スナップ えん どう 食べ 方。 スナップえんどうの下ごしらえ(筋とり/ゆで方/ゆで時間など):白ごはん.com

えんどう豆 スナップえんどう苗の育て方 ~エンドウのサヤと種(豆)を食べる品種~

スナップ えん どう 食べ 方

シャキシャキの歯ごたえが特徴のスナップえんどうは、大人から子どもまで大人気の春野菜。 彩りがきれいなのでお弁当やサラダにも映え、行楽の季節にもってこいです。 でも、筋取りや下茹でなど、「下ごしらえ」がちょっと面倒そう…なんて人もいるのでは? そこで今回はスナップえんどうが格段においしくなる茹で方と、簡単に下処理するコツをご紹介します! *** スナップえんどうの筋取り方法は? 下ごしらえの基本 食卓やお弁当のおかずとしておいしくスナップえんどうを食べるために、絹さやよりも太い「筋」を丁寧に取ってあげましょう。 コツをつかめば、簡単にできちゃいますよ。 〜筋取りの方法〜 1. ヘタが付いていないほうの先端を爪を立てて曲げ折り、そのままスーッと引っ張って短いほうの筋を取る。 続いて、ヘタのある頭も同じように曲げ折り、ゆっくり引っ張って長いほうの筋を取っていく。 シャキッと食感を楽しむための「茹で時間とポイント」 筋を取ったら、次は茹でていきましょう。 この、茹で時間がとっても大事! スナップえんどうはシャキッとした食感が命。 茹ですぎるとおいしさを十分に楽しめなくなってしまう可能性も。 【POINT】 茹で時間は、スナップえんどう10本に対して2分を目安にするといいですよ! 2分茹でたら鍋から取り出し、少し隙間を空けながらザルやバットに並べて冷ます。 【POINT】 これは「陸揚げ」 (おかあげ)といって、10分ほど自然に冷めるまで待つ方法です。 水に浸けて冷ますと水っぽくなりがちな野菜も、この方法なら保存期間が長くなりやすく、お弁当のおかずや作り置きにぴったり!陸揚げする時間がなければ、冷水に1分ほどさらして冷ましましょう。 スナップえんどうをおいしく茹でるポイント 茹でるときのポイントは、適量の塩加減にし、短時間で茹であげること。 適量とは、しょっぱくならずに素材の甘さと旨みを引き出すのに最適な塩加減のこと。 この塩加減で茹でると冷めても味がぼやけず、そのままお弁当に入れてもおいしく食べられます。 また塩には緑色の色素を引き出す作用があるので、茹であがりの色が鮮やかになるんですよ。 塩水が沸騰したら、強火で一気に茹であげましょう。 冷ます時の予熱で火が通るので、通常の温野菜より短めに茹でるのがポイントです。 【POINT】 下ごしらえで取り除いた筋を一緒に入れて茹でると、お湯にスナップえんどうの香りが移って、より香り豊かな仕上がりになるのだとか…。 ぜひやってみたいですね! 下ごしらえと茹でる際のほんのちょっとしたコツで、格段と食べやすく、おいしくなるスナップえんどう。 【関連記事】 【教えてくれた人】 飯泉友紀さん [PROFILE] 訪問調理師。 オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。 キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。

