご紹介しましょう 1)赤ちゃんに頻繁に授乳する 乳腺炎のしこりがなかなか取れない場合は、とにかく頻繁に授乳をして、赤ちゃんに母乳の詰まりを吸い出してもらうようにしましょう。 いろいろな抱き方、飲ませ方を工夫して、赤ちゃんに詰まっているかたまりを吸い出してもらいましょう。 飲ませて搾乳、飲ませて搾乳を繰り返します。 特に夜間は乳汁分泌もよく、乳栓が抜けやすいので、頑張って授乳をして下さい。 うまくいくと、この塞いでいたかたまりがとれ、ふくらんでいた乳腺から、たまっていた乳汁が鯨の潮吹きのように噴出し、風船がしぼむようにしこりがとれていきます。 引用:「桶谷式 母乳で育てる本」桶谷式乳房管理法研鑽会(主婦の友社)p. 121 しこりができたら、いつもより授乳間隔を短くして、赤ちゃんに母乳を飲んでもらうことが大切です。 また授乳の際は、しこりがある方の乳房から、先にあげるようにしましょう。 4)オイル湿布で詰まりを解消 乳腺炎のしこりは、母乳の出口である「乳口」が詰まることで出来ます。 しこりが硬くても、乳口の詰まりさえとれれば、乳房は元通り柔らかくなるはずです。 しこりや乳腺炎の原因となる乳口の詰まりをとるためには、「オイル湿布」が効果的だと言われています。 乳口が詰まったなと思ったら、まずオイル湿布をしてみましょう。 キッチンにあるサラダ油やオリーブ油など、食べられるサラッとした油を、ほんの1~2滴乳首の先につけ、食品用ラップ剤で覆ってブラジャーで固定し、30分ほどたったらキッチンペーパーなどで拭き取って授乳するか、手で母乳を搾り出します(搾乳)。 その際、しこり部分を手のひらでやさしく圧迫しながら授乳・搾乳するとより効果的です。 これを2度ほど繰り返すうちに、詰まってから半日以内の新しいしこりであれば、ほとんど解消します。 引用「おっぱいでもっとらくらくすくすく育児」北野寿美代(MCメディカ出版)p. 78 しこりの原因となる乳口の詰まり(乳栓)は、母乳の脂肪などが固まったもの。 その乳栓がオイルで柔らかくなることで、授乳・搾乳の際に抜けやすくなると言われます。 しこりを放置しておくと乳栓が固くなって、余計に取れにくくなります。 何度かオイル湿布を試してみてもしこりがとれない時は、早めに助産院や病院でケアを受けるようにしましょう。 乳腺炎のしこりを解消するマッサージ方法は? それでは乳腺炎のしこりを解消するには、どのようなマッサージ方法が効果的なのでしょうか。 乳腺炎が悪化して発熱しているような時は、助産院などで乳房マッサージを受ける方がいいのですが、症状が軽い場合は以下のようなマッサージ方法を試してみてもいいでしょう。 「しこり圧迫法」 乳腺炎の原因になるしこりを圧迫して散らすマッサージ。 痛みがなくても、しこりを感じたら行うといいでしょう。 乳腺炎の予防にもなります。 圧迫する時に指でしごかないで。 ・しこりの部分に小指の付け根の下、手首のすぐ上の手の腹をあて、しこりを背中のほうへグッと押します。 この時、しごかないこと。 あくまでもしこりを押して散らすイメージで。 引用:「母乳育児ミルク育児の不安がなくなる本」渡辺とよ子(主婦の友社)p. 24 しこりがある場所を、手の腹でグッと押し込むようにしてマッサージをしましょう。 しこり部分を揉んだりしごいたりしないように注意を。

