共有ありがとうございます ビジネスメール。 【ビジネス英語】簡単!ビジネスメール「情報共有」の書き方

資料送付をしていただいた際のお礼メールの文例

共有ありがとうございます ビジネスメール

言葉の定義と使い方をおさらい クライアントやお客様、上司などから連絡をもらった場合、よく使われるお礼の言葉として「ご連絡ありがとうございます」が知られています。 ビジネスメールや電話など、連絡手段を問わず利用できる便利な敬語表現です。 例えば、都合が良いタイミングで連絡をいただけるようにお願いしていた取引先の担当者から、実際に電話連絡を受けたときなどに使います。 電話や返信メールの冒頭で、自分の名前を名乗ったあとに「ご連絡ありがとうございます」と続けるスタイルが一般的です。 同様の意味を持つ表現として、「ご連絡いただきありがとうございます」や「ご連絡下さいましてありがとうございます」があり、代わりに利用することも可能です。 なお、さらに相手に対する敬意を表現するために、連絡をいただいたことに対するお礼の言葉を最後に添える場合もあります。 そのようなときには、「ご連絡ありがとうございました」といった過去形を用いるのが通例です。 会話やメールの最後をスマートな印象で締めくくることができるので重宝されています。 ビジネスメール等で使いやすい変化形 ビジネス上のメールや電話をやりとりする中で、「ご連絡ありがとうございます」を多少変化させた表現もよく使われています。 なぜならば、そのときの状況やタイミングなどに合わせて的確な言葉を付け加えることで、より気持ちが込められた敬語表現が完成するからです。 一般的な例として、以下のようなケースがよく見られますので、例文とともに確認していきましょう。 例文1:「お忙しい中ご連絡いただきまして、誠にありがとうございました」および「お忙しい中ご連絡ありがとうございます」 連絡を取りたい相手が頻繁に離席や外出をしており、とても忙しいことが推測される場合などに使用します。 相手の方が貴重な時間を割いてくれたことに対して、感謝の気持ちが強く伝えられる表現です。 例文2:「早速のご連絡、ありがとうございます」および「迅速なご連絡、ありがとうございます」 相手からの返信や回答が早くもらえたら助かるといった状況の中で、すぐに折り返しの電話や返信メールをもらったときに使用します。 例文3:「早朝にもかかわらず、ご連絡ありがとうございます」 勤務時間外に対応いただいたと予想されるときに使用します。 敬語「ご連絡」を正しく使うコツ 敬語表現を使っているときに、「ご連絡」か「連絡」か、いずれが正しい表現か判断しかねることはありませんか。 最も判断に迷いやすいケースは、自分が相手に対して連絡する場合に、接頭辞「ご」を付けて「ご連絡」とするか否かという点です。 以下、敬語表現「ご連絡」に関係する論点を整理していきます。 前章まででご紹介したとおり、相手から連絡をいただいたときにお礼を言う場合には、「ご連絡ありがとうございます」という表現で正解となります。 一方、その反対のケースで、自分から相手に連絡する場合はどうでしょうか。 例えば、取引先の担当者に対して、分かり次第速やかに連絡をする約束をしたと仮定します。 その際、自分が発する言葉としては、「分かり次第、速やかにご連絡いたします」とするのが正しい表現とされています。 ここで「連絡」ではなく「ご連絡」とする理由は、自分からの連絡を受ける相手側に対して敬意を表す必要があるからです。 つまり、連絡をする側か受ける側かにかかわらず、敬語表現を使う場合には、「ご連絡」を使用するのが基本だと覚えておけば問題ありません。 重宝する!「ご連絡」を含む定番表現 ビジネスマナーとして、定番の敬語表現をできるだけたくさん知っておくことも大切です。 「ご連絡ありがとうございます」以外にも、仕事上よく使われる「ご連絡」に関連する定番の言い回しを例文で紹介します。 例文1:「後ほどご連絡申し上げます」 自分から相手に対して、連絡を約束する謙譲表現です。 例文2:「ご連絡いただければ幸いです」 相手から自分に対して、返事や回答をお願いする柔らかい表現です。 例文3:「お手すきの際に、ご連絡いただけますようお願い申し上げます」 忙しい相手に対して、「都合が付くときに連絡してほしい」という意向を伝える丁寧な表現です。 例文4:「ご連絡が遅くなり、申し訳ございません」 上司やお客様などに対して、当初の予定よりも連絡するタイミングが遅れた場合に使うお詫びの表現です。 まとめ 状況に合わせて、上記で紹介した「ご連絡ありがとうございます」のバリエーションを使いこなすことで、相手に対して好印象を与えることができます。 気の利いたお礼の言葉をタイミング良く伝えられるよう、普段から使い慣れておくことも大切ですね。

次の

共有ありがとうございますって英語でなんて言うの?