次の

スナップエンドウ(スナックエンドウ)の栄養や食べ方は?さやえんどうとの違いも解説

スナップ えん どう 食べ 方

・グリンピースとえんどう豆の違いは?育て方も違う? ・グリンピースとえんどう豆の栄養の違いは? ・グリンピースとえんどう豆の食べ方の違いは? Sponsored Link グリンピースとえんどう豆の違いは?育て方も違う? グリンピースとえんどう豆の違いは? 厳密にいうとグリンピースとえんどう豆はイコールではありません。 おおよそ同じものなのです。 ちょっとした違いなのです。 簡単に言うと 若い豆が「グリンピース」で成熟した豆が「えんどう豆」なのです。 これから少し生物学的な説明をさせていただきます。 えんどう豆はマメ目マメ科エンドウ属に属しています。 さらに硬莢種(こうきょうしゅ)と軟莢種(なんきょうしゅ)の2種類に分類されます。 ・硬莢種(こうきょうしゅ) 主に実を食べるものです。 成熟前のグリンピースや成熟したえんどう豆はこちらに属するわけです。 ・軟莢種(なんきょうしゅ) 漢字からもわかる通りこちらは「さや」が柔らかいのです。 ですから「さや」そのままで食べることができます。 絹さやえんどうやスナップえんどうもこちらに属します。 これらのことからもわかりますように、もともとえんどう豆があってその系統にグリンピース、絹さやえんどう、スナップえんどうがあるわけですね。 「きぬさや」や「さやえんどう」は? ちょうど絹さやえんどうの話が出ましたので考えてみましょう。 「きぬさや」と「さやえんどう」どう違うのでしょうか?答えは 同じものです。 正式名称が「絹さやえんどう」というわけです。 この名前のちがいは地方によっての呼び方が違うということです。 ちなみに「きぬさや」は関東、「さやえんどう」は関西のほうで使われているようです。 育て方も違う? 育て方というより 収穫時期が違いますね。 グリンピースは主にアメリカでつくられることが多くて、ほぼすべてが「食用」として用いられています。 えんどう豆は「食用」もあります、が栽培を目的としたり学術的に使用したりと使用目的が幅広いようです。 グリンピースとえんどう豆の栄養の違いは? えんどう豆の栄養について調べてみましょう。 また腸に入るとビタミンAに変わるという性質を持っているので抗酸化力も強いものがあります。 ビタミンB群 特に ビタミンB1, ビタミンB2がたくさん含まれています。 ビタミンB1は炭水化物からエネルギーを作り出す手助けをする役割を持っていて、ビタミンB2は細胞の新陳代謝をスムーズに行えるようにする役割を持っています。 ミネラル 人間にとって不可欠なミネラル、特に カリウム、カルシウム、マグネシウム、リンが多く含まれることによって疲労の回復や高血圧を予防してくれる働きなどがあります。 Sponsored Link グリンピースとえんどう豆の食べ方の違いは? グリンピースは常に食用として加工されていますので、一番皆さんが親しんでいるのは「炊き込みご飯」でしょう。 その他にもチャーハンやシュウマイなど、色どりが良いためいろいろな料理で使われます。 えんどう豆は和菓子の豆大福、あんみつの豆として、またうぐいす餡としての材料に使われているようです。 何気なく食べていた豆ですが、ここが違うということまではあまり意識してこなかったところも多いでしょう。 日常的にはグリンピースを使っていることが多いですが、えんどう豆としてはいろいろな形で食していることがあったのですね。 スーパーに行ったときに実際に比べてみる機会がありましたら、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

次の

スナップエンドウはどう調理すれば良い?簡単手軽なスナップエンドウの食べ方は?

