羽生 善治 名言。 羽生善治の厳選65の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

羽生善治の名言・格言集。進化を続ける天才棋士の言葉

羽生 善治 名言

Yoshiharu Habu 羽生善治 日本の将棋棋士、十九世名人(襲位は引退後)。 1996年2月に将棋界で初の7タイトル独占を達成。 2012年7月には十五世名人・大山康晴の通算タイトル獲得期数80期の記録を抜いた。 全7タイトル戦のうち竜王戦を除く6つでの永世称号に加え、名誉NHK杯選手権者の称号を含め、史上初となる7つの永世称号を保持している。 十六世名人の中原誠は、羽生善治を「オールラウンドプレーヤーで欠点がない。 歴史上初の棋士」と評した。 報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている。 羽生善治の名言 同じ方法で悪くなる。 だから捨てなきゃいけない。 せっかく長年築きあげてきたものでも変えていかなくてはならない。 羽生善治の名言 「自分の得意な形に逃げない」ということを心がけている。 羽生善治の名言 追い詰められた場所にこそ、大きな飛躍があるのだ。 羽生善治の名言 毎回石橋を叩いていたら 勢いも流れも絶対つかめない。 羽生善治の名言 勝負に一番影響するのは「怒」の感情だ。 羽生善治の名言 リスクを避けていては、その対戦に勝ったとしてもいい将棋は残すことはできない。 次のステップにもならない。 それこそ、私にとっては大いなるリスクである。 いい結果は生まれない。 私は、積極的にリスクを負うことは未来のリスクを最小限にすると、いつも自分に言い聞かせている。 羽生善治の名言 一人で考えるか、それとも何人かの人が集まって知恵を出し合うか、どちらがより有効かは、非常に面白いテーマだ。 私は、基本的には一人で考えなくてはいけないと思っている。 羽生善治の名言 勝つのは一点差でいい。 五点も十点も大差をつけて勝つ必要はない。 常にギリギリの勝ちを目ざしているほうが、むしろ確実性が高くなる。 羽生善治の名言 「いかに戦うか」は大局観にかかわるが、その具体的な戦略は事前研究が決め手になる。 事前にしっかり準備して万全の態勢で、対局に臨んでくる人は強い。 羽生善治の名言 ビジネスや会社経営でも同じでしょうが、一回でも実践してみると、頭の中だけで考えていたことの何倍もの「学び」がある。 羽生善治の名言 終わったものはくよくよ考えても仕方ないから。 羽生善治の名言 楽観はしない。 ましてや悲観もしない。 ひたすら平常心で。 羽生善治の名言 もちろん勝負に勝つというのも大事なんですけど、そのためにいつも決まり形でやっていたら、そのことで将棋をやっている意味があるのかということに、どうしてもぶつかってしまうんです。 誰もがやっている決まりきった道筋で振りきってしまうと、結局、人の来た道をただ辿ってるだけということになります。 羽生善治の名言 いろいろ考えられる選択肢の中から、「この一手」を選ぶのは自分しかいないわけです。 羽生善治の名言 意表を突かれることに驚いてはいけない。 羽生善治の名言 何事であれ、最終的には自分で考える覚悟がないと、情報の山に埋もれるだけである。 羽生善治の名言 決まり切った局面で長考して時間を使って疲れるより、勝負どころの場面で、深い集中力を発揮できることが大切。 羽生善治の名言 人間には二通りあると思っている。 不利な状況を喜べる人間と、喜べない人間だ。 羽生善治の名言 人生の中で目指しているものがはっきりしている人はいくつになってもエネルギーがある。 羽生善治の名言 相手は敵であると同時に作品の共同制作者であり自分の個性を引き出してくれる人ともいえる。 羽生善治の名言 ただ一局一局を大切に、そこにだけ集中して指してきた。 羽生善治の名言 長い時間考えた手がうまくいくケースは非常に少ない。 羽生善治の名言 相手のことを知るよりも、自分自身が強くなればそれで済む世界だし、それを目指した方が本筋というか、王道という気がする。 羽生善治の名言 次ページへ続きます。