共有ありがとうございます ビジネスメール

ビジネスで「ご連絡いただきありがとうございます」と伝えることは多いでしょう。 ビジネスだからこそ、ちょっとした一言を忘れないようにしたいです。 いくつか例文をご紹介します。 ビジネスの場合、相手の忙しさや忙しそうな時間帯などにも配慮し、文の中に言葉を入れることで気持ちが伝わるでしょう。 連絡に対してのお礼の言葉と、連絡に対しての返事などを明確にできればきちんとした対応に繋がります。 お礼を伝えることで、感謝の気持ちと連絡を受け取ったという確認にもなります。 相手にも安心感を与えられるでしょう。 冒頭に使うことが多い文ですが、最後に使うこともあるでしょう。 文末に使う場合は「ご連絡いただきありがとうございました」に変えて締めくくると良いでしょう。 「ご連絡いただきありがとうございます」例文1 「ご連絡いただきありがとうございます」を上司に使う場合、どんな使い方があるのでしょう。 「ご連絡いただきありがとうございます」は敬語になっていますので、そのまま使っても失礼ではありません。 上司ですので、一言思いやりの言葉を付け加えるとさらに丁寧に感じられるでしょう。 朝早くの連絡なら「お忙しい中、ご連絡いただきありがとうございます。 」や、仕事終わりの時間帯の連絡なら「お疲れのところ、ご連絡いただきありがとうございます。 」など時間帯によって言葉を選ぶと良いでしょう。 折り返しで早い連絡なら「早速の」を付け加えると良いでしょう。 ほんの一言ですが、あるのと無いのではずいぶん印象が変わります。 その一言で、上司にもしっかりと伝わるでしょう。 連絡に対してお礼を伝えることは面倒だったり忘れがちでもあります。 しかし、確認の意味でも早めに連絡のお礼を伝えたいです。 すぐに電話に出られなかったり、連絡に気付くのが遅かったときなどもお詫びの言葉と共にお礼を伝えましょう。 あまりにも長い間返事が無いと、伝わっていなかったのではないかと相手に心配させてしまいます。 連絡をいただいたことに感謝して、一言付け加えるとさらに気持ちが伝わるでしょう。 相手も忙しい中、わざわざ連絡をしてくれたんだと感じると自然に言葉が出てきます。 日頃の何気ないやりとりではありますが、その小さな積み重ねによって信頼感系を築けたり、信用にも繋がります。 絆も強くなることでしょう。 小さな連絡にも「ご連絡いただきありがとうございます」と伝えられると良いでしょう。

次の

「共有する」という言葉の使い方について教えてください。Aさんが送った...