スナップ えん どう 食べ 方

えんどう豆とは? えんどう豆は、「 ウスイえんどう」や「 実えんどう」「グリーンピース」に「グリンピース」など様々な呼び方がありますが、ここでは えんどう豆と呼びますね。 そんなえんどう豆、実は、芽のときから成熟するまでの 各過程で楽しめるのをご存知ですか? 若い芽は 豆苗、そして途中で さやえんどう、その後、 えんどう豆とその段階ごとで食べることができる、まるで 出世魚の「ぶり」のようですね。 そんなえんどう豆の旬は 5月下旬から7月上旬で新緑の季節です。 旬の時期のえんどう豆は やわらかくて香りも良く、人気のレシピには卵とじや豆ご飯があります。 ところで、 スナップエンドウのおいしいゆで方やゆで時間はご存知ですか?えんどう豆の新種で人気の スナップえんどうですが、こちらはえんどう豆と違って さやごと食べられます。 最初に食べたときはすごく違和感がありましたが、とっても甘くておいしいです。 また、旬の季節には、 豆の粒が大きくなるのですが、そのころには、 タンパク質や糖質、ミネラルやビタミンB1も豊富になります。 たんぱく質としては、アミノ酸の リジンが多く含まれ 脳の働きを活性化します。 また、食物繊維は腸の働きを活発にして、 便秘の予防や改善、解消に効果が期待できます。 他にも 糖尿病を改善する働きをしたり、 母乳の出をよくするといった働きもあります。 えんどう豆の保存方法、保存期間は? えんどう豆を買う時、さやのまま買うことが多いと思いますが、中にはさやから出した剥き豆を売っていることもありますよね。 えんどう豆もそうなのですが、豆類はさやから出してしまうと 傷むのが非常に早いので、できれば さや付きのものを購入するようにしましょう。 そして、さやから豆をだすのは 調理の直前にしましょう。 えんどう豆の冷蔵庫での保存方法は? さや付きのえんどう豆は呼吸をしていて熱をだしているので、保存する場合は乾燥しないように密閉袋などに入れて、できれば冷蔵庫の 野菜室で保存します。 冷蔵庫で 3日ほどは新鮮さを保つことができますが、傷むのが早いのでなるべく早く使うことをおすすめします。 さやから出してしまうと 鮮度が落ちて、そのまま置いておくことで 皮が硬くなってしまいます。 ですので、さやから出したらすぐに使い切るか、または早めに 冷凍してしまいましょう。 そら豆も旬の時期はおいしいですよね。 そら豆の保存法は、こちらをご覧ください。 冷凍する方法は 生のままでも、茹でてもどちらでも冷凍保存が可能です。 先ほどあったように、さやから出したけど当分使わないという時は、すぐに冷凍してしまいましょう。 生で冷凍する場合 生で冷凍するには、えんどう豆をさやから出したら、洗わずにそのまま密閉袋などに入れて空気をしっかり抜いて冷凍保存します。 使い方は凍ったまま調理に使います。 賞味期限は1ヶ月ほどですが、中には保存状態がよくて 1年間保存してもおいしく食べられたという方もいるようですよ。 茹でてから冷凍する場合 熱湯で 30秒から1分ほど固めに茹でて、冷ましてから密閉袋などに小分けにして冷凍庫で保存します。 使うときは 凍ったまま、豆ごはんやスープ、卵とじやわかめと煮たりとこちらもいろいろ使えて便利ですよ。 スポンサーリンク えんどう豆のおいしい茹で方、ゆで時間は? えんどう豆の茹で方、あなたはどのようにしていますか? 茹でるときに、 沸騰したお湯に入れて茹でることが多いと思いますが、実は 水から茹でたほうがおいしくきれいに仕上がるんです。 えんどう豆の 下処理は、さやから豆を出しておけばOKです。 こうすることで しわにならず、 ふっくらときれいに仕上がりますよ。 この方法、実は黒豆を煮るときも同じなんですね。 黒豆を圧力鍋できれいに煮る方法はこちらをご覧ください。 えんどう豆のゆで汁を使ってお米を炊き、蒸らしの時にえんどう豆を入れたら完成です。 別々に作ることで豆もおいしく仕上がります。 旬の時期には食べておきたい一品ですね。 溶き卵を回し入れてかき混ぜ、蓋をして数秒経ったら火を止めて完成です。 こちらもとっても簡単ですが、旬のえんどう豆の卵とじのおいしさと言ったら絶品ですよね。 私も大好きでよく作る一品です。 まとめ 今回はえんどう豆の保存方法や茹で方についてご紹介しましたが、生でも茹でても冷凍できるのは便利ですよね。 また、茹でるときに水から茹でるのはちょっと驚きですが、黒豆やあずきを炊くときを考えれば、特に驚くことでもなかったですね。 春から初夏にかけておいしいえんどう豆、ぜひ旬物を堪能してみてください。 スポンサーリンク•

次の