次の

羽生善治の名言から努力とは?思わず目が見開く8つの言葉

羽生 善治 名言

羽生善治の経歴 1970年9月27日、埼玉県所沢市に生まれ、その後、東京・八王子市に移り住む。 小学1年生のときに同級生から将棋の駒の動かし方を教わり、将棋に熱中する。 2年生になり地元の将棋道場が開催する小中学生将棋大会に出場。 その後、将棋道場に通うようになる。 急速に棋力が向上し、小学3年のときに初段、4年生で四段に昇段。 5年生になりアマ名人戦の都下予選を史上最年少で通過。 4つの小学生大会で優勝する。 6年生の春、小学生将棋名人戦で優勝、同年、プロ棋士養成機関の奨励会入会試験に合格。 奨励会は7級から三段までで構成。 三段は三段同士のみの対戦となり、成績優秀者が四段昇段(プロ入り)となる。 羽生善治は驚異的な速度で昇級、昇段を重ね、1985年に三段で13勝4敗を記録してプロに昇格。 史上3人目の中学生棋士となる。 1986年、プロデビュー初年度には全棋士中一位の勝率0. 741(40勝14敗)を記録し、将棋大賞の新人賞と勝率一位賞を受賞。 1988年度のNHK杯戦では大山康晴、加藤一二三、谷川浩司、中原誠と当時現役の名人経験者4人をすべて破って優勝する。 1989年、竜王戦でタイトル戦に初登場。 研究会「島研」の恩師の島朗との熱闘を4勝3敗で制し、当時最年少記録の19歳で初タイトル獲得。 棋界で名人位と並んで序列トップの竜王位に就いた。 1996年2月に将棋界で初の7タイトル独占を達成。 2017年12月には永世竜王の資格保持者となり、初の永世七冠を達成。 さらに名誉NHK杯選手権者の称号を保持しており、合計8つの永世称号の保持も史上初。 十六世名人の中原誠は、羽生善治を「オールラウンドプレーヤーで欠点がない。 歴史上初の棋士。 」と評し、谷川浩司(引退後に十七世名人)は「羽生さんはあらゆる戦法を指しこなせる棋士。 オールラウンドプレイヤーで変幻自在のため、どう指してくるのかわからない。 攻めも受けも強い。 こだわりが全くないのが特色。 棋風がない。 」と述べている。 報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている。 - 羽生善治 - 2.名言・格言 楽観はしない。 ましてや悲観もしない。 ひたすら平常心で。 - 羽生善治 - 3.名言・格言 同じ方法で悪くなる。 だから捨てなきゃいけない。 せっかく長年築きあげてきたものでも変えていかなくてはならない。 - 羽生善治 - 4.名言・格言 「自分の得意な形に逃げない」ということを心がけている。 - 羽生善治 - 5.名言・格言 もちろん勝負に勝つというのも大事なんですけど、そのためにいつも決まり形でやっていたら、そのことで将棋をやっている意味があるのかということに、どうしてもぶつかってしまうんです。 誰もがやっている決まりきった道筋で振りきってしまうと、結局、人の来た道をただ辿ってるだけということになります。 - 羽生善治 - 6.名言・格言 追い詰められた場所にこそ、大きな飛躍があるのだ。 - 羽生善治 - 7.名言・格言 いろいろ考えられる選択肢の中から、「この一手」を選ぶのは自分しかいないわけです。 - 羽生善治 - 8.名言・格言 毎回石橋を叩いていたら勢いも流れも絶対つかめない。 - 羽生善治 - 9.名言・格言 ただ一局一局を大切に、そこにだけ集中して指してきた。 - 羽生善治 - 10.名言・格言 勝負に一番影響するのは「怒」の感情だ。 - 羽生善治 - 11.名言・格言 長い時間考えた手がうまくいくケースは非常に少ない。 - 羽生善治 - 12.名言・格言 相手のことを知るよりも、自分自身が強くなればそれで済む世界だし、それを目指した方が本筋というか、王道という気がする。 - 羽生善治 - 13.名言・格言 リスクを避けていては、その対戦に勝ったとしてもいい将棋は残すことはできない。 次のステップにもならない。 それこそ、私にとっては大いなるリスクである。 いい結果は生まれない。 私は、積極的にリスクを負うことは未来のリスクを最小限にすると、いつも自分に言い聞かせている。 - 羽生善治 - 14.名言・格言 一人で考えるか、それとも何人かの人が集まって知恵を出し合うか、どちらがより有効かは、非常に面白いテーマだ。 私は、基本的には一人で考えなくてはいけないと思っている。 - 羽生善治 - 15.名言・格言 勝ち負けには、もちろんこだわるんですが、大切なのは過程です。 結果だけなら、ジャンケンでいい。 - 羽生善治 - 16.名言・格言 「まだその時期じゃない」「環境が整っていない」とリスクばかり強調する人がいるが環境が整っていないことは、逆説的に言えば、非常にいい環境だと言える。 リスクの大きさはその価値を表しているのだと思えば、それだけやりがいが大きい。 - 羽生善治 - 17.名言・格言 イメージが浮かぶのは序盤と終盤である。 浮かんでしまえば、あとは中盤でその間のつじつまを合わせればいい。 - 羽生善治 - 18.名言・格言 遠回りしながらも、もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます。 - 羽生善治 - 19.名言・格言 山ほどある情報から自分に必要な情報を得るには、「選ぶ」より「いかに捨てるか」の方が、重要なことだと思います。 - 羽生善治 - 20.名言・格言 自分自身を裏切らない努力の姿勢が未来の結果として現れてくる。 - 羽生善治 - 次ページへ続きます。 進化を続ける希代の棋士の「直感力」を初めて開陳。 「直感」と「読み」と「大局観」。 棋士はこの三つを使いこなしながら対局に臨んでいる。 そして経験を積むにつれ、比重が高くなり、成熟していくもののひとつが「直感力」であるという将棋は、ひとつの場面で約八〇通りの可能性がある。 それを瞬時に二つ三つに絞り、直感によってひとつの手を選ぶ。 直感は、一秒にも満たないような短時間でも、なぜそれを選んでいるのか、きちんと説明できるものだ。 直感とは、自分自身が築いたものの中から萌芽するものであると著者はいう。 迷走続ける現代社会に生きる我々に、自分を信じ、突き進む力と勇気を与える一冊。