共有ありがとうございます ビジネスメール

メールでのお礼は、対面よりも難しい ビジネスの現場において、相手に感謝を伝える場面は多くあります。 対面であれば、直接お礼の気持ちを伝えられるので、きちんとした態度で臨めばなんとかなりますが、感謝の気持ちをメールで表現しなければならない場合、どのような文面が理想なのでしょうか。 いざ、お礼メールを書こうとして、急に手が止まってしまう人も決して少なくありません。 今回は、お礼メールを書くときのポイントと、さまざまなシーンで使えるメール文例をご紹介します。 これを参考にしながら、できるビジネスパーソンを目指しましょう。 お礼メールを送る際のポイント 訪問のお礼、会食のお礼、契約のお礼...。 ビジネスではさまざまなお礼のシーンがありますが、基本となる要素は共通です。 まずは、お礼メールを送る際、最低限気を付けておきたいポイントについてご紹介しましょう。 お礼メールを送るタイミング お礼メールはなるべく早く送るようにしましょう。 午前中の出来事に関するものであれば、その日の夕方までに、午後や夜の出来事であれば、翌日の午前中までに送るのがベストです。 表現にこだわり、じっくり時間をかけて、丁寧にメールを作成したい気持ちもわかりますが、お礼メールは鮮度が命です。 相手側にその出来事の余韻が残っているうちに送らなければ、お礼の効果は半減してしまいます。 例えば、訪問に関するお礼を送る際、場合によっては、同じ日に別の会社のAさんという担当も訪問に来ていたかもしれません。 Aさんが自分よりも早くお礼メールを送っていた場合、受け取る側からは「お礼メールがAさんよりも遅かった人」という認識を持たれてしまうかもしれません。 ちょっとしたお礼であればあるほど、なるべく早く送ることが大切です。 件名はわかりやすく簡潔に 件名は、ビジネスメールの中で気を付けなければいけないことのひとつです。 誰からの、何に関するメールなのかが、一目でわかるような件名を心掛けてください。 こうすることで、相手は何の用事か、誰からのメールかといった情報をひと目で判断できるため、メールの見落としなどを防ぐ効果があります。 よく見かける件名に、「先日はありがとうございました」というものがありますが、これはNGな例の最たるものです。 先日ではいつの話か具体的にわかりませんし、何の出来事か、また誰からのメールなのかもわかりません。 あなたがお礼メールを送る人は、ほかの人からもお礼メールをよく送られる人かもしれません。 そのことをしっかりと理解し、わかりやすい件名を心掛けましょう。 定型文にならないように お礼メールを送るスピードは、速ければ速いほどいいということをお伝えしましたが、だからといって、スピードを優先するあまり、どこでも誰にでも使えるような定型文を送るのはできるだけ避けたいところです。 文中には、その日の出来事に関する感想や思い出に残ったエピソードなどを盛り込み、「あなたのために書いたメールである」ということを強調するようにしてください。 そうすることで、相手もあなたとの思い出がよみがえり、いい印象を持ってもらいやすくなるでしょう。 また、ほかの人が定型文で送ってくる中、自分だけが具体的なエピソードの部分にふれていれば、それだけで相手の気持ちの中に差が生まれるはずです。 多少手間に感じることもあるかもしれませんが、書くことによるデメリットはないので、実践してみましょう。 この小さな差が、後々の大きな差へとつながっていくのです。 「取り急ぎ」は使わない 「取り急ぎ、お礼まで」というフレーズは、ビジネスメールでもよく見かけます。 しかし、取り急ぎというのは文字どおり、「とりあえず急いで」という意味ですので、場合によっては失礼だと感じる人もゼロではありません。 みんなが使っているから大丈夫ということではなく、その言葉の意味するところまで丁寧に理解した上で、使う言葉を選択するようにしましょう。 メールでお礼の気持ちを伝える ここからは、実際にお礼メールで使える文例を、シーンごとにご紹介していきます。 文例を自分なりにカスタマイズして、効果的かつスピーディーな文章作成に役立ててください。 昨日はお忙しい中、貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。 もし、追加のご要望やご質問などがございましたら、 私までご連絡いただけましたらすぐに対応いたしますので、遠慮なくご連絡くださいませ。 それでは、今後ともよろしくお願い申し上げます。 訪問のお礼メールを送る際は、感謝の意を伝えることはもちろんですが、当日出てきた課題や、要望に対する自分の動き方、今後の展開に関して言及し、次の訪問につなげやすい文章を作ることが大切です。 一度のやりとりで終わらせず、次につなげることを見越した文章作成を目指してください。 昨日は、心のこもったおもてなし、誠にありがとうございました。 普段はお伺いできないようなプライベートなお話は特に興味深く、 ご家族想いの姿勢は、私もたくさん学ばせてもらわなければならないと実感いたしました。 仕事の面ではこれからも、 より一層気持ちを新たに貴社のお役に立てるよう努めてまいります。 今後とも、変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。 会食のお礼メールの場合、向こうが選んでくれたお店であれば、その食事や店構えなどに関するコメントを添えると、相手も喜んでくれるはずです。 また、当日何気なく話した内容なども盛り込めれば、ますます相手の気持ちは良くなるでしょう。 人間というのは、自分に興味を持ってくれている人に興味を持つものです。 まずは自分が相手のことを好きになることで、相手からも好かれることを目指しましょう。 この度は弊社の企画にご採用いただき、誠にありがとうございます。 貴社事業に少しでも貢献できるよう、弊社一丸となって取り組ませていただきます。 追って、これからのスケジュールに関してご連絡させていただきますので、 少々お待ちいただけますと幸いです。 至らぬ点もあるかとは存じますが、全力で取り組んでまいりますので、 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 契約してもらった際は、それに対するお礼を言うのはもちろんですが、きちんと結果を出すよう努力することを示し、頼れる人材をアピールすることも大切です。 また、契約をした後の流れなどについて不安を持っている人もいますので、今度のスケジュールに関してもふれておくとより親切です。 先方の質問に対する対応、提案の流れの作り方など、とても勉強になりました。 また、営業後にご指摘いただいた点につきまして、 改めて見直しつつ、今後の商談で活かしてまいります。 これからもまだまだご迷惑をお掛けしてしまうと思いますが、 ご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。 上司に対するお礼メールも、お客様宛にメールをする場合と同様に、どういった部分が印象に残っているのか、そしてそれを基に、今後どういった取組みをしていくのかまで記載できれば、上司もあなたのやる気を感じることができ、より信頼を寄せてくれるようになるはずです。 ただし、このメールはあくまでも上司が不在のときや、フロアが違うため、普段会えない上司などに対して使うようにしてください。 同じフロアにいる場合は直接お礼に行ったほうが丁寧ですし、それをせずにメールだけ送るのは、逆に失礼にあたりますので注意しましょう。 お礼メールを活用して、さらなる成果につなげる できるビジネスパーソンほど、メールを上手に活用し、自分の手間を最小限に抑えつつ、大きな成果を上げるものです。 そのひとつの例が、お礼メールといっても過言ではないでしょう。 お礼を言われて迷惑に思う人はいませんから、いかに効果的にお礼を伝えるかで、相手から得られる信頼も大きく変化するはずです。 メールを送る際には、「わかりやすい件名」「定型文ではないオリジナル文章」を心掛け、なるべく早くメールを送るようにしましょう。 明日より今日、午後より午前、そうしたちょっとした時間の差でも、相手の印象は大きく変わります。 今回ご紹介した文例では、比較的丁寧な表現を使っていますが、相手との関係性によっては、もう少しくだけた文体にすることで、気持ちがより伝えられる場合もあるでしょう。 場面や相手に合わせて自由にカスタマイズしていきながら、あなたの感謝の気持ちをきちんと伝えられるように工夫してみてください。

次の