次の

乳腺炎になりかけ「うつ乳」

乳腺 炎 しこり 取れ ない

授乳タイムは赤ちゃんとの一体感が感じられ、ママにとっても幸せな時間の一つですが、母乳にトラブルはつきもの。 「母乳の量が足りない」「乳首が切れて痛い」といった悩みはよく耳にしますが、なかには「おっぱいにしこりができて痛い!取れない!」と悩むママもいますよね。 それは、もしかしたら乳腺炎になっているかもしれません。 今回は、乳腺炎によるしこりや詰まりの原因と対処法についてまとめました。 授乳中、おっぱいのしこりが痛い!乳腺炎とは? 授乳中におっぱいを触るとなんだか、ごりごり…しこりのようなものがある、ということがあるかもしれません。 それは乳腺が詰まってできたしこりで、放っておくと乳腺炎になってしまう恐れがあります。 この母乳の詰まりや乳腺炎は主に、ストレス・疲労・偏った食事などが原因で引き起こされますが、乳腺炎には大きく分けて2つのタイプがあります。 うっ滞性乳腺炎 なんらかの理由で母乳が乳管にたまった(うっ滞した)状態で、「非感染性乳腺炎」とも呼ばれます。 乳房全体が赤くなる、しこりができる、しこりを触ると痛む、乳頭に水泡が見られる、微熱が出るなどの症状があらわれます。 もともと乳管の狭い初産ママや、断乳・卒乳などで母乳が供給過剰になったときに起こりやすいとされており、ひどくなると高熱が出て入院する場合もあります。 急性化膿性乳腺炎 乳腺が細菌感染することによって起こる「急性化膿性乳腺炎」は、赤ちゃんの口腔内細菌が傷ついた乳頭から感染して起こる場合と、うっ滞性乳腺炎が進行して起こる場合があります。 乳房の激しい痛みや腫れ、全身の震えと悪寒、高熱が出る、血の混ざった膿や母乳が出る、しこりができるなどの症状が出ます。 細菌感染の有無でうっ滞生乳腺炎とは区別されますが、症状はほぼ同じなので、ママ自身でどちらの乳腺炎になっているかを判断することは困難です。 乳腺炎と乳がんのしこりの違いは? 乳腺炎になるようなしこりは、乳管が閉塞し、母乳が溜まってしまうことでできます。 押したりつまんだりすると動く、弾力性がある、場所によって固かったり柔らかかったりする、などの特徴があります。 乳がんと混同されることもありますが、乳がんによるしこりは、押しても動かず、石のように固くごつごつしているという違いがあります。 また、乳腺炎のような痛みや発熱もありません。 ただし、乳腺炎によるしこりでも、詰まり方次第では固くなることもあり、判別しにくいケースもあります。 心配なときは、早めに母乳外来か産婦人科で相談しましょう。 乳腺炎が慢性化すると、腫瘍ができやすくなるともいわれています。 乳腺炎になるしこりや母乳の詰まりを解消するには? おっぱいのしこりを解消するには、赤ちゃんに吸ってもらうのが一番です。 赤ちゃんはおなかが空いているときの方がたくさんの量を飲むので、しこりがある方の乳房から授乳するようにしましょう。 角度や姿勢を少しずつ変えながら、まんべんなく吸ってもらうのがポイントです。 特に、しこりの近くに赤ちゃんの下アゴがくるようにするといいですよ。 また、授乳をしながらしこりの部分を軽く押すと、しこりの解消が促されます。 詰まりを悪化させないために、飲み残しの母乳は搾乳して出し切りましょう。 