次の

羽生善治さんの「才能」や「努力」についての言葉が名言だと話題に!

羽生 善治 名言

将棋界初の七冠王を達成した名棋士であり、他の棋士が思いつかないような絶妙の手順はたびたび「羽生マジック」と称された。 これまでに史上初の七冠王、史上初の永世六冠 後に永世七冠 、通算タイトル獲得数歴代1位、通算1200勝を史上最年少で達成、公式戦優勝回数歴代1位など数々の業績を残しており、将棋史上最強格の棋士として名を挙げられることも多い。 また羽生と同年代には永世棋聖の佐藤康光、竜王戦史上初の3連覇を達成した藤井猛、永世名人の森内俊之などトップクラスの実力者たちが集まっており、彼らは「羽生世代」と呼ばれている。 羽生善治の名言集 私は才能は 一瞬のひらめきだと 思っていた。 しかし今は10年とか20年 30年を同じ姿勢で 同じ情熱を傾けられることが 才能だと思っている。 勝負の世界では 「これでよし」と 消極的な姿勢になることが 一番怖い。 常に前進を目ざさないと そこでストップし 後退が始まってしまう。 誰でも最初は 真似から始める。 しかし、丸暗記しようと するのではなく どうしてその人が その航路をたどったのか どういう過程で そこにたどり着いたのか その過程を 理解することが大切。 ただ一局一局を大切に そこにだけ集中して 指してきた。 見た目にはかなり危険でも 読み切っていれば怖くはない。 剣豪の勝負でも お互いの斬り合いで 相手の刀の切っ先が 鼻先1cmの所を かすめていても 読みきっていれば 大丈夫なんです。 すでに過ぎ去ったことは 仕方がない。 私は、意識的に先のことを 考えるようにしています。 反省は 勝負がついた後でいい。 「いかに戦うか」は 大局観にかかわるが その具体的な戦略は 事前研究が決め手になる。 事前にしっかり準備して 万全の態勢で 対局に臨んでくる人は強い。 プレッシャーはその人の 持っている器に対して かかるものだ。 器が大きければ プレッシャーを感じることが ないはずだと 自分に言い聞かせています。 一番いいと思えるものを簡単に 単純に考えることができれば 逆境からの突破口を見出せる。 ビジネスや会社経営でも 同じでしょうが 一回でも実践してみると 頭の中だけで考えていたことの 何倍もの「学び」がある。 絶妙の一手。 あるいは絶妙に見えて 最悪の一手。 大一番の対局では 誰しも手堅く 安全、確実な道を 選びたくなるものだ。 自分もそうすることが よくある。 しかし、確実にという 気持ちに逃げると 勝負に勝ち続けるのは 難しくなってしまう。 決まり切った局面で 長考して時間を使って 疲れるより 勝負どころの場面で 深い集中力を 発揮できることが大切。 興味が続くかぎり 集中力は続くものです。 勝つのは 一点差でいい。 五点も十点も大差をつけて 勝つ必要はない。 常にギリギリの勝ちを 目指しているほうが むしろ確実性が高くなる。 羽生善治の名言 一覧• そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

次の