母乳外来や産婦人科でマッサージしてもらうのもおすすめです。 入浴をして体をあたためるのもいいですね。 ぬるめのお湯で体をじっくり温め、乳房マッサージをしましょう。 しこりを強く押すと乳腺を傷めてしまうので、乳房全体を優しくマッサージすることが大切です。 体が温まっている入浴後に授乳すると、さらに効果的ですよ。 乳腺に雑菌が入ると化膿する恐れがありますので、授乳前後に乳首を清潔に保つことも忘れないでくださいね。 乳腺炎が悪化…しこりが痛い、熱があるときの対処法は? しこりが腫れて痛みや熱を持っている場合は、タオルでくるんだ保冷剤・冷却ジェルシート・濡れタオルなどを当て、冷やしましょう。 心地よいと感じるくらいに冷やすことで、症状をいくらか軽減させることができます。 もし熱が出てしまったら、マッサージや入浴は避け、すぐに病院へ行きましょう。 母乳が詰まったまま血行を良くしてしまっては、母乳の分泌だけが促進され、おっぱいに母乳が溜まる一方。 症状がどんどん悪化していくので、注意しましょう。 そこまで酷くなっている場合は、すぐに病院に行くようにしてくださいね。 抗生物質などを処方されたら、授乳は一時中断して治療に専念する必要があります。 薬の成分によっては、授乳を続行しても良い場合もあるので、必ずお医者さんに確認するようにしてください。 母乳のしこりや詰まりを予防するには? 乳腺炎の予防には、下記のような方法が効果的です。 セルフケア 日々おっぱいの状態を観察し、しこりの有無を確認する習慣をつけましょう。 自分のおっぱいの状態を知ることで、自然と、自分にあう対処法がわかってくることもありますよ。 高塩分・高脂肪の食べ物は、控えておく方が安心でしょう。 栄養バランスを意識して、野菜や魚中心のヘルシーな食事を心がられるといいですね。 どうしても甘いものがほしくなったら、脂肪分が少なく少量で満足できる和菓子が おすすめです。 ただし、お餅を食べると粘度の高いおっぱいが作られ、詰まりやすくなるので注意してください。 授乳 赤ちゃんに授乳をすることで、母乳を出し続けましょう。 また、断乳や卒乳などで授乳をストップすると、母乳が供給過剰になって乳腺炎になることがあります。 突然授乳をストップすると、ママの体にも赤ちゃんの精神面にも良くないので、無理のない範囲で少しずつ授乳回数を減らしていくのがおすすめです。 適度な水分 母乳育児には十分な水分補給が欠かせませんが、乳腺炎のときに水分をたくさん摂ると母乳が作られすぎてしまい、症状が悪化する場合があります。 ただし、控えすぎて水分不足になってしまうのも良くないので、「多すぎず、少なすぎず」を意識しましょう。 ストレスをためない 乳腺の詰まりやすさは体質にも左右されます。 育児中は難しいかもしれませんが、できるだけ、疲労やストレスを溜めないことも大切です。 授乳中にしこりが痛い!となる前に ただでさえ大変な育児中に、乳腺炎になってしまうと心身ともに大変ですが、もし症状が出ても対処法を知っていれば、悪化させずに済みます。 育児中のママはつい自分のことは後回しにしてしまいがちですが、異常を感じたら早めに対策をとようにしましょう。 できるだけ痛いと感じる前の違和感があったタイミングで、予防法を実践していけるといいですね。

次の

うつ乳の原因は母乳の詰まり?予防と対処法は?乳腺炎にも注意!

乳腺 炎 しこり 取れ ない

うつ乳の原因と対処法 多くのママさんが、授乳中に おっぱいが詰まった感じになったことがあるのではないでしょうか。 うつ乳とは うつ乳とは、母乳が乳管に溜まり、「おっぱいに母乳が詰まった感じ」や「しこりがある感じ」の状態のことを言い、 乳腺炎になる一歩手前とも言える状態になります。 うつ乳の症状が出たら何とか早めに「詰まり」や「しこり」を解消しておかないと、症状が悪化してしまうので注意が必要となるのですね。 ではどのようにして「詰まり」や「しこり」を解消すればいいのでしょうか。 うつ乳の解消方法 それではうつ乳を解消するための方法を見ていきましょう。 赤ちゃんに母乳をたくさん飲んでもらう 母乳の詰まりがうつ乳の原因なので、とにかく 赤ちゃんに母乳をたくさん飲んでもらうことは、うつ乳対策となります。 きちんと3時間おきなど、定期的な間隔で赤ちゃんに飲んでもらうと母乳は詰まりにくくなります。 この辺りは自分の母乳の量にもよりますので、とくに 母乳の量が多い方は特に母乳の間隔には注意してください。 また、夜中に母乳間隔が開いてしまうとうつ乳になる危険性が高くなります。 よく母乳の出る方は、夜中の授乳も忘れないようにしましょう。 飲み残しに注意 赤ちゃんが母乳を飲んだ後に、 飲み残しがあるとそれが詰まりの原因になってしまうことがあります。 授乳が終わった後に、自分のおっぱいを触ってみて、飲み残しやしこりがないかをきちんと確認しておきましょう。 母乳は 乳房の脇や下のほうに残りやすいので、注意してみてください。 もししこりがあれば、搾乳をしてしこりや詰まりを解消しておきましょう。 自分で搾乳することも必要 赤ちゃんに母乳をたくさん飲んでもらうことも限界があります。 赤ちゃんの飲む量よりも母乳の量のほうが多い場合は、どうしても母乳が詰まってしまうことが多いです。 そんな時は、 自分自身で搾乳をしましょう。 赤ちゃんが夜中にあまり母乳を飲んでくれないなどの理由で、朝起きて母乳の詰まりを感じる方は、夜中に自分自身で搾乳する習慣をつけてもいいでしょうね。 とにかく赤ちゃんに飲んでもらうか、自分自身で搾乳して母乳の量を減らすことが大切になります。 定期的にきちんと母乳を出して詰まらないようにしましょう。 食事内容にも注意が必要 ママが食べる食事内容は、母乳の粘度(粘り気)に影響してきます。 例えば、お肉やラーメンなどの脂質の多い高カロリーの食事や、ケーキやアイスクリームなどの洋菓子デザートは、母乳の粘度が増すのでうつ乳になりやすくなってしまいます。 実際に先輩ママの体験談を見ても、結婚式に出席して高カロリーの食事をした時や、洋菓子を食べすぎた時などに母乳が詰まってしまったという話があります。 母乳にいい食べ物としては、白米・豆腐・鶏肉・野菜などがあります。 これらは母乳の粘度を低くして、母乳をサラッとさせる食事となっています。 授乳中はできるだけ和食中心の食事をすることで、うつ乳になることを予防できますので、質のいい食事を心がけましょう。 マッサージや冷却で痛みを改善 軽いうつ乳の状態になってしまったら、マッサージをしてあげることも大事です。 詰まっている個所、しこりのある個所を マッサージすることで、溜まっている母乳を出やすくしてあげるのですね。 また痛みがある場合は炎症を起こしていることが多いので、冷やしてあげることで一時的に痛みを抑えることもできます。 保冷剤をタオルにくるんで、 痛みのある個所を冷やしてあげることも効果がありますね。 ただ、詰まっている母乳を出してあげることが大事なので、きちんとつまり自体を解消してくださいね。 先輩ママの体験談とアドバイス 食事の管理も大事ですし、定期的に赤ちゃんに吸ってもらうことが大事です 娘が4ヶ月の時に頻繁に詰まるようになりました。 吸ってもらってもおっぱいの一部がカチカチで肉眼でみてもおっぱいがボコボコしていて、急いで出さなくてはと脇からマッサージをしたりおっぱい全体をマッサージして、詰まりをとりました。 ケーキやチーズなどの乳製品や揚げ物やお肉などが詰まりの原因になるようです。 食事の管理も大事ですし、定期的に赤ちゃんに吸ってもらうことが大事です。 細い腺があるとなお詰まり安くなるので日頃から意識をしてケアするといいと思います。 (愛知県K. K) 洋菓子を食べ過ぎた日の夜、左のおっぱいが詰まりました 洋菓子を食べ過ぎた日の夜、左のおっぱいが詰まりました。 乳房の上側が硬く腫れて、授乳しても押してもマッサージしても解消せず。 私の場合、詰まりには赤ちゃんに飲んでもらうのが一番なので、赤ちゃんが嫌がらないかぎり、なるべく間隔をあけず何度も何度も授乳しました。 赤ちゃんのあごが、腫れてつまっている部分にくるような格好で授乳するのがベストです。 飲んでくれないときは自分で搾乳。 つまりは翌日朝の授乳で解消しました。 うつ乳つらいですよね。 悪化して乳腺炎になるともっとつらい! なんだか詰まりそうだな、と思ったらなるべく早めに授乳、授乳です。 ストレスもつまりの原因になるようなので、なるべく疲れもストレスもためないようにしてくださいね。 (新潟県 H. I) うつ乳になったら痛いとこを優しく押しながら搾乳すると良いと思います 子どもが2ヶ月の時になりました。 きっかけは、友人の結婚式です。 高カロリーな食事で詰まってしまいその上、子どもが6時間寝てくれたのでボコボコのおっぱいになりました。 私が入院した産院では、搾乳するとかあまり教えてもらえなかったので、搾乳することを知らずに一生懸命飲ませたのですが結局良くならずに病院に行きました。 もっと母乳育児に対して知識があったらよかったと思いました。 高カロリーな食事は避け、和食や野菜中心の食事にすることと、夜中でも3時間おきに搾乳するか赤ちゃんに飲ませるかした方が良いと思います。 うつ乳になったら痛いとこを優しく押しながら搾乳すると良いと思います。 痛い場合は、冷やすと楽になる場合もあります。 (静岡県 M. Y) 熱が出てしまい病院へ行き、産婦人科の看護師さんに母乳を絞ってもらいました 左の胸だけ、トラブルが起きて母乳を飲ませることができなくなった時に、乳腺が詰まりました。 破裂するかと思うほど腫れて痛くなり、スイカのように大きくなり、絞っても母乳が出なくなりました。 搾乳機も効かなく、泣きながら絞りました。 熱が出てしまい病院へ行き、産婦人科の看護師さんに母乳を絞ってもらいました。 少しの間通いました。 ひどい乳腺炎を起こしてしまっていたので、薬も出たかもしれませんがよく覚えていません。 あのような事態になる前にこまめに、痛くても絞っておく必要があったのだとおもいます。 気をつけてください。 (札幌市n. e) 痛いかもと思ったら、すぐ搾乳など対応した方がいいです 私がうつ乳になった時は胸が痛く、高熱(38度越)が出て、悪寒もしました。 最初風邪をひいたと思い込み、1日半布団にもぐっていました。 が、良くならないので別の病気を疑って調べ、やっとうつ乳だとわかりました。 気付いたのが病院の休日前で助かりました。 私は第2子が8か月の時にこのうつ乳になりました。 第1子はよく飲む子だったので、自分がうつ乳になるとは思いもしませんでした。 それからは胸がはって痛む時は、早めに自分で搾乳するようにして予防していました。 皆さんも胸がはるだけでなく痛いかもと思ったら、すぐ搾乳など対応した方がいいですよ。 (埼玉県 A. K) まとめ 母乳が詰まるうつ乳は、乳腺炎の前段階だと言われています。 うつ乳にならないように、まずは赤ちゃんにたくさん母乳を飲んでもらいましょう。 しかし赤ちゃんに飲んでもらうのにも限界があるので、母乳の量が多い時は、自分で搾乳することも必要となりますね。 また 脂肪分の多い高カロリーな食事や、ケーキなどの甘いデザートは母乳の質が悪くなります。 母乳の質が悪くなると詰まりやすくなってしまうので、できるだけ和食中心の食事が望ましいです。 うつ乳を放置しておくと乳腺炎になり発熱や炎症を起こしてしまうので、母乳のつまりやしこりを感じたら、できるだけ解消してくださいね。

次の